コンプレックス665の今日のイベント情報と3つのギャラリー

コンプレックス665の建物

コンプレックス665は、小山登美夫ギャラリー、シュウゴアーツ、タカ・イシイギャラリー、3つのギャラリーが集まって、2016年10月21日(金)、六本木アートナイト2016の初日にオープンした施設。

六本木通りからすこし裏通りに入っただけなのに、人通りがすくなくて、六本木の喧騒が遠く聞こえる場所にある。

ロゴはグラフィックデザイナーの田中義久さんのデザイン。

スポンサーリンク







目次

コンプレックス665の今日のイベント情報

現在、館内の3ギャラリーすべて展示入れ替え中で、今日、コンプレックス665で展覧会は開催されていない。

コンプレックス665の今後のイベント予定

2017年10月20日(金)〜11月18日(土)まで2Fのシュウゴアーツで、千葉正也 個展「思い出をどうするかについて、ライトボックス⾵間接照明、⼋つ裂き光輪、キスしたい気持ち、家族の物語、相模川ストーンバーガー、わすれてメデューサ、50m先の要素などを⽤いて」が開催される。

2017年10月20日(金)〜11月18日(土)まで3Fのタカ・イシイギャラリーで、榎倉康二「Figure」が開催される。

2017年10月28日(土)〜11月25日(土)まで2Fの小山登美夫ギャラリーで、ソピアップ・ピッチ
「desire line」が開催される。

千葉正也 個展「思い出をどうするかについて、ライトボックス⾵間接照明、⼋つ裂き光輪、キスしたい気持ち、家族の物語、相模川ストーンバーガー、わすれてメデューサ、50m先の要素などを⽤いて」

画家の千葉正也さんの展覧会。何とも長いタイトルの展覧会だが、1つ1つが作品の名前を示している。

千葉正也さんは、彫刻など立体作品を制作したり、身の回りのものを並べて、それらをキャンパスに描いている。
そのまま立体作品として出展したり、空想のモチーフを描く手段もあると思うが、作品はあくまで絵画。

そうして完成した作品は、実物がその場にあるような存在感で、材質の感触までそのまま伝わってくるかのよう。
さまざまなことが効率化されていく世の中で、あえて非効率な工程を選んだからこそできあがる作品を鑑賞できる。

榎倉康二「Figure」

「もの派」の画家、榎倉康二さんの個展。
1980年代に発表された作品シリーズ「Figure」が展示される。

Figureは、白いキャンバスに、何もしない部分と、黒く塗りつぶされた部分で構成され、時にキャンバスを飛び出して、壁や床にまでおよぶ作品。

黒がにじんで白い部分にまで侵食し、一色ではなく、さまざまな色がつかわれているかのよう。

  • 開催期間:2017-10-20(金)〜2017-11-18(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:日曜日・月曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 3F タカ・イシイギャラリー
  • 住所:東京都港区六本木6-5-24 complex665 3F
  • イベント公式ページ:榎倉康二「Figure」
  • 入場料金:無料

ソピアップ・ピッチ「desire line」

カンボジアのアーティスト、ソピアップ・ピッチさんの日本初個展。
2017年10月27日(金)〜11月20日(月)まで、渋谷ヒカリエのイベントとして同名の展覧会が開催され、コンプレックス665と2会場で同時開催。

六本木ヒルズの森美術館で開催されている「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」に展示されているソピアップ・ピッチさんの作品

森美術館で開催されている「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」に展示されているソピアップ・ピッチさんの作品

ソピアップ・ピッチさんは、籐や竹など、カンボジアに身近な植物を編み込んで、巨大な立体作品を制作。
東南アジアに位置する常夏の国「カンボジア」を思ってか、すずしげにゆるく編まれていて、作品からカンボジアの空気が伝わってくる。

  • 開催期間:2017-10-28(土)〜2017-11-25(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:日曜日・月曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 2F 小山登美夫ギャラリー
  • 住所:東京都港区六本木6-5-24 complex665 2F
  • イベント公式ページ:ソピアップ・ピッチ「desire line」
  • 入場料金:無料

コンプレックス665の過去のイベント

小山登美夫ギャラリーでは、2017年10月14日(土)まで開催されたサイトウマコト「2100」をはじめ、過去に8展が開催された。

タカ・イシイギャラリーでは、2017年10月7日(土)まで開催された野口里佳「海底」をはじめ、過去に10展が開催された。

シュウゴアーツでは、2017年10月7日(土)まで開催された「イケムラレイコ あの世のはてに」をはじめ、過去に7展が開催された。

サイトウマコト「2100」(終了)

小山登美夫ギャラリーで開催されたサイトウマコト「2100」の会場内

サイトウマコト「2100」の会場内

サイトウマコトさんの個展。

サイトウマコトさんは、イギリスの画家「ルシアン・フロイド」さんや、イギリスの哲学者「フランシス・ベーコン」さんなど、人物をモチーフに、コンピューターを用いてドット絵を制作している。

