松屋銀座の今日の催事・イベント情報とデザインコレクション

 
銀座中央通り沿いにある松屋銀座の外観

松屋銀座は、1869年の創業から150年近くたつ、老舗百貨店「松屋」の本店。
銀座のほか、松屋浅草と東京ステーションホテル内に松屋 東京丸ノ内がある。

2013年にグランドリニューアルオープン。
LEDを埋め込んだガラス貼りの白い外壁は、昼は透きとおるようにさわやかで、夜はフロアとフロアの間をレーザービームのようなライトが艶やかに照らす。

開催中の催事にあわせて、外壁全面を大がかりにかざることがあり、銀座中央通りの風景に彩りを添える建物。

催事・イベントは、8Fのイベントスクエアや7Fのデザインギャラリー1953、1Fのスペース・オブ・ギンザで開催する。

スポンサーリンク






  

松屋銀座の今日の催事・イベント情報

2018年12月12日(水)~18日(火)まで、8Fのイベントスクエアで「銀座の男」冬市を開催。
スーツやコートのよりどり2着セールを行い、男の冬をあたためる。

2018年12月12日(水)~25日(火)まで、8Fのイベントスクエアで「リサ・ラーソンのクリスマス」を開催。
陶芸家 リサ・ラーソンさんの期間限定ショップがオープンし、赤いシマシマ猫のマイキーのグッズなど、クリスマス雑貨を販売している。

2018年11月28日(水)~12月25日(火)まで、8Fのイベントスクエアで「ベングト&ロッタのクリスマス」を開催。
北欧のクリスマス雑貨を販売し、12月1日(土)にロッタ・グラーヴェさんのサイン会を行った。

2018年11月7日(水)~12月25日(火)まで、7Fのデザインギャラリー1953に「クリスマスギフトステーション」がオープン。
選りすぐりのクリスマスギフトを販売するセレクトショップ。

松屋銀座の今後の催事・イベント予定

2018年12月20日(木)~25日(火)まで、8Fのイベントスクエアで「クリスマス キッズフェスタ」を開催する。

2018年12月27日(木)~2019年1月14日(月)まで、8Fのイベントスクエアで「片岡鶴太郎展 顔~faces~」を開催。
片岡鶴太郎さんの画業25周年と芸能生活45周年を記念し、100点以上の作品を展示する展覧会。

2018年12月27日(木)~2019年1月21日(月)まで、7Fのデザインギャラリー1953で「企画展 日本デザインコミッティーメンバー 掛軸の楽しみ」を開催する。

2019年1月3日(木)~8日(火)まで、8Fのイベントスクエアで「銀座 きもの初市」を開催。
初日にオープニングサービスを行う。

2019年1月9日(水)~14日(月)まで8Fのイベントスクエアで、銀座「和のあそび展」を開催。
着物や和小物など、和ものを販売する約20ブランドが出展する。

2019年1月15日(火)~21日(月)まで、8Fのイベントスクエアで「世界のアンティークウオッチ市」を開催。
アンティーク・ヴィンテージウオッチを販売する時計店が大集合する。

2019年1月16日(水)~21日(月)まで、8Fのイベントスクエアで「銀座 古書の市」と「銀座 砥部焼(とべやき)展」を同時開催する。

2019年1月23日(水)~28日(月)まで、8Fのイベントスクエアで「婦人服有名ブランド&婦人フォーマルウエアバーゲン」と「アニエス・ベー スペシャルサンクスセール」を開催する。

2019年1月23日(水)から、7Fのデザインギャラリー1953で「鈴木康広展」を開催する。

2019年1月30日(水)から、8Fのイベントスクエアで「東京私立小学校児童作品展 ほら、できたよ」と「ギンザバレンタインアベニュー」を開催する。

松屋銀座の過去の代表的な催事・イベント

2018年11月28日(水)~12月10日(月)まで、8Fのイベントスクエアで「ムーミンSTORY リトルミイのひみつ」を開催。
ちびのミイやリトルミイとして知られるミイにフォーカスし、ミイのさまざまな名言を展示した入場無料の展覧会。

2018年10月17日(水)〜24日(水)まで、8Fのイベントスクエアで「池田あきこ原画展 ダヤンと不思議な劇場」を開催。
絵本作家・池田あきこさんが描く、猫のダヤンシリーズの原画を約140点展示し、プロジェクションマッピングで池田あきこさんが創作した架空の国・わちふぃーるどを再現した。

2018年10月17日(水)〜24日(水)まで、8Fのイベントスクエアで「劇場版 夏目友人帳~うつせみに結ぶ~ 公開記念展」を入場無料で開催。
約2メートルの巨大ニャンコ先生ぬいぐるみや、アニメ第1期から第6期の年表パネルを展示した。

