デックス東京ビーチの今日のイベント情報とデートスポット7選

シーサイドデッキから見たデックス東京ビーチ

2016年に開業20周年をむかえたデックス東京ビーチは、ウォーターフロントのお台場らしく、船をモチーフにしたショッピングモール。

晴れた日は、東京湾やレインボーブリッジをながめながら、船の甲板の上を歩くようにシーサイドデッキを散歩すると、海からの風が気持ちいい。

また、東京ジョイポリスやマダム・タッソー東京、レゴランド・ディスカバリー・センター東京に東京トリックアート迷宮館など、雨の日でもめいいっぱい遊べる屋内デートスポットが館内に集まっている。

イベントは、シーサイドモール3Fのデックス広場や東京ジョイポリスで開催されたり、日没後から24:00まで3Fのシーサイドデッキでお台場イルミネーション“YAKEI”が毎日点灯している。

スポンサーリンク







デックス東京ビーチの今日のイベント情報

2017年7月13日(木)〜10月1日(日)まで東京ジョイポリスで「進撃の巨人 attack on titan in JOYPOLIS – Season2」が行われていて、エレンの等身大フィギュアが展示されている。

また、2017年7月20日(木)〜10月22日(日)まで東京ジョイポリスで「超特急 in JOYPOLIS ~特急ジョイポリ号に乗車せよ!~」が開催。
館内のステージでデジタルライブやメイキング映像が上映されていたり、撃音ライブコースターやフォーチュンフォレストなど、アトラクションとのコラボが実施されている。

2017年4月1日(土)~10月29日(日)までシーサイドモール6Fに「デジキューBBQ CAFE」が期間限定でオープンしていて、レインボブリッジをながめながらバーベキューできる。

2017年9月23日(土)〜10月31日(火)まで「ハッピーハロウィンデックス」が開催。
お台場イルミネーション“YAKEI”がハロウィンバージョンに変化していたり、10月1日(日)~31日(火)までアイランドモール4Fに、蟹谷杏さんが仕上げをするハロウィンお化けの巨大壁画が展示される。

2017年7月1日(土)〜12月17日(日)までの期間中、土曜日を中心に、夜のレゴランド・ディスカバリー・センター東京を貸切にして、謎解きイベント「夜のレゴ王国~消えた姫と太陽の謎~」が開催されている。

進撃の巨人 attack on titan in JOYPOLIS – Season2

進撃の巨人 attack on titan in JOYPOLIS - Season2のデザインになっているデックス東京ビーチのシーサイドモール3Fにある東京ジョイポリスのエントランス

進撃の巨人 attack on titan in JOYPOLIS – Season2のデザインになっている東京ジョイポリスのエントランス

TVアニメ「進撃の巨人」と東京ジョイポリスのコラボイベント。
館内に等身大フィギュアが登場していたり、館内回遊型の謎解きイベント「進撃の巨人 体感型ゲーム 解 ~技術都市奪還作戦~」が行われている。

等身大フィギュアは、主人公のエレン。
躍動感あふれるポーズで、細部まで精密につくられているので、正面から背後までじっくりながめたい。

2017年7月12日(水)までツイッターキャンペーンが開催されて「#進撃のジョイポリ」と「#プレキャン」の2つのハッシュタグを付けて、エレン・ミカサ・リヴァイ・エルヴィンの4人の候補から1人の名前と選んだ理由をつぶやくと、抽選で声優のサイン入りオリジナルグッズがもらえる。

東京スカイツリーのイベントとして、2017年4月10日(月)~7月14日(金)まで「進撃の巨塔 attack on SKYTREE」が開催されたので、先にスカイツリーに行くと予習になる。

デックス東京ビーチの今後のイベント予定

2017年10月3日(火)〜31日(火)まで「ハッピーハロウィン 2017 ジョイポリス」が開催。
館内のアトラクションがハロウィンバージョンに変化したり、飲食店でハロウィン特別メニューが提供される。
仮装割が実施されて、仮装して来場すると入場料金やパスポートが300円割引になる。

