ジャイルの今日のイベント情報とおすすめショップ5選

 
表参道の向かいから見たジャイル

ジャイルは、表参道沿いにあるファッションビル。

ジャイルという言葉の意味は、渦。
その名のとおり、5つのフロアがねじれながら積み重なり、だるま落としを連想する建物は、オランダの建築家グループ・MVRDVがデザインした。

館内の照明はひかえめで、フロアの中心にある吹き抜けの天井窓から、太陽の光がやさしく差し込む。
季節によってちがうモビールをかざり、室内にいながら季節の移り変わりを感じる吹き抜け。

イベントは、3Fにあるギャラリースペースのアイ オブ ジャイルで開催する。

スポンサーリンク






  

ジャイルの今日のイベント情報

ジャイルで開催した「亜空間として形成する伊勢型紙・江戸小紋の世界」の展示作品

「亜空間として形成する伊勢型紙・江戸小紋の世界」の展示作品

2018年7月17日(火)〜8月26日(日)まで、3Fのアイ オブ ジャイルで「亜空間として形成する伊勢型紙・江戸小紋の世界」を開催している。

亜空間として形成する伊勢型紙・江戸小紋の世界

ジャイルで開催した「亜空間として形成する伊勢型紙・江戸小紋の世界」の会場内

「亜空間として形成する伊勢型紙・江戸小紋の世界」の会場内

亜空間として形成する伊勢型紙・江戸小紋の世界は、創業100周年をむかえる廣瀬染工場の四代目・廣瀬雄一さんと、建築家・長坂常さんによる展覧会。

会場には、廣瀬染工場の伝統技術で染めた反物や着物を展示。
19世紀のジャポニスムで、ヨーロッパの様々なデザインに影響を与えたとされる江戸小紋が、現代的によみがえる。

亜空間として形成する伊勢型紙・江戸小紋の世界のイベント概要
開催期間:2018-7-17(火)〜2018-8-26(日)
時間:11:00〜20:00
会場:ジャイル 3F アイ オブ ジャイル
住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1
イベント公式ページ:亜空間として形成する伊勢型紙・江戸小紋の世界
入場料金:無料

ジャイルの過去の代表的なイベント

2018年4月20日(金)〜6月28日(木)まで3Fのアイ オブ ジャイルで、入場無料の展覧会「落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」を開催した。

ジャイルB1Fにオープンしたドラゴンボール カフェ&ダイナーの店頭

ドラゴンボール カフェ&ダイナーの店頭

2018年1月15日(月)~2月28日(水)まで、B1Fのナチュラルキッチンに「ドラゴンボール カフェ&ダイナー」がオープン。
「四星球オムライス」など11種類のイートインメニューと、テイクアウトメニューの「カリン様の仙豆」を提供し、店内でドラゴンボールグッズを販売した。

ジャイルB1Fに期間限定でオープンした「リプトングッドインティー」の店内

リプトングッドインティーの店内

2018年1月24日(水)~4月1日(日)まで、B1Fに「リプトングッドインティー」が期間限定オープン。
ドライフルーツを紅茶に閉じ込めたグッドインティーを9種類提供した。

2017年10月20日(金)~11月26日(日)まで、3Fのアイ オブ ジャイルで「コンセプト・オブ・ハピネス アニッシュ・カプーアの崩壊概論」を開催した。

2017年8月23日(水)〜9月27日(水)まで、3Fのアイ オブ ジャイルで「Japanese Kogei Future Forward 工芸未来派ーBridge Art and Craft 工芸ブリッジー」を開催した。

2017年7月4日(火)〜30日(日)まで、3Fのアイ オブ ジャイルで「靴の彫刻 伝統工芸の町の仲間と」を開催。
靴職人・深谷秀隆さんによる靴のアートを展示した。

2017年4月14日(金)〜6月27日(火)まで、3Fのアイ オブ ジャイルで「WOW Showcaseー生活不必需品の必要性ー」を開催。
デザインスタジオ「WOW」のプロダクトレーベル「BLUEVOX!」の製品を展示した。

