お台場フジテレビの今日のイベント情報と観光見学スポット5選

シンボルプロムナード公園のウエストプロムナードから見たお台場フジテレビ

球体展望室「はちたま」がシンボルのお台場フジテレビ本社ビル。
建物の縦横比率は、ハイビジョンテレビの画面と同じ16:9の割合になっている。
建築家の丹下健三さん、通称、世界のタンゲが設計した。

1997年4月のオープンから20年以上たち、2007年6月のリニューアルから10年をむかえて、見学コースのところどころに時代の流れを感じる。

イベントは、球体展望室「はちたま」や、7Fのイベントスペース「フジさんのヨコ」で行われたり、土・日・祝日の18:30~21:00の間、毎時0分と30分にフジテレビ本社屋の壁全体をつかって「GLITTER8~キラキラヒカルフジテレビ~」という6種類のイルミネーションショーが開催されている。

スポンサーリンク







お台場フジテレビの今日のイベント情報

2017年8月31日(木)に「お台場みんなの夢大陸2017」が終了し、今日、お台場フジテレビでイベントは開催されていない。

お台場フジテレビの今後のイベント予定

2017年10月21日(土)・22日(日)に青海P地区(青海臨時駐車場)および周辺エリアで「めざましテレビ PRESENTS T-SPOOK~TOKYO HALLOWEEN PARTY~」が開催される。

めざましテレビプレゼンツ T-SPOOK~TOKYO HALLOWEEN PARTY~

今回が4回目のハロウィンイベント。

全長1キロメートルにおよぶ特設コースでの仮装パレードや、乃木坂46の三期生らによる入場無料の音楽ライブが実施される。

仮装パレードは、ただ仮装するだけではなく、音楽ライブに出演するアーティストや、鈴木奈々さん・ぺえさんなど、15組以上が参加。
ふだんテレビで見ているタレントやアーティストと一緒に練り歩ける。

音楽ライブと仮装パレードで、テレビの世界をすぐ近くに感じられそう。

お台場フジテレビの過去の代表的なイベント

2017年7月15日(土)〜8月31日(木)までお台場フジテレビおよびお台場・青海周辺エリアで「お台場みんなの夢大陸2017」が開催された。

また、2017年6月3日(土)〜7月2日(日)まで球体展望室「はちたま」で「怪盗グルーのミニオン大脱走」公開記念パネル展が行われて、名画をモチーフにしたミニオンアートが展示された。

2017年4月8日(土)〜5月28日(日)まで球体展望室「はちたま」で「ワンピース ホールケーキアイランド展」が開催されて、ビッグ・マムの巨大バルーンが設置された。

2017年5月4日(木)〜6日(土)まで1Fのシアターモールと7Fのフジさんのヨコで「お台場パン祭り」が行われて、日本各地の20店舗以上のパン屋さんが出店した。

2016年12月4日(日)~2017年1月15日(日)まで球体展望室「はちたま」で「パラッパラッパーアニバーサリーフェス」が開催。パラッパラッパーのゲーム20周年とアニメ15周年を記念して、巨大なバースデーケーキが設置された。

お台場みんなの夢大陸2017(終了)

お台場フジテレビ本社ビルの1F広場にあったお台場みんなの夢大陸2017の巨大看板

1F広場にあったお台場みんなの夢大陸2017の巨大看板

フジテレビのお台場移転20周年を記念して開催された夏祭り。
お台場冒険王やお台場合衆国、お台場新大陸にお台場夢大陸など、時代の流れにあわせて名前は変わっているが、10年以上続く恒例行事。

お台場フジテレビ本社ビルと、船の科学館駅付近のスマイルランドの2カ所を中心に、さまざまなサテライト会場がある。
目当てのアトラクションを見逃さないように、公式サイトやパンフレットを確認しながらまわりたい。

お台場フジテレビ本社ビルは、1Fの広場やシアターモール、7Fの屋上庭園、25Fの球体展望室「はちたま」、22Fや24Fなど、各所にふだんとちがうアトラクションが目白押し。

お台場フジテレビ本社ビルの1F広場にあったマイナビステージ

1F広場にあったマイナビステージ

1F屋外の広場には、マイナビステージが設置されて、初日の乃木坂46から最終日のももいろクローバーZまで、アイドルやアーティストの生ライブが代わる代わる開催された。

お台場フジテレビ本社ビル1Fのシアターモールで開催されたお台場みんなの夢体験!の会場内

1Fのシアターモールで開催されたお台場みんなの夢体験!の会場内

1F館内のシアターモールには、2016年に続いて「お台場みんなの夢体験!」が登場して、月9新ドラマ「コード・ブルー」のVR体験コーナーや、映像アトラクション「ドラゴンボール バトル・オブ・サイヤン〜みんなでつくる元気玉〜」が設置された。

