東京ミッドタウンの今日のイベント情報とデートスポット5選

東京ミッドタウンにあるミッドタウン・イーストの建物

2007年3月にオープンして、10周年をむかえた東京ミッドタウン。
10周年を機にロゴをリニューアルして、コム デ ギャルソンやザ・カウンターの日本1号店をはじめとして、25のショップが新たにオープンしたり、リニューアルされた。

緑にかこまれて落ち着いているからか、お店のラインアップなのか、六本木ヒルズより、ほんのすこし大人な空気が流れていて、開催されるイベントもちょっと大人のデート向け。

イベントは、ミッドタウン・ガーデンや芝生広場で行われたり、21_21 DESIGN SIGHTや東京ミッドタウン・デザインハブ、サントリー美術館にフジフイルムスクエア、4つのアート施設で代わる代わる展覧会が開催される。

スポンサーリンク







東京ミッドタウンの今日のイベント情報

2017年10月6日(金)~25日(水)までフジフイルムスクエアで「~世界中に影響を与えた写真家集団~マグナム創設の原点」が開催されていて、報道写真家グループ「マグナム・フォト」の写真が約70点展示されている。

2017年10月4日(水)~27日(金)まで東京ミッドタウン・デザインハブで「私の選んだ一品 2017年度グッドデザイン賞審査委員セレクション」が入場無料で開催。審査委員83名が、グッドデザイン賞受賞作の中で、気に入った作品を一人一品選んで展示されている。

2017年10月7日(土)〜28日(土)まで21_21 DESIGN SIGHTのギャラリー3で、国立新美術館のイベント「安藤忠雄展ー挑戦ー」と連動して「安藤忠雄 21_21の現場 悪戦苦闘」が開催。安藤忠雄さんの建築のアイデアやスケッチ、建築現場の映像・写真が展示されている。

2017年8月2日(水)〜10月30日(月)までガレリアB1Fのとらや店内にあるギャラリーで、特別展「ギャラリーの記憶 2012〜2016」が開催。2012年〜2016年に実施された14回の企画展が、写真やパネルで紹介されていたり、企画展のテーマにちなんでつくられたお菓子14品が再販売されている。

2017年10月13日(金)〜11月5日(日)まで「東京ミッドタウン デザインタッチ 2017」が開催されている。

2017年9月16日(土)〜11月5日(日)までサントリー美術館で「天下を治めた絵師 狩野元信」が開催されていて、狩野元信の作品を中心に、狩野派による日本画が展示されている。

2017年10月1日(日)~12月28日(木)までフジフイルムスクエアの写真歴史博物館で「ブラジルの大地に生きた写真家・大原治雄」が開催。大原治雄さんがブラジルの人々と風景を撮影した写真が約30点展示されている。

東京ミッドタウンデザインタッチ2017

東京ミッドタウンデザインタッチ2016で芝生広場に設置されたカーテンウォールシアター

東京ミッドタウンデザインタッチ2016で芝生広場に設置されたカーテンウォールシアター

デザインタッチは、毎年秋に東京ミッドタウンで行われていて、今回が11回目のイベント。

東京ミッドタウンの各所で、デザインにちなんだ展示や催しが同時開催されて、館内やミッドタウン・ガーデンをねり歩くだけで、いくつも展覧会をめぐったような満足感が得られる。

2017年10月17日(火)~11月5日(日)まで芝生広場に展示されるのは、クリエイティブ・ラボ「PARTY」によるインスタレーション「デジベジ」。
デジベジはDigital Vegetablesの略称。芝生広場にビニールハウスが設置されて、植えられている野菜にふれると、映像や音のデジタル演出が発生する。

芝生広場付近のミッドタウン・ガーデンには、昔ながらの日本のデザインである提灯をテーマに「ものこころ提灯」が展示。
ミッドタウン・ガーデンを流れる小川にやわらかい光が映りこんで、風情がある。

東京ミッドタウンB1Fのプラザに展示されているTokyo Midtown Award 2017の候補作品

B1Fのプラザに展示されているTokyo Midtown Award 2017の候補作品

また、10月13日(金)の16:30~17:30にTokyo Midtown Award 2017 授賞式が開催され、イベント期間中、プラザB1Fに受賞作品が展示されたり、10月13日(金)~16日(月)まで、オーストリアのアルス・エレクトロニカの協力で、アトリウムに未来の学校がオープンした。

例年、六本木アートナイトと同じタイミングで開催されることが多かったが、六本木アートナイト2017は、9月30日(土)~10月1日(日)の実施で、はしごできないのがすこし残念。

東京ミッドタウンの今後のイベント予定

2017年10月20日(金)〜2018年2月4日(金)まで21_21 DESIGN SIGHTのギャラリー1,2で企画展「野生展:飼いならされない感覚と思考」が行われて、中沢新一さんがディレクターをつとめる。

