東京都庭園美術館(目黒駅)の今日のイベント情報と見どころ

東京都庭園美術館本館の外観

東京都庭園美術館は、港区白金台に位置し、目黒駅から徒歩約7分の都立美術館。

1933年に建てられ、かつて朝香宮鳩彦王が暮らしたことから旧朝香宮邸とも呼ばれる。

素朴な外観の建物とは裏腹に、館内はアール・デコ様式の装飾が施され、2015年に国の重要文化財に指定された。

東京都庭園美術館としてオープンしたのは1983年。
年に数回の企画展が行われ、所蔵品が展示されることはないが、庭園や建物、調度品そのものが芸術作品といえる。

2017年4月10日(月)からエレベーター工事のため全面休館し、2017年11月18日(土)に再オープンした。

スポンサーリンク







東京都庭園美術館の今日のイベント情報

2017年11月18日(土)〜2018年2月25日(日)まで、展覧会「装飾は流転する 今と向きあう7つの方法」が開催されている。

装飾は流転する 「今」と向きあう7つの方法

東京都庭園美術館で開催されている装飾は流転する 「今」と向きあう7つの方法の会場内に展示されているニンケ・コスターさんの作品「時のエレメント」

装飾は流転する 「今」と向きあう7つの方法の会場内に展示されているニンケ・コスターさんの作品「時のエレメント」

装飾をテーマに、国内外7組のアーティストの作品が展示されている展覧会。

装飾と一言でくくっても、衣服やインテリア、その他の飾り付けなど多種多様で、人々が文化や時代にあわせて、日々の暮らしで目に映るさまざまなものに彩りを加えてきたことにあらためて気づかされる。

東京都庭園美術館で開催されている装飾は流転する 「今」と向きあう7つの方法の会場内に展示されている山縣良和さんの作品

装飾は流転する 「今」と向きあう7つの方法の会場内に展示されている山縣良和さんの作品

日本からはファッションブランド「リトゥンアフターワーズ」のデザイナー山縣良和さん、双子のアーティストユニット髙田安規子さん・政子さん、山本麻紀子さんらが参加。

アール・デコ様式の装飾が美しい東京都庭園美術館での展示により、一層移り変わる装飾を感じられる。

  • 開催期間:2017-11-18(土)〜2018-2-25(日)
  • 時間:10:00-18:00(入場は閉場の30分前まで)
  • 休館日:第2水曜日・第4水曜日・12月27日〜2018年1月4日
  • 会場:東京都庭園美術館 本館・新館
  • 住所:東京都港区白金台5-21-9
  • イベント公式ページ:装飾は流転する 「今」と向きあう7つの方法
  • 当日入場チケット料金:
    • 一般:1,100円
    • 大学生・専門学生:880円
    • 中学生・高校生:550円
    • 65歳以上:550円
    • 小学生以下および都内在住在学の中学生:無料

東京都庭園美術館の今後のイベント予定

2017年3月21日(水)〜6月12日(火)まで「アール・デコ・リヴァイバル!建物公開 旧朝香宮邸物語」と「鹿島茂コレクション フランス絵本の世界展」が同時開催される。

東京都庭園美術館の過去の代表的なイベント

東京都庭園美術館の正門前に掲示された「並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑 透明な黒の感性」の看板

正門前に掲示された「並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑 透明な黒の感性」の看板

2017年1月14日(土)〜4月9日(日)まで、「並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑 透明な黒の感性」が開催。明治期の七宝家 並河靖之さんの作品が展示された。

2016年9月22日(木)〜12月25日(日)まで、「クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス さざめく亡霊たち」と「アール・デコの花弁 旧朝香宮邸の室内空間」が同時開催。東京都庭園美術館創建時の貴重な調度品や、アール・デコ期の作家による作品が展示された。

2016年4月22日(金)〜7月5日(火)まで「メディチ家の至宝 ルネサンスのジュエリーと名画」が開催。フィレンツェのウフィツィ美術館が所蔵するメディチ家の財宝・美術コレクションが展示された。