2018年5月25日(金)〜9月30日(日)まで、屋上に「美しくなるビアガーデン」が期間限定オープン。
美カラダをテーマに、高タンパク・低カロリーなメニューを提供するビアガーデン。

2018年9月5日(水)〜10日(月)まで、8Fのイベントスクエアで「秋のワインフェア」を開催。
試飲パスポート「松屋デギュスタパス」を購入すると、シルバーパスが約50種類、ゴールドパスが約120種類、プラチナパスが約150種類、世界各国のワインを飲み比べできる。

2018年8月22日(水)〜9月3日(月)まで、8Fのイベントスクエアで「石原裕次郎の軌跡」展を開催。
2017年8月31日(木)に閉館した小樽 石原裕次郎記念館のコレクションから、映画の小道具やテレビドラマの衣装、愛車のガルウイングのベンツまで展示した、全国を縦断する巡回展。

2018年8月1日(水)〜20日(月)まで、8Fのイベントスクエアで「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展」を開催。
アメリカのウォルト・ディズニー・アーカイブスのコレクションから、ミッキーマウスやディズニー作品にまつわる400点以上のアート・グッズ・衣装を展示し、ミッキーマウスから続く未来への物語を紹介した。

松屋銀座8Fのイベントスクエアで開催した羽海野チカの世界展の会場入口

羽海野チカの世界展の会場入口

2018年7月19日(木)〜29日(日)まで、8Fのイベントスクエアで「羽海野チカの世界展~ハチミツとライオンと~」を開催。
漫画家・羽海野チカさんの代表作「3月のライオン」と「ハチミツとクローバー」を中心に180点以上の原画を展示し、羽海野チカさんの世界にふれられる絶好の機会。

2018年6月6日(水)~29日(金)まで、1Fのスペース・オブ・ギンザで「GINZAの百傘会」を開催。
マイ・フェイバリット・アンブレラをテーマに、数百本の傘を吹き抜けに展示した。

2018年5月30日(水)〜6月4日(月)まで、8Fのイベントスクエアで「〜サイリウムが照らす未来〜ももいろクローバーZ 結成10周年記念展」を開催した。

2018年4月18日(水)~5月7日(月)まで、絵本「ウォーリーをさがせ!」の誕生30周年を記念して、8Fのイベントスクエアで「ウォーリーをさがせ!展」を開催。
絵本原画や設定資料など、約150点を展示した。

2018年3月1日(木)~19日(月)まで8Fのイベントスクエアで、スヌーピー×おもしろサイエンスアート展「スヌーピー・ファンタレーション」を開催。
スヌーピーロボなど、スヌーピーのサイエンスアートを展示した。

松屋銀座7Fのデザインギャラリー1953で開催した企画展「バタフライスツール 60th カタチの原点」の会場内

企画展「バタフライスツール 60th カタチの原点」の会場内

2018年1月24日(水)~2月18日(日)まで7Fのデザインギャラリー1953で、企画展「バタフライスツール 60th カタチの原点」を開催。
柳宗理の代表作・バタフライスツールのカタチが、どのように誕生して、どのように変化していったかたどれる。

2017年11月28日(火)~12月11日(月)まで、8Fのイベントスクエアで「ムーミン パペット・アニメーション展」を開催した。

松屋銀座のデザインギャラリー1953で開催した企画展「Knirps 折りたたみ傘の発明」の会場内

企画展「Knirps 折りたたみ傘の発明」の会場内

2017年10月11日(水)~11月6日(月)まで7Fのデザインギャラリー1953で、企画展「Knirps 折りたたみ傘の発明」を開催。
世界で初めて折りたたみ傘を発明したドイツの傘ブランド「クニルプス」の傘を、開いた状態で10数本つるし、分解したパーツひとつひとつや、布地を紹介した。

松屋銀座8Fのイベントスクエアで開催した北欧を愛するすべての人へ リサ・ラーソン展のエントランス

北欧を愛するすべての人へ リサ・ラーソン展のエントランス

2017年9月13日(水)〜25日(月)まで、8Fのイベントスクエアで「北欧を愛するすべての人へ リサ・ラーソン展」と「北欧フェア」を同時開催。
リサ・ラーソンさんの知られざる傑作を、動物をモチーフにした作品を中心に約190点展示した。

2017年8月23日(水)~9月4日(月)まで、8Fのイベントスクエアで「ガラスの仮面展」を開催。
マンガ・ガラスの仮面のカラー原画やモノクロ原稿を展示した。

松屋銀座8Fのイベントスクエアで開催したおさるのジョージ展「ひとまねこざる」からアニメーションまでの会場入口

おさるのジョージ展「ひとまねこざる」からアニメーションまでの会場入口

2017年8月9日(水)~21日(月)まで8Fのイベントスクエアで、おさるのジョージ展「ひとまねこざる」からアニメーションまでを開催。
絵本の原画やスケッチを中心に約200点の資料を展示し、人間のマネが大好きなジョージの物語を振り返れる。