描かれている人物は、顔が崩壊していたり、溶け出していたり、ありのままではない。
しかし、あまりの精密さに、まるでそのままの姿で実在しているかのような存在感。

  • 開催期間:2017-9-9(土)〜2017-10-14(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:日曜日・月曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 2F 小山登美夫ギャラリー
  • 入場料金:無料

イケムラレイコ あの世のはてに(終了)

シュウゴアーツで開催された「イケムラレイコ あの世のはてに」の会場内に展示された絵画

「イケムラレイコ あの世のはてに」の会場内に展示された絵画

ヨーロッパを中心に活動する画家で彫刻家の「イケムラレイコ」さんの個展。

イケムラレイコさんは、人や動物がはっきりとカタチを成す前のような、現世ではないどこかを描いた絵画を制作していて、「あの世のはて」という表現がしっくりくる。

この展覧会には、絵画を中心に、数点の彫刻が展示。太古の地球を見つめるような、異世界をながめるような展覧会。

  • 開催期間:2017-9-9(土)〜2017-10-7(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:月曜日・日曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 2F シュウゴアーツ
  • 入場料金:無料

野口里佳「海底」(終了)

タカ・イシイギャラリーで開催された野口里佳「海底」の会場内に展示された写真パネル

野口里佳「海底」の会場内に展示された写真パネル

写真家の野口里佳さんの個展。
沖縄の海で撮影された水中写真が、12点展示された。

展示されたのは、リゾート感があるトロピカルな写真ではなく、展覧会タイトルのとおり、海底を撮影した写真。
ギャラリー内も海底をイメージしてか、いつもよりうす暗い。

光が届かない海の底で、さまざまな方向にライトを点灯するダイバーの姿は、まるでライティングショーのよう。

  • 開催期間:2017-9-9(土)〜2017-10-7(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:日曜日・月曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 3F タカ・イシイギャラリー
  • 入場料金:無料

杉戸洋「frontispiece and end leaf チリと見返し」(終了)

小山登美夫ギャラリーで開催された杉戸洋「frontispiece and end leaf チリと見返し」の会場通路

杉戸洋「frontispiece and end leaf チリと見返し」の会場通路

画家の杉戸洋(すぎと ひろし)さんの個展。

杉戸洋さんは、家や室内、木など、日常的なものをモチーフに、シンプルで幾何学的な絵画を制作している。
展示される場所にあわせて、その展覧会の空間に溶け込むような作品となるのが特徴的。

会場は、いつもの小山登美夫ギャラリーと大きくちがい、通路やいつもは見られない壁の裏側が展示スペース。まるでちがうギャラリーに迷い込んでしまったかのよう。

本の表紙の内側「チリ」と、表紙の裏側「見返し」にちなんで展覧会タイトルが付けられ、会場もそれになぞらえたつくりになっている。

コンプレックス665 2Fの小山登美夫ギャラリーで開催された杉戸洋「frontispiece and end leaf チリと見返し」のバックヤード

小山登美夫ギャラリーで開催された杉戸洋「frontispiece and end leaf チリと見返し」のバックヤード

通常、展示室として使用している部屋は、本展ではバックヤードの位置付け。
バックヤードには、ビーチチェアやイルカのような作品が展示されて、トロピカルな空間が広がっている。

2017年7月25日(火)~10月9日(月)まで東京都美術館の企画展として「杉戸洋 とんぼ と のりしろ」が開催されて、はしごすると、空間による展示のちがいを見比べられる。

  • 開催期間:2017-8-5(土)〜2017-9-2(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:日曜日・月曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 2F 小山登美夫ギャラリー
  • 入場料金:無料

近藤亜樹 飛べ、こぶた(終了)

コンプレックス665 2Fのシュウゴアーツで開催された近藤亜樹 飛べ、こぶたの会場内

シュウゴアーツで開催された近藤亜樹 飛べ、こぶたの会場内

画家の近藤亜樹さんの個展。
約30点の絵画が展示された。

近藤亜樹さんの作品は、脳内のインスピレーションや、夢の中の世界が再現されているようで、カラフルだけど不気味な印象。

展覧会のタイトルになっている作品「飛べ、こぶた」は、青空の下、裸の男が数匹のぶたにまたがり、1匹のぶたを蹴落としているようにも見える。

近藤亜樹さんの頭の中をのぞきみるような展覧会。

  • 開催期間:2017-7-21(金)〜2017-8-26(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:月曜日・日曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 2F シュウゴアーツ
  • 入場料金:無料

登山博文「部屋|光」(終了)

