渋谷

渋谷ヒカリエの今後のイベント予定と3つのd47

明治通りから見上げた渋谷ヒカリエ

2012年4月のオープンから7年が過ぎ、すっかり渋谷のランドマークになった渋谷ヒカリエ。

東急文化会館の跡地に建ち、そのDNAを受け継いで、ミュージカル劇場の東急シアターオーブや、イベントスペースのヒカリエホール、クリエイティブスペースの8/(ハチ)など、複数の文化施設を備える。
勘違いされがちだが、映画館とプラネタリウムはない。

イベントは、8Fの8/(ハチ)にある各施設を中心に開催する。

渋谷ヒカリエの今後のイベント予定

2019年9月18日(水)〜29日(日)まで、8FのCUBE 1,2,3で「珠洲焼展 中世日本海・黒のやきものグラフィック」を開催。
15世紀頃、石川県珠洲市付近で制作された、珠洲焼を約20点展示する。

2019年9月6日(金)〜12月2日(月)まで8Fのd47 MUSEUMで、香川県をテーマにした展覧会「d design travel KAGAWA EXHIBITION」を開催する。

d design travel KAGAWA EXHIBITION

香川県の個性をデザインと旅の視点で紹介する展覧会。
観光ガイド「d design travel KAGAWA」の発売を記念しての開催。

編集部が約2カ月間現地を取材し、実際に香川県でつかっている日用品や生活道具を借りてきて展示するので、リアルな香川の暮らしの息づかいをすぐそばに感じられる。

順路の最後には、香川県の名産品を販売するストアがオープン。
香川の魅力を自宅に持ち帰れる。

本展と連動して、同フロアのd47食堂で「香川定食」を提供。
香川県の魅力を鑑賞した後は、香川県の味力をあじわいたい。

d design travel KAGAWA EXHIBITIONのイベント概要
開催期間:2019-9-6(金)〜2019-12-2(月)
時間:11:00-20:00(入場は19:30まで)
会場:渋谷ヒカリエ 8F d47 MUSEUM
入場料金:無料

渋谷ヒカリエの1月〜12月のシーズナルイベント

2月のイベント

渋谷ヒカリエ8Fで開催したショコラZakkaフェスティバルの会場ショコラZakkaフェスティバルの会場

2月上旬から2月14日まで、8FのCOURTとCUBE 1,2,3で「ショコラZakkaフェスティバル」を開催。
女子目線のかわいらしいモチーフのショコラや、個性あふれるアートなショコラを販売する。

3月のイベント

渋谷ヒカリエ8FのCOURTで開催したアマゾンファッションウィークトーキョーの会場内アマゾンファッションウィークトーキョーの会場内

3月下旬頃、8FのCOURTとCUBE 1,2,3で「アマゾンファッションウィークトーキョー」を開催する。

5月のイベント

渋谷ヒカリエ8FのCOURTで開催したシブピカ博の会場内シブピカ博の会場内

4月下旬から5月上旬まで、8FのCOURTで「シブピカ博」を開催。
渋谷ヒカリエの開業を記念し、マルシェを行う。

4月下旬から5月上旬まで、9FのヒカリエホールAで「恐竜ライブ ディノサファリ」を開催。
ティラノサウルスとトリケラトプスの史上最強対決を間近で観戦できる、迫力満点のライブエンターテイメント。

7月のイベント

7月中旬頃、9FのヒカリエホールAで「東京カメラ部写真展」を開催する。

7月下旬頃、8FのCOURTで「MONSTER Exhibition」を開催する。

東京カメラ部写真展

渋谷ヒカリエのヒカリエホールで開催した東京カメラ部写真展に展示していた東京カメラ部 10選東京カメラ部写真展に展示していた東京カメラ部 10選

東京カメラ部写真展は、東京カメラ部とその分室が、SNSのタイムラインに投稿された約1,150万作品から厳選した10作品「東京カメラ部 10選」と、かつて10選に選ばれた写真家の作品を展示する写真展。

