恵比寿・目黒

白金台 八芳園のイベント情報と庭園見学の見どころ

白金台 八芳園の日本庭園

八芳園は、港区白金台に位置し、2019年に創業76周年をむかえる結婚式場。

敷地内に広大な日本庭園を有し、四方八方どちらを向いても美しいことから、八芳園という名前。

江戸時代に大久保彦左衛門の屋敷だった頃から300年続く由緒ある日本庭園は、桜や紅葉など四季にあわせて美しく表情を変える。

結婚式場としてだけでなく、槐樹(えんじゅ)・壺中庵(こちゅうあん)・スラッシュカフェなど、料亭やレストランを利用したり、庭園を無料で自由に散策できるなど、観光に訪れられる。

イベントは、季節ごとの年間行事を本館で開催する。

白金台 八芳園のイベント・年間行事

1月3日にメインロビーで、無料で参加できる新春餅つき大会を開催。
コマ回しのパフォーマンスなどを行う。

白金台 八芳園の日本庭園に咲いていた桜八芳園の日本庭園に咲いていた桜

3月下旬〜4月上旬頃「スプリングフェスティバル 粋」を開催。
庭園内の約90本の桜をライトアップし、美味い酒・美味い肴・美しい桜で、春爛漫の八芳園を楽しめる。

5月に「新緑フェスティバル」を開催。
庭園の新緑をライトアップし、初夏の味を愉しむフェア。

立春から88日目の5月2日に「八十八夜」を開催。
京都 福寿園とのコラボで、摘み立ての新茶を提供し、ティーマスターによるお茶の淹れかたワークショップを実施。
春から夏への季節の移り変わりを感じられる。

5月中旬〜6月中旬にスラッシュカフェで「ビアテラス」を開催。
提携農家から届くフレッシュな野菜をつかった料理とオリジナルクラフトビールを楽しみながら、日本庭園を一望できる。

7月下旬〜8月末にかけて「サマーフェスティバル 粋」を開催。
いつもは静けさがただよう庭園で、沖野修也さんによるワイヤレスイヤホンをつかったDJイベント「無音フェス」を上演する。

9月にスラッシュカフェで「ムーンビアテラス」を開催。
横浜ビールとのコラボ生ビールや、提携農家の旬の野菜を提供し、ヘルシーでみずみずしい野菜をつまみにテラス席でビールを味わえる。

9月中旬頃、「十五夜茶会」を開催。
富山県富山市で毎年行う「おわら 風の盆」の優雅な踊りを堪能しながら、組立式茶室で抹茶と和菓子を味わい、秋の風情を感じられる。

9月下旬に「秋の宴」を開催。
月明かりの下、抹茶や和菓子とともに、越中 おわら風の盆を楽しむ秋のイベント。

11月上旬〜12月上旬まで「オータムフェスティバル 粋 TOKYO RED GARDEN」を開催。
真っ赤に染まった日本庭園のもみじ100本以上をライトアップし、都心に赤が咲く。

12月上旬〜25日まで、クリスマスコーディネートを実施。
本館メインロビーに約4メートルのモミの木・ウイッシュツリーを設置し、12月24日にクリスマスコンサートとクリスマスキャロルを行う。

白金台 八芳園のガーデンチャペル室内八芳園のガーデンチャペル室内

12月23日・24日に「クリスマスキャンドルナイト クリスマス礼拝&ディナー」を開催。
キャンドルのやわらかい灯りが照らす道をとおってチャペルで礼拝し、聖歌隊による讃美歌を鑑賞した後、特別ディナーを味わえる。

不定期で「粋Night」を開催。
シャンパン片手に、DJ・沖野修也さんによるジャズベースの音楽に酔いしれる。

スプリングフェスティバル 粋

白金台 八芳園の日本庭園に咲いていた桜と野点席八芳園の日本庭園に咲いていた桜と野点席

スプリングフェスティバル 粋は、八芳園の日本庭園に咲きほこる約90本の桜を背景に、大江戸の春をとびっきり粋に楽しめる春祭り。

昼と夜、それぞれ別々のイベントを開催。
2つの顔をもつ。

昼は、12種類の着物を貸し出す「KIMONO de GARDEN WALK」や、琴とギターの生演奏「スプリングフェスティバルコンサート 琴桜」で和の雰囲気を加え、桜をより一層ひきたたせる。

夜は、夜桜をライトアップし、会場にオリジナルやぐら「KAGURA」を設置。
和洋中さまざまな屋台料理を提供する桜花爛漫祭「大江戸屋台」や、DJ 沖野修也さんによる粋Nightを行い、美味い酒と美味い肴、心おどる音楽で、大人の夜を盛り上げる。