コンプレックス665 3Fのタカ・イシイギャラリーで開催された登山博文「部屋|光」に展示されていた2点組の絵画

登山博文「部屋|光」に展示されていた2点組の絵画

画家の登山博文さんの個展。

登山博文さんの絵画は、余計な要素が排除されていて、直線や平面で構成されるシンプルな作品。
大胆な余白からいろんな意図を想像して楽しめる。

この展覧会では、同じサイズの2点の絵画を1組として横並びに配置する組作品を中心に、8点のペインティングが展示された。

展覧会タイトルのとおり、展示室の部屋の光が作品の一部として利用されているので、晴れた日に訪れたい。

  • 開催期間:2017-7-1(土)〜2017-7-29(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:日曜日・月曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 3F タカ・イシイギャラリー
  • 入場料金:無料

桑原正彦「fantasy land」(終了)

コンプレックス665 2Fの小山登美夫ギャラリーで開催された桑原正彦「fantasy land」の会場内

桑原正彦「fantasy land」の会場内

画家の桑原正彦さんの個展。

桑原正彦さんは、夢の中のようなおぼろげな世界を、淡い色調で描いた作品が特徴。
ユーモラスだが、どこかもの悲しさを感じる。

この展覧会では40点以上の大小さまざまなサイズの絵画が展示されて、展覧会のタイトルのとおり、空想的な世界の奥底に向かって進んでいくかのよう。

コンプレックス665 2Fの小山登美夫ギャラリーで開催された桑原正彦「fantasy land」に展示されていた動物が描かれたミニサイズの作品群

桑原正彦「fantasy land」に展示されていた動物が描かれたミニサイズの作品群

うさぎやリスなど、動物が描かれたミニサイズの作品が集まっているコーナーがあって、癒しになる。

  • 開催期間:2017-6-23(金)〜2017-7-22(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:日曜日・月曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 2F 小山登美夫ギャラリー
  • 入場料金:無料

シュウゴアーツショー 1980年代から2010年代まで(終了)

コンプレックス665 2Fのシュウゴアーツで開催されたシュウゴアーツショー 1980年代から2010年代までの会場内

シュウゴアーツショー 1980年代から2010年代までの会場内

14名のアーティストの作品が一堂に会するグループ展。

シュウゴアーツがコンプレックス665に移転してから個展を開催したリー・キットさんや三嶋りつ惠さん、戸谷成雄さん、小林正人さんらが参加した。

見逃した展覧会があれば、ダイジェスト版として鑑賞できる。

  • 開催期間:2017-6-3(土)〜2017-7-8(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:月曜日・日曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 2F シュウゴアーツ
  • 入場料金:無料

ルイジ・ギッリ「Works from the 1970s」(終了)

コンプレックス665 3Fのタカ・イシイギャラリーで開催されているルイジ・ギッリ「Works from the 1970s」の会場内

ルイジ・ギッリ「Works from the 1970s」の会場内

イタリアの写真家で、1992年に亡くなったルイジ・ギッリさんの個展。
ルイジ・ギッリさんが、1970年代に撮影した写真を中心に、約25点の写真が展示された。

ルイジ・ギッリさんの作品は、色彩と構図のバランスが絶妙で、あざやかだけどうるさくないお手本のような写真。

ルイジ・ギッリさんによる写真講義という書籍が出版されているので、読んで予習してから来ると、より一層展覧会を楽しめる。

  • 開催期間:2017-5-27(土)〜2017-6-24(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:日曜日・月曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 3F タカ・イシイギャラリー
  • 入場料金:無料

菅 木志雄「分けられた指空性」(終了)

コンプレックス665 2Fの小山登美夫ギャラリーで開催されていた菅 木志雄「分けられた指空性」の展示作品

菅 木志雄「分けられた指空性」の展示作品

現代美術家の菅木志雄(すがきしお)さんの個展。

菅木志雄さんは、木や石、鉄やガラスなどの「もの」を主人公に作品を制作している「もの派」と呼ばれるアーティストの一人。

コンプレックス665 2Fの小山登美夫ギャラリーで開催されていた菅 木志雄「分けられた指空性」の会場内

菅 木志雄「分けられた指空性」の会場内

この展覧会には、木を主人公に制作された作品を中心に、約30点の作品が展示された。
ありのままの木の質感と存在感がシンプルに表現された作品たちを鑑賞できる。

また、2017年5月9日(火)〜21日(日)まで渋谷ヒカリエのイベントとして「菅木志雄 70年代、80年代の仕事から」が開催されて、菅さんの過去の作品を振り返れた。

  • 開催期間:2017-4-28(金)〜2017-6-10(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:日曜日・月曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 2F 小山登美夫ギャラリー
  • 入場料金:無料

LEE Kit Not untitled(終了)