2017年7月27日(木)~8月7日(月)まで、8Fのイベントスクエアで「西尾維新大辞展」を開催した。

松屋銀座8Fのイベントスクエアで開催した誕生15周年記念 くまのがっこう展の会場入口

誕生15周年記念 くまのがっこう展の会場入口

2017年4月19日(水)~5月8日(月)まで、8Fのイベントスクエアで「くまのがっこう展」を開催。
くまのがっこうシリーズ15作から厳選した約200点の原画やスケッチ、ジャッキーが絵本から飛び出してきたかのような立体ジオラマを展示した。

2017年4月19日(水)~5月8日(月)まで、8Fのイベントスクエアで「シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展」を開催した。

2017年3月22日(水)~4月3日(月)まで、8Fのイベントスクエアで「真島ヒロ原画展」と「誕生50周年記念 リカちゃん展」を行った。

2017年3月8日(水)~20日(月)まで、8Fのイベントスクエアで「新海誠監督作品 君の名は。展」と「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」を開催した。

美しくなるビアガーデン(終了)

松屋銀座の屋上にオープンした美しくなるビアガーデンの店内

美しくなるビアガーデンの店内

美しくなるビアガーデンは、松屋銀座の屋上に毎年恒例でオープンするコンセプトビアガーデン

揚げものやジャンクフードが中心で、見るからにカロリーが高そうなビアガーデンメニューのイメージをくつがえし、美カラダをテーマに、高タンパク・低カロリーなメニューを提供。
美味しく、美しいカラダづくりをできる。

クロスフィットトレーナー・AYAさんが監修するコラボメニューとして、食べるサラダと飲むサラダを提供。
後ろめたさを感じずに、ビアガーデンで女子会を開催できる。

美しくなるビアガーデンの店舗情報
開催期間:2018-5-25(金)〜2018-9-30(日)
平日 営業時間:17:00-22:00
土・日・祝日・最終金曜日 営業時間:16:00-22:00
会場:松屋銀座 屋上

GINZAの百傘会(終了)

松屋銀座1Fのスペース・オブ・ギンザで開催したGINZAの百傘会の会場内

GINZAの百傘会の会場内

GINZAの百傘会は、松屋銀座の吹き抜けで、昭和30年代から50年以上にわたり開催している梅雨時期恒例の名物催事。
読み方はひゃくさんかい。

会場で、和洋さまざまな雨傘や日傘を数千本販売し、ビニール傘までならぶ。

GINZAの百傘会の吹き抜けを下から見上げたながめ

GINZAの百傘会の吹き抜けを下から見上げたながめ

ふと上を見上げると、数百本の開いた傘が、吹き抜けの天井に向かってらせんを描き、現代アートさながらの壮観なながめ。

スパイラルのイベントとして、2017年2月15日(水)~21日(火)まで開催した日傘ブランド「コシラエル」の展覧会で、無数の開いた傘を吹き抜けに展示したインスタレーションを彷彿とさせる。

GINZAの百傘会のイベント概要
開催期間:2018-6-6(水)~2018-6-29(金)
会場:松屋銀座 1F スペース・オブ・ギンザ
観覧料金:無料

ももいろクローバーZ 結成10周年記念展(終了)

ももいろクローバーZ 結成10周年記念展は、2018年に結成10周年をむかえる「ももクロ」の過去の歩みを、ライブを軸に振り返る展覧会。

2018年5月に東京ドームシティのイベントとして開催した10周年アニバーサリーライブをはじめ、数々のライブ映像やライブ写真、ライブの舞台セット、メンバーがお気に入りの衣装ベスト3を展示。
10年の奇跡を、それぞれのライブ会場に訪れているかのようにたどる。

また、各メンバーの幼い頃の写真を展示。
ひとりひとりがどのように成長してきたか、親になったかのような気分で振り返る。

東京スカイツリーのイベントとして、2018年7月17日(火)~9月2日(日)まで「ソラクロ祭 ももクロ in トーキョースカイツリー」を行うなど、都内各所で結成10周年の記念イベントが目白押し。

ももいろクローバーZ 結成10周年記念展のイベント概要
開催期間:2018-5-30(水)〜2018-6-4(月)
時間:10:00-20:00(入場は閉場の30分前まで・最終日は17:00まで)
会場:松屋銀座 8F イベントスクエア
当日入場チケット料金:一般 1,000円/高校生 700円/中学生 500円/小学生 300円

ウォーリーをさがせ!展(終了)

