その他

江戸東京博物館の今後の展覧会・イベント予定

江戸東京博物館の館内

江戸東京博物館、通称江戸博は、1993年3月に開館した江戸の歴史と文化をふりかえる博物館。
常設展示は、江戸ゾーンと東京ゾーンで構成され、江戸で暮らした庶民の暮らしを分かりやすく展示する。

菊竹清訓さんが設計した、高床式倉庫のような独特な建物の中に入ると、実物大で復元された日本橋がかかり、江戸の街並みがならび、江戸時代にタイムスリップしたかのよう。

イベントは、1Fの特別展示室で1年に5・6回ほど特別展を開催。
5Fの企画展示室で企画展を行う。

江戸東京博物館の今後の展覧会・イベント予定

2019年10月22日(火)〜12月1日(日)まで、5Fの企画展示室で「18世紀ソウルの日常 ユマンジュ日記の世界」を開催。
ユマンジュが13年にわたり書き綴った日記から、1784年の1年間に焦点をあてて紹介する。

2019年11月6日(水)~2020年1月5日(日)まで、常設展示室5Fの東京ゾーンで「特集展示 永井荷風と江戸東京の風景」を開催する。

2019年11月19日(火)〜2020年1月19日(日)まで、1Fの特別展示室で「大浮世絵展 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演」を開催。
5名の浮世絵師の代表作が、国内外から集結する浮世絵展。

江戸東京博物館の過去の代表的な展覧会・イベント

2019年9月14日(土)~11月4日(月)まで、1Fの特別展示室で「特別展 士 サムライ 天下太平を支えた人びと」を開催。
江戸時代のサムライのナマの生活を5章構成で紹介した。

2019年8月6日(火)~9月23日(月)まで、5Fの企画展示室で「企画展 いきものがたり 江戸東京のくらしと動物」を開催。
江戸の人々とバラエティー豊かないきものたちの関係を紹介した。

2019年7月6日(土)~8月25日(日)まで、1Fの特別展示室で「特別展 江戸のスポーツと東京オリンピック」を開催。
東京2020オリンピック・パラリンピック開幕の1年前にあわせて、蹴鞠や相撲など江戸時代の競技に関する道具や絵画を展示した。

2019年4月27日(土)~6月16日(日)まで、1Fの特別展示室で「江戸の街道をゆく 将軍と姫君の旅路」を開催。
将軍の上洛や、姫君の下向に関する資料で江戸の街道の旅路をたどる。

江戸東京博物館で開催した2017年NHK大河ドラマ 「おんな城主 直虎」特別展「戦国!井伊直虎から 直政へ」の看板特別展「戦国!井伊直虎から 直政へ」の看板

2017年7月4日(火)〜8月6日(日)まで、1Fの特別展示室で、2017年NHK大河ドラマ 「おんな城主 直虎」特別展「戦国!井伊直虎から 直政へ」を開催。
井伊家の美術品や古文書から、井伊直虎の生涯を浮き彫りにする。
おんな城主 直虎のポスターや小道具は、NHKスタジオパークの見学コース ドラマライブラリーに展示されている。

2016年7月5日(火)〜8月28日(日)まで、1Fの特別展示室で 「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」を開催。
地獄絵や浮世絵など、美術品に描かれたコミカルな鬼たちから現代の妖怪ウォッチまで紹介する、妖怪展の決定版。

2016年4月29日(金)〜6月19日(日)まで、1Fの特別展示室で 「2016年 NHK大河ドラマ特別展 真田丸」を開催した。

江戸東京博物館の行き方・アクセス

江戸東京博物館の建物江戸東京博物館の建物

江戸東京博物館は、最寄りの両国駅から西口を出て徒歩約3分。

3階の江戸東京ひろばにあるチケット売場でチケットを購入し、長いエスカレーターに乗ると、6階の常設展入口にたどり着く。

特別展は1階で開催し、1階玄関入口から入場するので、間違えないように注意したい。

江戸東京博物館の基本情報
住所:東京都墨田区横網1-4-1
電話番号:03-3626-9974
営業時間:9:30~17:30(土曜日は9:30~19:30)
公式ウェブサイト:江戸東京博物館 公式サイト
最寄り駅からのアクセス:両国駅から徒歩約3分

江戸東京博物館の周辺スポット

両国駅の建物両国駅の建物

江戸東京博物館がある両国駅付近は、相撲の聖地と言われる両国国技館やすみだ北斎美術館、施設内に土俵がある江戸NORENなど、江戸東京博物館と同じように江戸文化にふれられる施設が点在する。

運が良ければ、相撲力士に出会えるかもしれない。

また、江戸東京博物館の分館として、小金井市に江戸東京たてもの園があるので、両方訪れてみるのもおもしろい。

両国国技館

両国国技館の建物両国国技館の建物

国技館は、相撲観戦をするだけでなく、入場無料の相撲博物館で相撲の歴史を学んだり、売店で大相撲グッズを購入できる。

相撲博物館の入口相撲博物館の入口

相撲博物館の展示室は一部屋。
常設展示ではなく、2・3カ月ごとに展示替えをするので、度々訪れてもあきさせない。

江戸NOREN

江戸NORENの施設内江戸NORENの施設内

江戸NORENは、もんじゃやちゃんこなど12の和食店が集結し、粋な江戸の食を堪能できる。

施設の中心に土俵があり、イベントや催事を行うことがあるので、江戸東京博物館に行く際はあわせて訪れたい。