お台場フジテレビ本社ビル7Fの屋上庭園に展示されていたワンピースのキャラクターの等身大フィギュア

7Fの屋上庭園に展示されていたワンピースのキャラクターの等身大フィギュア

7Fの屋上庭園では、マンガ「ONE PIECE」の20周年を記念して、ワンピースクロニクルが開催。
ワンピースのキャラクターの等身大フィギュアが、20体以上展示された。

ドンキホーテ・ドフラミンゴや白ひげなど、巨大なキャラクターは見上げるほどの大きさで圧倒される。

続いて、もうひとつの会場「スマイルランド」は、お台場フジテレビ本社ビルから、シンボルプロムナード公園のウエストプロムナードを、お台場ダイバーシティの方向に歩くと、右に見えてくる。

スマイルランドには、キッズカードなど、4つのアトラクションに加えて、居酒屋えぐざいるPARKと、お台場ウォーターパークbyハウステンボスが併設された。

お台場みんなの夢大陸2017でスマイルランドに出店していた居酒屋えぐざいるPARKのエントランス

スマイルランドに出店していた居酒屋えぐざいるPARKのエントランス

居酒屋えぐざいるPARKは5年連続の出店で、EXILEのメンバーがプロデュースするメニューが提供されたり、会場内のステージでライブが行われた。
入場するには、お台場みんなの夢大陸1DAYチケットか、居酒屋えぐざいるPARKナイトチケットが必要なので注意したい。

お台場みんなの夢大陸2017でスマイルランドにオープンしていたお台場ウォーターパークbyハウステンボスのエントランス

スマイルランドにオープンしていたお台場ウォーターパークbyハウステンボスのエントランス

お台場ウォーターパークbyハウステンボスは、100メートル以上のロングスライダーや、巨大すべり台など、いろんな種類のウォータースライダーが設置されている本格的なプールテーマパーク。
昼の部と夜の部があって、夜の部は水面にプロジェクションマッピングが投映されて幻想的な雰囲気につつまれる。

みんなの夢大陸PR隊として宮司愛海さん・永尾亜子さん・海老原優香さん・久慈暁子さんが就任し、渡辺和洋さんをはじめとするオマツリ男アナ10人衆が結成されて、タイミングがあえば、いつもテレビで見ているアナウンサーに間近で会えるかもしれない。

  • 開催期間:2017-7-15(土)〜2017-8-31(木)
  • 時間:10:00-18:00
  • 会場:お台場フジテレビおよびお台場・青海周辺エリア
  • 1DAYチケット料金:
    • 一般:1,500円
    • 小学生・中学生:1,000円
  • お台場ウォーターパーク by ハウステンボス料金:
    • 高校生以上:2,500円
    • 3歳〜中学生:2,000円

「怪盗グルーのミニオン大脱走」公開記念パネル展(終了)

お台場フジテレビの球体展望室「はちたま」で開催された「怪盗グルーのミニオン大脱走」公開記念パネル展に展示されていたミニオンアート

「怪盗グルーのミニオン大脱走」公開記念パネル展に展示されていたミニオンアート

アニメ映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」が、2017年7月21日(金)に公開されたことを記念して行われた展覧会。

怪盗グルーのミニオン大脱走は、怪盗グルーの月泥棒、怪盗グルーのミニオン危機一発に続く怪盗グルーシリーズの3作目。

会場内は、大阪の天王寺ミオで開催されたミニオン ミュージアムの展示が再現された。

お台場フジテレビの球体展望室「はちたま」で開催された「怪盗グルーのミニオン大脱走」公開記念パネル展に展示されていたシャベルを持ったミニオンの立体展示

「怪盗グルーのミニオン大脱走」公開記念パネル展に展示されていたシャベルを持ったミニオンの立体展示

会場の中心にシャベルを持ったミニオンの立体展示があったり、レオナルド・ダ・ヴィンチのモナ・リザをはじめとして、有名な絵画をモチーフにしたミニオンアートが壁に沿って約10点展示されて、美術鑑賞さながら。

お台場フジテレビの球体展望室「はちたま」内にあるミニオンズのオリジナルグッズが販売されていたはちたまショップ

ミニオンズのオリジナルグッズが販売されていたはちたまショップ

また、併設されているはちたまショップでミニオンズのオリジナルグッズが販売されたり、フォトスポットが登場して、映画を観る前に行くと、気持ちを盛り上げられる。

  • 開催期間:2017-6-3(土)〜2017-7-2(日)
  • 時間:10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
  • 休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)
  • 会場:お台場フジテレビ 25F 球体展望室「はちたま」
  • はちたま入場チケット料金:
    • 大人(高校生以上):550円
    • 小学生・中学生:300円

