西武池袋の今日の催事・イベント情報と屋上 食と緑の空中庭園

JR池袋駅東口にある西武池袋本店と池袋パルコ

西武池袋は、東は西武で、西、東武という歌のとおり、JR池袋駅の東口にある西武百貨店の本店。

デパ地下ブームのはしりといわれていて、B1Fのデパ地下にあるスイーツコーナーはテレビの情報番組でよく見かける。

イベントや催事は、本館7Fの催事場や別館2Fの西武ギャラリーで開催され、8Fにあるレストラン街のダイニングパーク池袋に期間限定のコラボカフェが代わる代わるオープンする。

スポンサーリンク







西武池袋の今日の催事・イベント情報

2017年8月16日(水)~22日(火)まで本館7Fの催事場で「暮らしの中の骨董マーケット」が行われていて、和の骨董品や、イギリスのヴィンテージ雑貨が販売されている。

また、2017年7月26日(水)~8月29日(火)まで食品館B1Fに「イケセイ アイスパーク」がオープンしていて、ジェラートやかき氷の専門店が、5週間にわたって代わる代わる出店している。

西武池袋本館8Fのダイニングパーク池袋に期間限定でオープンしている「すみっコぐらし 5th Anniversary Cafe」の外観

本館8Fのダイニングパーク池袋に期間限定でオープンしている「すみっコぐらし 5th Anniversary Cafe」の外観

2017年7月20日(木)〜9月18日(月)まで本館8Fのダイニングパーク池袋に「すみっコぐらし 5th Anniversary Cafe」が期間限定でオープンしていて、すみっコぐらしのコラボメニューが提供されていたり、カフェ限定グッズが販売されている。

2017年4月27日(木)~10月8日(日)まで屋上の食と緑の空中庭園に「天空のビアテラス」が期間限定でオープンしている。

天空のビアテラス

西武池袋本館9Fの食と緑の空中庭園に期間限定でオープンしている天空のビアテラスの会場内

天空のビアテラスの会場内

天空のビアテラスは、本館9Fの屋上にある食と緑の空中庭園に、期間限定でオープンしているビアガーデン。
睡蓮の庭など、水と緑が豊かな屋上庭園で、開放的にビールを飲める。

料理は2種類のコースメニューから選ぶか、食と緑の空中庭園に常設されている8店舗のフードカードで注文できる。

コースメニューは、AコースとBコース。

Aコースは、おつまみセットと2時間の飲み放題に加えて、メインをイベリコ豚のバーベキューミートセット・シーフードバーベキューセット・鉄板牛肉セット・もつ鍋セットの4種類から選べて、1人4,600円。

Bコースは、おつまみセットと2時間の飲み放題で1人3,000円。

2017年4月20日(木)~9月30日(土)まで、となりにある池袋パルコの屋上で、アロハBBQビアガーデンがオープンしているので、どちらにするか悩ましい。

  • 開催期間:2017-4-27(木)~2017-10-8(日)
  • 時間:16:00-22:00(7月・8月は22:30まで)
  • 会場:西武池袋 本館9F 食と緑の空中庭園
  • 住所:東京都豊島区南池袋1-28-1
  • 催事公式ページ:天空のビアテラス
  • 料金:
    • Aコース:4,600円
    • Bコース:3,000円

西武池袋の今後の催事・イベント予定

2017年8月22日(火)~29日(火)まで別館2Fの西武ギャラリーで「婦人・紳士・こども・ゴルフ ラルフローレン スペシャルセール」が開催される。

また、2017年8月23日(水)~27日(日)まで本館7Fの催事場で「セール 婦人服決算処分市」が開催されて、8月23日(水)〜25日(金)の3日間、会場内で伊太利屋特別セールが行われる。

2017年8月29日(火)~9月6日(水)まで本館7Fの催事場で「私の針仕事展」が行われて、50名以上の作家によるパッチワークキルトや刺しゅう、羊毛フェルトの作品が展示されたり、手芸作家の中山富美子さんの手芸品コレクションが特別展示される。