また、2017年10月25日(水)〜11月26日(日)まで東京ジョイポリスで「DIVE!! in JOYPOLIS」が開催。
館内アトラクションや館内放送とのコラボが実施されたり、2nd FloorのD-ラウンジにデジタル原画が展示される。

2017年10月26日(木)〜11月26日(日)まで東京ジョイポリスで「ボーイフレンド(仮)&ボイきら in JOYPOLIS」が開催予定。

デックス東京ビーチの過去の代表的なイベント

2017年7月14日(金)〜8月31日(木)まで「デックス東京ビーチ×LINEブラウンファーム 夏休み!お台場ブラウンファーム」が行われて、お台場イルミネーション”YAKEI”が、LINEブラウンファームバージョンに変化した。

また、2017年3月29日(水)〜5月7日(日)まで「デックス東京ビーチ×レゴ®バットマン ザ・ムービー レゴ®バットマンGO!!GO!!フェスタ」が行われた。

2016年11月15日(火)~12月25日(日)まで3Fのシーサイドデッキとデックス広場で「デックス×ポムポムプリン 20th Anniversary キラキラクリスマスパーティー」が開催。デックス広場にポムポムプリンツリーが設置された。

デックス東京ビーチ×LINEブラウンファーム 夏休み!お台場ブラウンファーム(終了)

デックス東京ビーチの3Fシーサイドデッキにあるデックス東京ビーチ×LINEブラウンファーム 夏休み!お台場ブラウンファームのフォトスポット

デックス東京ビーチ×LINEブラウンファーム 夏休み!お台場ブラウンファームのフォトスポット

LINEの農場ゲーム「LINEブラウンファーム」と、デックス東京ビーチのコラボイベント。

お台場イルミネーション”YAKEI”が、LINEブラウンファームバージョンになったり、シーサイドデッキのイリュージョンドームにタッチするとキャラクターが動きだすアニメーションが投映されたり、ブラウンとブラウンおじさんのハート型フォトスポットが設置された。

デックス東京ビーチのシーサイドモール3Fにあるデックス広場に置かれていたブラウンの巨大ぬいぐるみ

デックス広場に置かれていたブラウンの巨大ぬいぐるみ

シーサイドモール3Fのデックス広場には、ブラウンの巨大ぬいぐるみが置かれて、しがみつきたくなるモフモフ感。

  • 開催期間:2017-7-14(金)〜2017-8-31(木)
  • 会場:デックス東京ビーチ各所

デックス東京ビーチ×レゴ®バットマン ザ・ムービー レゴ®バットマンGO!!GO!!フェスタ(終了)

シーサイドモール3Fのデックス広場にあったデックス東京ビーチ×レゴ®バットマン ザ・ムービー レゴ®バットマンGO!!GO!!フェスタのフォトスポット

デックス東京ビーチ×レゴ®バットマン ザ・ムービー レゴ®バットマンGO!!GO!!フェスタのフォトスポット

映画「レゴ®バットマン ザ・ムービー」が、2017年4月1日(土)に公開されたことを記念して開催されたイベント。

お台場イルミネーション”YAKEI”が、レゴ®バットマン ザ・ムービーバージョンに変化したり、シーサイドモール3Fのデックス広場にフォトスポットやバットマンをテーマにしたレゴ作品が展示された。
レゴ作品は、バットマンのワンシーンが再現されていて、アート鑑賞さながら。

デックス東京ビーチ×レゴ®バットマン ザ・ムービー レゴ®バットマンGO!!GO!!フェスタとコラボしていた3Fのシーサイドデッキにあるハート型のフォトスポット

デックス東京ビーチ×レゴ®バットマン ザ・ムービー レゴ®バットマンGO!!GO!!フェスタとコラボしていた3Fのシーサイドデッキにあるハート型のフォトスポット

また、3Fのシーサイドデッキにあるハート型のフォトスポットの中心に、レゴ®バットマンが設置されて、一緒に記念撮影できる。

アイランドモール3Fのレゴランド・ディスカバリー・センター東京は、映画「レゴ®バットマン ザ・ムービー」の半券を提示すると、入場料金が400円割引になるので、映画を観たらその足ではしごしたい。

