NHKスタジオパークの今日のイベント情報と見学コースガイド

 
NHKスタジオパークの建物と巨大ドーモくん

NHKスタジオパークは、NHKの見学コースとして、1965年に渋谷のNHK放送センター内にオープンし、2015年に50周年をむかえたNHKのテーマパーク。

2011年に全面リニューアルし、古くささはまるで感じない。

館内では、公開番組の生放送を観覧したり、歴代の朝の連続テレビ小説や大河ドラマのポスター・衣装・小道具を見学したり、体験型アトラクションで遊べる。

イベントは、スタジオギャラリーやイベントホールで開催し、テレビ番組「いないいないばあっ!」のワンワンをはじめ、NHKキャラクターとのグリーティングイベントを毎日行っている。

スポンサーリンク






  

目次

NHKスタジオパークの今日のイベント情報

2018年6月29日(金)まで、アニメファクトリーで「カードキャプターさくら クリアカード編 設定画展」を開催。
設定画や背景画のボードに加え、バトルコスチュームのパネルを展示している。

2018年6月12日(火)~7月3日(火)まで「ワンワンとハイポーズ!@スタジオパーク」を開催。
事前応募すると「いないいないばあっ!」のワンワンと一緒に記念撮影できる。

2018年4月20日(金)~7月12日(木)まで、イベントホールで「大河ドラマ 西郷どんの世界展」を開催している。

大河ドラマ 西郷どんの世界展

NHKスタジオパークで開催した大河ドラマ「西郷どん」展の会場内

大河ドラマ「西郷どん」展の会場内

西郷どんの世界展は、NHK大河ドラマ「西郷どん」の展覧会。
西郷どんは、幕末の薩摩藩士 西郷隆盛をテーマにした2018年1月7日(日)放送開始のドラマ。
サイゴウドンではなく、セゴドンと読む。

NHKスタジオパークで開催した大河ドラマ「西郷どん」展に展示していた等身大パネルと小道具

大河ドラマ「西郷どん」展に展示していた等身大パネルと小道具

会場には、撮影で実際につかった衣装や小道具を展示し、主演の鈴木亮平さんをはじめ、黒木華さん・瑛太さん・北川景子さんら、主要登場人物の等身大パネルを設置。
作中に登場する西郷家と大久保家の間に立つ木を再現し、一緒に記念撮影できる。

薩摩ことばのクイズコーナーは、いくつ分かるかチャレンジしたい。

上野公園の西郷隆盛像

上野公園の西郷隆盛像

鈴木亮平さんは、2018年3月29日(木)の誕生日に、西郷隆盛像を見に上野公園を訪れ、2人の西郷どんが初対面を果たした。

大河ドラマ 西郷どんの世界展のイベント概要
開催期間:2018-4-20(金)~2018-7-12(木)
時間:10:00-18:00
会場:NHKスタジオパーク イベントホール
住所:東京都渋谷区神南2-2-1
イベント公式ページ:大河ドラマ 西郷どんの世界展
NHKスタジオパーク見学料金:大人 200円/高校生以下・18歳未満・65歳以上 無料

NHKスタジオパークの今後のイベント予定

2018年7月5日(木)~9月9日(日)まで、スタジオギャラリーで「あつまれ昆虫大特集」を開催。
昆虫の視点で草むらや水たまりを見たり、カブトムシと力比べするなど、自分が昆虫になったかのように楽しめる体験展示。

毎週水曜日の10:30・12:30・15:00の3回、エントランスで「ワンワンとわ~お!@スタジオパーク」を開催。
「いないいないばあっ!」のワンワンと会えるグリーティングイベント。

2018年4月〜8月の毎週水曜日と、6月2日(土)・3日(日)、7月14日(土)~22日(日)、7月24日(火)~8月15日(水)は無料公開デー。
通常、一般200円の入場料金が、期間中は無料で入場できる。

NHKスタジオパークの過去の代表的なイベント

2018年4月2日(月)~6月10日(日)までスタジオギャラリーで、連続テレビ小説「半分、青い。」展を開催した。

2017年10月1日(日)~12月27日(水)までスタジオギャラリーで、連続テレビ小説「わろてんか」展を開催した。

2017年7月15日(土)~9月29日(金)まで、スタジオギャラリーで「なめこ せかいのともだち」展を行った。

2017年4月13日(木)~7月13日(木)までイベントホールで、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の世界展を開催。
「大河ドラマ おんな城主 直虎 メイキング写真館」の写真パネルを再展示した。