2017年11月15日(水)〜12月25日(月)まで「ミッドタウンクリスマス2017」が開催。芝生広場でスターライトガーデン2017が点灯する。

2017年11月17日(金)~12月6日(水)までフジフイルムスクエアで「二十世紀の巨匠 美と崇高の風景写真家 アンセル・アダムス」が開催。アメリカを中心に活動した風景写真家「アンセル・アダムス」さんのモノクロ写真が、約60点展示される。

2017年11月22日(水)〜2018年1月28日(日)までサントリー美術館で「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」が開催。マリーアントワネットのために制作された18世紀のボウルから、現代の草間彌生さんによる彫像まで、さまざまなセーヴル磁器が展示される。

2017年12月6日(水)〜25日(月)まで、21_21 DESIGN SIGHTのギャラリー3で、フィンランドの独立100周年を記念して、「FINLAND 100 pop up」が開催。イッタラやアルテックなど、フィンランドのブランドが出展する。

2018年2月14日(水)〜4月8日(日)までサントリー美術館で「寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽」が開催。江戸時代初期の寛永文化が特集され、茶人の小堀遠州(こぼりえんしゅう)、陶芸家の野々村仁清(ののむらにんせい)、絵師の狩野探幽(かのうたんゆう)らの作品が展示される。

野生展

明治大学 野生の科学研究所所長の中沢新一さんがディレクターをつとめる企画展。
野生の科学は、管理されて家畜化した状態とは反対の、野生状態にある世界を研究する学問。

野生展の野生も同様に、サファリパークのような動物をテーマにした展覧会ではなく、飼いならされていない感覚や思考「野生の領域」をテーマに開催される。

ポーラ ミュージアム アネックスで開催された青木美歌「あなたに続く森」The Forest That Leads To Youの会場内

青木美歌「あなたに続く森」The Forest That Leads To Youの会場内

会場には、2017年1月20日(金)〜2月26日(日)までポーラ ミュージアム アネックスで個展が開催された青木美歌さんをはじめ、動物や植物など、ありのままの生命をモチーフに作品を制作するアーティストを中心に10名以上の作品が展示される。

  • 開催期間:2017-10-20(金)〜2018-2-4(金)
  • 時間:11:00-19:00
  • 休館日:火曜日
  • 会場:21_21 DESIGN SIGHT
  • 住所:東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内
  • イベント公式ページ:野性展
  • 入場チケット料金:
    • 一般:1,100円
    • 大学生:800円
    • 高校生:500円
    • 中学生以下:無料

ミッドタウンクリスマス2017

ミッドタウンクリスマスでミッドタウン・ガーデンに点灯したスターライトロード

ミッドタウンクリスマスでミッドタウン・ガーデンに点灯したスターライトロード

ミッドタウンクリスマス2017は、ミッドタウン・ガーデンと芝生広場を中心に、6種類のクリスマスイルミネーションが点灯するイベント。

ミッドタウンクリスマスでミッドタウン・ガーデンに点灯したシャンパンイルミネーション

ミッドタウン・ガーデンに点灯したシャンパンイルミネーション

ミッドタウン・ガーデンのイルミネーションは4種類。
ベーシックでぬくもりを感じるゴールドの「ツリーイルミネーション」、シャンパングラスのようなカタチで今にもシュワシュワと音が出そうな「シャンパンイルミネーション」、真っ青なイルミネーションの「スターライトロード」、星くずのように静かにかがやく「スターダストゾーン」が点灯する。

ミッドタウンクリスマスで芝生広場に点灯したスターライトガーデン

芝生広場に点灯したスターライトガーデン

ミッドタウン・ガーデンを抜けた先にある芝生広場には、メインイルミネーションのスターライトガーデン2017が待ち構える。

芝生広場いっぱいに青と白のライトが敷きつめられて宇宙が表現され、一瞬目がくらみそうになるほど、無数の光で埋め尽くされる。

月曜日は月、土曜日は土星、日曜日は太陽など、曜日にちなんだ惑星がテーマの特別演出が実施されるので、宇宙旅行気分で何度も訪れたい。

  • 開催期間:2017-11-15(水)〜2017-12-25(月)
  • 点灯時間:17:00-23:00
  • 会場:東京ミッドタウン各所
  • 住所:東京都港区赤坂9-7-1
  • イベント公式ページ:ミッドタウンクリスマス2017
  • 観覧料金:無料

東京ミッドタウンの過去の代表的なイベント

2017年7月14日(金)~8月31日(木)まで「ミッドタウン ラブズ サマー2017」が開催された。

2017年6月17日(土)~8月6日(日)まで東京ミッドタウン・デザインハブで「日本のグラフィックデザイン2017」が開催されて、ポスターをはじめとする約300点のグラフィックデザインが展示された。