  • 開催期間:2017-3-29(水)〜2017-5-7(日)
  • 点灯時間:18:00-24:00
  • 会場:デックス東京ビーチ 3F シーサイドデッキ・デックス広場
  • 料金:観覧無料

デックス×ポムポムプリン 20th Anniversary キラキラクリスマスパーティー(終了)

デックス×ポムポムプリン 20th Anniversary キラキラクリスマスパーティーの看板と台場メモリアルツリー

デックス×ポムポムプリン 20th Anniversary キラキラクリスマスパーティーの看板と台場メモリアルツリー

デックス東京ビーチのクリスマスイベント。

開業20周年のデックス東京ビーチは、同じく誕生20周年のサンリオのキャラクター「ポムポムプリン」とコラボ。お台場イルミネーション”YAKEI”やシーサイドデッキのイリュージョンドームが、ポムポムプリンバージョンに変化した。
イルミネーションは、ポムポムプリンカラーのイエロー。

デックス広場に登場したポムポムプリンのキラキラツリー広場

デックス広場に登場したポムポムプリンのキラキラツリー広場

また、期間中、デックス広場が「ポムポムプリンのキラキラツリー広場」に変身。100体以上のポムポムプリンのぬいぐるみを積み重ねた「ポムポムプリンツリー」が展示された。

愛らしいポムポムプリンにかこまれて、かわいらしい雰囲気のクリスマス。

  • 開催期間:2016-11-15(火)~2016-12-25(日)
  • 会場:デックス東京ビーチ 3F シーサイドデッキ・デックス広場
  • 入場料金:無料

デックス東京ビーチのデートスポット7選

デックス東京ビーチにあるシーサイドモールとアイランドモールそれぞれの入口

デックス東京ビーチにあるシーサイドモールとアイランドモールそれぞれの入口

デックス東京ビーチは、東京湾側のシーサイドモール、ゆりかもめ側のアイランドモール、2つの建物があって、それぞれ6階建て。

おすすめのデートスポットは7カ所。

シーサイドモールには、3Fに東京ジョイポリス、4Fに台場一丁目商店街があって、商店街内に東京トリックアート迷宮感・台場怪奇学校・お台場たこ焼きミュージアムが入っている。

アイランドモールには、3Fにマダム・タッソー東京とレゴランド・ディスカバリー・センター東京がとなりあっている。

デックス東京ビーチのアイランドモール5FにあるBravePoint台場店の入口

アイランドモール5FにあるBravePoint台場店の入口

また、アイランドモール5Fに、プロジェクションマッピングを駆使したインドアサバイバルゲームフィールド「BravePoint台場店」と、キッズプレイグラウンドの「あそびパーク」 が2017年7月にオープン。大人から子供まで室内でとことん遊べる。

シーサイドモール3Fにあるbills お台場

シーサイドモール3Fにあるbills お台場

シーサイドモール3Fに世界一の朝食として有名なbillsがあったり、シーサイドモール4Fにお台場たこ焼きミュージアムがあったり、シーサイドモール5〜6Fがレストラン街になっているので、デートの途中にランチやディナーをはさむといい。

東京ジョイポリス

シーサイドモール3Fにある東京ジョイポリスのチケット売り場

シーサイドモール3Fにある東京ジョイポリスのチケット売り場

東京ジョイポリスは、セガが運営する屋内遊園地。
1996年にオープンして、2012年7月にリニューアルされ、2016年で20周年をむかえた。

池袋サンシャインシティのデートスポットであるナンジャタウンと遊好姉妹都市の関係。

館内は3フロアに20種類の常設アトラクションがあることに加えて、コラボイベントが短期間で入れ替わるので、何度来ても新鮮な気持ちで遊べる。

直近のイベントとして、2017年7月13日(木)〜10月1日(日)まで進撃の巨人 attack on titan in JOYPOLISーSeason2が、7月20日(木)〜10月22日(日)まで超特急 in JOYPOLISが同時開催中。

