浅草花やしきの今日のリアル謎解きゲーム・イベント情報

 
浅草花やしきの笑運閣門

浅草花やしきは、1853年に菊や牡丹の花園「花屋敷」として開園し、2018年で165周年をむかえる日本最古の遊園地。

現存する最古のローラーコースターが園内にあるなど、そこかしこに時代の流れを感じる歴史の生き証人。

0歳児・1歳児でも乗車できるアトラクションが複数あり赤ちゃん連れで遊べたり、正月を除いて1年中バーベキューガーデンがオープンしているなど、多種多様な楽しみかたがある。

イベントは、閉園後の遊園地でさまざまなテーマのリアル謎解きゲームを代わる代わる開催。

2018年8月7日(火)にリアル宝探し「時空冒険記 タイムアドベンチャー」と「謎解き花小町 時をつなぐ不思議な電話」がオープンし、通年リアル謎解きゲームで遊べる遊園地。

スポンサーリンク






  

浅草花やしきの今日のリアル謎解きゲーム・イベント情報

2018年9月1日(土)〜10月28日(日)の金曜・土曜・日曜・祝日を中心に、リアル謎解きゲーム「夜のサーカス遊園地からの脱出」を開催。
動物たちのサーカスをテーマに、NAZO×NAZO劇団とのコラボで行う、リアル謎解きゲームの第10回目。

浅草花やしきの今後のリアル謎解きゲーム・イベント予定

2018年10月27日(土)の19:00から、花やしき園内のイベントホール花やしき座で「ハナヤシキプロレスリング」を開催。
当日のお昼にちびっ子プロレス教室や、観覧無料のエキシビションマッチを行う。

2018年11月1日(木)・13日(火)・25日(日)の3日間「浅草酉の市」を開催。
酉の市でご購入した熊手を持参すると、浅草花やしきに無料で入園できる。

浅草花やしきの過去の代表的なリアル謎解きゲーム・イベント

2018年10月13日(土)の18:30~21:00まで「浅草花やしき ハロウヰン妖夜祭」を開催。
妖店百貨展が主催する、妖怪のみ入場できるアヤカシたちのハロウヰン。

2018年8月25日(土)・26日(日)の2日間「サンバの後は!?浅草花やしき」を開催。
浅草サンバカーニバルの公式パンフレットを持参すると、無料で入園できる。

2018年8月25日(土)の19:00から「大人の夏祭り 灼熱のアジア料理と謎仕掛けの夜」を開催。
閉園後の浅草花やしきを完全貸切にして、エスニックなアジア料理の屋台がならぶ遊園夜市や、手裏剣・射的の体験屋台が出店し、交流型のリアル謎解きゲームを行った。

2018年8月10日(金)〜15日(水)・17日(金)〜19日(日)まで「真夏のルミヤシキ」を開催。
夜の遊園地に、桜をイメージしたピンクのイルミネーションが輝く。

2018年8月11日(土)・12日(日)の2日間「ルミヤシキ×リアル謎解きゲーム 冬の夜桜迷宮と恋の道しるべ」を開催。
イルミネーションが輝く夜桜迷宮に迷い込む、ルミヤシキ2017to2018とのコラボで行ったリアル謎解きゲームのリバイバル公演。

2017年10月8日~2018年4月1日(火)まで、恒例のイルミネーション「ルミヤシキ2017to2018」を開催。
桜浪漫をテーマに、園内やアトラクションに桜色のイルミネーションを点灯した。

真夏のルミヤシキ(終了)

真夏のルミヤシキは、夜の花やしきに点灯する夏のイルミネーション。

桜の花びらをイメージしたピンクのイルミネーションが夜の遊園地を照らし、昼間の遊園地とはうって変わって、大人のための遊園地に変身。

アトラクションまできらびやかに輝いて、水と光と音楽の噴水ショーを20分に1回上演。

まるでテレビドラマのワンシーンに入り込んだかのよう。

真夏のルミヤシキのイベント概要
開催期間:2018-8-10(金)〜2018-8-19(日)
会場:浅草花やしき各所

浅草花やしきの行き方・アクセス

浅草花やしきの浅草門

浅草花やしきの浅草門

浅草花やしきがあるのは、浅草寺のすぐそば。

つくばエクスプレスの浅草駅から来る場合、花やしきエンターテイメント通りを進むと、花やしきの笑運閣門(しょううんかくゲート)に着く。

銀座線・浅草線・東武スカイツリーラインの浅草駅から来る場合、雷門を通って浅草寺の本堂の脇を左に進むと、花やしきの浅草門にたどり着く。

浅草花やしきの基本情報
住所:東京都台東区浅草2-28-1
電話番号:03-3842-8780
営業時間:10:00-18:00(入園は閉園の30分前まで)
公式ウェブサイト:浅草花やしき 公式サイト
当日入園チケット料金:中学生以上 1,000円/小学生 500円/65歳以上 500円/未就学児 無料
最寄り駅からのアクセス:つくばエクスプレス 浅草駅から徒歩約3分