2017年4月2日(日)~6月29日(木)までスタジオギャラリーで、連続テレビ小説「ひよっこ」展を開催した。

2016年10月4日(木)〜12月27日(火)までスタジオギャラリーで、連続テレビ小説「べっぴんさん」展を開催した。

2016年7月26日(火)~10月2日(日)まで、スタジオギャラリーで「岩合光昭の世界ネコ歩き」番組展を行った。

連続テレビ小説「半分、青い。」展(終了)

NHKスタジオパークで開催の「半分、青い。」展の会場前で上映していた半分、青い。のワンシーン

「半分、青い。」展の会場前で上映していた半分、青い。のワンシーン

「半分、青い。」展は、2018年4月2日(月)に放送開始の連続テレビ小説「半分、青い。」の展覧会。

半分、青い。というタイトルは、永野芽郁(ながのめい)さん演じる「にれのすずめ」が、小学生のときに左耳が聴こえなくなり、雨上がりの空が半分青いと感じたことに由来している。

会場にはドラマのセットを再現し、すずめの幼なじみとして出演する佐藤健さんらの等身大パネルや、撮影につかった衣装・小道具を展示。
ドラマに登場する広告看板のコーナーは、レトロ感にあふれる。

せっかくなら放送開始当日の4月2日(月)に来場して、期待をふくらませたい。

連続テレビ小説「半分、青い。」展のイベント概要
開催期間:2018-4-2(月)~2018-6-10(日)
時間:10:00-18:00
会場:NHKスタジオパーク スタジオギャラリー

連続テレビ小説「わろてんか」展(終了)

NHKスタジオパークで開催した連続テレビ小説「わろてんか」展の会場内

連続テレビ小説「わろてんか」展の会場内

わろてんか展は、葵わかなさん主演の朝の連続テレビ小説「わろてんか」の展覧会。
展覧会開始の翌日、2017年10月2日(月)から放送スタートした。

わろてんかは、関西弁で「笑ってください」を意味する言葉。
葵わかなさん演じるゲラ(笑い上戸)の主人公「藤岡てん」が、笑いを商売にできないかチャレンジしていくストーリーで、吉本興業の創業者・吉本せいさんが、てんのモデル。

会場には、てんの実家の老舗薬種問屋「藤岡屋」のセットを再現し、葵わかなさんをはじめ、松坂桃李さん・濱田岳さん・高橋一生さんが演じる主要登場人物の等身大パネルや、撮影現場の写真、衣装・小道具を展示した。

わろてんか展を見学してからドラマ観賞にのぞむと、より一層わろてんかの世界にひきこまれそう。

連続テレビ小説「わろてんか」展のイベント概要
開催期間:2017-10-1(日)~2017-12-27(水)
時間:10:00-18:00
会場:NHKスタジオパーク スタジオギャラリー

「なめこ せかいのともだち」展(終了)

NHKスタジオパークで開催した「なめこ せかいのともだち」展の会場

「なめこ せかいのともだち」展の会場

なめこ せかいのともだち展は、NHK Eテレのニャンちゅうワールド放送局内のコーナーとして放送しているアニメ「なめこ せかいのともだち」の展覧会。
かつて、ゴールデンウィークイベント「渋谷DEどーも2017」の催しとして行い、再びの開催。

会場には、世界各国のなめこを紹介している巨大なボードや、アニメの絵コンテを展示したり、絵合わせパズルなど、さわって遊べる体験展示がいくつも設置。

体験展示は、動かせたり音が鳴ったりして、赤ちゃんまで楽しそうに遊んでいるのを見ると、ほのぼのする。

「なめこ せかいのともだち」展のイベント概要
開催期間:2017-7-15(土)~2017-9-29(金)
時間:10:00-18:00
会場:NHKスタジオパーク スタジオギャラリー

大河ドラマ「おんな城主 直虎」の世界展(終了)

NHKスタジオパークのイベントホールで開催した大河ドラマ「おんな城主 直虎」の世界展に展示していた南渓和尚の部屋の縁側

大河ドラマ「おんな城主 直虎」の世界展に展示していた南渓和尚の部屋の縁側

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の展覧会。
おんな城主 直虎は、戦国時代から安土桃山時代が舞台のドラマで、井伊直政を育てた井伊家の女領主 井伊直虎が主人公。
柴咲コウさんが主演して、井伊直虎を演じた。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」の世界展に展示していた井戸のセット