定番の人気アトラクションは、ハーフパイプトーキョー。
2人で1枚の板の上に乗って、本物のハーフパイプのような半円のレールの上で、体重移動によって乗っている板がまわったり、スピードが速くなったり、スリルと爽快感を同時にあじわえる。

激流下りができるワイルドリバー、ジャングルツアーができるワイルドジャングル、空の旅ができるワイルドウィングなど、室内だけど映像を駆使した乗り物アトラクションがたくさん。

また、VRのお化け屋敷があったり、プロジェクションマッピングのショーが行われているのは、屋内遊園地ならでは。

誕生日当日はパスポートが無料になるので、誰かの誕生日が来るたびに、身分証明書を持って遊びに行きたい。

  • 営業時間:10:00-22:00(最終入場は21:15まで)
  • 場所:デックス東京ビーチ シーサイドモール3F
  • 電話番号:03-5500-1801
  • 当日チケット料金:
    • 入場料 18歳以上:800円、小・中・高校生:500円
    • パスポート 18歳以上:4,300円、小・中・高校生:3,300円
    • ナイトパスポート(平日17:00〜、土曜・日曜・祝日16:00〜) 18歳以上:3,300円、小・中・高校生:2,300円

台場一丁目商店街

シーサイドモール4Fにある台場一丁目商店街のアーチ

シーサイドモール4Fにある台場一丁目商店街のアーチ

台場一丁目商店街は、昭和30年代の街並みが再現されている商店街。

昭和にタイムスリップしたかのようなフロアには、昔ながらの駄菓子屋や、レトロゲームができるゲームセンター、お化け屋敷の台場怪奇学校、昭和にちなんだ商品やおもしろ雑貨が販売されているお土産屋さんなど、20店舗前後がひしめきあっている。

2017年4月にフロアがリニューアルされて、東京トリックアート迷宮館が移転してきていたり、複数の店舗がリニューアルオープンしているので、行ったことがあっても、あらためて足を運びたい。

かつて、学校の教室のような店内で、あげパンなどの給食メニューが提供されて、小学生に戻ったかのような体験ができた北野パンがあったが、錦糸町に移転した。
跡地にお台場たこ焼きミュージアムがオープンしている。

台場一丁目商店街にある一丁目プレイランドの店内

台場一丁目商店街にある一丁目プレイランドの店内

レトロゲームは、一丁目プレイランドに100台以上のゲームがあって、10円ゲームやインベーダー、テーブルゲームなどが置かれている。
まるでゲームの博物館のようで、プレイしなくても、ながめているだけでおもしろい。

また、エリア内の台場遊技場に「VR4Dシアター 深海アドベンチャー」が、2017年7月5日(水)から設置されている。
海底2000メートルで伝説の巨大ザメに遭遇するVR体験ができるなど、レトロなだけでなくハイテクな一面がある。

  • 営業時間:11:00-21:00
  • 場所:デックス東京ビーチ シーサイドモール4F
  • 入場料金:無料

東京トリックアート迷宮館

台場一丁目商店街にある東京トリックアート迷宮館の入口

台場一丁目商店街にある東京トリックアート迷宮館の入口

東京トリックアート迷宮館は、目の錯覚を利用したさまざまなトリックアートが展示されている美術館。
ただ作品を鑑賞するだけでも楽しいが、錯覚を利用したおもしろ写真をたくさん撮れるので、忘れずにカメラを持っていきたい。

かつてアイランドモール4Fにあった東京トリックアート迷宮館の入口

かつてアイランドモール4Fにあった東京トリックアート迷宮館の入口

かつてアイランドモール4Fにあったが、2017年4月7日(金)にシーサイドモール4Fの台場一丁目商店街に移転してリニューアルオープンした。
展示がほとんど入れ替わり、エリアが拡大されているので、生まれ変わった東京トリックアート迷宮館を見に行きたい。

