デックス東京ビーチの今日のイベント情報とデートスポット7選

 
シーサイドデッキから見たデックス東京ビーチ

2016年に開業20周年をむかえたデックス東京ビーチは、ウォーターフロントのお台場らしく、船をモチーフにしたショッピングモール。

晴れた日は、東京湾やレインボーブリッジをながめながら、船の甲板の上を歩くようにシーサイドデッキを散歩すると、海からの風が気持ちいい。

館内には、東京ジョイポリスやマダム・タッソー東京、レゴランド・ディスカバリー・センター東京に東京トリックアート迷宮館など、雨の日でもめいいっぱい遊べる屋内デートスポットが集合。

イベントは、シーサイドモール3Fのデックス広場や東京ジョイポリスで開催。
日没後から24:00まで、お台場イルミネーション“YAKEI”を毎日点灯し、3Fのシーサイドデッキからきらびやかな夜景を鑑賞できる。

スポンサーリンク






  

デックス東京ビーチの今日のイベント情報

デックス東京ビーチ3Fのデックス広場で開催した「わくわくキッズフェア」の会場

わくわくキッズフェアの会場

2018年8月14日(火)~9月21日(金)まで、3Fのデックス広場で「わくわくキッズフェア」を開催。
映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険の公開を記念し、映画紹介コーナーやフォトスポットを設置。
足で弾くタップピアノの演奏にチャレンジできる。

2018年7月18日(水)~10月14日(日)まで、シーサイドモール3Fの東京ジョイポリスで「A.B.C-Z 5stars CIRCUS in JOYPOLIS」を開催。
1st Floorのメインステージで「Za ABC~5stars~」と「JOYしたいキモチ」のプレミアムデジタルライブを上演し、2種類のライブ衣装を展示する衣装展を行っている。

2018年7月26日(木)~10月21日(日)まで、シーサイドモール3Fの東京ジョイポリスで「東京喰種トーキョーグール:re × JOYPOLIS ジョイポリス区 CCG潜入作戦」を開催。
イベントの開催にあわせて、新アトラクション「東京喰種トーキョーグール:re 喰種犯罪対策セミナー ジョイポリス区の罠」が、3rd Floorにオープンした。

デックス東京ビーチの今後のイベント予定

2018年9月22日(土)〜10月31日(水)まで「ハッピーハロウィン ジョイポリス」を開催。
仮装して来場すると、入場料金やパスポートが300円割引になる「仮装割」を行う。

2018年10月19日(金)~27日(土)まで、デックス東京ビーチとアクアシティお台場の飲食店40店舗で「お台場シーサイドバル」を開催。
WEB割引チケット 税込み3,000円(当日チケット 税込み3,500円)で、最大4,200円相当のお台場のグルメと夜景をめぐる、ハロウィンの特別企画。

2018年10月22日(月)~12月16日(日)まで「ときめきレストラン☆☆☆feat.JOYPOLIS SPECIAL YELL!」を開催。
恋愛ソーシャルアプリ・ときレスとジョイポリスのコラボイベント。

デックス東京ビーチの過去の代表的なイベント

デックス東京ビーチ×ぐでたま ぐでっとイースターのフォトスポット

デックス東京ビーチ×ぐでたま ぐでっとイースターのフォトスポット

2018年3月24日(土)〜5月6日(日)まで「デックス東京ビーチ×ぐでたま ぐでっとイースター」を開催。
イースターエッグに扮するサンリオのキャラクター「ぐでたま」とコラボし、3Fのデックス広場に巨大ぐでたまのフォトスポットを設置。
館内の飲食店24店舗でコラボメニューを提供した。

2018年1月11日(木)~4月8日(日)まで、シーサイドモール4Fのお化け屋敷 台場怪奇学校で「伊藤潤二コレクション×台場怪奇学校」を開催。
テレビアニメ伊藤潤二「コレクション」の登場人物「富江」が館内に出現した。