2017年4月21日(金)~5月28日(日)まで「ミッドタウンオープンザパーク2017」が行われて、芝生広場に「江戸富士(EDO-FUJI)」が設置された。

2017年3月17日(金)~4月16日(日)まで「ミッドタウンブロッサム2017」が行われて、ミッドタウン・ガーデンの桜並木がライトアップされた。

2017年3月24日(金)~4月12日(水)までフジフイルムスクエアで、フジフイルム・フォトコレクション展「日本の写真史を飾った写真家の私の1枚」が開催。101人の写真家の写真が、1人1枚ずつ展示された。

ミッドタウン ラブズ サマー2017(終了)

ミッドタウン ラブズ サマー2017でミッドタウン・ガーデンで行われていた足水

ミッドタウン・ガーデンで行われていた足水

東京ミッドタウンの夏イベント。
花火や風鈴、足水など、日本の夏らしい涼を感じられるイベントが、ミッドタウン各所で開催された。

花火は、芝生広場で行われているサマーライトガーデン。
日本三大花火大会のデジタルプログラム「ひかり花火」に加えて、2014年に花火競技大会で優勝したチームによるホンモノの花火が8月10日(木)~13日(日)の4日間限定で打ち上げられた。

足湯ならぬ足水は、ミッドタウン・ガーデンを流れる小川で実施。
日本古来の丸窓をイメージしたシェードが川をトンネルのようにかこっていて、夜になるとシェードがぼんやりライトアップされる。

ミッドタウン ラブズ サマー2017で東京ミッドタウンのガレリア館内に登場していた風鈴のれんストリート

ミッドタウン ラブズ サマー2017でガレリア館内に登場していた風鈴のれんストリート

風鈴は、ガレリア館内に登場した風鈴のれんストリート。
アーティストの西野達さんとのコラボで、のれんの間に風鈴が吊るされた「風鈴のれん」が3カ所に設置。のれんをくぐるたび、陶器や鉄器、ガラスにしんちゅうなど、素材によってちがう涼やかな音色が、ガレリア館内に響きわたる。

わざわざ遠くの田舎まで出かけなくても古き良き日本の夏に出会えそう。

  • 開催期間:2017-7-14(金)~2017-8-31(木)
  • 会場:東京ミッドタウン 各所
  • 入場料金:無料

日本のグラフィックデザイン2017(終了)

東京ミッドタウン・デザインハブで開催された日本のグラフィックデザイン2017の会場内

日本のグラフィックデザイン2017の会場内

日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)による年鑑「Graphic Design in Japan 2017」の発行を記念して開催された展覧会。
年鑑に掲載されている作品の中から約300点が展示された。

グラフィックデザインと一言で言っても、ポスターをはじめとして、新聞・雑誌広告や商品のパッケージ、映像までさまざま。

東京ミッドタウン・デザインハブで開催された日本のグラフィックデザイン2017に展示されていた新聞・雑誌広告やパッケージデザイン

日本のグラフィックデザイン2017に展示されていた新聞・雑誌広告やパッケージデザイン

ピーチ・ジョンの広告や、上野動物園のWebサイト「UENO PLANET」、JR東日本による「行くぜ、東北。」のポスターなどが展示されて、店頭で見かけたことがあるパッケージや、電車の中や街中で通りすがりに見た広告に再び出会えるかもしれない。

ふだんは何気なく見ているデザインをまとめて見ると、急にアート鑑賞している気分になるから不思議。

  • 開催期間:2017-6-17(土)~2017-8-6(日)
  • 時間:11:00-19:00
  • 会場:東京ミッドタウン・デザインハブ
  • 入場料金:無料

ミッドタウンオープンザパーク2017(終了)

ミッドタウンオープンザパーク2017でミッドタウン・ガーデンに登場していたデザインこいのぼり

ミッドタウンオープンザパーク2017でミッドタウン・ガーデンに登場していたデザインこいのぼり

ミッドタウンオープンザパークは、東京ミッドタウンのゴールデンウィークイベント。

芝生広場に富士山をモチーフにしたインスタレーション「江戸富士(EDO-FUJI)」が設置されたり、ミッドタウン・ガーデンとプラザ1Fで約100匹のデザインこいのぼりが空を泳いだり、芝生広場で開放的にミッドパークヨガができるなど、初夏にふさわしいさわやかなイベントが同時開催された。

東京ミッドタウンの芝生広場に登場していた江戸富士(EDO-FUJI)

芝生広場に登場していた江戸富士(EDO-FUJI)