10選というだけあって、1つ1つ見応えがある写真たちがならぶ。

渋谷ヒカリエのヒカリエホールで開催した東京カメラ部写真展に展示していた「日本の47枚」東京カメラ部写真展に展示していた「日本の47枚」

雑誌アサヒカメラと東京カメラ部が共同開催する都道府県をテーマにしたフォトコンテスト「日本の47枚」や、東京カメラ部写真コンテスト インスタグラム部門の受賞作品を加え、総勢1,200枚前後の写真を展示。

会場は入り組んで広く、大規模な写真展だが入場無料。
気軽に写真の迷路に迷いこみに来られる。

東京カメラ部写真展
時間:11:00-20:00
会場:渋谷ヒカリエ 9F ヒカリエホールA
入場料金:無料

MONSTER Exhibition

渋谷ヒカリエ8FのCOURTで開催したMONSTER Exhibitionの会場内MONSTER Exhibitionの会場内

MONSTER Exhibitionは、怪獣をテーマに、渋谷とニューヨークで開催する恒例の企画展。
渋谷ヒカリエでは、2013年から行っている。

渋谷ヒカリエ8FのCOURTで開催したMONSTER Exhibitionの展示作品MONSTER Exhibitionの展示作品

会場には、50名以上のアーティストやデザイナーが、それぞれ思い描く怪獣を作品として展示。
いわゆる特撮怪獣のような作品から、日本の鬼や妖精など、古今東西のモンスターが大集合する。

MONSTER Exhibitionのイベント概要
時間:11:00-20:00
会場:渋谷ヒカリエ 8F COURT
入場料金:無料

9月のイベント

9月上旬頃、8FのCOURTとCUBE 1,2,3で「超福祉展 2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」を開催。
最新の福祉機器を紹介する。

10月のイベント

10月下旬頃、9Fのヒカリエホールで「SHIBUYA オトナHALLOWEEN PARTY」を開催。
会場で仮装コンテストとハロウィンフードグランプリを行う。

12月のイベント

渋谷ヒカリエの1F正面玄関前に設置していた「渋谷ヒカリエクリスマス」のクリスマスツリー「渋谷ヒカリエクリスマス」のクリスマスツリー

11月中旬頃から12月25日まで「渋谷ヒカリエクリスマス」を開催。
1F正面玄関前にクリスマスツリーが登場する。

渋谷ヒカリエの過去の代表的なイベント

2019年7月26日(金)〜9月2日(月)まで、8Fのd47 MUSEUMで「47酒店(ヨンナナサケテン) 酒づくりから、その土地の文化を学ぶ展覧会。」を開催。
47都道府県から1店ずつ酒店が出店し、飲んで・買って・学べる展覧会。

2019年7月31日(水)〜8月11日(日)まで、9Fのヒカリエホールで「ザンビ THE ROOM 最後の選択」を開催。
乃木坂46と欅坂46と日向坂46が日替わりで出演する、マルチエンディングアトラクション。

渋谷ヒカリエ8Fのd47 MUSEUMで開催した「ファーメンテーション ツーリズム ニッポン 発酵から再発見する日本の旅」の会場内「ファーメンテーション ツーリズム ニッポン 発酵から再発見する日本の旅」の会場内

2019年4月26日(金)〜7月8日(月)まで、8Fのd47 MUSEUMで「ファーメンテーション ツーリズム ニッポン 発酵から再発見する日本の旅」を開催。
発酵デザイナー 小倉ヒラクさんがキュレーションした発酵食品から、47都道府県の個性を再発見する。

2019年5月16日(木)〜27日(月)まで、8Fの小山登美夫ギャラリーで「小山登美夫ギャラリーコレクション展」を開催。
約10作家の選りすぐりの作品を展示し、本展を最後に小山登美夫ギャラリーはクローズした。

2019年3月5日(火)〜17日(日)まで、8FのCUBE 1,2,3で「瀬戸内国際芸術祭 開幕直前展」を開催。
2019年4月26日(金)に開幕する瀬戸内国際芸術祭の展示作品や、瀬戸内の島々の魅力を紹介した。

渋谷ヒカリエ8Fのd47 MUSEUMで開催した「LONG LIFE DESIGN 1 47都道府県の健やかなデザイン展」の会場内「LONG LIFE DESIGN 1 47都道府県の健やかなデザイン展」の会場内