デックス東京ビーチの東京ジョイポリスで開催した「デジタリアルイルミネーション」のツリー

デジタリアルイルミネーションのツリー

2017年11月15日(水)~2018年2月14日(水)まで、東京ジョイポリスで「デジタリアルイルミネーション」を開催。
デジタルとリアルが融合し、館内にツリーを設置したりライティング装飾を点灯した。

2017年11月16日(木)~12月25日(月)まで「デックス×ピングー ラヴァーズクリスマス」を開催。
3Fのデックス広場に、ピングーのクリスマススノードームを設置した。

2017年7月14日(金)〜8月31日(木)まで「デックス東京ビーチ×LINEブラウンファーム 夏休み!お台場ブラウンファーム」を開催。
3Fのデックス広場に、ブラウンの巨大ぬいぐるみを設置した。

2017年3月29日(水)〜5月7日(日)まで「デックス東京ビーチ×レゴ®バットマン ザ・ムービー レゴ®バットマンGO!!GO!!フェスタ」を開催した。

デックス東京ビーチのデックス広場に登場したポムポムプリンのキラキラツリー広場

デックス広場に登場したポムポムプリンのキラキラツリー広場

2016年11月15日(火)~12月25日(日)まで「デックス×ポムポムプリン 20th Anniversary キラキラクリスマスパーティー」を開催。
開業20周年のデックス東京ビーチと、誕生20周年のポムポムプリンがコラボし、3Fのデックス広場にポムポムプリンのぬいぐるみを積み重ねてつくった「ポムポムプリンツリー」が登場した。

デックス×ピングー ラヴァーズクリスマス(終了)

「デックス×ピングー ラヴァーズクリスマス」でデックス東京ビーチのシーサイドモール3Fに設置していた「ピングーのクリスマススノードーム」

デックス東京ビーチのシーサイドモール3Fに設置していた「ピングーのクリスマススノードーム」

デックス×ピングー ラヴァーズクリスマスは、ペンギンのピングーとデックス東京ビーチのコラボで開催したクリスマスイベント。

ピングーは、1980年代にストップモーションアニメとして誕生。
2017年10月7日(土)にNHKのEテレで、新シリーズを放送開始した。

新シリーズは、3Dコンピュータグラフィックス作品だが、元々の人形の質感を残し、レトロな雰囲気がただよう。

3Fのシーサイドデッキでは、ピングーバージョンのお台場イルミネーション“YAKEI”と、イリュージョンドームを鑑賞でき、南極に住むピングーとのコラボは、冬にぴったり。

シーサイドモール3Fのデックス広場には、人が中に入れるほど巨大なピングーのクリスマススノードームを設置。
12月23日(土)・24日(日)の2日間だけ、実際にスノードームの中に入って記念撮影できる。

デックス×ピングー ラヴァーズクリスマスのイベント概要
開催期間:2017-11-16(木)~2017-12-25(月)
会場:デックス東京ビーチ各所
観覧料金:無料

デックス東京ビーチ×LINEブラウンファーム 夏休み!お台場ブラウンファーム(終了)

デックス東京ビーチの3Fシーサイドデッキにあるデックス東京ビーチ×LINEブラウンファーム 夏休み!お台場ブラウンファームのフォトスポット

デックス東京ビーチ×LINEブラウンファーム 夏休み!お台場ブラウンファームのフォトスポット

LINEの農場ゲーム「LINEブラウンファーム」とのコラボイベント。

3Fのシーサイドデッキでは、お台場イルミネーション”YAKEI”とイリュージョンドームが、LINEブラウンファームバージョンに変化し、ブラウンとブラウンおじさんのハート型フォトスポットを設置。
夏休みらしいほのぼのとしたイルミネーション。

