東京タワーの今日のイベント情報と4つのワンピース施設

下から見た東京タワーと樹木

1964年の東京オリンピックがきっかけで建設されてから50年以上たち、東京スカイツリーができた今なお、東京のランドマークであり続けている東京タワー。

昭和33年にオープンして、333メートルの高さというのがしゃれている。

2016年10月3日(月)から2017年夏頃まで、リニューアル工事で特別展望台が営業休止しているのがすこし残念だが、リニューアルオープンが待ち遠しい。

東京タワーのライトアップは、7月7日の七夕から10月2日までは夏に涼しい白、10月2日からは冬にあたたかいオレンジをベースにした2種類が基本で、特別なライトアップのために7色に変化できる。

イベントは、正面玄関前や大展望台、東京ワンピースタワーで行われる。

スポンサーリンク







東京タワーの今日のイベント情報

2017年6月1日(木)~9月3日(日)まで「天の川イルミネーション」が行われていて、大展望台1Fやフットタウンの屋上から大展望台にのぼる外階段が、天の川をイメージした無数の青いイルミネーションでライトアップされている。

また、2017年6月16日(金)~9月3日(日)まで「東京タワー サマーライトファンタジア」が開催されていて、大展望台2Fで夏をテーマにしたプロジェクションマッピングが投映されている。

2017年7月15日(土)~9月3日(日)までB1Fのタワーホールに、松竹お化け屋本舗によるホラーアトラクション「東京タワーに届いた棺」が期間限定でオープンしている。

2017年7月22日(土)~2017年9月3日(日)まで東京ワンピースタワー3〜5Fで「TOKYO PIRATES FESTIVAL」が行われていて、館内にお祭り屋台が出店している。

2017年7月22日(土)から東京ワンピースタワー5Fの特別企画展スペースで「ONE PIECE連載20周年記念 特別企画展 ログ ギャラリー Season2」が開催されていて、闘(バトル)をテーマにした原画のイラストや、名シーンを再現したフィギュアが展示されている。

2017年4月7日(金)~10月6日(金)までフットタウンの屋上にハイボールガーデン ルーフトップジンギスカンがオープンしていて、2017年4月12日(水)~10月1日(日)まで1Fの正面玄関前にハイボールガーデンがオープンしている。

東京タワー サマーライトファンタジア

サマーライトファンタジアは、東京タワー大展望台2Fで行われているプロジェクションマッピング。

2016年11月18日(金)〜2017年4月23日(日)まで開催されたシティライトファンタジアに続いて、ネイキッドが制作協力している。
ネイキッドは、コレド室町のイベントとして2017年2月2日(木)〜3月20日(月)まで開催されたフラワーズ バイ ネイキッド2017などを手がけるクリエイティブチーム。

演出は、大展望台2Fの3方向でそれぞれちがう。
スモークとレーザー光線でオーロラが再現されている「オーロラトロピカルナイト」や、ヒマワリが咲いて花火が打ち上がる「ファイヤーワークス&スターライトショー」、床に海岸が再現されてイルカやクジラが泳ぐ「東京タワーシー」。

花火や海など、夏を代表するイベントを一度に堪能できる。

  • 開催期間:2017-6-16(金)~2017-9-3(日)
  • 会場:東京タワー 大展望台2F
  • 住所:東京都港区芝公園4-2-8
  • イベント公式ページ:東京タワー サマーライトファンタジア
  • 大展望台入場チケット料金:
    • 高校生以上:900円
    • 小学生・中学生:500円
    • 4歳〜小学生未満:400円

東京タワー ハイボールガーデン

東京タワーの1F正面玄関前にオープンしているハイボールガーデン

1F正面玄関前にオープンしているハイボールガーデン

フットタウンの屋上と1F正面玄関前に期間限定でオープンしているビアガーデンならぬハイボールガーデン。

2017年4月12日(水)~10月1日(日)まで1F正面玄関前にオープンしているのは、ハイボールガーデン。
テレビコマーシャルでおなじみの角ハイボールとから揚げのセット「ハイ&カラ」や、ビームハイボールとメンチカツのセット「ビーム&カツ」が提供されている。