2018年12月7日(金)〜2019年3月4日(月)まで、8Fのd47 MUSEUMで「LONG LIFE DESIGN 1 47都道府県の健やかなデザイン展」を開催。
日本各地で生まれ、長く使われ続けるロングライフデザインを、47都道府県の数だけ紹介した。

2019年1月11日(金)〜14日(月)まで、9FのホワイエAで「平成ネット史(仮)展」を開催。
アスキーアートやVtuber、バルス祭りなど、平成のネット史を追体験できる。

渋谷ヒカリエ8FのCUBE 1,2,3で開催した長崎みかわち焼展の会場内長崎みかわち焼展の会場内

2018年9月8日(土)〜19日(水)まで、8FのCUBE 1,2,3で「長崎みかわち焼展 江戸・明治・昭和をつなぐ技と名工」を行い、8FのCOURTで「長崎みかわち焼 1000趣1000枚の豆皿市」を同時開催。
佐世保市東部の三川内の窯元で制作した、手間がかかる緻密な細工が特徴の陶磁器を展示した。

2018年7月26日(木)~9月16日(日)まで、9Fのヒカリエホールで「namie amuro Final Space」を開催。
安室奈美恵さんの25年の活動の歴史を振り返る、アトラクション型展示。

2018年9月1日(土)〜6日(木)まで、8FのCUBE 1,2,3で「jikijiki展 vol.3」を開催。
陶芸家グループ jikijikiによる、有田焼の陶器を展示した。

渋谷ヒカリエ8FのCOURTで開催したイベント「一期一会の蚤の市 Bunkamura アンティークマーケット」の会場内「一期一会の蚤の市 Bunkamura アンティークマーケット」の会場内

2018年8月9日(木)〜11日(土)を前期、8月12日(日)〜14日(火)を後期として、8FのCOURTで「一期一会の蚤の市 Bunkamura アンティークマーケット」を開催。
総勢30店舗以上が出店し、ヨーロッパのアンティーク品を販売した。

渋谷ヒカリエ8FのCUBE 1,2,3で開催していた「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 開幕直前展」の会場内「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 開幕直前展」の会場内

2018年6月5日(火)〜17日(日)まで、8FのCUBE 1,2,3で「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 開幕直前展」を開催。
2018年7月29日(土)〜9月17日(月)まで、新潟県十日町市と津南町で行う、3年に1度の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレに先がけ、見どころを紹介した。

2018年2月17日(土)〜3月11日(日)まで、8Fの小山登美夫ギャラリーで「ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展」を開催した。

2018年1月18日(木)〜2月12日(月)まで、8Fの小山登美夫ギャラリーで「デヴィッド・リンチ版画展」を開催した。

2017年11月9日(木)〜12月25日(月)まで「渋谷ヒカリエクリスマス~WONDERLAND~」を開催した。

2017年7月28日(金)~9月10日(日)まで、9Fのヒカリエホールで「バイトル presents チームラボジャングルと学ぶ!未来の遊園地」を開催した。

渋谷ヒカリエ8FのCUBE 1,2,3で開催した奥能登国際芸術祭 開幕直前展に展示していたキリコ奥能登国際芸術祭 開幕直前展に展示していたキリコ

2017年7月4日(火)〜17日(月)まで、8FのCUBE 1,2,3で「奥能登国際芸術祭 開幕直前展」を開催。
能登キリコ祭りでつかう巨大なとうろう「キリコ」の模型や衣装をはじめ、奥能登国際芸術祭に展示する39組のアーティストの約50作品の展示プランを紹介した。

渋谷ヒカリエ8Fの小山登美夫ギャラリーで開催した大宮エリー展「Secret Garden」に展示していたフォーチュンフラワーズ大宮エリー展「Secret Garden」に展示していたフォーチュンフラワーズ

2017年4月26日(水)〜5月22日(月)まで、8Fの小山登美夫ギャラリーで「大宮エリー展 Secret Garden」を開催。
新作のフォーチュンフラワーズシリーズや、2016年5~9月まで十和田市現代美術館で開催した個展「シンシアリー・ユアーズ 親愛なるあなたの大宮エリーより」に出展した作品を展示した。