コンプレックス665 2Fのシュウゴアーツで開催されたLEE Kit Not untitledの会場内

シュウゴアーツで開催されたLEE Kit Not untitledの会場内

香港出身のアーティストのリー・キットさんの個展。

リー・キットさんは、展覧会が開催される現地に滞在して、その土地の空気を感じながら作品を制作していて、東京に滞在しながら制作された作品が展示された。

会場内は、不規則に壁で区切られていて、真っ白な迷路のような空間。
ところどころに映像作品が投映されていた。

LEE Kit Not untitledの壁に投映されていた映像作品

LEE Kit Not untitledの壁に投映されていた映像作品

映像は真っ白な壁と、壁に貼られている淡い色が塗られた木の板に映って、板の厚みと色が映像のアクセントになっている。

  • 開催期間:2017-4-15(土)〜2017-5-20(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:月曜日・日曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 2F シュウゴアーツ
  • 入場料金:無料

マリア・タニグチ(終了)

コンプレックス665 3Fのタカ・イシイギャラリーで開催されたマリア・タニグチの会場内

タカ・イシイギャラリーで開催されたマリア・タニグチの会場内

フィリピン出身のアーティストのマリア・タニグチさんの展覧会。

展示室に入ると、木で1と0を表現した彫刻が、宙を浮いているように天井から約10点つり下げられていた。
0は人間が余裕でくぐれるほどの巨大な作品。

また、彫刻作品をとりかこむように、壁にブリック・ペインティングというレンガを描いた絵画が、大小さまざまなサイズで10点以上展示された。

白を基調とした展示室に、黒いレンガの壁と、木の彫刻という、シンプルながら調和のとれた空間。

  • 開催期間:2017-4-21(金)〜2017-5-20(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:日曜日・月曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 3F タカ・イシイギャラリー
  • 入場料金:無料

パウロ・モンテイロ展 「The outside of distance」(終了)

コンプレックス665の2Fにある小山登美夫ギャラリーで開催されていたパウロ・モンテイロ展 「The outside of distance」の展示作品

小山登美夫ギャラリーで開催されていたパウロ・モンテイロ展 「The outside of distance」の展示作品

ブラジル出身のアーティストのパウロ・モンテイロさんの個展。
豊島区にあるMISAKO & ROSENと共同で開催されて、日本での個展は初めて。

小山登美夫ギャラリーには、ペインティング作品と彫刻作品がそれぞれ30点以上、3部屋の展示室と通路に展示された。

小山登美夫ギャラリーで開催されていたパウロ・モンテイロ展 「The outside of distance」の会場内

パウロ・モンテイロ展 「The outside of distance」の会場内

単色や数色でぬりつぶされたペインティングや、ひもや棒のように細いシンプルなフォルムの作品が中心に展示されて、複数の作品が集まってひとつの作品を形成しているように見えることがある。

小山登美夫ギャラリーの商談スペースに展示されていたパウロ・モンテイロ展 「The outside of distance」の作品

商談スペースに展示されていたパウロ・モンテイロ展 「The outside of distance」の作品

商談スペースのような部屋にまで作品が展示されたので、見逃さないようにしたい。

  • 開催期間:2017-3-18(土)〜2017-4-22(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:日曜日・月曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 2F 小山登美夫ギャラリー
  • 入場料金:無料

五木田智央 Holy Cow(終了)

コンプレックス665の3Fにあるタカ・イシイギャラリーで開催されていた五木田智央 Holy Cowの展示作品

コンプレックス665の3Fにあるタカ・イシイギャラリーで開催されていた五木田智央 Holy Cowの展示作品

画家の五木田智央さんの個展。

五木田智央さんは、人物をモチーフに、白と黒のモノクロの絵画を制作していて、顔のない人物や顔の変形した人物を見つめていると、なんだか気味が悪く、どうしようもなく怖くなってくる不思議な作品。

1Fのビューイングスペースと3Fのギャラリーに作品が展示された。

コンプレックス665の1Fに展示されていた五木田智央 Holy Cowの作品

コンプレックス665の1Fに展示されていた五木田智央 Holy Cowの作品

1Fのビューイングスペースは、コンプレックス665のエントランス正面にあって、約5点の作品が展示されていた。

コンプレックス665の3Fに展示されていた五木田智央 Holy Cowの作品

コンプレックス665の3Fに展示されていた五木田智央 Holy Cowの作品

3Fのギャラリーには、1Fにくらべて巨大な作品を中心に、約10点の作品が展示された。
作品が巨大になると、より一層怖さが増す。

  • 開催期間:2017-3-18(土)〜2017-4-15(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:日曜日・月曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 3F タカ・イシイギャラリー
  • 入場料金:無料

三嶋りつ惠 星々(終了)