角ハイボールの黄色とジムビームの白色で統一された店内は、花のリースがかざられていてリゾート気分。

東京タワーのフットタウン屋上にオープンしているハイボールガーデン ルーフトップジンギスカン

フットタウン屋上にオープンしているハイボールガーデン ルーフトップジンギスカン

2017年4月7日(金)~10月6日(金)までフットタウンの屋上にオープンしているのは、ハイボールガーデン ルーフトップジンギスカン。
120分間、マザー牧場のジンギスカンを食べ放題、ドリンクを飲み放題のコースが提供されている。

どちらのハイボールガーデンもオープンエアで夜風が心地よく、ふと上を見ると、東京タワーのライトアップを真下から見上げられる絶好のロケーション。

  • ハイボールガーデン ルーフトップジンギスカン 開催期間:2017-4-7(金)~2017-10-6(金)
  • ハイボールガーデン 開催期間:2017-4-12(水)~2017-10-1(日)
  • 会場:東京タワー フットタウン屋上・1F正面玄関前
  • 住所:東京都港区芝公園4-2-8
  • イベント公式ページ:東京タワー ハイボールガーデン

東京タワーの今後のイベント予定

2017年9月10日(日)の10:00~17:00まで1F正面玄関前で「わんぱくキッズパーク in 東京タワー」が開催されて、ランニングバイクのレースに参加したり、ランニングバイクに無料で試乗体験できる。

東京タワーの過去の代表的なイベント

2017年4月28日(金)~5月7日(日)まで「ファイナルファンタジー 30周年記念イベント CRYSTAL TOKYO TOWER」が開催された。

また、2016年11月3日(木)〜2017年2月28日(火)まで正面玄関前で「東京タワー ウィンターファンタジー ワンピース スノードームイルミネーション」が行われて、スノードームが設置された。

ファイナルファンタジー 30周年記念イベント CRYSTAL TOKYO TOWER(終了)

東京タワーのフットタウン3Fにあったファイナルファンタジー 30周年記念イベント CRYSTAL TOKYO TOWERのフォトスポット

フットタウン3Fにあったファイナルファンタジー 30周年記念イベント CRYSTAL TOKYO TOWERのフォトスポット

ファイナルファンタジーの第1作が1987年に発売されて30年をむかえることを記念して開催されたイベント。

クリスタルライトアップと4Dバトルプロジェクション、2つの演出が行われて、FINAL FANTASY 30th PREMIUM STOREがフットタウン3FのアニメイトJMA東京タワーにオープンした。

ファイナルファンタジー 30周年記念イベント CRYSTAL TOKYO TOWERのクリスタルライトアップ

ファイナルファンタジー 30周年記念イベント CRYSTAL TOKYO TOWERのクリスタルライトアップ

クリスタルライトアップは、2017年4月28日(金)の1日限定で点灯した特別なライトアップ。
クリスタルのように青く輝く東京タワーをながめられた。

4Dバトルプロジェクションは、大展望台2Fの窓に投映されたプロジェクションマッピング。

スマートフォンアプリのファイナルファンタジー レコードキーパーとのコラボで、歴代作品のボスと戦う、歴代の主人公たちの勇姿を鑑賞できた。
東京の夜景を背景に繰り広げられる壮絶なバトルは、ファイナルファンタジー6でケフカと戦う瓦礫の塔を思い出してなつかしい。

  • 開催期間:2017-4-28(金)~2017-5-7(日)
  • 会場:東京タワー 大展望台2F
  • 大展望台入場チケット料金:
    • 高校生以上:900円
    • 小学生・中学生:500円
    • 4歳〜小学生未満:400円

東京タワー ウィンターファンタジー ワンピース スノードームイルミネーション(終了)

東京タワーの正面玄関前にあったワンピース スノードーム

東京タワーの正面玄関前にあったワンピース スノードーム

東京タワーと尾田栄一郎さんのマンガ「ワンピース」のコラボで行われた冬のイルミネーションイベント。

点灯式には、リオオリンピック2016のウエイトリフティング女子48キロ級で銅メダルを獲得した三宅宏実選手と、アイドルグループのさくら学院が登場した。

東京タワーの正面玄関前に直径約6メートルの巨大なスノードームが設置されて、スノードームの周りの木々が、桜色や青色のイルミネーションでかざられた。

スノードームは、映画化されたワンピースのエピソード「冬に咲く奇跡の桜」がモチーフになっていて、スノードームの中に、3本のウィンターツリーとタワーオブジェ、360度回転する笑顔のチョッパー人形がある。