松屋銀座8Fのイベントスクエアで開催したウォーリーをさがせ!展の会場入口

ウォーリーをさがせ!展の会場入口

ウォーリーをさがせ!展は、絵本シリーズ「ウォーリーをさがせ!」の生誕30周年を記念して開催する展覧会。

「ウォーリーをさがせ!」は、ウォーリーを人ごみから見つける絵本。
世界各国の街から、果ては宇宙まで舞台となり、ウォーリーと一緒に世界旅行や時間旅行できる。

会場には、これまでに発表した絵本シリーズから厳選した原画や、設定資料を展示。
たくさんの人々をひとりひとり特徴的に描いた作品は、1,000人以上の人物を精密に描いたブリューゲルの「バベルの塔」を彷彿とさせる。

4/21(土)・4/28(土)・5/5(土)はウォーリーDay。
ウォーリーファッションの赤白ボーダーシャツで来場すると、なんと入場無料。

昔をなつかしむだけでなく、ウォーリーをさがせ!展の開催を記念して制作した限定アート「Anniversary Ball for Japan」を展示しているなど、新しいウォーリーに出会える。

ウォーリーをさがせ!展のイベント概要
開催期間:2018-4-18(水)~2018-5-7(月)
時間:10:00-20:00(入場は閉場の30分前まで・最終日は17:00まで)
会場:松屋銀座 8F イベントスクエア
当日入場チケット料金:一般 1,000円/高校生 700円/中学生 500円/小学生 300円

スヌーピー×おもしろサイエンスアート展「スヌーピー・ファンタレーション」(終了)

松屋銀座8Fのイベントスクエアで開催したスヌーピー×おもしろサイエンスアート展「スヌーピー・ファンタレーション」の会場入口

スヌーピー×おもしろサイエンスアート展「スヌーピー・ファンタレーション」の会場入口

スヌーピー・ファンタレーションは、スヌーピーをテーマにしたサイエンスアートの展覧会。

愛知工業大学によるスヌーピーダンスロボや、日本のフィギュア作家による作品、約5,000枚の4コマ漫画による4Dモザイクアートなど、約40点を展示。

科学の粋を結集して制作したスヌーピーたちは、いつもどおりかわいいが、ふだんのスヌーピーとはひと味ちがって見える。

六本木のスヌーピーミュージアムの見どころとして、約4,500枚の4コマ漫画をつかった3Dモザイクアートを常設展示しているので、展覧会後に訪れると、ちがいを見比べられる。

松屋銀座8Fで開催したピーナッツ グリフアートの会場内

ピーナッツ グリフアートの会場内

スヌーピー・ファンタレーションの会場付近で、ピーナッツ グリフアートが同時開催。
スヌーピーと漢字や言葉を合体した墨絵を展示した。
ほのぼのした絵柄に、ほとばしるような墨絵が意外にマッチして、躍動感のあるスヌーピーやピーナッツの仲間たちを無料で鑑賞できる。

スヌーピー・ファンタレーションのイベント概要
開催期間:2018-3-1(木)~2018-3-19(月)
会場:松屋銀座 8F イベントスクエア
当日入場チケット料金:一般 500円/小・中学生 300円

ムーミン パペット・アニメーション展(終了)

松屋銀座8Fのイベントスクエアで開催したムーミン パペット・アニメーション展の入口前に展示していた映画「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」のワンシーン

映画「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」のワンシーン

ムーミン パペット・アニメーション展は、パペットアニメ映画「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」が、2017年12月2日(土)に公開したことを記念して開催した展覧会。
ムーミンの声優は、女優の宮沢りえさんがつとめる。

ムーミンは、1945年にトーベ・ヤンソンさんの小説「小さなトロールと大きな洪水」に登場して以来、絵本・アニメ・マンガなど、さまざまなシリーズ作品を展開。
その中で、ムーミンのパペットアニメに関する展示品が集まっている。

映画「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」公開記念 ムーミン パペット・アニメーション展の会場入口

ムーミン パペット・アニメーション展の会場入口

会場には、撮影で実際につかったムーミンのパペット人形や、撮影セットの模型、映画の名シーンと原作を見比べられるパネルを展示。

アニメのムーミンしか知らない人にとって、ムーミンパペットという、ムーミンの新たな一面を知りに行ける。

ムーミン パペット・アニメーション展のイベント概要
開催期間:2017-11-28(火)~2017-12-11(月)
会場:松屋銀座 8F イベントスクエア
当日入場チケット料金:一般 500円/小・中学生 300円

ガラスの仮面展(終了)

松屋銀座8Fのイベントスクエアで開催したガラスの仮面展の会場入口

ガラスの仮面展の会場入口

美内すずえさんによるマンガ「ガラスの仮面」の展覧会。
ガラスの仮面は、1976年から40年以上連載が続き、アニメやテレビドラマなど、さまざまなメディアで作品を制作している。