浅草花やしきの周辺スポット

浅草寺の五重塔と背後に見えるスカイツリー

浅草寺の五重塔とスカイツリー

浅草花やしきは、徒歩約3分ほどで浅草寺に行けるほか、東武スカイツリーラインに乗って東京スカイツリーまで1駅。

また、吾妻橋のたもとから、宇宙船のような船「ヒミコ」に乗船すると、お台場海浜公園やららぽーと豊洲のイベントに訪れられる。

2018年10月16日 開催中のイベント
東京タワーのメインデッキ2Fで開催した東京タワー ハロウィンナイトファンタジアのトリックハロウィンロード

東京タワー

ハロウィンナイトファンタジア

9/21(金)~10/31(水)

銀座ソニーパークB2Fのイベントスペースで開催した「Hidden Senses at Park(日常のなかに隠された感覚)」の会場内

銀座ソニーパーク

Hidden Senses at Park(日常のなかに隠された感覚)

9/29(土)〜11/4(日)

サンシャイン水族館の特別展会場で開催していた化ケモノ展の入口

サンシャインシティ

化ケモノ展

6/28(木)~11/25(日)

東急プラザ銀座のメトアギンザで開催した「Water Journey in Ginza 水の循環でつながる世界」の会場で上映していた映像作品

東急プラザ銀座

Water Journey in Ginza 水の循環でつながる世界

10/3(水)〜12/12(火)

2018年10月16日 開催中の展覧会
日本科学未来館で開催していた企画展「デザインあ展 in TOKYO」の会場入口

日本科学未来館

デザインあ展 in TOKYO

7/19(木)~10/18(木)

東京ステーションギャラリーのエントランス前に掲示していた「横山華山」展の巨大ポスター

東京駅

「横山華山」展

9/22(土)〜11/11(日)

東京国立博物館の正門付近に掲示していた「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」の看板

東京国立博物館

京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ

10/2(火)~12/9(日)

国立新美術館のエントランスに掲示していた「ピエール・ボナール展」の看板

国立新美術館

ピエール・ボナール展

9/26(水)~12/17(月)

上野の森美術館のエントランス前に掲示していたフェルメール展の巨大ポスター

上野の森美術館

フェルメール展

10/5(金)~2/3(日)

11エリア
六本木通りにあるROPPONGIという文字の看板

六本木6スポット

アートの街、六本木。国立新美術館をはじめ、アート施設が点在する。

歩道橋の上から見た表参道の並木道

表参道・原宿9スポット

おしゃれの発信地、表参道。通り沿いに商業施設や高級ブティックがならぶ。

渋谷駅のハチ公口にあるハチ公像

渋谷6スポット

若者の街のイメージが根強い渋谷だが、奥渋谷や神南は大人が知的に楽しめる。

代官山アドレスの前にあるオブジェ

代官山4スポット

渋谷からすこし離れただけなのに、落ち着きとハイセンスが混ざりあう代官山。

恵比寿駅の西口にある恵比寿像

恵比寿・目黒5スポット

恵比寿は、ヱビスビールにゆかりがあり、ビールとのつながりが深い街。

銀座4丁目交差点から見た銀座和光の時計塔

銀座9スポット

銀座は、銀ぶらという言葉のとおり、ぶらぶらウィンドウショッピングできる。

丸の内仲通りの通路と樹木

丸の内・日比谷5スポット

赤レンガの東京駅を商業ビルがかこみ、古さと新しさが融合する丸の内。

日本橋の橋の途中にある麒麟の像

日本橋3スポット

日本橋は、古くからの建物が残り、江戸情緒あふれる商人や職人の城下町。

上野公園にある西郷隆盛像

上野6スポット

上野には、国立西洋美術館や東京国立博物館など、美術館や博物館が集まる。

お台場海浜公園から見たレインボーブリッジ

お台場9スポット

お台場は、東京では希少な海と砂浜をのぞめるウォーターフロントの観光地。

JR池袋駅の北改札の近くにあるいけふくろうの像

池袋4スポット

CMソングのとおり、東口に西武、西口に東武がある不思議な池袋。