2017年8月30日(水)~9月4日(月)まで別館2Fの西武ギャラリーで「婦人・紳士・こども トミーヒルフィガー スペシャルセール」が開催される。

2017年9月7日(木)~10日(日)まで本館7Fの催事場で「秋のレディース 靴・バッグ・洋品雑貨バーゲン」が行われて、「秋のベビー&ちびっこバーゲン」が同時開催される。

2017年9月11日(月)~18日(月)まで本館7Fの催事場で「半期に一度のオールワコールスーパーバザール」が開催される。

2017年9月15日(金)~18日(月)まで別館2Fの西武ギャラリーで「マイセン展」が行われる。

2017年9月20日(水)~25日(月)まで本館7Fの催事場で「カーライタリア 親愛なるイタリア」が開催される。

2017年9月20日(水)~27日(水)まで別館2Fの西武ギャラリーに「はらぺこあおむしわくわくガーデン」がオープンして、無料で入場できる。

2017年9月27日(水)~10月2日(月)まで本館7Fの催事場で「うまし三重三昧」が行われて、三重県の食の名産品が販売される。

2017年9月29日(金)~10月1日(日)まで別館2Fの西武ギャラリーで「カレーパン博覧会2017」が行われて、西武池袋線とJR山手線沿線のパン屋さんを中心に、150種類以上のカレーパンが販売される。

西武池袋の過去の代表的な催事・イベント

2017年4月26日(水)~5月11日(木)まで別館2Fの西武ギャラリーで「ムーミンマーケット 2017」が行われて、会場内にムーミンの家が展示された。

また、2017年4月3日(月)~11日(火)まで別館2Fの西武ギャラリーで「攻殻機動隊 WORLD ART EXPO 2017」が開催された。

2017年3月25日(土)~30日(木)まで別館2Fの西武ギャラリーで「DYNAMIC 豪!50!GO!ーGO NAGAI 50th ANNIVERSARYー」が行われて、等身大のデビルマンやマジンガーZが展示された。

2017年3月7日(火)~15日(水)まで別館2Fの西武ギャラリーで「ミッフィー zakkaフェスタ」が開催された。

2016年12月7日(水)〜29日(木)まで同じく別館2Fの西武ギャラリーで「スヌーピーのカリフォルニアボードウォーク」がオープンした。

ムーミンマーケット 2017(終了)

西武池袋別館2Fの西武ギャラリーで開催されていたムーミンマーケット 2017の入口にあったフォトスポット

ムーミンマーケット 2017の入口にあったフォトスポット

マグカップやお皿などのテーブル雑貨、Tシャツやトートバッグなどのファッションアイテム、プリンやビスケットなどのスイーツ、マスキングテープやスマホケースまで、すべてムーミンデザインのグッズが販売されたマーケット。

実に2,000種類以上のムーミングッズがずらり。

西武池袋別館2Fの西武ギャラリーで開催されていたムーミンマーケット 2017の会場内にあったムーミンの家と売り場

ムーミンマーケット 2017の会場内にあったムーミンの家と売り場

会場内はムーミングッズだけでなく、フォトスポットが複数あったり、ムーミンの家が再現された模型が展示されて、展覧会としても楽しめる。
ムーミンの家の中には、ちゃんとムーミン一家が暮らしているので、窓からのぞいてみたい。

4月26日(水)と5月5日(金)の2日間、ムーミンが会場に来場して、一緒に記念撮影できた。

  • 開催期間:2017-4-26(水)~2017-5-11(木)
  • 時間:10:00-21:00(4月30日と5月7日は20:00まで、5月11日は18:00まで)
  • 会場:西武池袋 別館2F 西武ギャラリー
  • 入場料金:無料

攻殻機動隊 WORLD ART EXPO 2017(終了)

西武池袋別館2Fの西武ギャラリーで開催されていた攻殻機動隊 WORLD ART EXPO 2017のフォトスポット

攻殻機動隊 WORLD ART EXPO 2017のフォトスポット

ハリウッド実写映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」の公開を記念して行われた展覧会。
ゴースト・イン・ザ・シェルは、士郎正宗さんのSFマンガ「攻殻機動隊」が原作。