渋谷ヒカリエ8FのCUBE 1,2,3で開催したYouFab Global Creative Awards Winnersの展示作品「Interfering Floating Bodies」YouFab Global Creative Awards Winnersの展示作品「Interfering Floating Bodies」

2017年3月8日(水)〜19日(日)まで、8FのCUBE 1,2,3で「YouFab Global Creative Awards Winners」を開催。
割れないシャボン玉「Interfering Floating Bodies」や、スマートグラス越しに見た文字を音声で読み上げてくれる「OTON GLASS」など、受賞作品23点を展示した。

namie amuro Final Space(終了)

渋谷ヒカリエ9Fのヒカリエホールで開催したnamie amuro Final Spaceの会場入口namie amuro Final Spaceの会場入口

namie amuro Final Spaceは、アムロちゃんこと安室奈美恵さんが、2018年9月16日(日)で芸能界を引退するにあたり、25年間の活動を振り返るアトラクション型展覧会。

展示を変えながら、東京・大阪・福岡・沖縄の4会場で開催する。

ヒカリエで行った東京展は、2009年発売のシングル「Dr.」がテーマ。
歌詞に登場する博士から指令を受け、西暦3000年から現代に送りこまれたという設定で、安室さんの記憶を集める旅に出る。

会場には、ファイナルツアー「Finally」の実物セットをはじめ、ライブやミュージックビデオで安室さんが着用した衣装を展示。
安室さんのファンを公言していたイモトアヤコさんが、世界の果てまでイッテQ!の番組内でついに対面を果たし、その際のツーショット写真もかざった。

各時代の思い出を振り返りながら、安室さんの引退に向けてノスタルジーにひたりに訪れたい。

namie amuro Final Spaceのイベント概要
開催期間:2018-7-26(木)~2018-9-16(日)
会場:渋谷ヒカリエ 9F ヒカリエホール
当日入場チケット料金:税込み1,800円

jikijiki展(終了)

渋谷ヒカリエ8FのCUBE 1,2,3で開催したjikijiki展の会場内jikijiki展の会場内

jikijiki展は、有田焼で知られる佐賀県有田町でやきものを学び、九州地方を中心に活動する6名の若手陶芸家グループ「jikijiki」による展覧会。

渋谷ヒカリエでの開催は、3回目。

昔ながらの伝統技法を守りながら、現代的なデザインをミックスし、一番新しい有田焼に出会える。

jikijiki展のイベント概要
開催期間:2018-9-1(土)〜2018-9-6(木)
時間:11:00-20:00(9月6日は17:00まで)
会場:渋谷ヒカリエ 8F CUBE 1,2,3
入場料金:無料

ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展(終了)

渋谷ヒカリエ8Fの小山登美夫ギャラリーで開催したジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展の入口ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展の入口

アイ・ミー・マイン展は、ザ・ビートルズの元メンバー ジョージ・ハリスンさんに焦点をあてた展覧会。
ジョージ・ハリスンさんの生誕75周年を記念して開催した。

会場には、元配偶者のオリヴィア・トリニアード・アリアスさんの協力により復元された手書きの作詞原稿22点や、家族写真11点を展示。

展覧会タイトルのアイ・ミー・マインは、ザ・ビートルズ最後のアルバム「レット・イット・ビー」に収録されている楽曲。

併設のショップでは、アイ・ミー・マインの額入り作詞原稿や、書籍「アイ・ミー・マイン 増補版」を販売し、購入するとポスターとトートバッグをもらえる。

ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展のイベント概要
開催期間:2018-2-17(土)〜2018-3-11(日)
時間:11:00-20:00
会場:渋谷ヒカリエ 8F 小山登美夫ギャラリー
当日入場チケット:税込み1,200円
前売り入場チケット:税込み1,000円

デヴィッド・リンチ版画展(終了)

渋谷ヒカリエ8Fの小山登美夫ギャラリーで開催したデヴィッド・リンチ版画展の展示作品デヴィッド・リンチ版画展の展示作品

映画監督をはじめ、アーティストやミュージシャンなど、マルチに表現活動するデヴィッド・リンチさんの個展。

会場には、映画の作風と同様にダークでシュルレアリスムな版画を展示し、アートの側面からデヴィッド・リンチさんの頭の中をのぞき見るかのよう。

2018年1月27日(土)には、自身のドキュメンタリー映画「デヴィッド・リンチ:アートライフ」を公開。
展覧会とあわせて鑑賞すると、奇才の人生を連れ添うようにたどれる。