2017年3月9日(木)〜4月2日(日)まで、3Fのアイ オブ ジャイルで「アールブリュット?アウトサイダーアート?それとも?-そこにある価値ー知的または精神に障がいのある芸術作家の展覧会」を開催した。

2016年11月25日(金)〜2017年2月19日(日)まで、吹き抜けに「ジャイル イルミネーション BRIGHT FALL」を点灯した。

2016年12月9日(金)〜2017年2月12日(日)まで、3Fのアイ オブ ジャイルで「アセンブル_共同体の幻想と未来」展を開催。
建築家ユニット・アセンブルのプロジェクトを、写真や映像で紹介した。

2016年10月7日(金)〜11月13日(日)まで、3Fのアイ オブ ジャイルで「デヴィッド・リンチ×細尾 螺旋状の夢 夢見るように目覚める」を開催。
デヴィッド・リンチさんの絵画と、細尾の西陣織を展示した。

落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然(終了)

アイ オブ ジャイルで開催した落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然のエントランス

落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然のエントランス

山紫水明∽事事無碍∽計算機自然は、メディアアーティスト・落合陽一さんが近年制作した作品11点と新作4点、計15点を展示した個展。

アイ オブ ジャイルで開催した落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然の会場内

落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然の会場内

会場には、まるで理科の実験器具のような作品がならび、音を視覚化したり、光の屈折を利用するなど、理科の授業を思い出し、童心にかえって楽しめる。

落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然のイベント概要
開催期間:2018-4-20(金)〜2018-6-28(木)
時間:11:00〜20:00
会場:ジャイル 3F アイ オブ ジャイル
入場料金:無料

コンセプト・オブ・ハピネス_アニッシュ・カプーアの崩壊概論(終了)

アイ オブ ジャイルで開催した「コンセプト・オブ・ハピネス_アニッシュ・カプーアの崩壊概論」の会場内

「コンセプト・オブ・ハピネス_アニッシュ・カプーアの崩壊概論」の会場内

インド出身の彫刻家・アニッシュ・カプーアさんの個展。
展覧会のテーマは、文明と野蛮の対立。展示したすべての作品が、未発表の初公開。

臓器をモチーフにしたかのような生々しい立体作品や、燃えさかるような赤が印象的な絵画を展示し、会場の奥でドキュメンタリー映画「Anish Kapoor Imagine・・・」を繰り返し上映した。

東京ミッドタウンの芝生広場に設置していたアーク・ノヴァの内部

東京ミッドタウンの芝生広場に設置していたアーク・ノヴァ

アニッシュ・カプーアさんの代表作のひとつ、移動式巨大コンサートホール「アーク・ノヴァ」は、2017年9月19日(火)〜10月4日(水)まで東京ミッドタウンのイベントとして芝生広場に展示。
内部に入って、壮大なアート建築を体感できる。

ジャイルの吹き抜けに展示していた長嶋りかこさんのインスタレーション「Human Nature:カプーアへのオマージュ」

長嶋りかこさんのインスタレーション「Human Nature:カプーアへのオマージュ」

展覧会に先がけて、ジャイルの吹き抜けに、長嶋りかこさんによるインスタレーション「Human Nature:カプーアへのオマージュ」を展示。
チューブがひどくからまり、紐解くことが難しい人間の本性を考えさせられる。
展覧会の一部として、吹き抜けから天井を見上げたい。

コンセプト・オブ・ハピネス_アニッシュ・カプーアの崩壊概論のイベント概要
開催期間:2017-10-20(金)~2017-11-26(日)
時間:11:00〜20:00
会場:ジャイル 3F アイ オブ ジャイル
入場料金:無料

Japanese Kogei Future Forward 工芸未来派ーBridge Art and Craft 工芸ブリッジー(終了)

アイ オブ ジャイルで開催したJapanese Kogei Future Forward 工芸未来派ーBridge Art and Craft 工芸ブリッジーに展示していた桑田卓郎さんの作品