会場に士郎正宗さんの原作コミックの原稿や、アニメ映画やテレビアニメシリーズの原画・セル画、実写映画の資料など、400点以上が展示された。

攻殻機動隊は1980年代にコミックスが発売されて以来、押井守さんが監督をつとめたアニメ映画の「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」と「イノセンス」、テレビアニメシリーズの「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」、黄瀬和哉さんが監督をつとめたアニメ映画の「攻殻機動隊 ARISE」と「攻殻機動隊 新劇場版」など、長年にわたってさまざまな作品が制作されていて、時代の変化にあわせて変わっていく攻殻機動隊の軌跡をたどれる。

攻殻機動隊の舞台は未来の東京で、登場する魅力的なキャラクターたちに加えて、細部までつくり込まれた背景や機械の原画が見どころ。
未来の日本を想像しながら、じっくりながめたい。

  • 開催期間:2017-4-3(月)~2017-4-11(火)
  • 時間:10:00-21:00(4月9日は20:00まで、4月11日は18:00まで)
  • 会場:西武池袋 別館2F 西武ギャラリー
  • 入場料金:
    • 一般:800円
    • 大学生・高校生:600円
    • 中学生以下:無料

DYNAMIC 豪!50!GO!ーGO NAGAI 50th ANNIVERSARYー(終了)

DYNAMIC 豪!50!GO!ーGO NAGAI 50th ANNIVERSARYーの入口に展示されていたマジンガーZのフィギュア

DYNAMIC 豪!50!GO!ーGO NAGAI 50th ANNIVERSARYーの入口に展示されていたマジンガーZのフィギュア

漫画家の永井豪さんが、1967年にデビューして、50周年をむかえることを記念して行われた催事。
永井豪さんは、代表作にマジンガーZやデビルマン、キューティーハニーなどがある。

DYNAMIC 豪!50!GO!ーGO NAGAI 50th ANNIVERSARYーの会場内に展示されていた等身大デビルマン

DYNAMIC 豪!50!GO!ーGO NAGAI 50th ANNIVERSARYーの会場内に展示されていた等身大デビルマン

会場内では、100名のアーティストやおもちゃメーカーが、永井豪さんのマンガ作品をテーマに制作したフィギュアやファッションアイテム、限定グッズなどが販売された。

等身大のマジンガーZやデビルマンなど、自分の背丈より大きいフィギュアが5体ぐらい展示されて、展覧会として鑑賞しても充分楽しい。

DYNAMIC 豪!50!GO!ーGO NAGAI 50th ANNIVERSARYー内にあった匠の豪のコーナー

DYNAMIC 豪!50!GO!ーGO NAGAI 50th ANNIVERSARYー内にあった匠の豪のコーナー

また、会場の奥にある匠の豪というコーナーでは、プラチナや純金、漆塗りのマジンガーZや、マジンガーZが描かれた日本画など、匠の技でつくられたアート作品が展示されて、来場者は美術館にでも来ているかのように真剣な顔つきで鑑賞していた。

幼い頃に見ていたアニメやマンガにちなんだ作品を鑑賞して、ノスタルジックな気分にひたりたい。

  • 開催期間:2017-3-25(土)~2017-3-30(木)
  • 時間:10:00-21:00(3月26日は20:00まで、3月30日は19:00まで)
  • 会場:西武池袋 別館2F 西武ギャラリー
  • 入場料金:無料

ミッフィー zakkaフェスタ(終了)

ミッフィー zakkaフェスタの会場内

ミッフィー zakkaフェスタの会場内

1,000点以上のミッフィーグッズが販売されたミッフィー雑貨の祭典。

クリアファイルやボールペンなどをはじめとして、マグカップにマルシェバッグ、時計など、すべてミッフィーをモチーフにしたさまざまな雑貨が販売された。

会場内は黄色をテーマカラーとして、赤や青など、原色でカラフルにかざられて、4カ所にミッフィーのフォトスポットが登場した。

ミッフィー zakkaフェスタの会場内にあった福だるまミッフィーのフォトスポット

ミッフィー zakkaフェスタの会場内にあった福だるまミッフィーのフォトスポット

福だるまミッフィーと記念撮影した後に、本館8Fで同時開催されたミッフィーレッカーカフェで、ミッフィーの福だるまホワイトカレーを注文して見比べたい。

また、素焼きのミッフィーに色付けして、オリジナルミッフィーを制作できるワークショップや、ミッフィーと記念撮影できるグリーティングイベントが開催された。

  • 開催期間:2017-3-7(火)~2017-3-15(水)
  • 時間:10:00-21:00(3月12日は20:00まで、3月15日は18:00まで)
  • 会場:西武池袋 別館2F 西武ギャラリー
  • 入場料金:無料