デヴィッド・リンチ版画展のイベント概要
開催期間:2018-1-18(木)〜2018-2-12(月)
時間:11:00-20:00
会場:渋谷ヒカリエ 8F 小山登美夫ギャラリー
入場料金:無料

渋谷ヒカリエクリスマス~WONDERLAND~(終了)

渋谷ヒカリエ1Fの正面入口前に設置していた渋谷ヒカリエクリスマスのクリスマスツリー渋谷ヒカリエクリスマスのクリスマスツリー

東急グループとディズニーのコラボで実施したクリスマスプロモーション「TOKYU CHRISTMAS WONDERLAND Disney DREAM MOMENTS」のひとつとして、渋谷ヒカリエで開催したクリスマスイベント。

渋谷ヒカリエのメインキャラクターは、ミッキーマウスのガールフレンド・ミニーマウス。
明治通り沿いの1F正面入口前に、クリスマスツリーを設置。
ピンクをテーマカラーに、ミニーちゃんのトレードマークのリボンを無数にかざり、とにかくキュートなツリー。
中心には、ミッキーに抱きつくミニーちゃんのパネルを展示した。

渋谷ヒカリエ2Fのエントランス前に設置していた渋谷ヒカリエクリスマスのフォトスポット渋谷ヒカリエクリスマスのフォトスポット

また、館内4カ所にミニーマウスのフォトスポットを展示。
口紅をぬったり、ドレスに着替えたり、おめかしするミニーマウスやデイジーは、恋する女性が、おめかしするために訪れる渋谷ヒカリエらしい。

渋谷ヒカリエ1F正面入口前に設置していた渋谷ヒカリエクリスマス2016~WONDERLAND~のクリスマスツリー渋谷ヒカリエクリスマス2016のクリスマスツリー

ちなみに2016年のテーマは、塔の上のラプンツェル。
オレンジのランタンオーナメントと、ブルーのイルミネーションのコントラストで、2017年とは対照的に、あたたかみがある大人の雰囲気。

渋谷ヒカリエクリスマスのイベント概要
開催期間:2017-11-9(木)〜2017-12-25(月)
会場:渋谷ヒカリエ 1F正面入口前
観覧料金:無料

バイトル presents チームラボジャングルと学ぶ!未来の遊園地(終了)

ヒカリエホールで開催したチームラボジャングル ライトアート&ミュージックフェスティバルのプログラム「ジャングルの動物たち」チームラボジャングル ライトアート&ミュージックフェスティバルのプログラム「ジャングルの動物たち」

ウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」によるイベント。
光とデジタルアートの音楽フェス「チームラボジャングル ライトアート&ミュージックフェスティバル」と「学ぶ!未来の遊園地」を同時開催した。

チームラボジャングル ライトアート&ミュージックフェスティバルのプログラム「恵のオーロラ」チームラボジャングル ライトアート&ミュージックフェスティバルのプログラム「恵のオーロラ」

チームラボジャングルは、昼の部のキッズヌーンと、夜の部のアートナイトの2部構成。
音楽にあわせて、いろんな色の光線がシャワーのようにふりそそいだり、さまざな色に変化する巨大な光のボールが宙を舞ったり、約1時間で10以上のプログラムを連続して鑑賞できる。

キッズヌーンは、たくさんの子供がはしゃぎまわり、親子で参加できるミュージックフェス。

ヒカリエホールで開催した学ぶ!未来の遊園地のグラフィティネイチャー 山と谷学ぶ!未来の遊園地のグラフィティネイチャー 山と谷

学ぶ!未来の遊園地は、日本各地で行っているチームラボの教育プロジェクト。
すこしうす暗い室内の床には、カラフルで幻想的なデジタルアートを投映。
山と谷で走りまわったり、花火が打ち上がるすべり台ですべったり、フェスの待ち時間に子供がめいいっぱい遊べる。