  • 営業時間:11:00-21:00(最終入館は20:30まで)
  • 場所:デックス東京ビーチ シーサイドモール4F 台場一丁目商店街内
  • 電話番号:03-3599-5191
  • 入場料金:
    • 高校生以上:1,000円
    • 4歳〜中学生:600円
    • 3歳以下:無料

台場怪奇学校

台場一丁目商店街にあるお化け屋敷 台場怪奇学校の外観

台場一丁目商店街にあるお化け屋敷 台場怪奇学校の外観

台場怪奇学校は、台場一丁目商店街の奥にあるお化け屋敷。
もともと台場怪奇屋敷という名前だったが、2006年11月に台場怪奇学校としてリニューアルオープンした。
ホラープランナーの齊藤ゾンビさんがプロデュースしている。

2016年10月に中国の上海に分校が開校されて、2017年3月30日(木)に名古屋の金城ふ頭に分校が開校されたなど、勢力を広めている。

館内は40年以上前に事件や事故が立て続けに起きて廃校になった小学校が舞台になっていて、グループごとに歩いて進んでいくウォークスルー型のお化け屋敷。

入口で手渡される懐中電灯をカップルでにぎれば、自然に手をつなげて距離が縮まるデートスポット。

  • 営業時間:11:00-21:00(最終入場は20:45まで)
  • 場所:デックス東京ビーチ シーサイドモール4F 台場一丁目商店街内
  • 電話番号:03-3599-1664
  • 入場料金:税込み800円

お台場たこ焼きミュージアム

シーサイドモール4Fにあるお台場たこ焼きミュージアムの看板

シーサイドモール4Fにあるお台場たこ焼きミュージアムの看板

お台場たこ焼きミュージアムは、たこ焼きの本場である大阪の名店が5店舗集まっているフードコート。
入っているお店は、天王寺アベノタコヤキやまちゃん・芋蛸・たこ焼十八番・たこやきの元祖本家会津屋・たこ家道頓堀くくる。

お台場たこ焼きミュージアムに併設されているまるごと大阪!いちびり庵

お台場たこ焼きミュージアムに併設されているまるごと大阪!いちびり庵

「まるごと大阪!いちびり庵」が併設されていて、たこ焼き器やたこ焼きソース、たこ焼きラムネにたこ焼きようかんなど、何でもかんでもたこ焼きをモチーフにしたおもしろグッズが販売されている。

また、エリア内にたこ焼きの歴史を紹介するパネル展示があったり、多幸八喜恵美寿神社があるなど、たこ焼きづくし。

デートの途中で、ちょっと小腹が空いたら立ち寄りたい。

  • 営業時間:11:00-21:00
  • 場所:デックス東京ビーチ シーサイドモール4F 台場一丁目商店街内
  • 電話番号:03-3599-6500
  • 入場料金:無料

マダム・タッソー東京

アイランドモール3Fのマダム・タッソー東京の入口にあるマドンナの蝋人形

アイランドモール3Fのマダム・タッソー東京の入口にあるマドンナの蝋人形

マダム・タッソー東京は、アイランドモール3Fにある蝋人形館。
1835年にロンドンで開業して、世界で14番目の常設施設として、2013年3月にオープンした。
2013年3月より前にデックス東京ビーチにあったことがあるが、そのときは期間限定の出店。

マダム・タッソー東京に展示されているマツコ・デラックスさんの蝋人形

マダム・タッソー東京に展示されているマツコ・デラックスさんの蝋人形

館内にはマイケルジャクソンやレディガガなど、世界的なスターをはじめとして、マツコ・デラックスさんや壇蜜さん、羽生結弦さんに渡辺麻友さんなど、日本の有名人やスポーツ選手、アイドルまで、等身大のリアルな蝋人形が60体以上展示されていて、間近でじっくりながめたり、一緒に記念撮影できる。