本展には、マンガの原画や原稿をはじめ、アニメ・書籍・舞台の資料など、350点以上を展示。

花とゆめでリアルタイムに読んでいた世代はなつかしく振り返れて、あまり読んだことがない世代はあらためてガラスの仮面を読みはじめるいい機会。

ガラスの仮面展のイベント概要
開催期間:2017-8-23(水)~2017-9-4(月)
会場:松屋銀座 8F イベントスクエア
当日入場チケット料金:一般 1,000円/高校生 700円/中学生 500円/小学生 300円

西尾維新大辞展(終了)

松屋銀座8Fのイベントスクエアで開催した「西尾維新大辞展」のエントランスにあるフォトスポット

「西尾維新大辞展」のエントランスにあるフォトスポット

小説家で漫画原作者の西尾維新さんの展覧会。
東京会場の松屋銀座、大阪会場の大丸心斎橋店、2会場で開催した。

会場内は、展覧会タイトルのとおり、辞書をイメージして構成。
展示は、代表作の戯言シリーズ、テレビドラマ化された掟上今日子の備忘録をはじめとする忘却探偵シリーズ、テレビアニメ化された化物語など〈物語〉シリーズ、3シリーズが中心。

音声ガイドは、脚本を西尾維新さん本人が手がけ、声優がナレーションしてくれる豪華なキャラクター音声ガイド。

西尾維新さんのこれまでの軌跡を、辞書をひくように作品ごとに振り返れる。

西尾維新大辞展のイベント概要
開催期間:2017-7-27(木)~2017-8-7(月)
会場:松屋銀座 8F イベントスクエア
当日入場チケット料金:一般 1,300円/高校生 700円/中学生 500円

シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展(終了)

松屋銀座8Fのイベントスクエアで開催したシンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展の展覧会入口

シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展の展覧会入口

オランダの絵本作家でグラフィックデザイナーのディック・ブルーナさんの展覧会。
代表作は、絵本シリーズのミッフィー。

ディック・ブルーナさんは、絵本から装丁までさまざまなデザインを手がけるが、共通してシンプルなことが特徴。

シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展の壁に展示していたディック・ブルーナ年表

会場入口に展示していたディック・ブルーナ年表

200冊以上のソフトカバーの本や、原画・スケッチなど、総勢500点以上を展示し、カラフルなデザインが壁一面にぎっしり。

本展がはじまる前から、西武池袋の催事として、2017年3月7日(火)~15日(水)まで「ミッフィー zakkaフェスタ」を開催し、2017年3月7日(火)~5月31日(水)まで「ミッフィーレッカーカフェ」がオープンした。

シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展のイベント概要
開催期間:2017-4-19(水)~2017-5-8(月)
会場:松屋銀座 8F イベントスクエア
当日入場チケット料金:一般 800円/高校生 600円/小・中学生 400円

真島ヒロ原画展(終了)

松屋銀座8Fのイベントスクエアで開催した真島ヒロ原画展の入口

真島ヒロ原画展の入口

漫画家・真島ヒロさんが、画業20周年をむかえることを記念して開催した原画展。
真島ヒロさんは、週刊少年マガジンに連載されたRAVEやFAIRY TAILが代表作。

会場には、RAVEとFAIRY TAIL、2作品を中心に、原画や設定資料を展示した。

原画を見ていると、ストーリーが頭の中でよみがえり、コミックスをもう一度はじめから読みかえしたくなる。

真島ヒロ原画展のイベント概要
開催期間:2017-3-22(水)~2017-4-3(月)
時間:10:00-20:00(4月3日は17:00まで)
会場:松屋銀座 8F イベントスクエア
当日入場チケット料金:一般 800円/高校生 600円/小・中学生 400円

誕生50周年記念 リカちゃん展(終了)

松屋銀座8Fのイベントスクエアで開催した誕生50周年記念 リカちゃん展の入口

誕生50周年記念 リカちゃん展の入口

リカちゃん展は、タカラトミーの着せ替え人形「リカちゃん」が、1967年に誕生して50年をむかえたことを記念して開催した催事。

500体を超えるリカちゃん・リカちゃんファミリー・ボーイフレンドのドールをはじめ、リカちゃんハウスや家具などオプションまで展示した。

常に最新のファッションに身をつつむリカちゃんを、時代の流れに沿って鑑賞すると、その時々に流行したファッションの移り変わりまでたどれる。

リカちゃん展のイベント概要
開催期間:2017-3-22(水)~2017-4-3(月)
会場:松屋銀座 8F イベントスクエア
当日入場チケット料金:一般 1,000円/高校生 700円/中学生 500円/小学生 300円

新海誠監督作品「君の名は。」展(終了)

松屋銀座8Fのイベントスクエアで開催した新海誠監督作品「君の名は。」展の看板

新海誠監督作品「君の名は。」展の看板

「君の名は。」展は、2016年8月に公開した新海誠監督のアニメ映画「君の名は。」の展覧会。

各所で関連イベントを開催し、池袋パルコのイベントとして2017年4月26日(水)〜5月24日(水)まで「君の名は。カフェ@池袋パルコ」がオープンしたり、国立新美術館のイベントとして2017年11月11日(土)~12月18日(月)まで新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」までを開催した。