デックス東京ビーチのシーサイドモール3Fにあるデックス広場に置かれていたブラウンの巨大ぬいぐるみ

デックス広場に置かれていたブラウンの巨大ぬいぐるみ

シーサイドモール3Fのデックス広場には、ブラウンの巨大ぬいぐるみが置かれ、しがみつきたくなるモフモフ感。

夏休み!お台場ブラウンファームのイベント概要
開催期間:2017-7-14(金)〜2017-8-31(木)
会場:デックス東京ビーチ各所

デックス東京ビーチ×レゴ®バットマン ザ・ムービー レゴ®バットマンGO!!GO!!フェスタ(終了)

シーサイドモール3Fのデックス広場にあったデックス東京ビーチ×レゴ®バットマン ザ・ムービー レゴ®バットマンGO!!GO!!フェスタのフォトスポット

デックス東京ビーチ×レゴ®バットマン ザ・ムービー レゴ®バットマンGO!!GO!!フェスタのフォトスポット

映画「レゴ®バットマン ザ・ムービー」が、2017年4月1日(土)に公開したことを記念して開催したイベント。

シーサイドモール3Fのデックス広場に、バットマンのワンシーンを再現したレゴ作品を展示し、レゴアート展さながら。

デックス東京ビーチ3Fのシーサイドデッキに設置していたレゴ®バットマンバージョンのハート型フォトスポット

レゴ®バットマンバージョンのハート型フォトスポット

3Fのシーサイドデッキにあるハート型のフォトスポットの中心に、レゴ®バットマンを設置し、お台場イルミネーション”YAKEI”が、レゴ®バットマン ザ・ムービーバージョンに変化した。

アイランドモール3Fのレゴランド・ディスカバリー・センター東京は、映画「レゴ®バットマン ザ・ムービー」の半券を提示すると、入場料金が400円割引になるので、映画を観たらその足ではしごしたい。

レゴ®バットマンGO!!GO!!フェスタのイベント概要
開催期間:2017-3-29(水)〜2017-5-7(日)
会場:デックス東京ビーチ 3F シーサイドデッキ・デックス広場

デックス東京ビーチのデートスポット7選

デックス東京ビーチのシーサイドモールとアイランドモールそれぞれの入口

シーサイドモールとアイランドモールの入口

デックス東京ビーチは、東京湾側のシーサイドモール、ゆりかもめ側のアイランドモール、2つの建物で構成され、それぞれ6階建て。

おすすめのデートスポットは7カ所。
シーサイドモールには、3Fに東京ジョイポリス、4Fに台場一丁目商店街があり、商店街内に東京トリックアート迷宮館・お化け屋敷 台場怪奇学校・お台場たこ焼きミュージアムがある。

アイランドモール3Fには、マダム・タッソー東京とレゴランド・ディスカバリー・センター東京がとなりあう。

デックス東京ビーチのアイランドモール5FにあるBravePoint台場店の入口

アイランドモール5FにあるBravePoint台場店の入口

2017年7月には、プロジェクションマッピングを駆使したインドアサバイバルゲームフィールド「ブレイブポイント台場店」と、キッズプレイグラウンド「あそびパーク」が、アイランドモール5Fにオープン。
大人から子供まで、室内でとことん遊べる。

デックス東京ビーチのシーサイドモール3Fにあるbills お台場

シーサイドモール3Fにあるbills お台場

シーサイドモール5〜6Fがレストラン街になっているほか、シーサイドモール3Fに世界一の朝食として名を馳せるビルズがあるなど、館内でランチやディナーまで完結できるのがうれしい。

シーサイドモール5Fのオーシャンクラブビュッフェは、豪華客船のような店内で食事を楽しめるビュッフェレストラン。レストランまでエンターテインメントにあふれている。

東京ジョイポリス

デックス東京ビーチのシーサイドモール3Fにある東京ジョイポリスのチケット売り場

東京ジョイポリスのチケット売り場

東京ジョイポリスは、セガが運営する屋内遊園地。
1996年にオープンして、2012年7月にリニューアルし、2016年で20周年をむかえた。

池袋サンシャインシティのデートスポット ナンジャタウンとは遊好姉妹都市の関係。

館内には、3フロアに約20種類の常設アトラクションがあることに加え、コラボイベントが短期間で入れ替わるので、何度来ても新鮮な気持ちで遊べる。

デックス東京ビーチ内 東京ジョイポリスの1stフロアにあるハーフパイプトーキョー

東京ジョイポリスの1stフロアにあるハーフパイプトーキョー

定番の人気アトラクションは、1stフロアのハーフパイプトーキョー。
2人で1枚の板の上に乗り、本物のハーフパイプのような半円のレールの上で、体重移動によって乗っている板がまわったり、スピードが速くなったり、スリルと爽快感を同時にあじわえる。