スヌーピーのカリフォルニアボードウォーク(終了)

西武池袋別館2Fの西武ギャラリーで行われていたスヌーピーのカリフォルニアボードウォークの会場内

スヌーピーのカリフォルニアボードウォークの会場内

スヌーピーのホームタウンであるカリフォルニアのボードウォークをイメージした催事。

カリフォルニアのボードウォークは、砂浜に木の板が設置されて、遊園地のようなアトラクションが登場したり、さまざまなショップが出展する遊び場。

西武池袋別館2Fの西武ギャラリーで行われていたスヌーピーのカリフォルニアボードウォークの展示

スヌーピーのカリフォルニアボードウォークの展示

楽しむ・遊ぶ・買う・食べるの4つのテーマがあって、ウッドストックが乗っているミニ観覧車や、スヌーピーとピーナッツの仲間たちが乗っているメリーゴーランドの展示を見て楽しんだり、わなげやフリースロー、ストラックアウトなどのカーニバルゲームで遊んだり、カーニバルマーケットでスヌーピーグッズを買ったりできた。

展示がたくさんあって、スヌーピーミュージアムの出張所に来ているかのよう。
撮影自由なので、心ゆくまで記念撮影できた。

  • 開催期間:2016-12-7(水)〜2016-12-29(木)
  • 時間:10:00-21:00
  • 会場:西武池袋 別館2F 西武ギャラリー
  • 入場料金:無料
スポンサーリンク







西武池袋の屋上 食と緑の空中庭園

西武池袋の9F屋上にある食と緑の空中庭園

西武池袋の9F屋上にある食と緑の空中庭園

食と緑の空中庭園は、西武池袋の9F屋上にある庭園。
睡蓮の庭、フードカートエリアとレストラン&バー、フィッシュショップにガーデニングショップ、5つのゾーンがある。

かつては、いわゆるふつうのデパートの屋上だったが、国立新美術館のミュージアムショップ スーベニアフロムトーキョーや、スヌーピーミュージアムなどを手がけたトラフ建築設計事務所がデザインして、2015年4月にリニューアルオープン。2017年4月29日(土)に2周年をむかえた。

フードカートやレストランで食事したり、デパ地下で買ったスイーツを持ち込みしてティータイムを過ごしたり、睡蓮の庭やフィッシュショップとガーデニングショップを散歩できるので、催事やイベントの後に立ち寄りたい。

直近の催事として、2017年4月27日(木)~10月8日(日)まで天空のビアテラスがオープン中。

キッズデッキやオムツ替えスペースが併設されているので、子供や赤ちゃんと一緒でも安心。

  • 営業時間 10月〜4月:10:00-20:00
  • 営業時間 5月・6月・9月:10:00-22:00
  • 営業時間 7月〜8月:10:00-22:30
  • 場所:西武池袋 本館9F 屋上
  • 住所:東京都豊島区南池袋1-28-1 9F

睡蓮の庭

食と緑の空中庭園にある睡蓮の庭にかかる緑の橋

食と緑の空中庭園にある睡蓮の庭にかかる緑の橋

睡蓮の庭は、画家のクロード・モネの連作絵画「睡蓮」をイメージして造園された庭園。

中心に蓮が浮かぶ池があって、池のまわりを色とりどりの草花がかこみ、絵画を切りとったような美しい風景が広がっている。
池にかかっている橋を渡ったり、庭園の奥まで散策できて、無料のデートスポットとして人気が高い。