コンプレックス665の2Fにあるシュウゴアーツで開催されていた三嶋りつ惠 星々の会場内

コンプレックス665の2Fにあるシュウゴアーツで開催されていた三嶋りつ惠 星々の会場内

ガラスアーティストの三嶋りつ惠さんの展覧会。

三嶋りつ惠さんは、水の都として知られるヴェネツィアの伝統工芸「ヴェネツィアン・グラス」を中心に、作品を制作している。
ヴェネツィアン・グラスはカラフルな色彩の作品が多い中、三嶋りつ惠さんの作品は透明であることにこだわっているのが特徴。

展示室は2部屋あって、1つ目の部屋には正方形の大きな展示台に約20点の作品がならべられていた。
展示台は天板が白く光っていて、透明なガラスをほのかに照らしている。

三嶋りつ惠 星々の奥の展示室に展示されていた作品

三嶋りつ惠 星々の奥の展示室に展示されていた作品

2つ目の部屋には、金属が閉じ込められている楕円形のガラスがつながっている作品が約10点展示された。
細胞のつながりや虫が思い浮かぶ生き物のような作品。

  • 開催期間:2017-2-18(土)〜2017-4-1(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:日曜日・月曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 2F シュウゴアーツ
  • 入場料金:無料

荒川医 Tryst(終了)

荒川医 Trystの会場に設置されていた2台のLEDモニター

荒川医 Trystの会場に設置されていた2台のLEDモニター

パフォーマンスアーティストの荒川医さんの個展。
荒川医の読み方は、あらかわえい。

会場に無造作に置かれていた5台のLEDモニターに、5名のアーティストの絵画作品がデジタル化されて表示され、絵画が点滅しながら話したり、歌ったり、まるでミュージカルのようなインスタレーション。

静かなことがあたりまえという、展覧会の常識をくつがえす、にぎやかな展覧会。

  • 開催期間:2017-2-10(金)〜2017-3-11(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:日曜日・月曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 3F タカ・イシイギャラリー
  • 入場料金:無料

小山登美夫ギャラリー グループ展(終了)

小山登美夫ギャラリー グループ展の会場内

小山登美夫ギャラリー グループ展の会場内

小山登美夫ギャラリーであつかう複数のアーティストの合同作品展。

コンプレックス665で2016年12月16日(金)〜2017年2月4日(土)まで個展が開催されていたヴァルダ・カイヴァーノさんをはじめとして、10名前後のアーティストの作品が展示された。

平面作品から立体作品まで、ジャンルも作者もバラバラだが、なんだか妙に一体感がある空間。

2017年2月8日(水)〜3月6日(月)まで、渋谷ヒカリエ8Fの小山登美夫ギャラリーで「小山登美夫ギャラリーコレクション展2」が開催されて、15名前後のアーティストの作品が展示されたので、はしごすると、お腹いっぱいになるぐらいさまざまなアーティストの作品を鑑賞できた。

  • 開催期間:2017-2-9(木)〜2017-3-9(木)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:日曜日・月曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 2F 小山登美夫ギャラリー
  • 入場料金:無料

戸谷成雄 森 X(終了)

シュウゴアーツで開催されていた戸谷成雄 森 Xの展示作品である森シリーズの10作目

シュウゴアーツで開催されていた戸谷成雄 森 Xの展示作品である森シリーズの10作目

彫刻家で武蔵野美術大学教授の戸谷成雄さんの彫刻展。

展示されたのは、森シリーズの10作目。
森シリーズは、1作目が1987年に発表されて以来、戸谷さんがライフワークとして30年近く制作を続けている連作。

高さ2メートルぐらいある木の彫刻が、展示室に数十本ならんでいて、屋内にいながら森に迷いこんだかのよう。

シュウゴアーツで開催されていた戸谷成雄 森 Xの展示作品

シュウゴアーツで開催されていた戸谷成雄 森 Xの展示作品

展示室は二部屋あって、もう一部屋には、まるで絵画のように平面的な彫刻や、球形の立体的な彫刻など、新作や過去の作品が数点展示されていた。

  • 開催期間:2016-12-16(金)〜2017-2-5(日)
  • 時間:11:00-19:00(日曜日は12:00-18:00)
  • 休館日:月曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 2F シュウゴアーツ
  • 入場料金:無料

ヴァルダ・カイヴァーノ展(終了)

小山登美夫ギャラリーで開催されていたヴァルダ・カイヴァーノ展の展示作品

小山登美夫ギャラリーで開催されていたヴァルダ・カイヴァーノ展の展示作品

アルゼンチン出身で、ロンドンを拠点に活動しているヴァルダ・カイヴァーノさんの絵画展。
小山登美夫ギャラリーでの展覧会は3回目。

ヴァルダ・カイヴァーノさんの作品は、わざと絵に余白を残して、未完成の作品のように仕上げられていて、空白に何が入るのか、想像力をかきたてられる。

会場には十数点の絵画が展示されて、小山登美夫ギャラリーの真っ白な壁や、うずがまくような床が、作品の一部のようにマッチしていた。

2016年12月16日(金)の18:00〜20:00にオープニングレセプションが開催されて、ヴァルダ・カイヴァーノさんが在廊した。

  • 開催期間:2016-12-16(金)〜2017-2-4(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:日曜日・月曜日・祝日、年末年始(2016年12月25日〜2017年1月5日)
  • 会場:コンプレックス665 2F 小山登美夫ギャラリー
  • 入場料金:無料