新海誠監督作品「君の名は。」展の壁に展示していた新海誠 これまでの作品紹介

新海誠 これまでの作品紹介のパネル

会場には、絵コンテやキャラクター設定、企画書など約300点を展示。
「君の名は。」をどのように制作したか、裏側をのぞき見るかのよう。

映画の舞台になった糸守の風景カットがならぶコーナーや、ラッドウィンプスによる主題歌4曲を視聴できるコーナーがあるなど、展示の種類が豊富で、単なる展覧会の枠を超えて「君の名は。」の世界に入り込める。

新海誠監督作品「君の名は。」展のイベント概要
開催期間:2017-3-8(水)~2017-3-20(月)
会場:松屋銀座 8F イベントスクエア
当日入場チケット料金:一般 700円/高校生 500円/中学生 400円/小学生 300円

追悼水木しげる ゲゲゲの人生展(終了)

松屋銀座8Fのイベントスクエアで開催した追悼水木しげる ゲゲゲの人生展の会場前にあった看板

追悼水木しげる ゲゲゲの人生展の会場前にあった看板

ゲゲゲの人生展は、2015年11月に亡くなった漫画家 水木しげるさんの回顧展。

第1章〜エピローグまで6章で構成し、少年時代から晩年まで、水木しげるさんの人生を振り返るような展覧会。

ゲゲゲの鬼太郎をはじめとするマンガの原稿を展示したり、水木しげるさんの書斎や自宅にあった妖怪ギャラリーを会場に再現したり、妻・武良布枝さんのインタビュー映像を上映するなど、盛りだくさん。

水木しげるさんの書斎は、マンガを描く水木しげるさんや、練り歩く妖怪を映像で投映していてコミカル。
妖怪ギャラリーはお化け屋敷さながらで、こんなものが自宅にあったのかとおどろく。

武良布枝さんのインタビュー映像を見た後は、NHKのドラマ「ゲゲゲの女房」を見たくなる。
ゲゲゲの女房では、水木しげるさんを俳優の向井理さんが、武良布枝さんを女優の松下奈緒さんが演じた。

追悼水木しげる ゲゲゲの人生展のイベント概要
開催期間:2017-3-8(水)~2017-3-20(月)
時間:10:00-20:00(3月20日は17:00まで)
会場:松屋銀座 8F イベントスクエア
当日入場チケット料金:一般 1,000円/高校生 700円/中学生 500円/小学生 300円

松屋銀座のデザインコレクション

松屋銀座7Fにあるデザインコレクションの店内

デザインコレクションの店内

デザインコレクションは、松屋銀座7Fにあるセレクトショップ。
1955年にオープンして、2011年8月にリニューアルした。

リニューアルオープンにあわせて、プロダクトデザイナー・深澤直人さんが、全体構想を担当。

深澤直人さんは、東京ミッドタウンにあるデザイン施設「21_21 DESIGN SIGHT」のディレクターをつとめ、同じく21_21 DESIGN SIGHTのディレクター 佐藤卓さんが、デザインコレクション内のグラフィック表記を担当している。

販売しているのは、インテリア・ステーショナリー・キッチン雑貨・おもちゃなど。

日本デザインコミッティーのメンバーが、世界中から厳選した商品だけがならび、大切な人への間違いないギフトを探しに来られる。

デザインギャラリー1953

松屋銀座7Fにあるデザインコレクションに併設しているデザインギャラリー1953の入口

デザインギャラリー1953の入口

デザインギャラリー1953は、デザインコレクションに併設しているギャラリー。
1964年にオープンしたが、名前に1953がついているのは、国際デザインコミッティーを設立した1953年にちなんでいる。

ギャラリー内では、1年に10前後の企画展を開催するので、松屋銀座に来るたびに足を運びたい。

直近のイベントとして、2018年11月7日(水)~12月25日(火)まで「クリスマスギフトステーション」を開催中。

松屋銀座の行き方・アクセス

銀座中央通りに面した松屋銀座のエントランス

銀座中央通りに面した松屋銀座のエントランス

松屋銀座は、休日は歩行者天国になる銀座中央通り沿いにある。
ならびに銀座三越があるので、目印になる。

松屋銀座の基本情報
住所:東京都中央区銀座3-6-1
電話番号:03-3567-1211
公式ウェブサイト:松屋銀座 公式サイト
営業時間 10:00-20:00
最寄り駅からのアクセス:東京メトロ「銀座駅」A12出口直結/東京メトロ「銀座一丁目駅」9出口から徒歩約3分/東京メトロ「東銀座駅」A8出口から徒歩約3分/JR「有楽町駅」から徒歩約8分