Japanese Kogei Future Forward 工芸未来派に展示していた桑田卓郎さんの作品

伝統工芸と現代アートの展覧会。
桑田卓郎さん・木谷洋さん・見附正康さん、3名の作家の作品を展示した。

Japanese Kogei Future Forward 工芸未来派に展示していた見附正康さんによる九谷焼

見附正康さんによる九谷焼

会場には、現代的な絵柄の九谷焼や、伝統工芸の技法で制作した現代アート作品を展示。
伝統工芸と現代アートが、双方向に架け橋になっているかのようで、新しき良さと、古き良さにふれられる。

Japanese Kogei Future Forward 工芸未来派のイベント概要
開催期間:2017-8-23(水)〜2017-9-27(水)
時間:11:00〜20:00
会場:ジャイル 3F アイ オブ ジャイル
入場料金:無料

靴の彫刻 伝統工芸の町の仲間と(終了)

アイ オブ ジャイルで開催した「靴の彫刻」に展示していたボールのような靴

「靴の彫刻」に展示していたボールのような靴

靴の彫刻は、靴職人・深谷秀隆さんの作品展。
深谷秀隆さんは、イタリアでイル ミーチョというブランドを立ち上げ、サッカー選手の三浦知良さんが愛用する靴として知られる。

オーダーしてから納品されるまで、約1年かかるというからおどろき。

「靴の彫刻」に展示していた靴のカタチをした花器にいけられた金柑

靴のカタチをした花器にいけられた金柑

本展は、2015年にフィレンツェのマリノ・マリーニ美術館で開催した展覧会の巡回展。
同展に展示した作品に加え、陶芸家・釋永陽さんをはじめとする伝統工芸作家とコラボし、ドミノだおしのように連なる陶器や、靴のカタチをした花器にいけた金柑を展示した。

「靴の彫刻」に展示していた液体のような靴

液体のような2足の靴

靴のフォルムをギリギリ残しながら、ボールのように丸まっていたり、液体のように流動的だったり、巻き爪のようにひねくれていたり、どれもユニークな靴のアート。

「靴の彫刻」に展示していたドアの上部にひっかけられた靴

ドアの上部にひっかけられた靴

ふと上を見上げると、ドアの上部に靴がひっかけられていて、おちゃめなユーモア。

靴の彫刻 伝統工芸の町の仲間とのイベント概要
開催期間:2017-7-4(火)〜2017-7-30(日)
時間:11:00〜20:00
会場:ジャイル 3F アイ オブ ジャイル
入場料金:無料

WOW Showcaseー生活不必需品の必要性ー(終了)

WOW Showcaseー生活不必需品の必要性ーに展示していたAXIS

WOW Showcaseに展示していたAXIS

WOW Showcaseは、東京・仙台・ロンドンに拠点があるデザインスタジオ・WOWによる展覧会。

WOWは、2016年12月1日(木)〜25日(日)まで開催した「東京駅グランルーフ Light on Train」や、東急プラザ銀座のイベントとして2017年3月15日(水)~4月7日(金)まで展示したインスタレーション「BLOOM DANCE」を手がける。

この展覧会に展示したのは、生活不必需品をコンセプトにしたWOWのプロダクトレーベル「BLUEVOX!」の製品たち。

生活不必需品とは、便利で安価でありふれている生活必需品とは逆に、手にしたときの感動や、時間が経つにつれて増す愛着など、生活の奥行きに重点をおいた製品をさす。

WOW Showcaseー生活不必需品の必要性ーに展示していたA SQUARE

WOW Showcaseに展示していたA SQUARE

真ちゅうの棒を組みあわせてつくる「AXIS」、正方形の革をおりたたみ金箔や漆と組みあわせたバッグ「A SQUARE」、支柱がくるくるまわり部屋の雰囲気を変化させ続けてくれる照明「LUX」、3Dプリンタでつくる超極薄の漆の器「SHIZUKU」など、機能性をもつアート作品のような製品たち。

本当の意味で生活を豊かにしてくれる生活不必需品を目のあたりにする。

WOW Showcaseのイベント概要
開催期間:2017-4-14(金)〜2017-6-27(火)
時間:11:00〜20:00
会場:ジャイル 3F アイ オブ ジャイル
入場料金:無料