東京タワーの正面玄関前で行われていたスノードームショー

東京タワーの正面玄関前で行われていたスノードームショー

13:00〜22:00の間、毎時0分に約5分間のスノードームショーが行われて、スノードームの中が桜色に変化したり、桜のような雪が舞ったり、スノードーム下部のモニターに映像が流れる。

無料で観覧できるので、近くに来たら冬の桜を一目見ていきたい。

  • 開催期間:2016-11-3(木)〜2017-2-28(火)
  • 点灯時間:16:00-23:00
  • スノードームショー時間:13:00-22:00の毎時0分
  • 会場:東京タワー正面玄関前
  • 観覧料金:無料
スポンサーリンク







東京タワーにある4つのワンピース施設

東京タワー フットタウンの1Fにあるフロアマップ

東京タワー フットタウンの1Fにあるフロアマップ

東京タワーは展望台だけでなく、足元にフットタウンという地下1階から地上5階建ての複合施設がある。

フットタウンには、1Fに麦わらストアとCafe Mugiwara、サンジのおれ様レストラン、3〜5Fに東京ワンピースタワー、ワンピースの施設が4つあって、ワンピースづくし。

東京タワーのフットタウン1Fにある東京タワー水族館の入口

東京タワーのフットタウン1Fにある東京タワー水族館の入口

フットタウンにはそのほか、1Fに東京タワー水族館があったり、2Fにレトロなお土産屋さんやレストラン街、有名人の似顔絵がならぶ似顔絵ストリートがあったり、3Fに東京タワーオフィシャルショップがある。
B1Fはイベントスペースの東京タワーホール。

フットタウンの屋上から見た東京タワーの階段

フットタウンの屋上から見た東京タワーの階段

また、フットタウンは屋上に出られて、東京タワーを真下からながめられることに加えて、歩いて大展望台にのぼる階段がある。

大展望台までは600段で、歩いて15分ぐらい。
15分は短いように感じるが、15分のぼり続けるのは、なかなか体力がいる。

階段で大展望台にのぼれるのは、土日と祝日の11:00〜16:00だけで、のぼるには大展望台の入場チケットが必要なので注意したい。

東京ワンピースタワー

フットタウン3Fの東京ワンピースタワーの外にあるフォトスポット

フットタウン3Fの東京ワンピースタワーの外にあるフォトスポット

東京ワンピースタワーは、週刊少年ジャンプに連載中の尾田栄一郎さんのマンガ「ONE PIECE(ワンピース)」のテーマパーク。
2015年3月にオープンして、2016年のトリップアドバイザーによる日本で人気のテーマパーク7位にランクインした。

直近のイベントとして、2017年7月22日(土)から特別企画展 ログ ギャラリー Season2と、TOKYO PIRATES FESTIVALが同時開催中。

「東京ワンピースタワー+大展望台セット券」が販売されているので、東京ワンピースタワーと大展望台の両方に行く予定ならセット券がオトク。

東京タワーのフットタウン3Fにある東京ワンピースタワーのエントランス

東京ワンピースタワーのエントランス

園内には、3〜5Fの3フロアに9つのアトラクションとショップや飲食店、フォトスポットがある。

3Fのいりぐちフロアにあるのは4つ。
円形スクリーンの360度全方向にワンピースの名シーンが上映される360ログシアターと、宴会中の麦わらの一味の立体フィギュアが展示されているトンガリポート、尾田栄一郎さんの描き下ろしイラストが展示されているメモリアルルーム、オリジナルグッズが販売されているトンガリストア。

4Fのまんなかフロアには、麦わらの一味の各クルーをテーマにしたアトラクションが7つある。
アトラクションは、フランキーパーク・ロビンの古代文字の謎を追え・ナミのカジノハウス・ウソップの目指せ狙撃王(そげキング)・ゾロの一刀両断・ブルックのホラーハウス・チョッパーのサウザンド・サニー号探検。