蝋人形だけでなく舞台セットが凝っていて、上手に写真を撮ると、名場面のワンシーンに自分が登場人物のひとりとして参加しているみたい。

マダム・タッソー東京の前にあった五郎丸歩選手の等身大フィギュア登場のポスター

マダム・タッソー東京の前にあった五郎丸歩選手の等身大フィギュア登場のポスター

2016年11月25日(金)からラグビー選手の五郎丸歩さんの蝋人形が常設展示されていて、キックの前の五郎丸ポーズが至近距離で見られるチャンス。

マダム・タッソー東京の前にある忌野清志郎さんの等身大フィギュア登場のポスター

マダム・タッソー東京の前にある忌野清志郎さんの等身大フィギュア登場のポスター

また、2017年4月2日(日)から2009年に亡くなったミュージシャンの忌野清志郎さんの等身大フィギュアが新登場している。
ピンクの花柄のスーツに身をつつみ、世界中のスターが集まっている中でも、ひときわ存在感がある。

2017年4月26日(水)には、全日本男子バレーボールの石川祐希選手の等身大フィギュアが登場した。
まるで試合中のような臨場感。

お土産ショップが併設されているので、ユニークなお土産を買って帰りたい。

  • 平日 営業時間:11:00-20:00(最終入場は19:00まで)
  • 土曜・日曜・祝日 営業時間:10:00-20:00(最終入場は19:00まで)
  • 場所:デックス東京ビーチ アイランドモール3F
  • 電話番号:03-3599-5231
  • 当日チケット料金:2,300円

レゴランド・ディスカバリー・センター東京

アイランドモール3Fにあるレゴランド・ディスカバリー・センター東京の入口

アイランドモール3Fにあるレゴランド・ディスカバリー・センター東京の入口

300万個以上のレゴブロックでかざられているレゴのテーマパーク。
3〜10歳の子供がメインターゲットで、所要時間はおよそ2〜3時間。

館内には常設アトラクションが11種類あることに加えて、ショップとカフェが併設されていたり、マスター・ビルダーによるワークショップが行われている。

レゴを組み立てるだけでなく、3D映像のシーンにあわせて風や水しぶきの演出がある4Dシネマが上映されていたり、シューティングライドアトラクションのキングダムクエストがあるなど、遊園地顔負け。

東京の名所がレゴで再現されているジオラマのミニランドは、大人が見てもアート鑑賞としておもしろい。
ミニチュアの街をながめていると、怪獣になった気分で建物を破壊したい衝動にかられる。

レゴランド・ディスカバリー・センター東京のエントランス付近にあるPick A Brickショップ

レゴランド・ディスカバリー・センター東京のエントランス付近にあるPick A Brickショップ

また、エントランスの付近にあるPick A Brickショップや、アイランドモール6Fにあるレゴランド・ディスカバリー・センターショップは、レゴランド・ディスカバリー・センター東京に入館しなくても無料で利用できるので、気軽に訪れたい。

  • 営業時間:
    • 平日:10:00-20:00(最終入場は18:00まで)
    • 土日・祝日:10:00-21:00(最終入場は19:00まで)
  • 場所:デックス東京ビーチ アイランドモール3F
  • 電話番号:03-3599-5168
  • 入場料金(1人で入場):2,500円
  • 入場料金(2人以上で入場):2,400円

デックス東京ビーチの行き方・アクセス

アクアシティお台場との連絡通路から見たデックス東京ビーチの入口

アクアシティお台場との連絡通路から見たデックス東京ビーチの入口

お台場海浜公園駅から来る場合、北口を出て、通りに沿って台場一丁目交差点の方向に歩くと見えてくる。

東京テレポート駅から来る場合、駅に直結しているテレポートブリッジを歩いてくるのがいい。

また、品川駅や田町駅から出ているレインボーバスに乗ると、通りをはさんで向かいにあるお台場フジテレビまで運んでくれる。

  • 住所:東京都港区台場1-6-1
  • 電話番号:03-3599-6500
  • ショップ・カフェ営業時間:11:00-21:00
  • 5Fレストラン営業時間:11:00-23:00
  • 6Fレストラン営業時間:11:00-24:00
  • 公式ウェブサイト:デックス東京ビーチ 公式サイト
  • 最寄り駅からのアクセス:
    • ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」から徒歩約2分
    • りんかい線「東京テレポート駅」から徒歩約5分