デックス東京ビーチ内 東京ジョイポリスの3rdフロアにあるワイルドリバーとワイルドジャングルの入口

東京ジョイポリスの3rdフロアにあるワイルドリバーとワイルドジャングルの入口

激流下りができるワイルドリバー、ジャングルツアーができるワイルドジャングル、空の旅ができるワイルドウィングなど、室内だけど映像を駆使した乗り物アトラクションがたくさん。

ショーが行われる東京ジョイポリス 1stフロアのメインステージ

ショーが行われる1stフロアのメインステージ

VRのお化け屋敷があったり、プロジェクションマッピングのショーが行われるのは、屋内遊園地ならでは。

誕生日当日は、パスポートが無料になるので、誰かの誕生日が来るたびに、身分証明書を持って訪れたい。

東京ジョイポリスの施設情報
営業時間:10:00-22:00(最終入場は21:15まで)
場所:デックス東京ビーチ シーサイドモール3F〜5F
電話番号:03-5500-1801
入場チケット料金:18歳以上 800円/小・中・高校生 500円
パスポート料金:18歳以上 4,300円/小・中・高校生 3,300円
ナイトパスポート(平日17:00〜/土曜・日曜・祝日16:00〜)料金:18歳以上 3,300円/小・中・高校生 2,300円

台場一丁目商店街

デックス東京ビーチのシーサイドモール4Fにある台場一丁目商店街のアーチ

台場一丁目商店街のアーチ

台場一丁目商店街は、昭和30年代の街並みを再現している商店街。

昭和にタイムスリップしたかのようなフロアには、昔ながらの駄菓子屋や、レトロゲームができるゲームセンター、お化け屋敷の台場怪奇学校、昭和にちなんだ商品を販売するお土産屋さんなど、20店舗前後がひしめきあう。

2017年4月にフロアをリニューアルし、東京トリックアート迷宮館が移転してきていたり、複数の店舗がリニューアルオープンしているので、行ったことがあっても、あらためて足を運びたい。

かつて、学校の教室を再現した店内で、あげパンなど給食メニューを提供する「北野パン」があったが、錦糸町に移転した。
北野パンの跡地に、お台場たこ焼きミュージアムがオープンしている。

デックス東京ビーチ内 台場一丁目商店街にある一丁目プレイランドの店内

一丁目プレイランドの店内

レトロゲームは、一丁目プレイランドに100台以上のゲームがあり、10円ゲームやインベーダー、テーブルゲームが置かれている。
まるでゲームの博物館のようで、プレイしなくても、ながめているだけでおもしろい。

台場一丁目商店街の施設情報
営業時間:11:00-21:00
場所:デックス東京ビーチ シーサイドモール4F
入場料金:無料

東京トリックアート迷宮館

デックス東京ビーチの台場一丁目商店街にある東京トリックアート迷宮館の入口

東京トリックアート迷宮館の入口

東京トリックアート迷宮館は、目の錯覚を利用したさまざまなトリックアートを展示している美術館。
ただ作品を鑑賞するだけでも楽しいが、錯覚を利用したおもしろ写真をたくさん撮影できるので、忘れずにカメラを持っていきたい。