ワンピース ホールケーキアイランド展(終了)

お台場フジテレビの球体展望室「はちたま」で開催されていたワンピース ホールケーキアイランド展の会場内

球体展望室「はちたま」で開催されていたワンピース ホールケーキアイランド展の会場内

テレビアニメ「ワンピース」が、2017年4月9日(日)の放送からホールケーキアイランド編に突入したことを記念して、お台場フジテレビの球体展望室「はちたま」で行われたイベント。

会場内で最初に目にとまるのは、ビッグ・マム海賊団の船長で四皇のシャーロット・リンリン、通称「ビッグ・マム」の巨大バルーン。
作中でも巨大なキャラクターだが、もしかしたら等身大なのではないかと目をうたがう。

お台場フジテレビの球体展望室「はちたま」で開催されたワンピース ホールケーキアイランド展に設置されていたサンジのフォトスポット

ワンピース ホールケーキアイランド展に設置されていたサンジのフォトスポット

また、ホールケーキアイランド編で重要な役割を担う麦わらの一味のコック「サンジ」のフォトスポットが登場した。
大きなハートのモチーフが背景の、まるで結婚式のようなフォトスポットに、白いタキシード姿のサンジが立っていて、2ショット写真を撮影できる。

お台場フジテレビの球体展望室「はちたま」で開催されたワンピース ホールケーキアイランド展に展示されていたホールケーキアイランド編のあらすじとキャラクター設定画

ワンピース ホールケーキアイランド展に展示されていたホールケーキアイランド編のあらすじとキャラクター設定画

ほかにもホールケーキアイランド編のあらすじやキャラクター設定画が展示されたり、併設されている「はちたまショップ」で税込み1,500円以上お買い物するとサンジのブロマイドをもらえて、ホールケーキアイランド編を存分に予習できた。

  • 開催期間:2017-4-8(土)〜2017-5-28(日)
  • 時間:10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
  • 休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)
  • 会場:お台場フジテレビ 25F 球体展望室「はちたま」
  • はちたま入場チケット料金:
    • 大人(高校生以上):550円
    • 小学生・中学生:300円

お台場パン祭り(終了)

お台場フジテレビ1Fのシアターモールで開催されたお台場パン祭りの会場内

お台場パン祭りの会場内

日本各地のパン屋さんが集まるパンの祭典。

2017年2月11日(土)・12日(日)に1Fのシアターモールで開催された第1回は、15店舗のパン屋さんがブースを出展していたが、2回目の今回は、20店舗以上が出店して、1Fと7Fの2会場で行われ、店舗数もスペースも期間も拡大された。

メイン会場は1Fのシアターモール。
15店舗前後のパン屋さんがひしめきあい、各店が自慢の名物パンを販売していた。

お台場フジテレビ7Fのフジさんのヨコにあったお台場パン祭りのサブ会場内

7Fのフジさんのヨコにあったお台場パン祭りのサブ会場内

サブ会場の7Fのフジさんのヨコはイートインスペースになって、盛岡製パン・ポタスタ・モンタボーの3店舗が、その場で食べられる惣菜パンや調理パンを提供した。

いろんなパンを食べ比べして、お気に入りを見つけに行きたい。

  • 開催期間:2017-5-4(木)〜2017-5-6(土)
  • 時間:10:00-16:00
  • 会場:お台場フジテレビ 1Fシアターモール・7Fフジさんのヨコ
  • 入場料金:無料

パラッパラッパーアニバーサリーフェス(終了)

お台場フジテレビの球体展望室「はちたま」で開催されていたパラッパラッパーアニバーサリーフェスの会場内

パラッパラッパーアニバーサリーフェスの会場内

パラッパラッパーのゲーム20周年とアニメ15周年を記念して行われたイベント。

2017年4月20日(木)にプレイステーション4用のゲームソフトが発売されて、2016年12月5日(月)に最初のステージが遊べる無料体験版の配信がスタートした。

パラッパラッパーは、1996年に発売されたプレイステーション用のゲームソフトで、主人公のパラッパが、ヒロインのサニーを振り向かせるためにラップの修行をして成長していくリズムアクションゲーム。