アールブリュット?アウトサイダーアート?それとも?-そこにある価値ー知的または精神に障がいのある芸術作家の展覧会(終了)

アールブリュット?アウトサイダーアート?それとも?-そこにある価値ー知的または精神に障がいのある芸術作家の展覧会の会場内

アールブリュット?アウトサイダーアート?それとも?の会場内

知的障がいや精神障がいがあるアーティストの作品を集めた展覧会。
芸術の教育を受けていないアーティストの作品が、アール・ブリュットやアウトサイダー・アートと言われ、芸術の知識や技法を無視して、衝動のままに制作する作品として注目を集めている。

アールブリュット?アウトサイダーアート?それとも?-そこにある価値ー知的または精神に障がいのある芸術作家の展覧会に展示していた平面作品と立体作品

アールブリュット?アウトサイダーアート?それとも?に展示していた平面作品と立体作品

本展には、25名の日本のアーティストによるアウトサイダー・アートを、絵画数十点に加え、彫刻やインスタレーションなど立体作品数点を展示。

人間のカタチや色づかいなど、アートの既成概念の枠を大きくはみ出し、一般的な感覚ではたどりつけない境地の作品たちは、自らの魂をそのまま表現しているかのよう。

2017年4月29日(土)~6月18日(日)まで、東京駅のイベントとして、東京ステーションギャラリーで、精神病院で制作したアウトサイダー・アートを展示したアドルフ・ヴェルフリさんの個展を開催した。

アールブリュット?アウトサイダーアート?それとも?のイベント概要
開催期間:2017-3-9(木)〜2017-4-2(日)
時間:11:00〜20:00
会場:ジャイル 3F アイ オブ ジャイル
入場料金:無料

ジャイル イルミネーション BRIGHT FALL(終了)

ジャイルの吹き抜けで行われていたイルミネーション「BRIGHT FALL」

ジャイル イルミネーション「BRIGHT FALL」

BRIGHT FALLは、ジャイルのB1F〜5Fまで、高さ約30メートルの吹き抜けを、光のシャワーのように無数に降りそそぐイルミネーション。

ピンクをベースに、ホワイトやゴールドのイルミネーションがちりばめられ、やさしさとあたたかみがある。

イルミネーションがエスカレーターの金属や窓ガラスに反射して、見る角度によってちがう表情をながめられる。

ジャイル イルミネーション BRIGHT FALLのイベント概要
開催期間:2016-11-25(金)〜2017-2-19(日)
会場:ジャイル 吹き抜け
料金:観覧無料

「アセンブル_共同体の幻想と未来」展(終了)

「アセンブル_共同体の幻想と未来」展に展示していたウィンター・ガーデンのイメージ図

「アセンブル_共同体の幻想と未来」展に展示していたウィンター・ガーデンのイメージ図

2015年にイギリスの現代美術賞 ターナー賞を受賞した15人の建築家ユニット・アセンブルの展覧会。
ターナー賞受賞の対象になったリバプールのグランビー地区の地域再生プロジェクトを、写真や映像の展示を中心に紹介した。

紹介したプロジェクトは3つ。ケアンズ・ストリートにある長屋10軒の保護・修復、インテリアを手づくりする工房のグランビー・ワークショップ設立、公共施設ウィンター・ガーデンの施工。

「アセンブル_共同体の幻想と未来」展に展示していたグランビー・ワークショップでつかわれている材料やマニュアル

グランビー・ワークショップでつかわれている材料やマニュアル

グランビー・ワークショップの展示は、ワークショップで実際につかっている材料やマニュアルを展示し、現地の雰囲気がよく伝わってくる。

「アセンブル_共同体の幻想と未来」展のイベント概要
開催期間:2016-12-9(金)〜2017-2-12(日)
時間:11:00〜20:00
会場:ジャイル 3F アイ オブ ジャイル
入場料金:無料