クロード・モネの睡蓮は、上野にある国立西洋美術館の常設展に実物が展示されているので、睡蓮の庭を見た後に実物を鑑賞して見比べるのもおもしろい。

睡蓮の庭に設置されているイルミネーション

睡蓮の庭に設置されているイルミネーション

夜になると球形のイルミネーションが点灯して、カラフルにライトアップされる。

睡蓮の庭の奥にある稲荷神社の鳥居と社殿

睡蓮の庭の奥にある稲荷神社の鳥居と社殿

また、睡蓮の庭の奥に稲荷神社があって、お参りまでできてしまう。
稲荷神社は、西東京市にある東伏見稲荷神社から分霊を勧請した由緒正しい神社。

フードカートエリア

食と緑の空中庭園にあるフードカートエリア

食と緑の空中庭園にあるフードカートエリア

食と緑の空中庭園には、8店舗のフードカートが緑が生い茂る壁に埋め込まれるようにならんでいる。

ならんでいるお店は、生パスタのミートソース本部、ブラウニー ホットドッグ、ちょっと太めのベルギーフライドポテトのポムケ、四角いスクエアピザのエーピッツァ、焼き小籠包の招福門、佐賀県のB級グルメのシシリアンライスを提供するココの台所、トルティーヤなどのメキシカンフードのココズキッチン、ホテルオークラ売店のタバーン。
屋上グルメの定番から変わり種まで、バラエティ豊かなラインアップ。

フードカートのテーマは、2017年8月31日(木)までエスニックフェスタが行われていて、パクチーやガパオ、マサラチャイが提供されている。

食と緑の空中庭園にある手打ちうどん「かるかや」

食と緑の空中庭園にある手打ちうどん「かるかや」

また、フードカートエリアの向かい側に手打ちうどん「かるかや」がある。
かるかやは、マンガ「孤独のグルメ」に登場した創業40年以上の老舗で、行列ができることがある人気店。

食と緑の空中庭園にあるウォーターテーブル

食と緑の空中庭園にあるウォーターテーブル

フードカートで注文した食事は、巨大な屋根があるフードコートのようなエリアや、点在しているパラソル付きのテーブル席、中心に水が張られているウォーターテーブルなど、飲食する場所を自由に選べる。
人数やその日の気分、天気などにあわせて決めたい。

レストラン&バー

食と緑の空中庭園にあるレストラン&バーのテラス席

食と緑の空中庭園にあるレストラン&バーのテラス席

食と緑の空中庭園にはフードカートに加えて、テラスレストランのラ テラスがある。
その名のとおり、テラス席で料理が食べられるレストラン。

提供されているメニューは、イタリアンやスパニッシュなどで、季節によってジャンルが変わるが、年間をとおして牡蠣料理の種類が多い。

西武池袋8Fにあるダイニングパーク池袋のフロアマップ

西武池袋8Fにあるダイニングパーク池袋のフロアマップ

また、階段で8Fにおりると、レストラン街のダイニングパーク池袋があって、26店舗の飲食店が集まっていることに加えて、池袋パルコ7Fのレストラン街と連絡通路でつながっている。

ダイニングパーク池袋と連絡通路でつながっている池袋パルコ7Fレストラン街にあるフロアマップ

ダイニングパーク池袋と連絡通路でつながっている池袋パルコ7Fレストラン街にあるフロアマップ

池袋パルコのレストランフロアは7〜8Fで、20店舗前後が集まっているので、ダイニングパーク池袋とあわせて40以上のお店から選べて迷ってしまう。

  • 営業時間 10月〜4月:10:00-20:00
  • 営業時間 5月・6月・9月:10:00-22:00
  • 営業時間 7月〜8月:10:00-22:30
  • 電話番号:03-5949-5973

フィッシュショップ

食と緑の空中庭園にあるフィッシュショップ

食と緑の空中庭園にあるフィッシュショップ

フィッシュショップは、食と緑の空中庭園のはじにひっそりとある。
ショップの目の前が喫煙所。

食と緑の空中庭園のフィッシュショップにある水槽

食と緑の空中庭園のフィッシュショップにある水槽

店内には壁に沿って透明な熱帯魚水槽がならんでいたり、1メートル×2メートルぐらいのバケツみたいな水槽が床に置かれていて、泳ぐ金魚やカメ、熱帯魚などを間近で鑑賞できる。
子供にとっては、ちょっとした水族館気分。