東京都庭園美術館の見どころ

東京都庭園美術館は、アール・デコ様式の本館に加えて、その名のとおり、広大な敷地の大半を占める庭園が見どころ。

暗くなる前に、庭園を散策したい。

東京都庭園美術館 庭園

東京都庭園美術館の芝生広場

東京都庭園美術館の芝生広場

東京都庭園美術館の庭園は、芝生広場・日本庭園・西洋庭園の3エリアあり、西洋庭園は整備工事中で入園できない。

庭園には、展覧会に入場しなくても一般税込み100円で入園できるので、小さな子供連れで散歩に来ている家族をしばしば見かける。

東京都庭園美術館の芝生広場に展示されている安田侃さんの彫刻「風」

東京都庭園美術館の芝生広場に展示されている安田侃さんの彫刻「風」

芝生広場は、安田侃さんの彫刻「風」をはじめ、アート作品が点在。都心にいながら、静けさがただよい、ゆっくり時間が流れている。

東京都庭園美術館の日本庭園

東京都庭園美術館の日本庭園

日本庭園は、池を中心とする回遊式庭園。一角には1938年建造のかわらぶき屋根の茶室「光華」がたたずみ、周囲の景色に溶け込んで、風情を増している。

秋には木々が真っ赤に色づき、紅葉の名所に劣らない赤と緑の美しいコントラストをながめられる。

  • 庭園開園時間:10:00-18:00
  • 日本庭園 通行時間 10月~3月:10:00-16:30
  • 日本庭園 通行時間 4月~9月:10:00-18:00
  • 休園日:第2水曜日・第4水曜日

東京都庭園美術館 本館

東京都庭園美術館の本館次室に展示されている香水塔

本館次室に展示されている香水塔

東京都庭園美術館の本館は、2階建てで約20部屋。
各室は、展覧会開催時に展示室として使用され、部屋ごとに異なるイメージの個性的な内装やインテリアをじっくり見ていると、つい展覧会の鑑賞時間が長くなってしまう。

直近のイベントは、2017年11月18日(土)〜2018年2月25日(日)まで「装飾は流転する 今と向きあう7つの方法」が開催中。

東京都庭園美術館本館の大食堂

本館の大食堂

どの部屋も壁・扉・照明・カーテンが凝ったつくりで、次はどんな部屋だろうかと、展覧会の展示と二重の楽しみで足取りが軽くなる。

東京都庭園美術館 新館

東京都庭園美術館新館の外観

新館の外観

東京都庭園美術館の新館は2014年にリニューアル・オープン。

ギンザシックスのプレミアムラウンジ「LOUNGE SIX」の空間設計を手がける写真家 杉本博司さんがアドバイザーをつとめ、ホワイトキューブの展示室を備えている。

東京都庭園美術館新館1Fのカフェ「テイエン」

新館1Fのカフェ「テイエン」

新館の1Fには、ミュージアムショップ「ノワール」と、カフェ「テイエン」が併設。
陽の光がやわらかく差し込むガラス張りのカフェで展覧会鑑賞の余韻に浸ったり、ミュージアムショップで展覧会関連グッズを購入できる。

東京都庭園美術館のミュージアムショップ「ブラン」

東京都庭園美術館のミュージアムショップ「ブラン」

ノワールはフランス語で「黒」を意味し、正門横の邸宅のようなミュージアムショップ「ブラン」は、反対に「白」を意味する。

  • カフェ「テイエン」 営業時間:10:00-18:00(入店は17:30まで)
  • ミュージアムショップ「ノワール」 営業時間:10:00-18:00(入店は17:30まで)
  • 休日:第2水曜日・第4水曜日・展覧会準備期間
  • カフェ「テイエン」 電話番号:03-6721-6067
  • ミュージアムショップ「ノワール」 電話番号:03-6447-7932

東京都庭園美術館の行き方・アクセス

東京都庭園美術館の正門

東京都庭園美術館の正門

東京都庭園美術館の最寄駅は、都営三田線・東京メトロ南北線の白金台駅。

JR山手線・東急目黒線の目黒駅からも徒歩圏内で、東口を出て、目黒通りを白金台駅方面に7分ぐらい歩くと、左手に見えてくる。

国立科学博物館附属自然教育園と隣接しているので、目印になる。

  • 住所:東京都港区白金台5-21-9
  • 電話番号:03-3443-0201
  • 開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
  • 休館日:第2・第4水曜日および年末年始
  • 公式ウェブサイト:東京都庭園美術館 公式サイト
  • 最寄り駅からのアクセス:都営三田線・東京メトロ南北線「白金台駅」から徒歩約6分



スポンサーリンク







おすすめ無料イベント
2017年12月17日 開催中
ニシジマ・アツシ展「Humor Identification 脱力と直観」の展示作品

渋谷ヒカリエ

ニシジマ・アツシ展「Humor Identification 脱力と直観」

11月22日(水)〜12月20日(水)

表参道ヒルズクリスマス2017 with パナソニックビューティが開催されている本館吹き抜け

表参道ヒルズ

OMOTESANDO HILLS CHRISTMAS 2017

11月8日(水)~12月25日(月)