ルフィのアトラクションは5Fにあって、サンジはフットタウンの1Fに「サンジのおれ様レストラン」があるからか、2人のアトラクションはない。

5Fのてっぺんフロアには、ルフィのエンドレスアドベンチャーと、ライブアトラクションの会場がある。
また、5Fには2017年7月22日(土)からプレイステーションVRソフト「ONE PIECE GRAND CRUISE」を無料で先行体験できるブースが設置されていたり、特別企画展 ログ ギャラリー Season2の会場がある。

ルフィのエンドレスアドベンチャーは、ルフィがシャンクスから麦わら帽子をもらう冒険のはじまりから現在までを振り返っていくウォークスルーアトラクション。

ライブアトラクションは観客参加型のライブショーで、2017年4月29日(土)から尾田栄一郎さん監修の演目「ONE PIECE LIVE ATTRACTION 3(サード)PHANTOM(ファントム)」が上演されている。

池袋サンシャインシティのデートスポットとして、週刊少年ジャンプのマンガ作品にちなんだテーマパーク「J-WORLD TOKYO」があって、ワンピースエリアに3つのアトラクションがある。

  • 営業時間:10:00-22:00(最終入園は21:00)
  • 電話番号:03-5777-5308
  • 東京ワンピースタワー当日入場チケット&ライブ鑑賞料金:
    • 大人:3,200円
    • 中学生・高校生:2,700円
    • 4歳〜小学生:1,600円
  • 東京ワンピースタワー当日入場チケット料金:
    • 大人:2,200円
    • 中学生・高校生:1,700円
    • 4歳〜小学生:600円
  • 東京ワンピースタワー+大展望台セットチケット料金:
    • 大人:2,900円
    • 高校生:2,500円
    • 中学生:2,100円
    • 小学生:1,000円
    • 4歳〜小学生未満:900円

カフェムギワラ

フットタウン1Fにあるカフェムギワラの入口とトリックアート

フットタウン1Fにあるカフェムギワラの入口とトリックアート

カフェムギワラは、尾田栄一郎さんのマンガ「ワンピース」のライブラリーカフェ。
2016年9月16日(金)にリニューアルオープンした。

単なるカフェではなく、ワンピースの関連書籍が600冊以上置かれていて、お茶をしながらそれらの書籍が読み放題。

また、尾田栄一郎さんのデスクを精密に再現した展示まであって、ワンピース博物館さながら。

メニューはもちろんワンピースのキャラクターにちなんだもので、ルフィの贅沢具たくさん「宴」サンドなどの軽食や、チョッパーのベリーたっぷり欲張りパンケーキなどのスイーツが提供されている。

ワンピースのファンならいつまでだって時間をつぶせそうなので、東京タワーの待ち合わせにもってこい。

  • 営業時間:10:00-22:00
  • 電話番号:03-5473-1500

サンジのおれ様レストラン

フットタウン1Fにあるサンジの立像とサンジのおれ様レストランの入口

フットタウン1Fにあるサンジの立像とサンジのおれ様レストランの入口

サンジのおれ様レストランは、ワンピースに登場する麦わらの一味のコック「サンジ」をテーマにしたレストラン。
カフェムギワラの入口の左に、ほぼ等身大のサンジの立体フィギュアが展示されていて、「んナミさーんこっちだよ」という壁のラクガキの矢印が示す先にある。

11:00〜15:00までは70分間の時間制のランチビュッフェで、目玉料理はシュラスコ。

15:00〜22:00まではオーダー制のレストランで、ルフィの定番 ほねつきハンバーグ(税込み1,100円)など、キャラクターにちなんだメニューや、コース料理のアニバーサリーコース(税込み4,000円)が提供されている。

サンジのおれ様レストランは、東京ワンピースタワー サンジのおれ様レストラン 公式サイトから事前にWEB予約できる。

  • 営業時間:
    • ビュッフェスタイル:11:00-15:00(最終入店は13:50まで)
    • オーダースタイル:15:00-22:00(ラストオーダーは21:15)
  • 電話番号:03-5473-1500
  • ビュッフェスタイル入場料金(税込み):
    • 13歳以上:2,500円
    • 7〜12歳:1,620円
    • 4〜6歳:1,080円
    • 3歳以下:無料