食と緑の空中庭園のフィッシュショップにある釣りぼり

食と緑の空中庭園のフィッシュショップにある釣りぼり

また、フィッシュショップ内に釣りぼりが併設されていて、30分540円で釣りができる。
初心者にはちょうどいい穴場の釣りスポット。

  • 営業時間:10:00-20:00
  • 電話番号:03-5949-2937

ガーデニングショップ

食と緑の空中庭園にあるガーデニングショップ

食と緑の空中庭園にあるガーデニングショップ

ガーデニングショップは、フィッシュショップのとなりにある。
同じような外観だが、フィッシュショップは濃いブルーのテントで、ガーデニングショップは濃いグリーンのテント。

テント内に鶴仙園と誠香園、日比谷花壇のブランドであるCOTO tree HIBIYAKADAN、園芸店が3店舗入っている。

食と緑の空中庭園にある鶴仙園の店内

食と緑の空中庭園にある鶴仙園の店内

鶴仙園はサボテン、誠香園は東洋蘭、COTO tree HIBIYAKADANは観葉植物、メインであつかっている植物の種類がちがうので、3店舗をめぐると植物園に来ているかのよう。

用途にあわせて、ギフト選びにもつかえそう。

  • 営業時間:10:00-20:00
  • 鶴仙園 電話番号:03-5949-2958
  • 誠香園 電話番号:03-5949-2936
  • COTO tree HIBIYAKADAN 電話番号:03-5957-0841
スポンサーリンク







西武池袋の行き方・アクセス

西武池袋本館の1Fエントランス

西武池袋本館の1Fエントランス

西武池袋はJR池袋駅の東口に直結していて、東口から出て駅を振り返ると西武とパルコが視界の大部分を占めるので、迷いづらい。

また、JR池袋駅の構内に西武池袋の入口が複数ある。

  • 住所:東京都豊島区南池袋1-28-1
  • 電話番号:03-3981-0111
  • 営業時間:
    • 本館・別館(月曜〜土曜):10:00-21:00
    • 本館・別館(日曜・祝日):10:00-20:00
    • 本館 B2F ザ・ガーデン自由が丘(月曜〜土曜):10:00-22:00
    • 本館 B2F ザ・ガーデン自由が丘(日曜・祝日):10:00-21:00
    • 書籍館:10:00-22:00
  • 公式ウェブサイト:西武池袋本店 公式サイト
  • 最寄り駅からのアクセス:JR線・東武線・西武線・東京メトロ「池袋駅」東口直結

西武池袋の周辺スポット

JR池袋駅の東口には高くそびえるサンシャインがあったり、西口にはテレビドラマ「池袋ウエストゲートパーク」で有名な池袋西口公園の先に、東京芸術劇場があるなど、池袋のスポットをはしごできる。

池袋パルコ

池袋駅東口にある池袋パルコの外観
西武池袋8Fと池袋パルコ7Fのレストラン街同士が連絡通路でつながっている。

池袋パルコのセール・イベントは、7Fのパルコミュージアムで行われたり、同じく7Fのザ ゲスト カフェ アンド ダイナーにコラボカフェがオープンする。

池袋サンシャインシティ

池袋サンシャインシティの建物
西武池袋がある東口を出て、駅を背にして正面に歩いていくと、サンシャイン通りの入口に着く。
サンシャイン通りをまっすぐ歩くと、右に池袋サンシャインシティの入口が見えてくる。
西武池袋から徒歩10分ぐらい。

池袋サンシャインシティのイベントは、サンシャイン60展望台やサンシャイン水族館、専門店街アルパB1Fの噴水広場などで行われる。



おすすめ無料イベント
2017年8月21日 開催中
東京ミッドタウンのアトリウムに期間限定でオープンしているギャラクシースタジオ

東京ミッドタウン

ギャラクシースタジオ

7月29日(土)〜8月21日(月)

コンプレックス665 2Fのシュウゴアーツで開催されている近藤亜樹 飛べ、こぶたの会場内

コンプレックス665

近藤亜樹 飛べ、こぶた

7月21日(金)〜8月26日(土)

お台場パレットタウンのヴィーナスフォート2Fで開催されているプロジェクションマッピング 2017 SUMMER

パレットタウン

プロジェクションマッピング 2017 SUMMER

8月7日(月)〜31日(木)