大河ドラマ「おんな城主 直虎」の世界展に展示していた井戸のセット

会場には、小林薫さんが演じる南渓和尚の部屋の縁側や井戸のセットなど、大掛かりなセットを再現し、おんな城主 直虎の世界に入り込んだかのよう。

縁側の座布団の上には、気持ちよさそうに眠るネコの模型が置かれ、ほっと落ち着く風景。

会場の中心に、直虎に扮するどーもくんのぬり絵で遊べるコーナーを設置。小さな子供も一緒に楽しめる。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」の世界展に再展示された大河ドラマ「おんな城主 直虎」メイキング写真館のパネル

大河ドラマ「おんな城主 直虎」メイキング写真館のパネル

また、2017年1月2日(月)~3月31日(金)までスタジオギャラリーで開催した大河ドラマ「おんな城主 直虎」メイキング写真館の写真パネルを再展示。
写真家・テラウチマサトさんが撮影した数十点の写真を再び鑑賞できる。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」の世界展のイベント概要
開催期間:2017-4-13(木)~2017-7-13(木)
時間:10:00-18:00
会場:NHKスタジオパーク イベントホール

連続テレビ小説「ひよっこ」展(終了)

NHKスタジオパークのスタジオギャラリーで開催した連続テレビ小説「ひよっこ」展に展示していたすずふり亭のセット

連続テレビ小説「ひよっこ」展に展示していたすずふり亭のセット

ひよっこ展は、2017年4月3日(月)に放送スタートした朝の連続テレビ小説「ひよっこ」の展覧会。

ひよっこは、東京オリンピックが目前にせまる1964年からストーリーがはじまり、茨城県の山の中にある村で育った谷田部みね子が、集団就職で東京に上京して、成長していくお話し。
ヒロインの谷田部みね子を、有村架純さんが演じた。

連続テレビ小説「ひよっこ」展に展示していた衣装と等身大パネル

連続テレビ小説「ひよっこ」展に展示していた衣装と等身大パネル

会場には、ドラマに登場する洋食屋「すずふり亭」のセットを再現したり、衣装・小道具を展示したり、主要登場人物の等身大パネルを設置した。

すずふり亭のセットは、店先のガラスショーケース内にある食品サンプルまで精密に再現し、ホンモノのレトロな洋食屋さながら。

連続テレビ小説「ひよっこ」展に展示していた乙女寮の規則と乙女寮の一日

乙女寮の規則と乙女寮の一日

また、みね子が暮らす乙女寮の規則と、乙女寮の一日のタイムスケジュールが貼り出され、みね子の生活を垣間見られる。

連続テレビ小説「ひよっこ」展のイベント概要
開催期間:2017-4-2(日)~2017-6-29(木)
時間:10:00-18:00
会場:NHKスタジオパーク スタジオギャラリー

連続テレビ小説「べっぴんさん」展(終了)

NHKスタジオパークのスタジオギャラリーで開催した連続テレビ小説「べっぴんさん」展の会場内

連続テレビ小説「べっぴんさん」展の会場内

べっぴんさん展は、2016年10月3日(月)から放送開始の朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」の展覧会。

べっぴんさんは、戦後の神戸が舞台のドラマ。
芳根京子さんが演じたヒロインは、ベビー・キッズ服メーカーのファミリアの創業者 坂野惇子さんがモデル。

連続テレビ小説「べっぴんさん」展のフォトスポット

連続テレビ小説「べっぴんさん」展のフォトスポット

会場には、ドラマの舞台の港町商店街とあさや靴店のセットや、芳根京子さんや高良健吾さんをはじめとする出演者の等身大パネル、衣装・小道具を展示し、メイキング映像を視聴できるコーナーを設置した。

イベント終了後、NHKスタジオパーク館内のドラマライブラリーコーナーに一部の展示が移動。
べっぴんさん展を見逃した場合、見学コースで鑑賞できる。

連続テレビ小説「べっぴんさん」展のイベント概要
開催期間:2016-10-4(木)〜2016-12-27(火)
時間:10:00-18:00
会場:NHKスタジオパーク スタジオギャラリー

「岩合光昭の世界ネコ歩き」番組展(終了)

NHKスタジオパークのスタジオギャラリーで開催した「岩合光昭の世界ネコ歩き」番組展の入口

「岩合光昭の世界ネコ歩き」番組展の入口

NHKBSプレミアムで放送している番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」の展覧会。

世界各地のさまざまな種類、いろんな表情のネコの写真を展示し、芸術的でもあり、かわいさにいやされもする。

岩合光昭さんといえば、ネコの写真をはじめ、さまざまな動物たちの写真を撮影する動物写真家。
そんな岩合光昭さんが、ネコを上手に撮るテクニックを紹介するコーナーを設置した。