音楽フェスと遊園地を、一度に思う存分堪能できるので、せっかくならクタクタになるまで楽しみつくしたい。

バイトル presents チームラボジャングルと学ぶ!未来の遊園地のイベント概要
開催期間:2017-7-28(金)~2017-9-10(日)
会場:渋谷ヒカリエ 9F ヒカリエホール
入場料金 キッズヌーン(遊園地含む):大人 2,200円/高校生・大学生 1,800円/3歳〜中学生 1,200円

渋谷ヒカリエの3つのd47

渋谷ヒカリエ8Fのクリエイティブスペース「8/(ハチ)」のフロア渋谷ヒカリエ8Fのクリエイティブスペース「8/(ハチ)」のフロア

渋谷ヒカリエの8Fは、大部分がクリエイティブスペースの8/(ハチ)。
01から07まで番号が振られた7つの施設が集まる。

8/(ハチ)の排気ダクトや配管がむき出しになった天井8/(ハチ)の排気ダクトや配管がむき出しになった天井

8/(ハチ)の通路は、天井の排気ダクトや配管がむき出しになっていたり、ちょっと照明が暗めで、撮影スタジオのような雰囲気。

おすすめは、04のd47 MUSEUM、05のd47 design travel store、06のd47食堂、名前にd47が付く3つの施設。
3施設ともロングライフデザインをテーマに活動するD&DEPARTMENTが運営し、47都道府県の魅力を暮らしやモノ、食など、さまざまなカタチで紹介する。

8/(ハチ)にはd47に加え、イベントスペースのCOURT、リースギャラリーのCUBE 1,2,3、CINRA.NETによるカルチャースペースのMADO、ワークスペースのCreative Lounge MOVがあり、各施設で次々にイベントを開催。
事前情報なくフラッと立ち寄って、たまたまイベントに出会うのも楽しい。

渋谷ヒカリエB3Fにある「寝かせ玄米と日本のいいもの いろは」の店内渋谷ヒカリエB3Fにある「寝かせ玄米と日本のいいもの いろは」の店内

イベントの後は、B2F〜B3Fのデパ地下に立ち寄りたい。
デパ地下は、2017年9月15日(金)にリニューアルして、14店舗がニューオープンした。
B3Fがお弁当やおそうざい、B2Fがスイーツ中心のフロア。

d47 MUSEUM

渋谷ヒカリエ8Fのd47 MUSEUMで開催した「d design travel AICHI EXHIBITION」の展示過去にd47 MUSEUMで開催した「d design travel AICHI EXHIBITION」の展示

d47 MUSEUMは、47都道府県にちなんだ展覧会を代わる代わる開催するミュージアム。

およそ2カ月周期で展覧会が入れ替わり、1つの都道府県にフォーカスした展覧会や、テーマを絞って47都道府県を対象にした展覧会を行う。

dはデザインのdで、47都道府県の数にちなんで、47の展示台を設置。

数カ月現地取材をして、その土地で実際につかっているものを借りて展示するので、その都道府県のありのままの暮らしが伝わり、知らなかった良さを再発見できる。

ほとんどの展覧会が無料で、気軽に立ち寄れるのもうれしい。

d47 MUSEUMの施設情報
開館時間:11:00-20:00(入館は19:30まで)
休館日:展示入れ替え期間
住所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 8F
電話番号:03-6427-2301
入場料金:展覧会によって異なる

d47 design travel store

渋谷ヒカリエ8Fにあるd47 design travel storeの店内d47 design travel storeの店内

日本各地の名品を販売しているショップ。
伝統工芸品や銘菓など、雑貨や食料品を中心に、各都道府県の個性あふれる商品がならび、ウィンドウショッピングしているだけで楽しい。

決まった商品だけを販売するわけではなく、47都道府県の現地取材で新たに発見した魅力的なものを期間限定のフェアで紹介したり、d47 MUSEUMの展覧会と連動して、あつかう商品が変わり、定期的にのぞきたくなる。