江戸富士(EDO-FUJI)の制作は、アトレ恵比寿西館屋上のアトレ空中花園を手がけるプラントハンターの西畠清順さんが担当。

江戸富士(EDO-FUJI)に投映されていた3,776:the digital anatomy~富士山の解剖学~

江戸富士(EDO-FUJI)に投映されていた3,776:the digital anatomy~富士山の解剖学~

江戸富士(EDO-FUJI)には、2017年3月17日(金)〜4月16日(日)はネイキッドの演出でプロジェクションマッピングの「aeru」が投映されて、2017年4月21日(金)〜5月28日(日)はライゾマティクスによる「3,776:the digital anatomy~富士山の解剖学~」という演出で、富士山に関連するデータを視覚化した映像が投映された。

aeruは、江戸富士に後光が差したり、桜や紅葉などの日本の四季の色が投映されて、日本がほこる世界文化遺産の富士山にふさわしい神々しい姿。

ミッドタウンオープンザパーク2017でミッドタウン・ガーデンにオープンしていたミッドパークカフェ

ミッドタウンオープンザパーク2017でミッドタウン・ガーデンにオープンしていたミッドパークカフェ

また、ミッドタウン・ガーデンにミッドパークカフェがオープンして、風香るハイボール「知多」が提供された。
アクティブに動かず、のんびり新緑をながめて過ごすのも楽しい。

  • 開催期間:2017-4-21(金)~2017-5-28(日)
  • 会場:東京ミッドタウン 各所
  • 観覧料金:無料

ミッドタウンブロッサム2017(終了)

ミッドタウンブロッサム2017で東京ミッドタウンのガレリア1Fに登場したツリーシャワー

ミッドタウンブロッサム2017でガレリア1Fに登場したツリーシャワー

開業10周年をむかえた東京ミッドタウンの春イベント。

ミッドタウン・ガーデンのさくら通り沿いにある桜並木がライトアップされたり、ミッドタウン・ガーデンにマルティーニ ブロッサム ラウンジがオープンしたり、春の訪れを感じさせるアート作品が2つ設置された。

ミッドタウンブロッサム2017でミッドタウン・ガーデンにオープンした「マルティーニ ブロッサム ラウンジ」

ミッドタウン・ガーデンにオープンした「マルティーニ ブロッサム ラウンジ」

マルティーニ ブロッサム ラウンジは、ザ・リッツ・カールトン東京が運営する屋外ラウンジ。

マルティーニ ロゼ スパークリングやホット さくら マルティーニ、桜と苺のムースなど、桜並木のすぐそばで桜色のメニューが提供された。

ミッドタウンブロッサム2017でミッドタウン・ガーデンの入口に設置された深澤隆行さんによる竹のゲート

ミッドタウン・ガーデンの入口に設置された深澤隆行さんによる竹のゲート

アート作品は、ガレリア1Fに展示されたフラワーアーティストの小野寺衆さんによるツリーシャワーと、ミッドタウン・ガーデンの入口に設置された深澤隆行さんによる竹のゲート。

ツリーシャワーは春の美しさ、竹のゲートは春の生命の力強さを感じられる。

  • 開催期間:2017-3-17(金)〜2017-4-16(日)
  • 会場:東京ミッドタウン 各所
  • 観覧料金:無料

日本の写真史を飾った写真家の私の1枚(終了)

フジフイルムスクエアで開催されていた日本の写真史を飾った写真家の私の1枚の会場内

フジフイルムスクエアで開催されていた日本の写真史を飾った写真家の私の1枚の会場内

フジフイルムスクエアがコレクションしている101人の写真家の写真が、1人1枚ずつ、計101枚展示された写真展。

人物や動物、風景など、被写体も撮影された時代もちがう写真がならんでいたが、その写真家の最高傑作といえる1枚だけがキュレーションされて、いいとこどりの写真鑑賞ができる。

モノクロ写真を中心に、恵比寿ガーデンプレイスのイベントとして、2017年7月25日(火)〜9月24日(日)まで東京都写真美術館で個展が開催された荒木経惟さん、通称アラーキーや、篠山紀信さんなど、有名な写真家の作品が複数展示されて、写真に詳しくなくても直感的に楽しめる。

  • 開催期間:2017-3-24(金)~2017-4-12(水)
  • 開館時間:11:00-19:00(入館は18:50まで)
  • 会場:フジフイルムスクエア
  • 入場料金:無料

東京ミッドタウンのデートスポット5選

東京ミッドタウンのガレリア館内

東京ミッドタウンのガレリア館内

東京ミッドタウンは、ショッピングエリアのガレリアや、オフィスやホテルがあるミッドタウン・タワー、ミッドタウン・ウエストにミッドタウン・イーストなど、複数の建物が集まっている。