「岩合光昭の世界ネコ歩き」番組展の会場内に設置していた巨大なネコの模型

「岩合光昭の世界ネコ歩き」番組展に設置していた巨大なネコの模型

展示室からアーチをくぐると、3メートルぐらいある巨大なネコの模型がお見送りしてくれる。

岩合光昭さんの写真展は、2017年12月23日(土)~29日(金)まで西武池袋のイベントとして、岩合光昭写真展「ねこといぬ」、2018年5月2日(水)~14日(月)まで日本橋三越の催事として「写真展 岩合光昭の世界ネコ歩き2」を開催するなど、百貨店を中心にしばしば開催。

ネコにいやされたくなったら、タイミングをあわせて訪れたい。

「岩合光昭の世界ネコ歩き」番組展のイベント概要
開催期間:2016-7-26(火)~2016-10-2(日)
時間:10:00-18:00
会場:NHKスタジオパーク スタジオギャラリー

NHKスタジオパークの見学コースガイド

NHKスタジオパーク内に展示しているフロアマップ

NHKスタジオパークのフロアマップ

NHKスタジオパークは、AからCまで3フロアに、常設展示・体験型アトラクション・イベントスペースなど、17のコーナーがある。

子供向けのコーナーから、大人も楽しめるコーナーまでそろっているので、順路に沿ってひととおり見学したい。
順路案内どおりに進むと、Aフロア・Bフロア・Aフロア・Cフロアというルート。

順路の途中にあるどーもくんスクエアと、順路の最後にあるスタジオカフェで休憩できるので、元気いっぱいの子供たちについていけない場合、休み休み進むのがいい。

0歳・1歳の赤ちゃんと一緒の場合、2017年7月13日(木)にオープンしたNHKキャラクターと遊んで学べる施設東武池袋7Fのにこはぴきっずもおすすめ。
いないいないばあっ!・おかあさんといっしょ・みいつけた!、3番組をテーマにした広場で遊んだり、広いボールプールで泳げる。

ウェルカムグリーティング

NHKスタジオパークのウェルカムグリーティングに登場しているどーもくん

ウェルカムグリーティングに登場しているどーもくん

ウェルカムグリーティングは、どーもくんをはじめ、NHKのキャラクターに実際に会えるイベント。
別のキャラクターショーやイベントを実施していなければ、基本的に毎日開催している。

エントランスホールに今日のグリーティングスケジュール表が置かれていて、会えるキャラクターと登場時間を確認できるので、順路を進む前に確認しておきたい。

NHKスタジオパークのエントランスホールに展示している岡本太郎さんの作品「天に舞う」

エントランスホールに展示している岡本太郎さんの作品「天に舞う」

また、エントランスホールには、岡本太郎さんによる巨大なレリーフ壁画「天に舞う」を展示。
この作品を見るためだけに、NHKスタジオパークを訪れる人もいると言われているので、忘れずに鑑賞したい。

8Kスーパーハイビジョン

NHKスタジオパークのエントランスホールにある8Kスーパーハイビジョンの番組案内

エントランスホールにある8Kスーパーハイビジョンの番組案内

8Kスーパーハイビジョンは、ハイビジョンの16倍、4Kの4倍の超高精細な映像。

NHKスタジオパークのエントランスホールに、36枚のディスプレイを組み合わせた520インチの超巨大ディスプレイを設置して、8Kスーパーハイビジョンの映像番組を上映している。

上映している番組は、5番組。
NHKホールで鑑賞しているかのような「第68回NHK紅白歌合戦」、奈良 室生寺(むろうじ)の国宝の仏像を見学できる「わが家に8Kテレビがやってきた 奇跡の山寺 室生寺編」、レオナルド・ダ・ヴィンチのモナ・リザを間近で鑑賞できる「ルーブル 時を超える美」、バラエティ番組「8Kであそぼう!どーもくんをさがせ!」、ディーン・フジオカさんが出演するミュージックビデオ「DoReMi」。

超巨大ディスプレイの前に立ち、22.2マルチチャンネルの立体音響に耳をかたむけると、そのまま映像に吸い込まれてしまいそうに錯覚するほど、実際にその場所にいるかのような臨場感。