松屋銀座の周辺スポット

松屋銀座がある中央通り沿いには、銀座三越や銀座プレイス、2017年4月にオープンしたギンザシックスがあるなど、銀ぶらのためにあるような立地。

せっかくなら、銀座の観光スポットをめぐりたい。

銀座三越

銀座4丁目交差点から見た銀座三越の建物

銀座三越の建物

銀座中央通りを銀座4丁目交差点に向かって3分ぐらい歩くと、松屋銀座と同じく老舗百貨店の銀座三越がある。

銀座三越の催事・イベントは、9Fの銀座テラスや、7Fの催事場で行う。

銀座プレイス

銀座4丁目交差点から見た銀座プレイスの建物

銀座プレイスの建物

銀座三越の晴海通りをはさんで向かいに銀座プレイスがある。

銀座プレイスのイベントは、6Fのソニーイメージングギャラリーで、写真展や映像展を代わる代わる開催する。

ギンザシックス

ギンザシックスの外観

ギンザシックスの外観

中央通りを新橋駅方面に7分ぐらい歩くと、2017年4月20日(木)にオープンしたギンザシックスが左に見えてくる。

ギンザシックスは、総勢241ブランドのテナントが出店する銀座エリア最大の商業施設。

歌舞伎座

正面から見た歌舞伎座と歌舞伎座タワー

歌舞伎座と歌舞伎座タワー

晴海通りを東銀座駅方面に歩くと、東銀座駅と歌舞伎座が直結している。
松屋銀座から徒歩7分ぐらい。

歌舞伎座の見学スポットとして、5Fの見学コース 歌舞伎座ギャラリーや屋上庭園、4Fの回廊・想い出の歌舞伎座がある。

築地本願寺

築地本願寺の本堂の外観

築地本願寺の本堂

歌舞伎座を通り過ぎ、晴海通りを築地市場に向かって歩くと、築地本願寺が左に見えてくる。
松屋銀座から歩いて12分ぐらい。

築地本願寺の観光見学スポットは、古代インド仏教様式のお寺らしからぬ建物に加え、ステンドグラスや本堂内の動物像たち。

東急プラザ銀座

数寄屋橋交差点から見た東急プラザ銀座の建物

東急プラザ銀座の建物

晴海通りを右折して、数寄屋橋交差点に向かって7分ぐらい歩くと、左に東急プラザ銀座がある。

東急プラザ銀座のイベントは、1~3Fにある三菱電機のイベントスペース メトア銀座や、6Fのキリコラウンジで行う。

銀座ソニーパーク(旧銀座ソニービル)

銀座ソニーパークの外観

銀座ソニーパークの外観

東急プラザ銀座の向かいに銀座ソニービルがあったが、2017年3月31日(金)で閉館してビルを解体。

2018年8月9日(木)、跡地に銀座ソニーパークがオープンした。

東京交通会館

ピロティ側から見た東京交通会館

東京交通会館の入口

JR有楽町駅まで8分ぐらい歩くと、京橋口の前に東京交通会館がある。

東京交通会館のアンテナショップは、北は北海道から南は九州まで14店舗集まり、日本各地の名物を試食したり、足湯につかったりできる。




2018年12月15日 開催中のイベント
ギンザシックス クリスマス Fantastic Gift「冬の王国」と「夏の王国」の物語で吹き抜けに展示していたニコラ・ビュフさんによる巨大な光るぞう

ギンザシックス

ギンザシックス クリスマス Fantastic Gift「冬の王国」と「夏の王国」の物語

11/12(月)~12/25(火)

けやき坂 冬のイルミネーションの「SNOW&BLUE」

六本木ヒルズ

六本木ヒルズクリスマス

11/5(月)〜12/25(火)

ミッドタウンクリスマスで芝生広場に点灯したスターライトガーデン

東京ミッドタウン

ミッドタウンクリスマス

11/13(火)〜12/25(火)

表参道ヒルズクリスマス with パナソニックビューティのクリスマスツリー

表参道ヒルズ

表参道ヒルズクリスマス

11/7(水)〜12/25(火)

丸ビル1Fのマルキューブに展示していた丸の内ブライトクリスマス 北欧から届いたクリスマス with Yumingのメインツリー

丸ビル

丸の内ブライトクリスマス

11/8(木)〜12/25(火)

代々木公園のケヤキ並木で開催した青の洞窟 SHIBUYAの会場内

代々木公園

青の洞窟 SHIBUYA

11/30(金)〜12/31(月)

目黒川沿いで開催した目黒川みんなのイルミネーションの会場内

目黒川

目黒川みんなのイルミネーション

11/9(⾦)~1/6(日)

サンシャイン水族館の特別展会場で開催していた化ケモノ展の入口

サンシャインシティ

化ケモノ展

6/28(木)~2/11(月)