かつてデックス東京ビーチのアイランドモール4Fにあった東京トリックアート迷宮館の入口

かつてアイランドモール4Fにあった東京トリックアート迷宮館の入口

かつてアイランドモール4Fにあったが、2017年4月7日(金)にシーサイドモール4Fの台場一丁目商店街に移転してリニューアルオープン。

展示がほとんど入れ替わり、エリアを拡大しているので、生まれ変わった東京トリックアート迷宮館を見に行きたい。

東京トリックアート迷宮館の施設情報
営業時間:11:00-21:00(最終入館は20:30まで)
場所:デックス東京ビーチ シーサイドモール4F 台場一丁目商店街内
電話番号:03-3599-5191
入場料金:高校生以上 1,000円/4歳〜中学生 600円/3歳以下 無料

お化け屋敷 台場怪奇学校

デックス東京ビーチの台場一丁目商店街内にあるお化け屋敷 台場怪奇学校の外観

お化け屋敷 台場怪奇学校の外観

台場怪奇学校は、台場一丁目商店街の奥にあるお化け屋敷。
もともと台場怪奇屋敷という名前だったが、2006年11月に台場怪奇学校としてリニューアルオープン。
ホラープランナーの齊藤ゾンビさんがプロデュースしている。

2016年10月に中国の上海に分校を開校し、2017年3月30日(木)に名古屋の金城ふ頭に分校を開校したなど、勢力を広めている。

館内は、グループごとに歩いて進むウォークスルー型のお化け屋敷で、40年以上前に事件や事故が立て続けに起きて廃校になった小学校が舞台。

入口で手渡される懐中電灯をカップルでにぎれば、自然に手をつなげて距離が縮まるデートスポット。

台場怪奇学校の施設情報
営業時間:11:00-21:00(最終入場は20:45まで)
場所:デックス東京ビーチ シーサイドモール4F 台場一丁目商店街内
電話番号:03-3599-1664
入場料金:税込み800円

お台場たこ焼きミュージアム

デックス東京ビーチのシーサイドモール4Fにあるお台場たこ焼きミュージアムの看板

お台場たこ焼きミュージアムの看板

お台場たこ焼きミュージアムは、たこ焼きの本場 大阪の名店が集まるフードコート。

フードコート内に、天王寺アベノタコヤキやまちゃん・芋蛸・たこ焼十八番・たこやきの元祖本家会津屋・たこ家道頓堀くくる、5店舗が軒を連ねる。

2011年11月にオープンし、2018年3月20日(火)にリニューアルオープン。
リニューアルキャンペーンとして、2018年5月6日(日)までオクトーバーフェストならぬオクトパスフェストを開催した。

お台場たこ焼きミュージアムに併設しているまるごと大阪!いちびり庵

まるごと大阪!いちびり庵の店頭

「まるごと大阪!いちびり庵」を併設し、たこ焼き器・たこ焼きソース・たこ焼きラムネ・たこ焼きようかんなど、何でもかんでもたこ焼きをモチーフにしたおもしろグッズを販売している。

エリア内にたこ焼きの歴史を紹介するパネルを展示し、多幸八喜恵美寿神社があるなど、たこ焼きづくしのフードテーマパーク。

デートの途中で、ちょっと小腹が空いたら立ち寄りたい。

お台場たこ焼きミュージアムの施設情報
営業時間:11:00-22:00(ラストオーダーは21:30まで)
場所:デックス東京ビーチ シーサイドモール4F 台場一丁目商店街内
電話番号:03-3599-6500
入場料金:無料

マダム・タッソー東京

デックス東京ビーチのアイランドモール3Fのマダム・タッソー東京のエントランスに展示しているマドンナの蝋人形

マダム・タッソー東京のエントランスに展示しているマドンナの蝋人形

マダム・タッソー東京は、アイランドモール3Fにある蝋人形館。
1835年にロンドンで開業し、世界で14番目の常設施設として、2013年3月にデックス東京ビーチにオープンした。