デックス東京ビーチの周辺スポット

デッキでつながっているアクアシティお台場をはじめとして、通りをはさんで向かいにお台場フジテレビがあったり、お台場の観光スポットをはしごしやすい。

お台場海浜公園

お台場海浜公園の海岸
3Fのシーサイドデッキが、お台場海浜公園のマリンハウス4Fにつながっている。

お台場海浜公園のイベントは、砂浜のおだいばビーチで、ろうそくの火で地上絵をつくる「海の灯まつり」が定期的に開催されたり、海上花火大会が不定期に行われる。

アクアシティお台場

アクアシティお台場の建物
3Fのシーサイドデッキが、アクアシティお台場につながっている

アクアシティお台場のデートスポットは、行列ができる有名店のラーメンを食べられる東京ラーメン国技館 舞や、子供と一緒に遊べるソニー・エクスプローラサイエンス、屋上のお台場神社などがある。

かつて映画館のシネマメディアージュがあったが2017年2月23日(木)に閉館して、2017年4月29日(土)にユナイテッド・シネマ アクアシティお台場がオープンした。

お台場フジテレビ

お台場フジテレビの建物
通りをはさんで向かいに、球体展望室はちたまがシンボルのお台場フジテレビがある。

お台場フジテレビの観光見学スポットは、7Fの屋上庭園、25Fの球体展望室「はちたま」、24Fのめざまスカイ、5Fのフジテレビワンダーストリート、1Fのシアターモールの5つ。

お台場ダイバーシティ

お台場ダイバーシティの建物
歩いて11分ぐらいで、お台場ダイバーシティに行ける。

お台場ダイバーシティのイベントは、屋外のフェスティバル広場でアーティストのミニライブやトークショーが代わる代わる行われている。

お台場パレットタウン

パレットタウンのエントランスゲートと大観覧車
15分ぐらい歩くと、お台場パレットタウンに行ける。

お台場パレットタウンのデートスポットは、大観覧車、ショッピングモールのヴィーナスフォート、クルマテーマパークのメガウェブの3つ。

日本科学未来館

日本科学未来館の建物
歩いて20分ぐらいかかるが、日本科学未来館に行ける。
デックス東京ビーチのとなりにあるアクアシティお台場から無料のシャトルバスが出ているので、利用するとラクにたどり着ける。

日本科学未来館のデートスポットとして、3Dプラネタリウムのドームシアターガイアや、地球ディスプレイのジオコスモスなどがあるほか、ASIMOやオトナロイド、コドモロイドなど、ロボットのデモンストレーションを見学できる。

大江戸温泉お台場

大江戸温泉物語の入口
歩いていくのは25分ぐらいかかって大変だが、大江戸温泉物語お台場まで行ける。

大江戸温泉お台場のデートは、好きな浴衣を選んで、江戸の街が再現された広小路で縁日を楽しんだり、日本庭園の足湯をカップルで散歩できる。



おすすめ無料イベント
2017年9月25日 開催中
アイ オブ ジャイルで開催されているJapanese Kogei Future Forward 工芸未来派ーBridge Art and Craft 工芸ブリッジーに展示されている桑田卓郎さんの作品

ジャイル

Japanese Kogei Future Forward 工芸未来派

8月23日(水)〜9月27日(水)

ギンザシックス6Fの銀座蔦屋書店のスターバックス前展示スペースで開催されている「Q BRICK by 水江未来 Exhibition」の展示作品

ギンザシックス

Q BRICK by 水江未来 Exhibition

8月17日(木)~9月28日(木)