建物たちをかこむように、ミッドタウン・ガーデンや芝生広場、檜町公園があって、都会的で洗練されていながら、緑が豊かでゆったりとした時間が流れている。

東京ミッドタウン内に4つあるアート施設をめぐったり、檜町公園を散歩したり、ガレリアでショッピングや食事をするのが、定番のデートコース。
4つのアート施設に檜町公園を加えた5つのデートスポットについて、さらに詳しく紹介する。

映画館は東京ミッドタウンにはなく、六本木ヒルズにTOHOシネマズがある。

東京ミッドタウンのプラザ1Fにあるアートワーク「妙夢」

東京ミッドタウンのプラザ1Fにあるアートワーク「妙夢」

また、東京ミッドタウンの各所にある19のアートワークも見どころのひとつ。
清水敏男さんとジャン=ユベール・マルタンさん、2人のアートディレクターがアートワークをプロデュースしている。

晴れた日は、宝探し気分でアートワークを探して、東京ミッドタウンを隅々まで探検すると、今まで気づかなかった発見があるかもしれない。

21_21 DESIGN SIGHT

ミッドタウン・ガーデンにある21_21 DESIGN SIGHTの建物

ミッドタウン・ガーデンにある21_21 DESIGN SIGHTの建物

21_21 DESIGN SIGHTは、ファッションデザイナーの三宅一生さん、グラフィックデザイナーの佐藤卓さん、プロダクトデザイナーの深澤直人さん、3名のデザイナーが代わる代わるディレクターを担当して、1年に3回前後の企画展が開催されているデザイン施設。

読み方は、トゥーワン・トゥーワン・デザインサイト。

ミッドタウン・ガーデンを歩いていると、ふと見えてくる折れ曲がった巨大な三角屋根の建物で、表参道ヒルズの設計などを手がけた建築家の安藤忠雄さんが設計した。

館内はB1Fと1Fの2フロアになっていて、B1Fにはギャラリーが2部屋、1Fにはエントランスとミュージアムショップがある。

直近のイベントは、2017年10月20日(金)〜2018年2月4日(金)まで企画展「野生展:飼いならされない感覚と思考」が開催予定。

21_21 DESIGN SIGHTの地下に光が差し込む様子

21_21 DESIGN SIGHTの地下に光が差し込む様子

外から見ると分からないが、地上に見えている部分より地下のほうが広い。

吹き抜けによって、地下まで太陽の光が差し込む光景は、アート作品さながら。

21_21 DESIGN SIGHTに併設されている21_21 DESIGN SIGHT SHOP

21_21 DESIGN SIGHTに併設されている21_21 DESIGN SIGHT SHOP

併設されているミュージアムショップの21_21 DESIGN SIGHT SHOPでは、開催中の展覧会にちなんだグッズや、過去の展覧会のアーカイブグッズが販売されている。

ショップだけの利用なら入場無料なので、展覧会に入るつもりがなくても気軽に訪れたい。

2016年12月31日(土)に閉店したカノビアーノカフェ

2016年12月31日(土)に閉店したカノビアーノカフェ

21_21 DESIGN SIGHTのとなりにある同じカタチの建物は、イタリアンを提供するカノビアーノカフェだったが、2016年12月31日(土)に閉店して、2017年3月31日(金)に21_21 DESIGN SIGHTのギャラリー3としてオープンした。

松屋銀座のデザインコレクションは、深澤直人さんが全体構想、佐藤卓さんが店内のグラフィック表記を担当しているので、機会があれば行ってみたい。

  • 営業時間:10:00-19:00(入館は18:30まで)
  • 休館日:火曜日、年末年始、展示替え期間
  • 住所:東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内
  • 電話番号:03-3475-2121
  • 入場チケット料金:
    • 一般:1,100円
    • 大学生:800円
    • 高校生:500円
    • 中学生以下:無料

東京ミッドタウン・デザインハブ

ミッドタウン・タワー5Fにある東京ミッドタウン・デザインハブの入口

ミッドタウン・タワー5Fにある東京ミッドタウン・デザインハブの入口

東京ミッドタウン・デザインハブは、企画展や特別展を中心に、ワークショップ・セミナーなども行われているギャラリースペース。

直近のイベントは、2017年10月4日(水)~27日(金)まで「私の選んだ一品 2017年度グッドデザイン賞審査委員セレクション」が開催中。

日本デザイン振興会、日本グラフィックデザイナー協会、武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ、インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター、役割がちがう4つの機関が連携して運営されている。

オフィスなどがあるミッドタウン・タワーの5Fにあるが、ガードマンがいるゲートを通って行くのではなく、ミッドタウン・タワーの正面入口を背にして左奥にあるエレベーターに乗っていく。