8Kスーパーハイビジョンは、写真撮影禁止なので注意したい。

メディアウォール

NHKスタジオパークにあるメディアウォール

NHKスタジオパークにあるメディアウォール

メディアウォールは、縦長の液晶ディスプレイが10枚ぐらい横一列に並び、それぞれのディスプレイ画面にカラフルな四角が表示されているコーナー。

ディスプレイ画面のカラフルな四角をタッチすると、歴代のNHK番組が表示され、なつかしの番組を自分で選んで映像を再生できる。

にこにこぷんを選ぶと、あの頃のままのじゃじゃまる・ぴっころ・ぽろりの動く姿を見られるなど、リアルタイムに見ていた世代にはたまらない。

8Kリビングシアター

NHKスタジオパークの8Kリビングシアターで上映しているどーもくんの映像

8Kリビングシアターで上映しているどーもくんの映像

8Kリビングシアターは、8Kがある生活を再現したミニシアター。
8K放送をリビングでくつろいでいるかのように鑑賞できる。

NHKスタジオパークにあるCR-350スタジオ

NHKスタジオパークにあるCR-350スタジオ

8Kリビングシアターがあるスペースは、かつて、きかんしゃトーマスや岩合光昭の世界ネコ歩きminiなどNHKのミニ番組を、スケジュールに沿って上映するシアター「CR-350スタジオ」だったが、2018年2月25日(日)で番組上映が終了し、8Kリビングシアターになった。

NHKクエスト

NHKスタジオパークにあるNHKクエストのブース

NHKスタジオパークにあるNHKクエストのブース

NHKクエストは、NHKの番組にちなんだクイズにタッチパネルで答えるブースを、6台設置しているコーナー。

アニメ・ドラマ・音楽など、ブースごとに出題されるクイズのジャンルがちがう。
どれぐらい答えられるか、うでだめししていきたい。

NHKクエストの奥にある8Kタイムマシン

NHKクエストの奥にある8Kタイムマシン

NHKクエストの奥には、8Kタイムマシンという巨大モニターを展示。
自分が生まれた西暦と、戻りたい歳をタッチすると、その時代に流行した音楽や映像が再生され、ちょっとした時間旅行を体験できる。

NHKワールド

NHKスタジオパークにあるNHKワールドの入口

NHKスタジオパークにあるNHKワールドの入口

NHKワールドは、18の言語で国際放送している海外向けのニュースや番組。

収録が行われていたら、NHKワールド・ラジオ日本のスタジオを窓越しに見学できる。

はてなルーム

NHKスタジオパークにあるはてなルームのコーナー

NHKスタジオパークにあるはてなルームのコーナー

はてなルームは、情報番組「ためしてガッテン」と教育番組「すイエんサー」をテーマにしたコーナー。
体験型ミニアトラクションや、番組映像が流れるモニターがある。

大人の背丈より高そうな梅沢富美男さんの顔の模型は、間近で正面から向かい合ってみたい。

ちなみに「ためしてガッテン」は、2016年から「ガッテン!」に番組タイトルが変わった。

アニメファクトリー

NHKスタジオパークにあるアニメファクトリーに貼られているポスター

アニメファクトリーに貼られているポスター

アニメファクトリーは、過去のNHKアニメのポスターが壁一面に貼られている「NHKポスターアーカイブ」や、アフレコ体験ができる「アフレコスタジオ」があるアニメのコーナー。

アニメのポスターは、古い作品から最近の作品まで数十枚貼られ、幅広い世代がなつかしめる。

ポスターに加え、アニメキャラクターの等身大パネルをいくつも展示し、お気に入りのキャラと一緒に記念撮影できる。

アフレコスタジオ

NHKスタジオパークにあるアフレコスタジオの画面

NHKスタジオパークにあるアフレコスタジオの画面

アフレコスタジオは、声優になりきってアフレコを体験できるコーナー。

コーナーの入口で整理券を発券して順番まで待つと、3つあるブースの1つに案内され、おじゃる丸・忍たま乱太郎・きかんしゃトーマス・境界のRINNE・わしも、5つの番組から1つ選んで体験できる。

番組を選んだ後、アフレコしたいシーンを選ぶと、お手本としてそのシーンの実際のアニメ映像を視聴できる。
お手本を参考に、登場人物になりきってセリフを言うと、自分の声でつくったアニメを観られて、採点までしてくれる。