ギンザシックス6Fの銀座蔦屋書店内にあるTHE CLUBで開催されている「青ぞらのはてのはて」の展示作品

ギンザシックス

青ぞらのはてのはて

7月14日(金)~9月29日(金)

フジフイルムスクエアの写真歴史博物館で開催されているインターフェイス 写真家・東松照明を見るの会場内にある東松照明さんの等身大パネル

東京ミッドタウン

インターフェイス 写真家・東松照明を見る

7月1日(土)~9月30日(土)

シュウゴアーツで開催されている「イケムラレイコ あの世のはてに」の会場内に展示されている絵画

コンプレックス665

イケムラレイコ あの世のはてに

9月9日(土)〜10月7日(土)

タカ・イシイギャラリーで開催されている野口里佳「海底」の会場内に展示されている写真パネル

コンプレックス665

野口里佳「海底」

9月9日(土)〜10月7日(土)

渋谷ヒカリエ 8Fのd47 MUSEUMで開催されているNIPPONの47人 2017 これからの暮らしかた—Off-Grid Life—の会場内

渋谷ヒカリエ

NIPPONの47人 2017 これからの暮らしかた

8月3日(木)〜10月9日(月)

メトアギンザで開催されているFeel the Communication in Ginzaの2Fで上映されているInto the future

東急プラザ銀座

Feel the Communication in Ginza

6月21日(水)~10月13日(金)

小山登美夫ギャラリーで開催されているサイトウマコト「2100」の会場内

コンプレックス665

サイトウマコト「2100」

9月9日(土)〜10月14日(土)

11エリア
六本木通りにあるROPPONGIという文字の看板

六本木6スポット

アートの街、六本木。国立新美術館や、2大ランドマークの六本木ヒルズと東京ミッドタウンにアート施設が点在する。

歩道橋の上から見た表参道の並木道

表参道8スポット

おしゃれの発信地、表参道。
表参道沿いに、表参道ヒルズなどの複合商業施設や、高級ブティックの路面店がならぶ。

渋谷駅のハチ公口にあるハチ公像

渋谷3スポット

センター街やSHIBUYA109など、若者の街のイメージが根強い渋谷だが、奥渋谷や神南は大人が知的に楽しめる。

代官山アドレスの前にあるオブジェ

代官山4スポット

渋谷からすこし離れただけなのに、落ち着きがあって、のんびりした雰囲気の代官山。ハイセンスなショップが集まる。

恵比寿駅の西口にある恵比寿像

恵比寿・目黒3スポット

恵比寿の地名は、かつてヱビスビールの工場があったことに由来していて、工場跡地に恵比寿ガーデンプレイスがある。

銀座4丁目交差点から見た銀座和光の時計塔

銀座9スポット

銀ぶらという言葉のとおり、ぶらぶらウィンドウショッピングできる街。2017年4月にギンザシックスがオープンした。

丸の内仲通りの通路と樹木

丸の内4スポット

レトロな赤レンガの東京駅を商業施設がかこみ、古さと新しさが融合した街並み。ビジネス街だが、皇居に近くて緑が豊か。

日本橋の橋の途中にある麒麟の像

日本橋3スポット

江戸情緒あふれる商人の城下町。老舗百貨店の高島屋と三越や、日本銀行本店、三井本館は重要文化財に指定されている。

上野公園にある西郷隆盛像

上野4スポット

JR上野駅の目の前にある上野公園は、東京国立博物館と国立西洋美術館の2大ミュージアムなど、美術館や博物館が集まる。

お台場海浜公園から見たレインボーブリッジ

お台場9スポット

お台場は、海と砂浜をのぞめるウォーターフロントの観光地。無料巡回バス「東京ベイシャトル」で効率的にまわりたい。

JR池袋駅の北改札の近くにあるいけふくろうの像

池袋3スポット

CMソングのとおり、東口に西武、西口に東武がある不思議な池袋。ランドマークは、高くそびえるサンシャイン。