東京ミッドタウン日比谷で開催した「HIBIYA Magic Time Illumination」のスターライトツリー

東京ミッドタウン日比谷

HIBIYA Magic Time Illumination

11/14(水)〜2/14(木)

タカシマヤ タイムズスクエアに展示していた西村公一さんによるハートをモチーフにしたオブジェ「LOVE SHINJUKU」

新宿高島屋

新宿ミナミルミ

11/14(水)〜2/14(木)

カレッタ汐留で開催したカレッタイルミネーション2018 ディズニーMovieNEX プリンセスイルミネーションの会場内

カレッタ汐留

カレッタイルミネーション2018

11/15(木)〜2/14(木)

東京ドームシティウィンターイルミネーション 江戸の粋 日本の華の会場内

東京ドームシティ

東京ドームシティウィンターイルミネーション 江戸の粋 日本の華

11/7(水)~2/17(日)

丸の内仲通りで点灯していた丸の内イルミネーション

丸ビル

丸の内イルミネーション

11/8(木)~2/17(日)

東急プラザ表参道原宿の屋上 おもはらの森に点灯したOMOHARA illumination(オモハライルミネーション)

東急プラザ表参道原宿

オモハライルミネーション

11/15(木)〜2/28(木)

「恵比寿ガーデンプレイス ウィンターイルミネーション」でセンター広場に展示していたバカラのシャンデリア

恵比寿ガーデンプレイス

恵比寿ガーデンプレイス クリスマスイルミネーション

11/3(土)~2/28(木)

東京タワーの正面玄関前で開催した「東京タワーウィンターファンタジー オレンジ・イルミネーション」の会場内

東京タワー

東京タワーウィンターファンタジー オレンジ・イルミネーション

11/2(金)~2/28(木)

ヴィーナスフォート イルミネーション Thankful HEARTのサンクフル ハート ファウンテン

お台場パレットタウン

ヴィーナスフォート イルミネーション Thankful HEART

11/2(金)~3月中旬

2018年12月15日 開催中の展覧会
国立新美術館のエントランスに掲示していた「ピエール・ボナール展」の看板

国立新美術館

ピエール・ボナール展

9/26(水)~12/17(月)

国立西洋美術館の正門に掲示していた「ルーベンス展 バロックの誕生」の看板

国立西洋美術館

ルーベンス展 バロックの誕生

10/16(火)~1/20(日)

東京都美術館の正門前に掲示していた「ムンク展 共鳴する魂の叫び」の巨大ポスター

東京都美術館

ムンク展 共鳴する魂の叫び

10/27(土)~1/20(日)

上野の森美術館のエントランス前に掲示していたフェルメール展の巨大ポスター

上野の森美術館

フェルメール展

10/5(金)~2/3(日)

国立科学博物館のエントランス付近に掲示していた特別展「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」の看板

国立科学博物館

日本を変えた千の技術博

10/30(火)~3/3(日)

11エリア
六本木通りにあるROPPONGIという文字の看板

六本木6スポット

アートの街、六本木。国立新美術館をはじめ、アート施設が点在する。

歩道橋の上から見た表参道の並木道

表参道・原宿9スポット

おしゃれの発信地、表参道。通り沿いに商業施設や高級ブティックがならぶ。

渋谷駅のハチ公口にあるハチ公像

渋谷6スポット

若者の街のイメージが根強い渋谷だが、奥渋谷や神南は大人が知的に楽しめる。

代官山アドレスの前にあるオブジェ

代官山4スポット

渋谷からすこし離れただけなのに、落ち着きとハイセンスが混ざりあう代官山。

恵比寿駅の西口にある恵比寿像

恵比寿・目黒5スポット

恵比寿は、ヱビスビールにゆかりがあり、ビールとのつながりが深い街。

銀座4丁目交差点から見た銀座和光の時計塔

銀座9スポット

銀座は、銀ぶらという言葉のとおり、ぶらぶらウィンドウショッピングできる。

丸の内仲通りの通路と樹木

丸の内・日比谷5スポット

赤レンガの東京駅を商業ビルがかこみ、古さと新しさが融合する丸の内。

日本橋の橋の途中にある麒麟の像

日本橋3スポット

日本橋は、古くからの建物が残り、江戸情緒あふれる商人や職人の城下町。

上野公園にある西郷隆盛像

上野6スポット

上野には、国立西洋美術館や東京国立博物館など、美術館や博物館が集まる。

お台場海浜公園から見たレインボーブリッジ

お台場9スポット

お台場は、東京では希少な海と砂浜をのぞめるウォーターフロントの観光地。

JR池袋駅の北改札の近くにあるいけふくろうの像

池袋4スポット

CMソングのとおり、東口に西武、西口に東武がある不思議な池袋。