スプリングフェスティバル 粋のイベント概要
開催期間:2018-3-21(水)〜2018-4-8(日)
会場:八芳園本館

粋Night

粋Nightは、四季折々のテーマにあわせて開催する、沖野修也さんによる音楽イベント。

桜や紅葉など、季節ごとに姿を変える八芳園の美しい日本庭園をながめながら、艶やかな音楽にひたり、大人の夜を楽しめる。

ふだんは凛とした雰囲気の日本庭園が、まるでクラブのように妖しげな雰囲気を放つ貴重な機会。

粋Nightのイベント概要
開催期間:2018-3-29(木)〜2018-3-29(木)
時間:21:30-23:00
会場:八芳園本館
入場料金:税込み2,000円(ワンドリンク付き)

白金台 八芳園の庭園見学の見どころ

白金台 八芳園の日本庭園に設置されている水亭八芳園の日本庭園に設置されている水亭

八芳園の日本庭園は、中心の池をかこむように、なだらかな傾斜に通路をめぐらせた回遊式庭園。

オリエンタルチャペル付近の正門か、本館ロビー付近の木戸門から、無料で入園可能。

白金台 八芳園の日本庭園に咲いていた桜の木日本庭園に咲いていた桜の木

見どころは、春の桜・夏の新緑・秋の紅葉・冬の雪化粧など、四季にあわせて色を変える美しい風景。
木々の色が池に映りこみ、美しさが倍に増す。

庭園内には、休憩所として六角亭・角亭・丸亭・水亭を配置。
風景と一体になり、四方八方どこを見ても、まるで日本画をそのまま切り取ったかのように調和がとれた景色が広がる。

白金台 八芳園の日本庭園に展示している盆栽八芳園の日本庭園に展示している盆栽

池のほとりから水鳥や錦鯉をながめたり、丘の上に盆栽を展示しているなど、さまざまな和の風景を心ゆくまで堪能できる。

白金台 八芳園の日本庭園に設置されているガーデンチャペルの入口ガーデンチャペルの入口

庭園内に洋風のガーデンチャペルがあるが、和の雰囲気をこわすことなく溶け込み、運が良ければ、散策の途中でチャペルから出てくる新郎新婦を祝福できるかもしれない。

庭園は、入園して散策するだけでなく、スラッシュカフェをはじめ、八芳園内のレストランや料亭から鑑賞可能。
ぜいたくな景色を見下ろしながら、休日のランチを優雅に過ごせる。

白金台 八芳園の行き方・アクセス

八芳園のシャトルバスが運行している品川駅高輪口八芳園のシャトルバスが運行している品川駅高輪口

八芳園の最寄駅は、都営三田線・東京メトロ南北線の白金台駅。
日吉坂上の交差点から、坂を下る途中の左手に正門がある。

土曜・日曜・祝日は、品川駅高輪口のロータリーから発着するシャトルバスを利用すると便利。
8:30〜20:30まで、30分ごとに運行し、出発から5〜10分で八芳園にたどり着ける。

八芳園の基本情報
住所:東京都港区白金台1-1-1
電話番号:03-3441-7888
公式ウェブサイト:八芳園 公式サイト
最寄り駅からのアクセス:都営三田線・東京メトロ南北線「白金台駅」から徒歩約2分

白金台 八芳園の周辺スポット

八芳園から目黒駅は、徒歩約15分。
足を伸ばせば、徒歩20分ほどで恵比寿駅周辺にも歩いて行ける。

東京都庭園美術館

東京都庭園美術館本館の建物東京都庭園美術館の本館

目黒通りを目黒駅方面に約13分歩くと、東京都庭園美術館(目黒駅)が右に見えてくる。

その名のとおり、芝生広場・日本庭園・西洋庭園の3種類からなる広大な庭園を有し、八芳園と庭比べしてみるのもおもしろい。

目黒雅叙園(ホテル雅叙園東京)

目黒雅叙園の正面入口目黒雅叙園の正面入口

目黒駅を西口に抜け、行人坂を山手通りに向かって歩くと、八芳園と同じく老舗結婚式場の目黒雅叙園(ホテル雅叙園東京)が左に見えてくる。
八芳園から徒歩約20分。

目黒雅叙園の見学コース 百段階段は、昭和の竜宮城とうたわれ豪華絢爛な装飾を施した7つの間を見学できる。

恵比寿ガーデンプレイス

時計広場から見た恵比寿ガーデンプレイスのアーチ恵比寿ガーデンプレイスのアーチ

恵比寿ガーデンプレイスまで徒歩約21分。
東京都庭園美術館の先を右に曲がり、首都高速沿いに恵比寿駅の方向に歩いて行くのが迷いづらい。

恵比寿ガーデンプレイスのイベントは、緑のアーチがかかるセンター広場や、石のモニュメントがある時計広場で、クリスマスイルミネーションをはじめとする季節ごとのイベントを開催する。

アトレ恵比寿

アトレ恵比寿本館と西館の建物アトレ恵比寿本館と西館の建物

恵比寿ガーデンプレイスから、動く歩道の恵比寿スカイウォークで約5分、アトレ恵比寿がJR恵比寿駅に直結。

アトレ恵比寿のセール・イベントは、夏にサマーカーニバル、冬にウィンターカーニバルを開催。
夏季に西館屋上のアトレ空中花園にビアガーデン ヤドヴィガをオープンする。