複数の登場人物が出てくるシーンを選べば、2人で別々の役を体験可能。
親子やカップルで競いながらチャレンジしたい。

スタジオパークニュース

NHKスタジオパークにあるスタジオパークニュースのスタジオ内

スタジオパークニュースのスタジオ内

スタジオパークニュースは、ニュースキャスターやお天気キャスターになりきって、ニュース番組の制作体験ができるコーナー。

天気をレポートしている姿は、風景と合成した映像がテレビモニターに表示され、ホンモノのニュースさながら。

休日は混雑して順番待ちになることがあるが、静かにしていれば、体験しなくても見学だけできる。

子供たちが台本にならって一生懸命ニュースを読む姿は、ほほえましい。

クリエイティブラボ

NHKスタジオパークにあるクリエイティブラボ

NHKスタジオパークにあるクリエイティブラボ

クリエイティブラボは、映像・音楽・キャラクターの素材を組み合わせて、オリジナル番組をつくれるコーナー。

コーナー付近にある予約カウンターで申し込むと、番組づくりのワークショップに参加できる。

ちょっと難しそうに感じるかもしれないが、子供でも体験できるプログラムなので、気軽に参加したい。

どーもくんスクエア

NHKスタジオパークにあるどーもくんスクエア

NHKスタジオパークにあるどーもくんスクエア

どーもくんスクエアは、巨大などーもくんのぬいぐるみや、風神と雷神に扮したどーもくんのパネルを展示し、どーもくんの映像を上映しているなど、どーもくんだらけの休憩スペース。

飲み物やお菓子の自動販売機を設置しているが、持ち込みしたものを飲食するのは禁止されているので注意したい。

ドラマライブラリー

NHKスタジオパークにあるドラマライブラリーの展示

NHKスタジオパークにあるドラマライブラリーの展示

ドラマライブラリーは、歴代の大河ドラマや、朝の連続テレビ小説のポスターや小道具を見学でき、NHKドラマの歴史をたどれるコーナー。

NHKスタジオパークのドラマライブラリーに展示しているセットと等身大パネル

ドラマライブラリーに展示しているセットと等身大パネル

作品によっては、ドラマのセットを再現して、主要登場人物の等身大パネルがずらっとならび、出演者の一人のように記念撮影できる。

通路の左右に展示があって、きょろきょろと忙しいが、見逃した作品がないようにゆっくり鑑賞したい。

こどもライブラリー

NHKスタジオパークのこどもライブラリー内にあるCT-103スタジオ

こどもライブラリー内にあるCT-103スタジオ

こどもライブラリーは、木をモチーフにした台にはめ込まれた液晶ディスプレイで、昔なつかしの子供番組を視聴できるコーナー。

過去は1960年代の子供番組から上映していて、「できるかな」のノッポさんの当時の姿を見られるなど、大人のほうがなつかしくて夢中になってしまいそう。

また、こどもライブラリー内にCT-103スタジオがあって、タイミングがあえば、おかあさんといっしょのスタジオ収録を見学できる。

CT-450スタジオ

NHKスタジオパークにあるCT-450スタジオ

NHKスタジオパークにあるCT-450スタジオ

CT-450スタジオは、月曜~金曜の16:00〜16:50はテレビ番組「4時も!シブ5時」、土曜の13:50〜14:50はテレビ番組「土曜スタジオパーク」、日曜の13:05〜15:30はラジオ番組「日曜バラエティー」の公開生放送をガラス越しに見学できるスタジオ。

事前に当日のゲストを確認しておくと、スタジオ見学への期待が、より一層ふくらむ。

4時も!シブ5時は、火曜~金曜の10:00〜12:00までホンモノのスタジオ内を見学でき、日曜バラエティーは、当日の12:00までにNHKスタジオパークの入口付近に集合すると、公開生放送を観覧できる。

撮影禁止をはじめ、見学における禁止事項がいくつかあるので、マナーを守って観覧したい。

NHKスタジオパークのCT-450スタジオの前にあったスタジオパークからこんにちはと土曜スタジオパークのフォトスポット

スタジオパークからこんにちはと土曜スタジオパークのフォトスポット

かつて月曜~金曜の13:05〜14:54にテレビ番組「スタジオパークからこんにちは」が放送していたが、2017年3月17日(金)に番組が終了した。

ネイチャーカメラマン

NHKスタジオパークにあるネイチャーカメラマンのコーナー

NHKスタジオパークにあるネイチャーカメラマンのコーナー

ネイチャーカメラマンは、自然カメラマンになりきって、戦車カメラを操作して危険動物を撮影したり、特殊カメラで昆虫や鳥を撮影したり、夜行性の動物を穴からのぞいたり、カメラマンの撮影装備がいっぱいのテントを見学できるコーナー。
緑が深い森の中を再現している。

コーナーの入口に、カメラに向かって自分の顔を撮影すると、自分の顔がどんな動物に似ているか、テレビ番組「ダーウィンが来た!」のヒゲじいが判定してくれるマシーンがある。