2013年3月より前にデックス東京ビーチにあったことがあるが、そのときは期間限定の出店。

マダム・タッソー東京に展示しているマツコ・デラックスさんの蝋人形

マツコ・デラックスさんの蝋人形

館内には、マイケルジャクソンやレディガガなど、世界的なスターをはじめ、マツコ・デラックスさんや壇蜜さん、羽生結弦さんに渡辺麻友さんなど、日本の有名人やスポーツ選手、アイドルまで、等身大のリアルな蝋人形を60体以上展示。
間近でじっくりながめるほど、そのリアルさにおどろかされる。

蝋人形だけでなく舞台セットまで凝っていて、上手に写真を撮ると、名場面のワンシーンに自分が登場人物のひとりとして参加しているかのよう。

マダム・タッソー東京の前にあった五郎丸歩選手の等身大フィギュア登場のポスター

五郎丸歩選手の等身大フィギュア登場のポスター

2016年11月25日(金)からラグビー選手・五郎丸歩さんの蝋人形を常設展示し、キックの前の五郎丸ポーズを、試合中のような臨場感あふれる超至近距離で見学できる。

マダム・タッソー東京の前にある忌野清志郎さんの等身大フィギュア登場のポスター

忌野清志郎さんの等身大フィギュア登場のポスター

2017年4月2日(日)から2009年に亡くなったミュージシャン・忌野清志郎さんの等身大フィギュアを展示。
ピンクの花柄のスーツに身をつつみ、世界中のスターが集まる中でも、ひときわ存在感がある。

館内にお土産ショップを併設しているので、ユニークなお土産を選びたい。

マダム・タッソー東京の施設情報
平日 営業時間:11:00-20:00(最終入場は19:00まで)
土曜・日曜・祝日 営業時間:10:00-20:00(最終入場は19:00まで)
場所:デックス東京ビーチ アイランドモール3F
電話番号:03-3599-5231
当日チケット料金:2,300円

レゴランド・ディスカバリー・センター東京

デックス東京ビーチのアイランドモール3Fにあるレゴランド・ディスカバリー・センター東京の入口

レゴランド・ディスカバリー・センター東京の入口

レゴランド・ディスカバリー・センター東京は、300万個以上のレゴブロックでかざられているレゴのテーマパーク。
3〜10歳の子供がメインターゲットで、所要時間は2〜3時間。

館内には、10種類以上の常設アトラクションがあることに加え、ショップとカフェを併設し、マスター・ビルダーによるワークショップを行っている。

2018年3月9日(金)に、レゴで再現した恐竜の島を探検するアトラクション「ダイノ・エクスプローラー 探検!恐竜王国!」がオープンした。

レゴを組み立てるだけでなく、3D映像のシーンにあわせて風や水しぶきの演出がある4Dシネマを上映していたり、シューティングライドアトラクションのキングダムクエストがあるなど、遊園地顔負け。

東京の名所がレゴで再現しているジオラマのミニランドは、大人が見てもアート鑑賞しているかのようにおもしろい。
ミニチュアの街をながめていると、怪獣になったつもりで建物を破壊したい衝動にかられる。

レゴランド・ディスカバリー・センター東京のエントランス付近にあるPick A Brickショップ

Pick A Brickショップの店内

エントランス付近にあるPick A Brickショップや、アイランドモール6Fにあるレゴランド・ディスカバリー・センターショップは、レゴランド・ディスカバリー・センター東京に入館しなくても無料で利用できるので、気軽に訪れたい。

レゴランド・ディスカバリー・センター東京の施設情報
平日 営業時間:10:00-20:00(最終入場は18:00まで)
土日 営業時間・祝日:10:00-21:00(最終入場は19:00まで)
場所:デックス東京ビーチ アイランドモール3F
電話番号:03-3599-5168
入場料金(1人で入場):2,500円
入場料金(2人以上で入場):2,400円