麦わらストア 東京ワンピースタワー店

フットタウン1Fにある麦わらストア 東京ワンピースタワー店

フットタウン1Fにある麦わらストア 東京ワンピースタワー店

麦わらストアは、マンガ「ワンピース」の公式グッズショップ。
広大なショップスペースにワンピースのグッズだけが置かれていて、ワンピースグッズなら何でも置いてありそう。

高級複製原画(税抜き28,000円)や、東京ワンピースタワー1周年記念Tシャツ(税抜き3,000円)など、ここでしか買えない限定グッズが販売されている。

麦わらストアは、渋谷のマルイや大阪のあべのキューズモール、名古屋の近鉄パッセに福岡の福岡PARCOなど、東京タワーのほか、4カ所にある。

  • 営業時間:10:00-22:00
スポンサーリンク







東京タワーの行き方・アクセス

東京タワー1Fのエントランスホールにあるエレベーター乗り場

東京タワー1Fのエントランスホールにあるエレベーター乗り場

電車で来ると、どの駅からも5分以上歩くが、東京駅の丸の内南口から東京タワー行きのバスが出ていて、すぐ近くまで運んでくれる。
東京タワー行きのバスは、JR目黒駅からも出発している。

  • 住所:東京都港区芝公園4-2-8
  • 電話番号:03-3433-5121
  • 営業時間:
    • 大展望台・特別展望台:9:00-23:00(最終入場は22:30)
    • 東京ワンピースタワー:10:00-22:00(最終入場は21:00)
  • 大展望台入場チケット料金:
    • 高校生以上:900円
    • 小学生・中学生:500円
    • 4歳〜小学生未満:400円
  • 公式ウェブサイト:東京タワー 公式サイト
  • 最寄り駅からのアクセス:
    • 大江戸線 「赤羽橋駅」赤羽橋口から徒歩約5分
    • 日比谷線 「神谷町駅」2出口から徒歩約7分
    • 三田線「御成門駅」A1出口から徒歩約6分
    • 浅草線「大門駅」A6出口から徒歩約10分
    • JR「浜松町駅」北口から徒歩約15分

東京タワーの周辺スポット

東京タワーは、あまり観光地がないイメージの浜松町エリアにあるが、周辺に増上寺や世界貿易センタービル、旧芝離宮恩賜庭園などがある。

増上寺

増上寺と東京タワー

増上寺と東京タワー

東京タワーから徒歩7分ぐらいで増上寺に行ける。
大殿本堂には、階段だけでなくエレベーターで上がれて、赤ちゃんを連れてベビーカーで参拝できる。

イベントは、本堂のB1Fにある宝物展示室で企画展が開催されたり、夏に境内でキャンドルナイトが行われる。

世界貿易センタービルディング

世界貿易センタービルディングの建物

世界貿易センタービルディングの建物

JR浜松町駅に向かって17分ぐらい歩くと、大通り沿いに「世界貿易センタービルディング」がある。

館内の展望台「シーサイド・トップ」は、東京タワーの大展望台と同じぐらいの高さの地上約152メートルから東京の景色をながめられる。

旧芝離宮恩賜庭園

旧芝離宮恩賜庭園の園内

旧芝離宮恩賜庭園の園内

JR浜松町駅を反対側に渡ると、旧芝離宮恩賜庭園がある。
東京タワーから徒歩18分ぐらい。

大きな池を中心とした回遊式の庭園で、一般入園料150円の有料の庭園。

園内の各所で、石を組み合わせた「石組」をながめられて、力強さを感じる。




おすすめ無料イベント
2017年8月21日 開催中
東京ミッドタウンのアトリウムに期間限定でオープンしているギャラクシースタジオ

東京ミッドタウン

ギャラクシースタジオ

7月29日(土)〜8月21日(月)

コンプレックス665 2Fのシュウゴアーツで開催されている近藤亜樹 飛べ、こぶたの会場内

コンプレックス665

近藤亜樹 飛べ、こぶた

7月21日(金)〜8月26日(土)

お台場パレットタウンのヴィーナスフォート2Fで開催されているプロジェクションマッピング 2017 SUMMER

パレットタウン

プロジェクションマッピング 2017 SUMMER

8月7日(月)〜31日(木)