グループ展 日本のシュルレアリスム写真(終了)

コンプレックス665 3Fのタカ・イシイギャラリーで開催されていたグループ展 日本のシュルレアリスム写真の会場内

コンプレックス665 3Fのタカ・イシイギャラリーで開催されていたグループ展 日本のシュルレアリスム写真の会場内

中山岩太さん、岡上淑子さん、椎原治さん、山本悍右さん、安井仲治さん、5名の写真家によるグループ展覧会。
前衛写真をテーマに、28点の写真作品が展示された。

写実的な風景写真とは反対の、抽象的で絵画のようなモノクロ写真を鑑賞できた写真展。

  • 開催期間:2017-1-14(土)〜2017-2-4(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:日曜日・月曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 3F タカ・イシイギャラリー
  • 入場料金:無料

鈴木理策 Mirror Portrait(終了)

鈴木理策 Mirror Portraitの写真展会場にあったハーフミラー(半透鏡)の撮影ブース

鈴木理策 Mirror Portraitの写真展会場にあったハーフミラー(半透鏡)の撮影ブース

写真家の鈴木理策さんの写真展。
ハーフミラー(半透鏡)をつかって撮影された写真作品が、30点ぐらい展示された。

展示された作品は、ふだんよく見る「撮られることを意識した写真」ではなく、鏡に映る自分を見ている被写体を鏡の内側から撮影していて、被写体と撮影者の視線が交わらずに撮られている。

素のままの被写体ともまたちがう、初めて見る表情の人物写真たち。

会場には写真作品に加えて、ハーフミラー(半透鏡)の撮影ブースが展示されて、被写体がいた外側と、撮影者がいた内側、両方を見学できた。

  • 開催期間:2016-11-26(土)〜2016-12-24(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:日曜日・月曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 3F タカ・イシイギャラリー
  • 入場料金:無料

小林正人 Thrice Upon A Time(終了)

2016年12月4日(日)までコンプレックス665 2Fのシュウゴアーツで開催されていた小林正人 Thrice Upon A Timeの展示作品

2016年12月4日(日)までコンプレックス665 2Fのシュウゴアーツで開催されていた小林正人 Thrice Upon A Timeの展示作品

画家の小林正人さんの展覧会。

絵画がふつうに展示されているのではなく、床に立てかけてあったり、額縁からはみ出してかざられていたり、キャンバスが欠けていたり、独創性にあふれる作品と展示方法の組み合わせを鑑賞できた。

  • 開催期間:2016-10-21(金)〜2016-12-4(日)
  • 時間:11:00-19:00(日曜日は12:00-18:00)
  • 休館日:月曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 2F シュウゴアーツ
  • 入場料金:無料

蜷川実花展 Light of(終了)

2016年12月3日(土)までコンプレックス665 2Fの小山登美夫ギャラリーで開催されていた蜷川実花展 Light ofの写真作品

2016年12月3日(土)までコンプレックス665 2Fの小山登美夫ギャラリーで開催されていた蜷川実花展 Light ofの写真作品

映画監督で写真家の蜷川実花さんの写真展。

展示されたLight ofシリーズは、花火や野外フェスの夜にきらめく光をとらえたもので、光を求めるように伸びる無数の手からその場の熱狂が伝わってくる。

Light ofシリーズが掲載されている蜷川実花さんの写真集「Light of」は、税抜き3,200円で2016年7月に発売されている。

また、東京スカイツリーのイベントとして、2016年11月8日(火)~2017年3月14日(火)まですみだ水族館で「蜷川実花×すみだ水族館」が開催されて、泳ぐクラゲと蜷川実花さんの作品の組み合わせをながめられた。

  • 開催期間:2016-10-21(金)〜2016-12-3(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:日曜日・月曜日・祝日
  • 会場:コンプレックス665 2F 小山登美夫ギャラリー
  • 入場料金:無料

コンプレックス665の3つのギャラリー

コンプレックス665 1Fのエレベーター前にあるフロアマップ

コンプレックス665 1Fのエレベーター前にあるフロアマップ

コンプレックス665は地上3階建て。
2Fに小山登美夫ギャラリーとシュウゴアーツ、3Fにタカ・イシイギャラリー、ギャラリーが3つある。

コンプレックス665の1Fにあるブロードビーンの入口

コンプレックス665の1Fにあるブロードビーンの入口

また、1Fにタカ・イシイギャラリーのオフィスと、家具のショールーム「ブロードビーン」がある。
ブロードビーンはショールームなので見学できる。

小山登美夫ギャラリー

コンプレックス665の2Fにある小山登美夫ギャラリーの木の扉

コンプレックス665の2Fにある小山登美夫ギャラリーの木の扉

小山登美夫ギャラリーは、1996年に開廊して20年以上たっているギャラリーで、北参道から移転してきた。
もちろん、名前のとおり、小山登美夫さんが開廊したギャラリー。