表参道にあるジャイルのショップとして、D&DEPARTMENTとコムデギャルソンのコラボショップ「グッドデザインショップ」があったが、2018年7月10日(月)に閉店した。

d47 design travel storeの店舗情報
営業時間:11:00-20:00
定休日:なし
住所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 8F
電話番号:03-6427-2302

d47食堂

渋谷ヒカリエ8Fにあるd47食堂d47食堂ののれん

47都道府県の食をテーマに、日本各地の名物や郷土料理を、旬の季節にあわせて提供する定食屋。
料理が盛りつけられる器も、日本の伝統工芸品がつかわれ、目にもおいしい。

d47 design travel storeと同様に、d47 MUSEUMの展覧会と連動して、展覧会で紹介している都道府県のメニューを提供することがある。

d47食堂で提供していた静岡定食 ふじのくに いきいきどりの唐揚げ定食静岡定食 ふじのくに いきいきどりの唐揚げ定食

毎月ちがう「〇〇県定食」を提供しているので、メニューにあきることがなく、自分の出身地の定食を食べられる日が楽しみになる。

店内に、お酒や調味料を販売するショップスペースを併設しているので、来店にあわせてのぞきたい。

d47食堂の店舗情報
ランチタイム営業時間:11:30-14:30
ティータイム営業時間:14:30-18:00
ディナータイム営業時間:18:00-23:00
定休日:なし
住所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 8F
電話番号:03-6427-2303

渋谷ヒカリエの行き方・アクセス

渋谷ヒカリエB3Fの入口渋谷ヒカリエB3Fの入口

渋谷ヒカリエに行くには、渋谷駅のハチ公口ではなく、東口か宮益坂口に向かう。

JR渋谷駅の改札と渋谷ヒカリエの2Fが直結し、東急線や東京メトロの15番出口と渋谷ヒカリエのB3Fが直結している。

ところどころに案内板が出ているので、案内板に沿ってくると迷いづらい。

渋谷ヒカリエの基本情報
住所:東京都渋谷区渋谷2-21-1
電話番号:03-5468-5892
営業時間:ShinQs 10:00-21:00/カフェ&レストラン6F 11:00-23:00/カフェ&レストラン7F 11:00-23:30(日曜日は23:00まで)/クリエイティブスペース8F 11:00-20:00(一部店舗は23:00まで)
公式ウェブサイト:渋谷ヒカリエ 公式サイト
最寄り駅からのアクセス:東急東横線・東急田園都市線・東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」15番出口直結/JR線・東京メトロ銀座線・京王井の頭線「渋谷駅」2F連絡通路直結

渋谷ヒカリエの周辺スポット

ハチ公口に出てスクランブル交差点を渡ると、センター街やSHIBUYA109など、渋谷のショッピングエリアに行ける。

反対に宮益坂をのぼって青山通りを歩くと表参道に行ける。

渋谷ストリーム

渋谷ストリームの建物渋谷ストリームの建物

首都高速3号渋谷線の下の歩道橋を渡ると、渋谷駅の16b出口に直結して、2018年9月13日(木)にオープンした渋谷ストリームに徒歩約5分でたどり着く。

渋谷ストリームのイベントは、渋谷川沿いの遊歩道や広場で開放的に行う。

西武渋谷

西武渋谷B館の建物西武渋谷B館の建物

ハチ公口に出て、スクランブル交差点をセンター街に向かって渡ると、西武渋谷が見えてくる。

西武渋谷の催事・イベントは、A館7Fの催事場やB館8Fのオルタナティブスペースで開催する。

Bunkamura

Bunkamuraの正面(南口)エントランスBunkamuraの正面エントランス

Bunkamuraまで歩いて10分ぐらい。
SHIBUYA109の先にある東急本店に隣接する。

渋谷ヒカリエのShinQsと同じ、東急百貨店が運営する施設なので、イベントでコラボすることがある。

Bunkamura(文化村)のイベントは、2019年7月13日(土)〜9月29日(日)まで「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ 線の魔術」を開催する。

NHKスタジオパーク

NHKスタジオパークの建物と巨大ドーモくんNHKスタジオパークの建物と巨大ドーモくん

NHKスタジオパークまで徒歩13分ぐらい。
渋谷マークシティ前から出ている有料の直行バスに乗ると、ラクにたどり着ける。

NHKスタジオパークの見学コースには、歴代の朝の連続テレビ小説や大河ドラマの衣装・小道具を展示するドラマライブラリーや、声優になりきってアニメのアフレコを体験するアフレコスタジオなど、17のコーナーがある。