デックス東京ビーチの行き方・アクセス

アクアシティお台場との連絡通路から見たデックス東京ビーチの入口

アクアシティお台場との連絡通路から見たデックス東京ビーチの入口

お台場海浜公園駅からデックス東京ビーチに来る場合、北口を出て、通りに沿って台場一丁目交差点の方向に歩くと見えてくる。

東京テレポート駅から来る場合、駅に直結しているテレポートブリッジを歩いてくるのがいい。

また、品川駅や田町駅から出ているレインボーバスに乗ると、通りをはさんで向かいにあるお台場フジテレビまで運んでくれる。

デックス東京ビーチの基本情報
住所:東京都港区台場1-6-1
電話番号:03-3599-6500
ショップ・カフェ営業時間:11:00-21:00
5Fレストラン営業時間:11:00-23:00
6Fレストラン営業時間:11:00-24:00
公式ウェブサイト:デックス東京ビーチ 公式サイト
最寄り駅からのアクセス:ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」から徒歩約2分/りんかい線「東京テレポート駅」から徒歩約5分

デックス東京ビーチの周辺スポット

デッキでつながるアクアシティお台場をはじめ、通りをはさんで向かいにお台場フジテレビがあったり、お台場の観光スポットをはしごしやすい。

お台場海浜公園

お台場海浜公園の砂浜・おだいばビーチ

お台場海浜公園の砂浜・おだいばビーチ

デックス東京ビーチ3Fのシーサイドデッキが、お台場海浜公園のマリンハウス4Fにつながっている。

お台場海浜公園のイベントは、砂浜のおだいばビーチで、ろうそくの火で地上絵をつくる「海の灯まつり」を定期的に開催したり、海上花火大会を不定期に行う。

アクアシティお台場

台場駅の連絡デッキから見たアクアシティお台場の建物

アクアシティお台場の建物

3Fのデッキが、アクアシティお台場につながっている。

アクアシティお台場のデートスポットは、行列ができる有名ラーメン店が集まる東京ラーメン国技館 舞や、子供と一緒に遊べる科学館のソニー・エクスプローラサイエンス、映画館 ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場がある。

お台場フジテレビ

シンボルプロムナード公園のウエストプロムナードから見たお台場フジテレビ本社ビル

お台場フジテレビ本社ビル

通りをはさんで向かいに、球体展望室はちたまがシンボルのお台場フジテレビがある。

お台場フジテレビの観光見学スポットは、7Fの屋上庭園、25Fの球体展望室「はちたま」、24Fのめざまスカイ、5Fのフジテレビギャラリー、1Fのフジテレビモールの5つ。

お台場ダイバーシティ

フェスティバル広場から見たお台場ダイバーシティ東京プラザの建物

お台場ダイバーシティ東京プラザの建物

歩いて11分ぐらいで、お台場ダイバーシティに行ける。

お台場ダイバーシティのイベントは、屋外のフェスティバル広場で、アーティストのミニライブやトークショーを行う。

お台場パレットタウン

お台場パレットタウンのエントランスゲートと大観覧車

お台場パレットタウンのエントランスゲートと大観覧車

15分ぐらい歩くと、お台場パレットタウンに行ける。

お台場パレットタウンのデートスポットは、大観覧車、ショッピングモールのヴィーナスフォート、クルマテーマパークのメガウェブの3つ。

船の科学館

お台場船の科学館本館の建物

お台場船の科学館本館

徒歩約15分で、海洋博物館 船の科学館に行ける。
デックス東京ビーチと同じように、船をモチーフにした本館のモデルは、クイーン・エリザベス2号。

船の科学館の見学スポットとして、南極観測船宗谷の船内や、屋外・別館展示場がある。

日本科学未来館

日本科学未来館の建物

日本科学未来館の建物

歩いて20分ぐらいかかるが、日本科学未来館に行ける。
デックス東京ビーチのとなりにあるアクアシティお台場から無料のシャトルバスが出ているので、利用するとラクにたどり着ける。

日本科学未来館の常設展の見どころとして、3Dプラネタリウム ドームシアターガイアや、地球ディスプレイのジオコスモスがあるほか、ASIMO・オトナロイド・コドモロイドなど、ロボットのデモンストレーションを見学できる。