両開きの木の扉の先に、湾曲した天井の展示室があって、教会に入っていくような感覚のエントランス。
展示室は2部屋あって、どちらの展示室も真っ白な壁に、渦がまくような灰色の床が特徴。

展示室と展示室の間に受付があるので、受付の前に最初の展示室を鑑賞できる変わったつくりになっている。

小山登美夫ギャラリーは、コンプレックス665のほか、渋谷ヒカリエ8Fのクリエイティブスペース「8/(ハチ)」にもあるので、目当ての展覧会の開催場所を間違えないように注意したい。

  • 住所:東京都港区六本木6-5-24 complex665 2F
  • 開館時間:11:00-19:00
  • 休館日:日曜日・月曜日・祝日
  • 電話番号:03-6434-7225

シュウゴアーツ

コンプレックス665の2Fにあるシュウゴアーツの入口

コンプレックス665の2Fにあるシュウゴアーツの入口

シュウゴアーツは、佐谷周吾さんが創業し、2000年からシュウゴアーツの屋号で活動しているギャラリー。
世田谷区三宿で土・日だけ開廊していたシュウゴアーツ・ウィークエンドギャラリーをクローズして、六本木に移転してきた。

コンプレックス665でのテーマは、ギャラリー的冒険で、建築家の青木淳さんが内装を設計した。

2Fでエレベーターを降りると正面に入口があって、ちょっとだけギャラリー内が見えているチラリズムを感じるエントランス。

展示室は床も壁も白一色で、2部屋ある。

  • 住所:東京都港区六本木6-5-24 complex665 2F
  • 開館時間:11:00-19:00(日曜日は12:00-18:00)
  • 休館日:日曜日・月曜日・祝日
  • 電話番号:03-6447-2234

タカ・イシイギャラリー

コンプレックス665の3Fにあるタカ・イシイギャラリー

コンプレックス665の3Fにあるタカ・イシイギャラリー

タカ・イシイギャラリーは、1994年に開廊してから20年以上のギャラリー。

黒い枠のガラス扉から中に入ると、黒い床と白い壁のシックな内装。

タカ・イシイギャラリーのテラス

タカ・イシイギャラリーのテラス

ギャラリーの奥に進むと、いろんな植物の鉢が置かれたテラスを窓越しにながめられる。

内装設計はコンプレックス665の1Fにあるブロードビーン、テラスの植栽はセコイア・ワークスが担当した。

1Fにタカ・イシイギャラリーオフィスがあって、コンプレックス665以外に六本木のAXISビル、北参道、パリ、ニューヨーク、4カ所にギャラリーがある。

  • 住所:東京都港区六本木6-5-24 complex665 3F
  • 開館時間:11:00-19:00
  • 休館日:日曜日・月曜日・祝日
  • 電話番号:03-6434-7010

コンプレックス665の行き方・アクセス

コンプレックス665に向かう通りの入口にある看板

コンプレックス665に向かう通りの入口にある看板

六本木通りにある麻布警察署の裏の道をさらに奥に入ったところにあって、小さな通りをはさんでななめ向かいにピラミデビルがある。

六本木駅から来る場合、1b出口が一番近くて、歩いて1分ぐらいで着く。

  • 住所:東京都港区六本木6-5-24
  • 最寄り駅からのアクセス:
    • 東京メトロ日比谷線「六本木駅」1b出口から徒歩約1分
    • 都営地下鉄大江戸線「六本木駅」3出口から徒歩約3分

コンプレックス665の周辺スポット

アートの街、六本木には歩いて行けるアート施設が複数あるので、六本木のイベントをいくつかはしごしていきたい。

六本木ヒルズ

六本木ヒルズの建物と巨大クモ・ママン
歩いて2分ぐらいで、六本木ヒルズと直結している地下鉄の出口「メトロハット」に行ける。

六本木ヒルズのイベントは、展望台の東京シティビューや森美術館・森アーツセンターギャラリーなど、森タワーの52〜53Fを中心に行われる。

東京ミッドタウン

東京ミッドタウンの建物
六本木交差点に向かい、六本木通りを渡って外苑東通りを歩いていくと、右に東京ミッドタウンが見えてくる。
コンプレックス665から徒歩7分ぐらい。