デヴィッド・リンチ×細尾 螺旋状の夢 夢見るように目覚める(終了)

アイ オブ ジャイルで開催した「デヴィッド・リンチ×細尾 螺旋状の夢 夢見るように目覚める」の会場内

「デヴィッド・リンチ×細尾 螺旋状の夢 夢見るように目覚める」の会場内

映画監督で画家のデヴィッド・リンチさんと、元禄元年に創業した西陣織の老舗「細尾」の12代目 細尾真孝さんによる展覧会。
赤い厚手のカーテンのような入口から中に入ると、展示スペースが2つある。

1つ目は、赤と紫の西陣織が部屋全体に渦巻いていて、渦の中心まで行けるスペース。

2つ目は、黒く見える西陣織が部屋をとりかこみ、中心にデヴィッド・リンチさんの絵画作品「スパイラル」がぼんやり照らされているスペース。

螺旋というテーマは、渦などの意味を持つジャイルという建物の名前にマッチしている。

デヴィッド・リンチ×細尾 螺旋状の夢 夢見るように目覚めるのイベント概要
開催期間:2016-10-7(金)〜2016-11-13(日)
時間:11:00〜20:00
会場:ジャイル 3F アイ オブ ジャイル
入場料金:無料

ジャイルのおすすめショップ5選

ジャイル3Fのエレベーター前にあるフロアマップ

ジャイル3Fのエレベーター前にあるフロアマップ

ジャイルはB1Fから5Fの6フロア。
総勢19のショップ・レストランと、ギャラリースペースのアイ オブ ジャイルがある。

1〜3Fはファッションアイテムや雑貨のフロア、4〜5Fはレストラン街。

館内はアート施設のような静けさがただよい、アート鑑賞するかのように、落ち着いた気分でウィンドウショッピングできる。

ジャイル2Fにあったグッドデザインショップ

2Fにあったグッドデザインショップ

かつて2Fに、コムデギャルソンとD&DEPARTMENTのコラボショップ「グッドデザインショップ」があり、定番として長く愛され続ける、ロングライフデザインの商品を集めて販売していたが、2018年7月10日(月)に閉店。
跡地には、コムデギャルソンの新ブランド「CDG」が、2018年7月20日(金)にオープンした。

プレイ・コムデギャルソン

ジャイル1Fにあるプレイ・コムデギャルソンのブース

1Fにあるプレイ・コムデギャルソンのブース

プレイ・コムデギャルソンは、コムデギャルソンの創設者・川久保玲さんがデザイナーをつとめるキャラクターブランド。
ジャイル1Fのメインエントランスの正面にブースがある。