コーナーの奥にある豪雨暴風体験マシーン「HERASEON-ヘラセオン-」では、台風をバーチャル体験できる。

豪雨暴風体験マシーン「HERASEON-ヘラセオン-」

NHKスタジオパークのネイチャーカメラマン内にある豪雨暴風体験マシーン「HERASEON-ヘラセオン-」

豪雨暴風体験マシーン「HERASEON-ヘラセオン-」のモニター

豪雨暴風体験マシーン「HERASEON-ヘラセオン-」は、モニターの前に立つと、自分が映っている映像に豪雨や暴風を合成して表示する日本気象協会が制作したマシーン。

台風のときに飛ばされてしまいそうなリポーターを見ることがあるが、自分がリポーターの役で画面に登場しているみたい。

映像だけでなく、雨・風・雷の効果音が鳴ったり、モニターに風速や雨量が表示され、リアリティがある。

キッズワールド

NHKスタジオパークにあるキッズワールド

NHKスタジオパークにあるキッズワールド

キッズワールドは、おかあさんといっしょの映像が上映していたり、パッコロリンのコロコロウォールで遊べるキッズスペース。
青い空に雲が描かれた高い吹き抜けの空間にあって、屋外にいるかのような開放感。

おかあさんといっしょの映像は、合成映像で自分が映像の中に入れて、子供は大はしゃぎ。

スタジオショップ

NHKスタジオパークにあるスタジオショップの店内

スタジオショップの店内

スタジオショップは、どーもくんをはじめ、「いないいないばあっ!」のワンワンやうーたん、ガラピコぷ~にきかんしゃトーマスなど、さまざまなNHKのキャラクターグッズや、おんな城主 直虎などのシブい大河ドラマグッズを販売しているショップ。

どーもくんは、バットマンや直虎など、いろんなコラボグッズがあってユーモラス。

最新の番組だけでなく、にこにこぷんなど過去の番組グッズまで販売し、NHKの博物館を鑑賞しているかのようにお土産を選べる。

スタジオショップの店舗情報
営業時間:10:00-18:30
電話番号:03-3460-3374

スタジオカフェ

NHKスタジオパークにあるスタジオカフェ

NHKスタジオパークにあるスタジオカフェ

スタジオカフェは、NHKスタジオパーク内にある唯一の飲食店。
レストランエリアとフードコートエリアがある。

レストランメニューは、ラーメン・カレー・うどんなど定番メニューに加え、NHKの番組にちなんだメニューを提供。NHKスタジオパーク見学の余韻にひたりながら食事できる。

フードコートメニューは、ソフトクリームや原宿ドックなどのスイーツ、たこ焼きやフライドポテトなどの軽食、ソフトドリンクを提供している。

順路の最後にあるので、帰る前のひと休みに利用したい。

スタジオカフェの店舗情報
営業時間:11:30-18:30(ラストオーダーは18:00)
電話番号:03-3485-1118

NHKスタジオパークの行き方・アクセス

NHKスタジオパーク行きのドーモくんバス

NHKスタジオパーク行きのドーモくんバス

NHKスタジオパークは、最寄り駅の渋谷駅と原宿駅、どちらからも歩いて10分以上かかるので、渋谷マークシティ前から出ている直行バスに乗ってくるとラクにたどり着ける。

バスは15分間隔ぐらいで運行し、出発から5〜10分ぐらいで到着する。

よくあるシャトルバスとちがって、運賃は有料(大人210円・子供110円)なので注意したい。

NHKスタジオパークの基本情報
住所:東京都渋谷区神南2-2-1
電話番号:03-3485-8034
営業時間:10:00-18:00(最終入館は17:30まで)
休館日:毎月第4月曜日
公式ウェブサイト:NHKスタジオパーク 公式サイト
見学料金:大人 200円/高校生以下・18歳未満・65歳以上 無料
最寄り駅からのアクセス:渋谷駅から徒歩約12分/原宿駅から徒歩約12分

NHKスタジオパークの周辺スポット

NHKスタジオパークは、渋谷駅と原宿駅の中間ぐらいにあるので、渋谷のスポットや、表参道のスポットをはしごしやすい。

また、東京都港区に民放キー局5つの本社が集まっていて、お台場フジテレビ、赤坂サカスにTBS、汐留シオサイトに日テレ、六本木ヒルズにテレ朝、六本木グランドタワーにテレ東の施設がある。
見学コースや公式ショップを見比べてみるのもおもしろい。

代々木公園

代々木公園のイベント広場に向かうケヤキ並木

代々木公園のケヤキ並木

NHKスタジオパークと、イベント広場や野外ステージがある代々木公園のB地区が隣接している。

代々木公園のイベント広場では、世界各国のフェスを毎月開催している。

Bunkamura

Bunkamuraの正面(南口)エントランス

Bunkamuraの正面エントランス

8分ぐらい歩くと、Bunkamuraに行ける。

Bunkamuraは、その名のとおり、映画館や美術館、コンサートホールに劇場、ギャラリーなど、文化施設が5つ集まっている。
東急本店と直結しているので、買い物に便利。