大江戸温泉物語お台場

大江戸温泉物語お台場の入口

大江戸温泉物語お台場の入口

歩いていくのは25分ぐらいかかって大変だが、大江戸温泉物語お台場まで行ける。

大江戸温泉お台場のデートは、好きな浴衣を選んで、江戸の街を再現した広小路で縁日を楽しんだり、日本庭園の足湯をカップルで散歩できる。

2018年9月21日 開催中のイベント
コレド室町1の日本橋三井ホールで開催したアートアクアリウムに展示していた超・花魁

コレド室町

アートアクアリウム 江戸・金魚の涼&ナイトアクアリウム

7/6(金)~9/24(月)

国立新美術館で開催した「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」に展示していた原画

国立新美術館

荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋

8/24(金)~10/1(月)

渋谷ヒカリエ8Fのd47 MUSEUM47で開催した「あつらえ展 47都道府県のセミオーダーマーケット」の会場内

渋谷ヒカリエ

47あつらえ展 47都道府県のセミオーダーマーケット

8/16(木)〜10/8(月)

サンシャイン水族館の特別展会場で開催していた化ケモノ展の入口

サンシャインシティ

化ケモノ展

6/28(木)~11/25(日)

2018年9月21日 開催中の展覧会
国立西洋美術館の正門前に掲示していた「ミケランジェロと理想の身体」の巨大看板

国立西洋美術館

ミケランジェロと理想の身体

6/19(火)~9/24(月)

国立科学博物館の付近に掲示していた特別展「昆虫」の看板

国立科学博物館

特別展 昆虫

7/13(金)~10/8(月)

東京都美術館の窓に掲示していた「没後50年 藤田嗣治展」の巨大ポスター

東京都美術館

没後50年 藤田嗣治展

7/31(火)~10/8(月)

東京ミッドタウンの21_21 DESIGN SIGHT前に掲示していた「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」のポスター

東京ミッドタウン

AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展

6/29(金)〜10/14(日)

日本科学未来館で開催していた企画展「デザインあ展 in TOKYO」の会場入口

日本科学未来館

デザインあ展 in TOKYO

7/19(木)~10/18(木)

11エリア
六本木通りにあるROPPONGIという文字の看板

六本木6スポット

アートの街、六本木。国立新美術館をはじめ、アート施設が点在する。

歩道橋の上から見た表参道の並木道

表参道・原宿9スポット

おしゃれの発信地、表参道。通り沿いに商業施設や高級ブティックがならぶ。

渋谷駅のハチ公口にあるハチ公像

渋谷6スポット

若者の街のイメージが根強い渋谷だが、奥渋谷や神南は大人が知的に楽しめる。

代官山アドレスの前にあるオブジェ

代官山4スポット

渋谷からすこし離れただけなのに、落ち着きとハイセンスが混ざりあう代官山。

恵比寿駅の西口にある恵比寿像

恵比寿・目黒5スポット

恵比寿は、ヱビスビールにゆかりがあり、ビールとのつながりが深い街。

銀座4丁目交差点から見た銀座和光の時計塔

銀座9スポット

銀座は、銀ぶらという言葉のとおり、ぶらぶらウィンドウショッピングできる。

丸の内仲通りの通路と樹木

丸の内・日比谷5スポット

赤レンガの東京駅を商業ビルがかこみ、古さと新しさが融合する丸の内。

日本橋の橋の途中にある麒麟の像

日本橋3スポット

日本橋は、古くからの建物が残り、江戸情緒あふれる商人や職人の城下町。

上野公園にある西郷隆盛像

上野6スポット

上野には、国立西洋美術館や東京国立博物館など、美術館や博物館が集まる。

お台場海浜公園から見たレインボーブリッジ

お台場9スポット

お台場は、東京では希少な海と砂浜をのぞめるウォーターフロントの観光地。

JR池袋駅の北改札の近くにあるいけふくろうの像

池袋4スポット

CMソングのとおり、東口に西武、西口に東武がある不思議な池袋。