グラフィックデザイナーのフィリップ・パゴウスキーさんがデザインした「つり目のハート」がトレードマークで、コムデギャルソンの中では安価なライン。

デザインしないことがコンセプトで、シンプルなTシャツやカットソーを販売している。

プレイ・コムデギャルソンの店舗情報
営業時間:11:00-20:00
場所:1F
電話番号:03-5464-7305

トレーディングミュージアム・コムデギャルソン

ジャイル2Fにあるトレーディングミュージアム・コムデギャルソン

2Fにあるトレーディングミュージアム・コムデギャルソン

トレーディングミュージアム・コムデギャルソンは、2009年にオープンして、2017年9月1日(金)にリニューアルしたコムデギャルソンのコンセプトショップ。

東京とパリにしかない限定ショップで、ここにしかないアイテムが多数ある。

ミュージアムという名前のとおり、展示しているだけで買えないアイテムもあり、ウィンドウショッピングが博物館鑑賞に来ているかのよう。

店内に複数置かれている木枠のガラスショーケースは、不定期で中身が入れ替わるので、ジャイルに来るたびに展覧会をのぞく感覚で訪れて刺激を受けたい。

リニューアルオープンにあわせて、東京2店舗目のトレーディングミュージアム・コムデギャルソンが、東京ミッドタウンのガレリア1Fにオープンした。

トレーディングミュージアム・コムデギャルソンの店舗情報
営業時間:11:00-20:00
場所:2F
電話番号:03-3486-8590

MoMAデザインストア 表参道店

ジャイル3FにあるMoMAデザインストア 表参道店

3FにあるMoMAデザインストア 表参道店

MoMAデザインストアは、ニューヨーク近代美術館のキュレーターが、アート作品を選ぶようにセレクトしたインテリア・雑貨・おもちゃを販売しているストア。

白で統一した清潔感のある店内は、美術館のミュージアムショップを彷彿とさせる。

パッと見ただけでは用途がわからないおしゃれな商品がならび、ひとつひとつ手にとって実際に試せる。

プチギフトや出産祝いに何を贈るか悩んでいるときに、ひらめきがあるお店。

MoMAデザインストア 表参道店の店舗情報
営業時間:11:00-20:00
場所:3F
電話番号:03-5468-5801

F.I.L. INDIGO CAMPING TRAILER

ジャイル3FにあるF.I.L. INDIGO CAMPING TRAILERの店内

3FにあるF.I.L. INDIGO CAMPING TRAILERの店内

F.I.L. INDIGO CAMPING TRAILERは、デザイナー・中村ヒロキさんが手がけるブランド「visvim」のコンセンプトショップ。

広いスペースの中心に移動式トレーラーがポツンと置かれ、トレーラーの周りにダイニングテーブルやベンチ、パラソルがある。

トレーラーに服がかけられていたり、ダイニングテーブルやベンチが展示スペースになっていて、トレーラーで生活している人がいるかのような光景。
ショップではなく、インスタレーションの展示だと言われたら信じてしまいそう。

販売しているのは、藍染めや柿渋染めなど、天然染め加工した1点モノのファッションアイテム。

ジャイルの2Fにvisvimがあるので、テイストが気に入ったら、あわせて立ち寄りたい。

F.I.L. INDIGO CAMPING TRAILERの店舗情報
営業時間:11:00-20:00
場所:3F
電話番号:03-6418-4125

1LDK/DEPOT.

ジャイル3Fにある1LDK/DEPOT.の店内

3Fにある1LDK/DEPOT.の店内

1LDK/DEPOT.は、中目黒駅の近くにある1LDKが手がけるセレクトショップ。

プレハブ小屋のような入口をくぐると、鉄パイプで組まれた展示スペースがあり、フォークリフトで運ぶパレットに商品がならんでいる。
名前にDEPOTと付いているとおり、貯蔵庫のような店内。

ミリタリーテイストやトラディショナルなメンズウェアに加え、生活雑貨を販売している。

1LDK/DEPOT.の店舗情報
営業時間:11:00-20:00
場所:3F
電話番号:03-6418-4412

ジャイルの行き方・アクセス

表参道に面したジャイルのエントランス

表参道に面したジャイルのエントランス

ジャイルは、表参道とキャットストリートに面している。
JR原宿駅から来る場合、表参道を明治通りを渡ってそのまま進んでいくと右に見えてくる。

表参道をはさんでななめ向かいに表参道ヒルズの西館があるので、目印になる。

ジャイルの基本情報
住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1
電話番号:03-3498-6990
公式ウェブサイト:ジャイル 公式サイト
最寄り駅からのアクセス:千代田線・副都心線「明治神宮前駅」4出口から徒歩約3分/千代田線・銀座線・半蔵門線「表参道駅」A1出口から徒歩約4分/JR山手線「原宿駅」表参道口から徒歩約6分