ミッドタウンクリスマス2017で芝生広場で実施されているスターライトガーデン2017

東京ミッドタウン

MIDTOWN CHRISTMAS 2017

11月15日(水)〜12月25日(月)

丸の内ブライトクリスマス2017で丸ビル1Fのマルキューブに展示されている花のクリスマスツリー

丸ビル・新丸ビル

Marunouchi Bright Christmas 2017

11月9日(木)~12月25日(月)

ギンザシックス6FのTHE CLUBで開催されている「Pattern 紋様 Forms of Beauty」の会場内

ギンザシックス

Pattern 紋様 Forms of Beauty

10月28日(土)~1月4日(木)

NIHONBASHI 星降ル森で福徳の森に設置されているシンボルツリー

コレド室町

NIHONBASHI 星降ル森

12月8日(金)〜1月8日(月)

お台場ダイバーシティで開催されている「ガンダム ドックス at TOKYO JAPAN」でフェスティバル広場に展示されている21体の立像

お台場ダイバーシティ

ガンダム ドックス at TOKYO JAPAN

11月20日(月)〜1月8日(月)

「恵比寿ガーデンプレイス クリスマスイルミネーション2017」でセンター広場に展示されているバカラのシャンデリア

恵比寿ガーデンプレイス

Baccarat ETERNAL LIGHTS

11月3日(金)〜1月8日(月)

渋谷ヒカリエ8Fのd47 MUSEUMで開催されているPtoP GIFT2018 Problem to Product Giftの会場内

渋谷ヒカリエ

PtoP GIFT2018

11月30日(木)〜2月4日(日)

メトアギンザで開催されている「Wind Lab in Ginza 風と遊べるテクノロジー空間」の3Fに展示されているインスタレーション

東急プラザ銀座

Wind Lab in Ginza 風と遊べるテクノロジー空間

10月20日(金)~2月25日(日)

東京タワーの正面玄関前で開催されている「東京タワーウィンターファンタジー オレンジ・イルミネーション」のクリスマスツリー

東京タワー

東京タワーウィンターファンタジー

11月2日(木)~2月28日(水)

ノースアヴェニューに設置されているヴィーナスフォート プロジェクションマッピング&イルミネーション2017「VenusFort Lumina」のランプシェード

お台場パレットタウン

VenusFort Lumina

11月2日(木)〜3月中旬

11エリア
六本木通りにあるROPPONGIという文字の看板

六本木6スポット

アートの街、六本木。国立新美術館や、2大ランドマークの六本木ヒルズと東京ミッドタウンにアート施設が点在する。

歩道橋の上から見た表参道の並木道

表参道8スポット

おしゃれの発信地、表参道。
表参道沿いに、表参道ヒルズなどの複合商業施設や、高級ブティックの路面店がならぶ。

渋谷駅のハチ公口にあるハチ公像

渋谷3スポット

センター街やSHIBUYA109など、若者の街のイメージが根強い渋谷だが、奥渋谷や神南は大人が知的に楽しめる。

代官山アドレスの前にあるオブジェ

代官山4スポット

渋谷からすこし離れただけなのに、落ち着きがあって、のんびりした雰囲気の代官山。ハイセンスなショップが集まる。

恵比寿駅の西口にある恵比寿像

恵比寿・目黒4スポット

恵比寿の地名は、かつてヱビスビールの工場があったことに由来していて、工場跡地に恵比寿ガーデンプレイスがある。

銀座4丁目交差点から見た銀座和光の時計塔

銀座9スポット

銀ぶらという言葉のとおり、ぶらぶらウィンドウショッピングできる街。2017年4月にギンザシックスがオープンした。

丸の内仲通りの通路と樹木

丸の内4スポット

レトロな赤レンガの東京駅を商業施設がかこみ、古さと新しさが融合した街並み。ビジネス街だが、皇居に近くて緑が豊か。

日本橋の橋の途中にある麒麟の像

日本橋3スポット

江戸情緒あふれる商人の城下町。老舗百貨店の高島屋と三越や、日本銀行本店、三井本館は重要文化財に指定されている。

上野公園にある西郷隆盛像

上野4スポット

JR上野駅の目の前にある上野公園は、東京国立博物館と国立西洋美術館の2大ミュージアムなど、美術館や博物館が集まる。

お台場海浜公園から見たレインボーブリッジ

お台場9スポット

お台場は、海と砂浜をのぞめるウォーターフロントの観光地。無料巡回バス「東京ベイシャトル」で効率的にまわりたい。

JR池袋駅の北改札の近くにあるいけふくろうの像

池袋3スポット

CMソングのとおり、東口に西武、西口に東武がある不思議な池袋。ランドマークは、高くそびえるサンシャイン。