渋谷ヒカリエ

明治通りから見上げた渋谷ヒカリエ

渋谷ヒカリエの建物

12分ぐらい歩いて渋谷駅に行くと、渋谷ヒカリエが駅に直結している。

渋谷ヒカリエのイベントは、8Fにあるd47 MUSEUM・小山登美夫ギャラリー・リースギャラリー CUBE 1,2,3・イベントスペース COURTで行い、ほとんどが入場無料。



2018年6月18日 開催中のイベント
Bunkamura・B1Fのザ ミュージアムで開催していた「くまのパディントン展」のフォトスポット

Bunkamura

くまのパディントン展

4/28(土)〜6/25(月)

「Smooth Access City 都市の未来へ、行ってみよう」の2Fで上映していたSmooth Access Innovation

東急プラザ銀座

Smooth Access City 都市の未来へ、行ってみよう

3/6(火)~6/28(木)

アイ オブ ジャイルで開催していた落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然の会場内

ジャイル

落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然

4/20(金)〜6/28(木)

日本科学未来館で開催していた企画展「名探偵コナン 科学捜査展 真実への推理(アブダクション)」の会場入口

日本科学未来館

名探偵コナン 科学捜査展 真実への推理

4/18(水)~7/8(日)

渋谷ヒカリエ8Fのd47 MUSEUMで開催した「d design travel KAGOSHIMA EXHIBITION」の会場内

渋谷ヒカリエ

d design travel KAGOSHIMA EXHIBITION

6/15(金)〜7/30(月)

2018年6月18日 開催中の展覧会
コンプレックス665 2Fの小山登美夫ギャラリーで開催していた「菅 木志雄 広げられた自空」の展示作品

コンプレックス665

菅 木志雄 広げられた自空

5/25(金)〜6/30(土)

東京駅丸の内北口に掲示していた千代田区×東京ステーションギャラリー 夢二繚乱の巨大ポスター

東京駅

夢二繚乱

5/19(土)〜7/1(日)

東京都美術館の窓に掲示していたプーシキン美術館展の巨大ポスター

東京都美術館

プーシキン美術館展

4/14(土)~7/8(日)

国立新美術館に掲示していたルーヴル美術館展 肖像芸術 人は人をどう表現してきたかの看板

国立新美術館

ルーヴル美術館展

5/30(水)~9/3(月)

六本木ヒルズの森美術館で開催した建築の日本展に展示していた原寸大の茶室「待庵」

六本木ヒルズ

建築の日本展

4/25(水)〜9/17(月)

11エリア
六本木通りにあるROPPONGIという文字の看板

六本木6スポット

アートの街、六本木。国立新美術館をはじめ、アート施設が点在する。

歩道橋の上から見た表参道の並木道

表参道・原宿9スポット

おしゃれの発信地、表参道。通り沿いに商業施設や高級ブティックがならぶ。

渋谷駅のハチ公口にあるハチ公像

渋谷3スポット

若者の街のイメージが根強い渋谷だが、奥渋谷や神南は大人が知的に楽しめる。

代官山アドレスの前にあるオブジェ

代官山4スポット

渋谷からすこし離れただけなのに、落ち着きとハイセンスが混ざりあう代官山。

恵比寿駅の西口にある恵比寿像

恵比寿・目黒5スポット

恵比寿は、ヱビスビールにゆかりがあり、ビールとのつながりが深い街。

銀座4丁目交差点から見た銀座和光の時計塔

銀座9スポット

銀座は、銀ぶらという言葉のとおり、ぶらぶらウィンドウショッピングできる。

丸の内仲通りの通路と樹木

丸の内・日比谷5スポット

赤レンガの東京駅を商業ビルがかこみ、古さと新しさが融合する丸の内。

日本橋の橋の途中にある麒麟の像

日本橋3スポット

日本橋は、古くからの建物が残り、江戸情緒あふれる商人や職人の城下町。

上野公園にある西郷隆盛像

上野5スポット

上野には、国立西洋美術館や東京国立博物館など、美術館や博物館が集まる。

お台場海浜公園から見たレインボーブリッジ

お台場9スポット

お台場は、東京では希少な海と砂浜をのぞめるウォーターフロントの観光地。

JR池袋駅の北改札の近くにあるいけふくろうの像

池袋4スポット

CMソングのとおり、東口に西武、西口に東武がある不思議な池袋。