ジャイルの周辺スポット

ジャイルは表参道沿いにあるので表参道周辺のスポットをはしごしたり、キャットストリートを歩いて渋谷のイベントに行ける。

表参道ヒルズ

歩道橋の上から見た表参道ヒルズの外観

表参道ヒルズの外観

表参道をはさんでななめ向かいに表参道ヒルズの西館がある。

表参道ヒルズのイベントは、本館B3Fのスペース オーや、吹き抜けの大階段、同潤館にある3つのギャラリーで行う。

東急プラザ表参道原宿

明治通りと表参道が交差する交差点から見た東急プラザ表参道原宿の建物

東急プラザ表参道原宿の建物

表参道をJR原宿駅のほうに3分ぐらい歩き、明治通りと交差したら表参道を渡ると、東急プラザ表参道原宿がある。

東急プラザ表参道原宿のおもはらの森は、緑が豊かな森を再現した屋上庭園。読書したり、休憩したり、待ち合わせに利用できる。

ラフォーレ原宿

ラフォーレ原宿の建物

ラフォーレ原宿の建物

東急プラザ表参道原宿の明治通りをはさんで向かいに、原宿のランドマーク「ラフォーレ原宿」がある。

ラフォーレ原宿のセールは、7月下旬に夏のグランバザール、1月下旬に冬のグランバザールを行う。

明治神宮

明治神宮・御社殿の外観

明治神宮の御社殿

表参道をJR原宿駅のあたりまで歩くと、明治神宮の原宿口付近に着く。
ジャイルから徒歩7分ぐらい。

明治神宮のパワースポット「清正井」は、明治神宮御苑の奥にある井戸。清水がこんこんと湧いている。

青山スパイラル

青山通りの向かいから見た青山スパイラル

青山スパイラルの建物

表参道と青山通りが交差する交差点を右に曲がって、青山通りを渋谷方面に歩くと青山スパイラルがある。
ジャイルから徒歩10分ぐらい。

スパイラルのイベントは、らせんのスロープがある1Fのスパイラルガーデンや、3Fのスパイラルホールで開催する。

根津美術館

根津美術館の入口前通路

根津美術館の入口前通路

表参道を麻布の方向に14分ぐらい歩くと、根津美術館がある。
建築家・隈研吾さんの設計で2009年に新装した建物で、国宝7点を含む日本と東洋の貴重なコレクションに加え、茶室が点在する広大な日本庭園が魅力。

根津美術館の庭園には、尾形光琳の燕子花図にちなんだ弘仁亭の燕子花をはじめ根津美術館八景がある。

岡本太郎記念館

岡本太郎記念館の館内1Fに展示している岡本太郎さんの立像と作品群

岡本太郎記念館内の岡本太郎さんの立像と作品群

根津美術館の前の通りを骨董通りに向かい、路地を右に曲がると岡本太郎記念館がある。

岡本太郎記念館は、故・岡本太郎さんの住居兼アトリエ。デッサンやモニュメントの原型、アトリエの画材を見学できる。



2018年8月19日 開催中のイベント
テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭りサマーステーションで66プラザに設置していたドラえもん像たち

六本木ヒルズ

テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭りサマーステーション

7/14(土)〜8/26(日)

ミッドタウン ラブズ サマーで芝生広場に登場した光と霧のデジタルアート庭園

東京ミッドタウン

ミッドタウン ラブズ サマー2018

7/13(金)〜8/26(日)

ギンザシックス屋上で開催した「チームラボ:呼応する木々 in ギンザシックスガーデン」の会場内

ギンザシックス

チームラボ:呼応する木々 in ギンザシックスガーデン

8/1(水)~9/2(日)

目黒雅叙園で開催した和のあかり×百段階段に展示していた青森ねぶた

目黒雅叙園

和のあかり×百段階段2018

7/7(土)~9/2(日)

お台場フジテレビで開催した「ようこそ!!ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2018」のマイナビステージ

お台場フジテレビ

ようこそ!!ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2018

7/28(土)〜9/2(日)

アクアパーク品川で開催した花火アクアリウム バイ ネイキッドの傘花火

アクアパーク品川

HANABI AQUARIUM by NAKED

7/1(日)~9/9(日)

渋谷ヒカリエ2Fに展示していたnamie amuro Final Spaceの告知

渋谷ヒカリエ

namie amuro Final Space

7/26(木)~9/16(日)

東京ドームシティに展示していた未来のミライ展のMのオブジェ

東京ドームシティ

未来のミライ展 時を越える細田守の世界

7/25(水)~9/17(月)

コレド室町1の日本橋三井ホールで開催したアートアクアリウムに展示していた超・花魁

コレド室町

アートアクアリウム 2018

7/6(金)~9/24(月)