銀座プレイス6Fのソニーイメージングギャラリーで開催中の「所幸則 作品展 時のWizard」に展示されているOne Secondシリーズ

銀座プレイス

所幸則 作品展 時のWizard

8月18日(金)~31日(木)

渋谷ヒカリエ8Fの小山登美夫ギャラリーで開催されている廣瀬智央展「森のコスモロジー」の会場内

渋谷ヒカリエ

廣瀬智央展「森のコスモロジー」

8月9日(水)〜9月4日(月)

ギンザシックス6Fの銀座蔦屋書店のスターバックス前展示スペースで開催されている「Q BRICK by 水江未来 Exhibition」の展示作品

ギンザシックス

Q BRICK by 水江未来 Exhibition

8月17日(木)~9月18日(月)

ギンザシックス6Fの銀座蔦屋書店内にあるTHE CLUBで開催されている「青ぞらのはてのはて」の展示作品

ギンザシックス

青ぞらのはてのはて

7月14日(金)~9月29日(金)

フジフイルムスクエアの写真歴史博物館で開催されているインターフェイス 写真家・東松照明を見るの会場内にある東松照明さんの等身大パネル

東京ミッドタウン

インターフェイス 写真家・東松照明を見る

7月1日(土)~9月30日(土)

渋谷ヒカリエ 8Fのd47 MUSEUMで開催されているNIPPONの47人 2017 これからの暮らしかた—Off-Grid Life—の会場内

渋谷ヒカリエ

NIPPONの47人 2017 これからの暮らしかた

8月3日(木)〜10月9日(月)

メトアギンザで開催されているFeel the Communication in Ginzaの2Fで上映されているInto the future

東急プラザ銀座

Feel the Communication in Ginza

6月21日(水)~10月13日(金)

11エリア
六本木通りにあるROPPONGIという文字の看板

六本木6スポット

アートの街、六本木。国立新美術館や、2大ランドマークの六本木ヒルズと東京ミッドタウンにアート施設が点在する。

歩道橋の上から見た表参道の並木道

表参道8スポット

おしゃれの発信地、表参道。
表参道沿いに、表参道ヒルズなどの複合商業施設や、高級ブティックの路面店がならぶ。

渋谷駅のハチ公口にあるハチ公像

渋谷3スポット

センター街やSHIBUYA109など、若者の街のイメージが根強い渋谷だが、奥渋谷や神南は大人が知的に楽しめる。

代官山アドレスの前にあるオブジェ

代官山4スポット

渋谷からすこし離れただけなのに、落ち着きがあって、のんびりした雰囲気の代官山。ハイセンスなショップが集まる。

恵比寿駅の西口にある恵比寿像

恵比寿・目黒3スポット

恵比寿の地名は、かつてヱビスビールの工場があったことに由来していて、工場跡地に恵比寿ガーデンプレイスがある。

銀座4丁目交差点から見た銀座和光の時計塔

銀座8スポット

銀ぶらという言葉のとおり、ぶらぶらウィンドウショッピングできる街。2017年4月にギンザシックスがオープンした。

丸の内仲通りの通路と樹木

丸の内3スポット

レトロな赤レンガの東京駅を商業施設がかこみ、古さと新しさが融合した街並み。ビジネス街だが、皇居に近くて緑が豊か。

日本橋の橋の途中にある麒麟の像

日本橋3スポット

江戸情緒あふれる商人の城下町。老舗百貨店の高島屋と三越や、日本銀行本店、三井本館は重要文化財に指定されている。

上野公園にある西郷隆盛像

上野4スポット

JR上野駅の目の前にある上野公園は、東京国立博物館と国立西洋美術館の2大ミュージアムなど、美術館や博物館が集まる。

お台場海浜公園から見たレインボーブリッジ

お台場8スポット

お台場は、海と砂浜をのぞめるウォーターフロントの観光地。無料巡回バス「東京ベイシャトル」で効率的にまわりたい。

JR池袋駅の北改札の近くにあるいけふくろうの像

池袋3スポット

CMソングのとおり、東口に西武、西口に東武がある不思議な池袋。ランドマークは、高くそびえるサンシャイン。

配信元:東京イベントタイムライン
著者:takuya mitsumura