展示室は直線に長く、奥まで見渡せるので、展覧会の全体像を把握しやすい。

入場料金は展覧会によって異なるが、ほとんど無料で入場できる。

  • 営業時間:11:00-19:00
  • 休館日:年末年始
  • 住所:東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F
  • 電話番号:03-6743-3776
  • 入場料金:展覧会によって異なる

サントリー美術館

東京ミッドタウンのガレリア3Fにあるサントリー美術館のエントランス

東京ミッドタウンのガレリア3Fにあるサントリー美術館のエントランス

サントリー美術館は、日本の古美術を中心に、国宝の浮線綾螺鈿蒔絵手箱(ふせんりょうらでんまきえてばこ)や、10点以上の重要文化財を含む約3,000点のコレクションを所蔵している私立美術館。

1961年に丸の内のパレスビルに開館して、1975年に赤坂に移転した後、2007年に東京ミッドタウンに移転してきた。

ミッドタウン・ガーデンから見えるサントリー美術館の外観

ミッドタウン・ガーデンから見えるサントリー美術館の外観

ミッドタウン・ガーデンから見える外観は、白い縦格子でかこわれていて、ちょっとつめたい印象を受けるが、東京ミッドタウンのガレリア3Fにある入口は、木の縦格子で和のぬくもりを感じる。

根津美術館歌舞伎座などの設計を手がけた建築家の隈研吾さんが設計した。

館内は展示室に加えて、ミュージアムショップとカフェ、茶室の玄鳥庵が併設されている。

展示室では、2017年9月16日(土)〜11月5日(日)まで「天下を治めた絵師 狩野元信」が開催中。

サントリー美術館に併設されているミュージアムショップ

サントリー美術館に併設されているミュージアムショップ

ミュージアムショップショップでは、開催中の展覧会の関連グッズや、所蔵品をモチーフにした雑貨、オリジナルマグカップなどが販売されている。

サントリー美術館に併設されているカフェ

サントリー美術館に併設されているカフェ

カフェは、創業150年以上の石川県金沢市にある老舗「加賀麩 不室屋」がプロデュースしていて、麩をつかった定食や麩あんみつなどの甘味が提供されている。

茶室の玄鳥庵では、お抹茶と季節の和菓子が提供される点茶席が行われていて、入館料に加えて1,000円で参加できる。

点茶席が開かれるのは、展覧会期間中の木曜日だけなので、事前に営業スケジュールを確認してから来たほうがいい。

  • 開館時間:10:00-18:00
    • 金曜・土曜は20:00まで開館
    • 入場は閉館の30分前まで
  • 休館日:火曜日、年末年始、展示替え期間
  • 住所:東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
  • 電話番号:03-3479-8600
  • 入館料金:展覧会によって異なる(中学生以下は無料)

フジフイルムスクエア

ミッドタウン・ウエスト1Fにあるフジフイルムスクエアの入口

ミッドタウン・ウエスト1Fにあるフジフイルムスクエアの入口

フジフイルムスクエアは、富士フイルムが運営する施設。
ミッドタウン・ウエストの1Fにあって、外苑東通り沿いに入口がある。

館内には、富士フイルムフォトサロン・写真歴史博物館・GALLERY X・タッチフジフイルム・フジフイルムヘルスケアショップ、5つのコーナーがある。

館内のコレクションも開催されている展覧会も無料で鑑賞できるので、東京ミッドタウンに来るたびに立ち寄りたい。

写真ギャラリーの富士フイルムフォトサロンでは、スペース1・スペース2・ミニギャラリー、3つの展示スペースで次々に写真展が行われていて、1〜2週間ごとに展覧会が入れ替わる。

フジフイルムスクエア内の写真歴史博物館に展示されているアンティークカメラ

フジフイルムスクエア内の写真歴史博物館に展示されているアンティークカメラ

写真歴史博物館は、約100点のアンティークカメラや、歴代の富士フイルムのカメラ、フィルムなどが展示されている。

また、約2ヶ月周期で、貴重な古い写真をテーマに沿って展示する企画展が開催されている。

直近のイベントは、2017年10月1日(日)~12月28日(木)まで「ブラジルの大地に生きた写真家・大原治雄」が開催中。

フジフイルムスクエア内にあるGALLERY X

フジフイルムスクエア内にあるGALLERY X

GALLERY Xは、さまざまな写真家が富士フイルムのXシリーズをつかって撮影した写真が常設展示されている。

Xシリーズは、富士フイルムのデジタルカメラの上位機種で、展示されている高画質プリントされた写真たちは、透きとおるような精細さ。

2017年10月6日(金)~19日(木)までGALLERY Xで「GFX、ル・マン参戦」が開催中。

フジフイルムスクエア内にあるタッチフジフイルムのコーナー

フジフイルムスクエア内にあるタッチフジフイルムのコーナー

タッチフジフイルムは、富士フイルムのXシリーズのカメラを実際に手にとって操作できるコーナー。

フジフイルムヘルスケアショップは、アスタリフトをはじめとしたスキンケア商品や化粧品、サプリメントにドリンクなどが販売されているショップ。

  • 営業時間:10:00-19:00(入場は閉館の10分前まで)
  • 休館日:年末年始
  • 住所:東京都港区赤坂9-7-3 ミッドタウン・ウエスト1F
  • 電話番号:03-6271-3350
  • 入場料金:無料