サンシャイン水族館の特別展会場で開催していた化ケモノ展の入口

サンシャインシティ

化ケモノ展

6/28(木)~11/25(日)

2018年8月19日 開催中の展覧会
東京国立博物館の付近に掲示していた「縄文 1万年の美の鼓動」の看板

東京国立博物館

縄文 1万年の美の鼓動

7/3(火)~9/2(日)

国立新美術館に掲示していたルーヴル美術館展 肖像芸術 人は人をどう表現してきたかの看板

国立新美術館

ルーヴル美術館展

5/30(水)~9/3(月)

東京駅丸の内北口の東京ステーションギャラリーに掲示していた「生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。」の巨大ポスター

東京駅

生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。

7/14(土)〜9/9(日)

六本木ヒルズの森美術館で開催した建築の日本展に展示していた原寸大の茶室「待庵」

六本木ヒルズ

建築の日本展

4/25(水)〜9/17(月)

東京都庭園美術館の入口前に掲示していたブラジル先住民の椅子の告知

東京都庭園美術館

ブラジル先住民の椅子

6/30(土)〜9/17(月)

三菱一号館美術館の入口付近に掲示していた「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界」のポスター

三菱一号館美術館

ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界

6/20(水)~9/17(月)

国立西洋美術館の正門前に掲示していた「ミケランジェロと理想の身体」の巨大看板

国立西洋美術館

ミケランジェロと理想の身体

6/19(火)~9/24(月)

国立科学博物館の付近に掲示していた特別展「昆虫」の看板

国立科学博物館

特別展 昆虫

7/13(金)~10/8(月)

東京都美術館の窓に掲示していた「没後50年 藤田嗣治展」の巨大ポスター

東京都美術館

没後50年 藤田嗣治展

7/31(火)~10/8(月)

東京ミッドタウンの21_21 DESIGN SIGHT前に掲示していた「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」のポスター

東京ミッドタウン

AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展

6/29(金)〜10/14(日)

日本科学未来館で開催していた企画展「デザインあ展 in TOKYO」の会場入口

日本科学未来館

デザインあ展 in TOKYO

7/19(木)~10/18(木)

11エリア
六本木通りにあるROPPONGIという文字の看板

六本木6スポット

アートの街、六本木。国立新美術館をはじめ、アート施設が点在する。

歩道橋の上から見た表参道の並木道

表参道・原宿9スポット

おしゃれの発信地、表参道。通り沿いに商業施設や高級ブティックがならぶ。

渋谷駅のハチ公口にあるハチ公像

渋谷5スポット

若者の街のイメージが根強い渋谷だが、奥渋谷や神南は大人が知的に楽しめる。

代官山アドレスの前にあるオブジェ

代官山4スポット

渋谷からすこし離れただけなのに、落ち着きとハイセンスが混ざりあう代官山。

恵比寿駅の西口にある恵比寿像

恵比寿・目黒5スポット

恵比寿は、ヱビスビールにゆかりがあり、ビールとのつながりが深い街。

銀座4丁目交差点から見た銀座和光の時計塔

銀座9スポット

銀座は、銀ぶらという言葉のとおり、ぶらぶらウィンドウショッピングできる。

丸の内仲通りの通路と樹木

丸の内・日比谷5スポット

赤レンガの東京駅を商業ビルがかこみ、古さと新しさが融合する丸の内。

日本橋の橋の途中にある麒麟の像

日本橋3スポット

日本橋は、古くからの建物が残り、江戸情緒あふれる商人や職人の城下町。

上野公園にある西郷隆盛像

上野6スポット

上野には、国立西洋美術館や東京国立博物館など、美術館や博物館が集まる。

お台場海浜公園から見たレインボーブリッジ

お台場9スポット

お台場は、東京では希少な海と砂浜をのぞめるウォーターフロントの観光地。

JR池袋駅の北改札の近くにあるいけふくろうの像

池袋4スポット

CMソングのとおり、東口に西武、西口に東武がある不思議な池袋。