銀座プレイス6Fのソニーイメージングギャラリーで開催中の「所幸則 作品展 時のWizard」に展示されているOne Secondシリーズ

銀座プレイス

所幸則 作品展 時のWizard

8月18日(金)~31日(木)

渋谷ヒカリエ8Fの小山登美夫ギャラリーで開催されている廣瀬智央展「森のコスモロジー」の会場内

渋谷ヒカリエ

廣瀬智央展「森のコスモロジー」

8月9日(水)〜9月4日(月)

ギンザシックス6Fの銀座蔦屋書店のスターバックス前展示スペースで開催されている「Q BRICK by 水江未来 Exhibition」の展示作品

ギンザシックス

Q BRICK by 水江未来 Exhibition

8月17日(木)~9月18日(月)

ギンザシックス6Fの銀座蔦屋書店内にあるTHE CLUBで開催されている「青ぞらのはてのはて」の展示作品

ギンザシックス

青ぞらのはてのはて

7月14日(金)~9月29日(金)

フジフイルムスクエアの写真歴史博物館で開催されているインターフェイス 写真家・東松照明を見るの会場内にある東松照明さんの等身大パネル

東京ミッドタウン

インターフェイス 写真家・東松照明を見る

7月1日(土)~9月30日(土)

渋谷ヒカリエ 8Fのd47 MUSEUMで開催されているNIPPONの47人 2017 これからの暮らしかた—Off-Grid Life—の会場内

渋谷ヒカリエ

NIPPONの47人 2017 これからの暮らしかた

8月3日(木)〜10月9日(月)

メトアギンザで開催されているFeel the Communication in Ginzaの2Fで上映されているInto the future

東急プラザ銀座

Feel the Communication in Ginza

6月21日(水)~10月13日(金)

11エリア
六本木通りにあるROPPONGIという文字の看板

六本木6スポット

アートの街、六本木。国立新美術館や、2大ランドマークの六本木ヒルズと東京ミッドタウンにアート施設が点在する。

歩道橋の上から見た表参道の並木道

表参道8スポット

おしゃれの発信地、表参道。
表参道沿いに、表参道ヒルズなどの複合商業施設や、高級ブティックの路面店がならぶ。

渋谷駅のハチ公口にあるハチ公像

渋谷3スポット

センター街やSHIBUYA109など、若者の街のイメージが根強い渋谷だが、奥渋谷や神南は大人が知的に楽しめる。

代官山アドレスの前にあるオブジェ

代官山4スポット

渋谷からすこし離れただけなのに、落ち着きがあって、のんびりした雰囲気の代官山。ハイセンスなショップが集まる。

恵比寿駅の西口にある恵比寿像

恵比寿・目黒3スポット

恵比寿の地名は、かつてヱビスビールの工場があったことに由来していて、工場跡地に恵比寿ガーデンプレイスがある。

銀座4丁目交差点から見た銀座和光の時計塔

銀座8スポット

銀ぶらという言葉のとおり、ぶらぶらウィンドウショッピングできる街。2017年4月にギンザシックスがオープンした。

丸の内仲通りの通路と樹木

丸の内3スポット

レトロな赤レンガの東京駅を商業施設がかこみ、古さと新しさが融合した街並み。ビジネス街だが、皇居に近くて緑が豊か。

日本橋の橋の途中にある麒麟の像

日本橋3スポット

江戸情緒あふれる商人の城下町。老舗百貨店の高島屋と三越や、日本銀行本店、三井本館は重要文化財に指定されている。

上野公園にある西郷隆盛像

上野4スポット

JR上野駅の目の前にある上野公園は、東京国立博物館と国立西洋美術館の2大ミュージアムなど、美術館や博物館が集まる。

お台場海浜公園から見たレインボーブリッジ

お台場8スポット

お台場は、海と砂浜をのぞめるウォーターフロントの観光地。無料巡回バス「東京ベイシャトル」で効率的にまわりたい。

JR池袋駅の北改札の近くにあるいけふくろうの像

池袋3スポット

CMソングのとおり、東口に西武、西口に東武がある不思議な池袋。ランドマークは、高くそびえるサンシャイン。

配信元:東京イベントタイムライン
著者:takuya mitsumura