檜町公園

檜町公園の芝生広場と背後に見えるミッドタウン・タワー

檜町公園の芝生広場と背後に見えるミッドタウン・タワー

檜町公園は、東京ミッドタウンの芝生広場とつながっている公園。

公園内には、池を中心とした日本庭園と、芝生が広がって遊具が点在している芝生広場や遊戯広場、大きく2つのエリアがある。

檜町公園内にある日本庭園

檜町公園内にある日本庭園

日本庭園は、毛利家のお屋敷の庭園跡地を利用して造園された。
池のほとりに、長い木のベンチがある和風な休憩スポットの東屋や、菖蒲園があって、池のまわりを散歩したり、池にかかる橋をわたって中の島に行ける。

檜町公園の東屋から見た池

檜町公園の東屋から見た池

東屋で滝の音を聞きながら、庭園の池をぼーっとながめていると、いつのまにか時間が過ぎている。
都心にいることをしばし忘れて、リフレッシュできる都会のオアシス。

檜町公園の藤棚

檜町公園の藤棚

東屋の近くに藤棚があって、春には満開の藤を真下から見上げられる。

檜町公園の芝生広場

檜町公園の芝生広場

芝生広場は、お昼どきになるとピクニック気分でレジャーシートを広げている家族がいたりするなごやかな公園。
芝生広場と遊戯広場は一部重なっていて、遊具が点在している。

檜町公園は、50年以上前に開園された古くからの公園だが、東京ミッドタウンのオープンにあわせて遊具がリニューアルされた。

檜町公園の3種類の遊具

檜町公園の3種類の遊具

主な遊具は3種類で、ジャングルジムのKAIJIN うみのかみさま、ブランコのFUJIN かぜのかみさま、すべり台のSANJIN やまのかみさま。
3つとも高須賀昌志さんによる作品で、東京ミッドタウンのアートワーク。
子供が遊べるだけでなく、大人がアート鑑賞できる。

そのほか、水遊びできる噴水テラスや、ゴールが1つだけある3on3向けのバスケットコートなどがあって、幅広い年齢の子供が遊べる公園。

  • 開園時間:24時間
  • 住所:東京都港区赤坂9-7-9
  • 電話番号:03-5413-7015
  • 入場料金:無料

東京ミッドタウンの行き方・アクセス

六本木駅と直結している東京ミッドタウンのガレリアの地下入口

六本木駅と直結している東京ミッドタウンのガレリアの地下入口

東京ミッドタウンと六本木駅は、大江戸線でも日比谷線でも地下通路から直結していて、雨の日でもぬれずにたどり着ける。
ガレリアやプラザの地下にショップがあって、ショップをながめながら退屈せずに歩いて来られるのがうれしい。

  • 住所:東京都港区赤坂9-7-1
  • 電話番号:03-3475-3100
  • 営業時間:
    • ショップ:11:00-21:00
    • レストラン:11:00-24:00
  • 公式ウェブサイト:東京ミッドタウン 公式サイト
  • 最寄り駅からのアクセス:
    • 都営大江戸線「六本木駅」から直結
    • 東京メトロ日比谷線「六本木駅」から直結

東京ミッドタウンの周辺スポット

東京ミッドタウン内にアート施設が4つあるが、アートの街、六本木には、歩いて行けるアート施設がほかにも複数ある。

また、2018年3月29日(木)に「東京ミッドタウン日比谷」がオープン予定。日比谷駅は東京メトロ日比谷線で一本なので、2つの東京ミッドタウンをはしごするのもおもしろそう。

国立新美術館

国立新美術館の建物
乃木坂駅まで8分ぐらい歩くと、乃木坂駅の6出口に直結して、ガラスが波うつような壁が印象的な国立新美術館がある。

国立新美術館のイベントは、2017年7月5日(水)~10月23日(月)まで「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」が開催されている。

コンプレックス665

コンプレックス665の建物
六本木通りを渡って、麻布警察署の裏のあたりまで歩くと、2016年10月21日(金)にオープンしたコンプレックス665がある。
東京ミッドタウンから徒歩7分ぐらい。

コンプレックス665は、小山登美夫ギャラリーとシュウゴアーツ、タカ・イシイギャラリー、3つのギャラリーが集まっていて、各ギャラリーで代わる代わる展覧会が行われている。