東京ミッドタウンのデートスポットは、21_21 DESIGN SIGHT、デザインハブ、サントリー美術館、フジフイルムスクエア、4つのアート施設と檜町公園。

国立新美術館

国立新美術館の建物
東京ミッドタウンの先にある乃木坂駅まで12分ぐらい歩くと、乃木坂駅の6出口に直結して、ガラスが波うつ壁が印象的な国立新美術館がある。

国立新美術館のカフェ・レストランは、1フロアに1つずつあって、2Fのサロン・ド・テ ロンドと3Fのポール・ボキューズ ミュゼは、まるでアート作品のような外観なので、入店しなくても一見の価値がある。

スヌーピーミュージアム

スヌーピーミュージアムの入口にあるウェルカムスヌーピー
鳥居坂まで8分ぐらい歩くと、2016年4月にオープンしたスヌーピーミュージアムに行ける。

スヌーピーミュージアムの期間限定イベントは、2017年10月7日(土)〜2018年4月8日(日)まで、特別展「Love is Wonderful 恋ってすばらしい。」が開催されている。





スポンサーリンク







おすすめ無料イベント
2017年10月18日 開催中
銀座蔦屋書店のスターバックス前展示スペースで開催されている田原桂一「Polaroid & Torse」に展示されているPolaroid

ギンザシックス

田原桂一「Polaroid & Torse」

9月29日(金)~10月22日(日)

渋谷ヒカリエ8Fの小山登美夫ギャラリーで開催されている伊藤彩展「Sleeping Stone」の会場内

渋谷ヒカリエ

伊藤彩展「Sleeping Stone」

9月28日(木)〜10月23日(月)

ギンザシックス5Fのアートギャラリー アールグロリューで開催されている「空相ー皮膚 関根伸夫 新作展」の会場内

ギンザシックス

空相ー皮膚 関根伸夫 新作展

10月12日(木)~25日(水)

ソニーイメージングギャラリーで開催されている「伏見行介 作品展 Toward the Landscape-見える時、見えない時-」の展示作品

銀座プレイス

伏見行介 作品展 Toward the Landscape-見える時、見えない時-

10月13日(金)~26日(木)

d47 MUSEUMで開催されているd design travel GUNMA EXHIBITIONの会場内

渋谷ヒカリエ

d design travel GUNMA EXHIBITION

10月13日(金)〜11月26日(日)

ライカGINZA SIXで開催されているジョン・デイヴィス写真展「Kosen」の展示作品

ギンザシックス

ジョン・デイヴィス写真展「Kosen」

9月20日(水)~12月13日(水)

11エリア
六本木通りにあるROPPONGIという文字の看板

六本木6スポット

アートの街、六本木。国立新美術館や、2大ランドマークの六本木ヒルズと東京ミッドタウンにアート施設が点在する。

歩道橋の上から見た表参道の並木道

表参道8スポット

おしゃれの発信地、表参道。
表参道沿いに、表参道ヒルズなどの複合商業施設や、高級ブティックの路面店がならぶ。

渋谷駅のハチ公口にあるハチ公像

渋谷3スポット

センター街やSHIBUYA109など、若者の街のイメージが根強い渋谷だが、奥渋谷や神南は大人が知的に楽しめる。

代官山アドレスの前にあるオブジェ

代官山4スポット

渋谷からすこし離れただけなのに、落ち着きがあって、のんびりした雰囲気の代官山。ハイセンスなショップが集まる。

恵比寿駅の西口にある恵比寿像

恵比寿・目黒3スポット

恵比寿の地名は、かつてヱビスビールの工場があったことに由来していて、工場跡地に恵比寿ガーデンプレイスがある。

銀座4丁目交差点から見た銀座和光の時計塔

銀座9スポット

銀ぶらという言葉のとおり、ぶらぶらウィンドウショッピングできる街。2017年4月にギンザシックスがオープンした。

丸の内仲通りの通路と樹木

丸の内4スポット

レトロな赤レンガの東京駅を商業施設がかこみ、古さと新しさが融合した街並み。ビジネス街だが、皇居に近くて緑が豊か。

日本橋の橋の途中にある麒麟の像

日本橋3スポット

江戸情緒あふれる商人の城下町。老舗百貨店の高島屋と三越や、日本銀行本店、三井本館は重要文化財に指定されている。

上野公園にある西郷隆盛像

上野4スポット

JR上野駅の目の前にある上野公園は、東京国立博物館と国立西洋美術館の2大ミュージアムなど、美術館や博物館が集まる。

お台場海浜公園から見たレインボーブリッジ

お台場9スポット

お台場は、海と砂浜をのぞめるウォーターフロントの観光地。無料巡回バス「東京ベイシャトル」で効率的にまわりたい。

JR池袋駅の北改札の近くにあるいけふくろうの像

池袋3スポット

CMソングのとおり、東口に西武、西口に東武がある不思議な池袋。ランドマークは、高くそびえるサンシャイン。