その他

東京国立近代美術館の今後の展覧会・イベント予定

東京国立近代美術館 本館

東京国立近代美術館は、1952年にオープンした国立美術館の第一号。
当初、京橋に開館し、1969年に竹橋に移転してきた。

日本の伝統美意識が根付く、主張せず飾らないが居心地がいい館内には、一万三千点以上の膨大なコレクションを所蔵する。

その名のとおり、眺めがよい展望休憩室「眺めのよい部屋」からの眺望は、作品のひとつとして見逃さないようにしたい。

イベントは、2F〜4Fの所蔵品ギャラリーで選りすぐりの約200点を展示する「MOMATコレクション」を通年開催。
年に数回、1Fの企画展ギャラリーで企画展を行う。

東京国立近代美術館の今後の展覧会・イベント予定

2019年7月2日(火)~10月6日(日)まで、1Fの企画展ギャラリーで「高畑勲展 日本のアニメーションに遺したもの」を開催。
高畑勲さんの演出に焦点をあて、未公開資料を交えて紹介する。

2019年7月19日(金)~10月6日(日)まで「MOMATサマーフェス」を開催。
夜になるとガーデン・カフェがビアバーに早変わりし、金曜・土曜はナイトミュージアムとして21時まで開館する。

2019年6月4日(火)~10月20日(日)まで、2F〜4Fの所蔵品ギャラリーで「MOMATコレクション」を開催。
日本の近代美術の流れを国際的な関わりとあわせて紹介する。

2019年6月18日(火)~10月20日(日)まで、ギャラリー4で「解放され行く人間性 女性アーティストによる作品を中心に」を開催。
東京国立近代美術館の所蔵品による小企画展。

2019年11月1日(金)~2020年2月2日(日)まで、1Fの企画展ギャラリーで「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」を開催。
窓の歴史を振り返り、絵画に描かれた窓や建築の窓など、さまざまな切り口の窓を紹介する、一般財団法人 窓研究所とタッグで行う展覧会。

2020年2月26日(水)〜6月14日(日)まで、1Fの企画展ギャラリーで「ピーター・ドイグ展」を開催。
画家 ピーター・ドイグさんの絵画を初期から最新まで紹介する、日本で初めての個展。

東京国立近代美術館の過去の代表的な展覧会・イベント

2019年3月12日(火)~5月26日(日)まで、1Fの企画展ギャラリーで「福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ」を開催。
福沢一郎さんの作品を約100点展示し、画家としての福沢さんに着目する。

2018年10月10日(水)~12月24日(月)まで、1Fの企画展ギャラリーで「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」を開催した。

東京国立近代美術館の行き方・アクセス

東京国立近代美術館の表札東京国立近代美術館の表札

東京国立近代美術館は、最寄りの竹橋駅から徒歩約3分。

窓の外に皇居の石垣の緑をのぞみ、遠くに丸の内のビル群が見える位置。

九段下駅と神保町駅からそれぞれ徒歩約15分で来られるので、散歩がてら時間をかけて歩いてくるのもおもしろい。

東京国立近代美術館の基本情報
住所:東京都千代田区北の丸公園3-1
電話番号:03-5777-8600
営業時間:10:00-17:00(金曜日・土曜日は10:00-20:00)
公式ウェブサイト:東京国立近代美術館 公式サイト
最寄り駅からのアクセス:竹橋駅から徒歩約3分