スヌーピーミュージアム

スヌーピーミュージアムの入口にあるウェルカムスヌーピー
鳥居坂まで13分ぐらい歩くと、2016年4月にオープンしたスヌーピーミュージアムに行ける。

スヌーピーミュージアムの期間限定イベントは、2017年10月7日(土)〜2018年4月8日(日)まで、特別展「Love is Wonderful 恋ってすばらしい。」が開催されている。

六本木ヒルズ

六本木ヒルズの建物と巨大クモ・ママン
六本木ヒルズまで徒歩15分ぐらいかかるが、地下通路で直結しているので、雨の日でもぬれずに行ける。

六本木ヒルズのデートスポットとして、展望台の東京シティビュー、映画館のTOHOシネマズ、展覧会が開催される森美術館・森アーツセンターギャラリー、日本庭園の毛利庭園などがある。





スポンサーリンク







おすすめ無料イベント
2017年10月18日 開催中
銀座蔦屋書店のスターバックス前展示スペースで開催されている田原桂一「Polaroid & Torse」に展示されているPolaroid

ギンザシックス

田原桂一「Polaroid & Torse」

9月29日(金)~10月22日(日)

渋谷ヒカリエ8Fの小山登美夫ギャラリーで開催されている伊藤彩展「Sleeping Stone」の会場内

渋谷ヒカリエ

伊藤彩展「Sleeping Stone」

9月28日(木)〜10月23日(月)

ギンザシックス5Fのアートギャラリー アールグロリューで開催されている「空相ー皮膚 関根伸夫 新作展」の会場内

ギンザシックス

空相ー皮膚 関根伸夫 新作展

10月12日(木)~25日(水)

ソニーイメージングギャラリーで開催されている「伏見行介 作品展 Toward the Landscape-見える時、見えない時-」の展示作品

銀座プレイス

伏見行介 作品展 Toward the Landscape-見える時、見えない時-

10月13日(金)~26日(木)

d47 MUSEUMで開催されているd design travel GUNMA EXHIBITIONの会場内

渋谷ヒカリエ

d design travel GUNMA EXHIBITION

10月13日(金)〜11月26日(日)

ライカGINZA SIXで開催されているジョン・デイヴィス写真展「Kosen」の展示作品

ギンザシックス

ジョン・デイヴィス写真展「Kosen」

9月20日(水)~12月13日(水)

11エリア
六本木通りにあるROPPONGIという文字の看板

六本木6スポット

アートの街、六本木。国立新美術館や、2大ランドマークの六本木ヒルズと東京ミッドタウンにアート施設が点在する。

歩道橋の上から見た表参道の並木道

表参道8スポット

おしゃれの発信地、表参道。
表参道沿いに、表参道ヒルズなどの複合商業施設や、高級ブティックの路面店がならぶ。

渋谷駅のハチ公口にあるハチ公像

渋谷3スポット

センター街やSHIBUYA109など、若者の街のイメージが根強い渋谷だが、奥渋谷や神南は大人が知的に楽しめる。

代官山アドレスの前にあるオブジェ

代官山4スポット

渋谷からすこし離れただけなのに、落ち着きがあって、のんびりした雰囲気の代官山。ハイセンスなショップが集まる。

恵比寿駅の西口にある恵比寿像

恵比寿・目黒3スポット

恵比寿の地名は、かつてヱビスビールの工場があったことに由来していて、工場跡地に恵比寿ガーデンプレイスがある。

銀座4丁目交差点から見た銀座和光の時計塔

銀座9スポット

銀ぶらという言葉のとおり、ぶらぶらウィンドウショッピングできる街。2017年4月にギンザシックスがオープンした。

丸の内仲通りの通路と樹木

丸の内4スポット

レトロな赤レンガの東京駅を商業施設がかこみ、古さと新しさが融合した街並み。ビジネス街だが、皇居に近くて緑が豊か。

日本橋の橋の途中にある麒麟の像

日本橋3スポット

江戸情緒あふれる商人の城下町。老舗百貨店の高島屋と三越や、日本銀行本店、三井本館は重要文化財に指定されている。

上野公園にある西郷隆盛像

上野4スポット

JR上野駅の目の前にある上野公園は、東京国立博物館と国立西洋美術館の2大ミュージアムなど、美術館や博物館が集まる。

お台場海浜公園から見たレインボーブリッジ

お台場9スポット

お台場は、海と砂浜をのぞめるウォーターフロントの観光地。無料巡回バス「東京ベイシャトル」で効率的にまわりたい。

JR池袋駅の北改札の近くにあるいけふくろうの像

池袋3スポット

CMソングのとおり、東口に西武、西口に東武がある不思議な池袋。ランドマークは、高くそびえるサンシャイン。