パラッパは犬の男の子で、サニーは花の女の子、そのほか、クマのパジャマを着たパラッパの親友「PJベリー」や、空手の先生「タマネギ先生」など、一度見たら忘れられないインパクトがあるキャラクターがたくさん登場した。

お台場フジテレビの球体展望室「はちたま」で開催されたパラッパラッパーアニバーサリーフェスのミニゲームブース「フルーシ道場」

パラッパラッパーアニバーサリーフェスのミニゲームブース「フルーシ道場」

パラッパラッパーアニバーサリーフェスのイベント会場には、中心に20と15のろうそくがささった大きなバースデーケーキが設置されて、天井から巨大なパラッパとPJベリーのぬいぐるみがつりさげられ、バースデーケーキをかこむように、ミニゲームで遊べるブースやパネルが展示された。

パラッパラッパーアニバーサリーフェスの会場内にあったゲームコーナー

パラッパラッパーアニバーサリーフェスの会場内にあったゲームコーナー

また、実際にプレイステーションでパラッパラッパーや、ウンジャマ・ラミーのゲームをプレイできるコーナーがあったり、併設されているはちたまショップが、パラッパラッパーのオリジナルグッズを買えるショップに変身した。

リアルタイムにゲームで遊んでいた世代は、久しぶりにパラッパラッパーで遊べたなつかしいイベント。

  • 開催期間:2016-12-4(日)~2017-1-15(日)
  • 時間:10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
  • 休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)
  • 会場:お台場フジテレビ 25F 球体展望室「はちたま」
  • はちたま入場チケット料金:
    • 大人(高校生以上):550円
    • 小学生・中学生:300円

お台場フジテレビの観光見学スポット5選

お台場フジテレビ1Fの屋外にある子犬のラフちゃんの像

お台場フジテレビ1Fの屋外にある子犬のラフちゃんの像

お台場フジテレビで見学できる観光スポットは、7Fの屋上庭園、25Fの球体展望室「はちたま」、24Fのめざまスカイ、5Fの見学コース フジテレビワンダーストリート、1Fのシアターモールの5カ所。

球体展望室「はちたま」、めざまスカイ、フジテレビワンダーストリートの3つは、祝日ではない月曜日は休みなので注意したい。

屋上庭園

お台場フジテレビ7Fの屋上庭園にあるゴーイングメリー号の船首とルフィとチョッパーのイルミネーション

7Fの屋上庭園にあるゴーイングメリー号の船首とルフィとチョッパーのイルミネーション

外から見えるつつ状の透明な窓にかこまれたチューブエスカレーターか、大階段で行ける7Fの屋上庭園。
ベビーカーや車イスの場合、1Fのシアターモールからエレベーターでも来られる。

屋上庭園には、お土産ショップ「フジテレビショップ フジさん」とイベントスペースの「フジさんのヨコ」、ゴーイングメリー号の船首やルフィとチョッパーのシルエットをかたどったイルミネーションがあるワンピースのフォトスポット、球体展望室「はちたま」行きのエレベーター乗り場がある。

真下から見た球体展望室「はちたま」

真下から見た球体展望室「はちたま」

屋上庭園は真下から球体展望室「はちたま」を見上げられるので、のぼる前に見上げて期待をふくらませたい。
真下から見るはちたまは、ここでしか見られない風景で、渡り廊下にすこしかくれる銀色の球体が、まるでアート作品のよう。

ふと横を向くと、パレットタウンの大観覧車をさえぎるものなく、ながめられる。

2016年9月30日(金)までお台場フジテレビの屋上庭園で営業していたワンピースレストラン「バラティエ」

2016年9月30日(金)までお台場フジテレビの屋上庭園で営業していたワンピースレストラン「バラティエ」

かつて屋上庭園にワンピースレストラン「バラティエ」があったが、2016年9月30日(金)に閉店した。
ワンピースのレストランは、池袋サンシャインシティのJ-WORLD TOKYOにサンジがプロデュースする「カフェ マドモアゼル」があったり、東京タワーの1Fに「カフェムギワラ」や「サンジのおれ様レストラン」がある。

フジテレビショップ フジさん

お台場フジテレビ7Fにあるフジテレビショップ フジさんの店内

お台場フジテレビ7Fにあるフジテレビショップ フジさんの店内

お台場フジテレビ7Fの屋上庭園にあるお土産ショップ。
もともとエフアイランドという名前だったが、2016年12月10日(土)にリニューアルオープンした。

フジさんという名前は、フジテレビと富士山に由来していて、ロゴマークは富士山の横に太陽に見立てたフジテレビの目玉マークがのぼるデザイン。

フジテレビのテレビ番組や映画にちなんだ商品や、ラフちゃんなど、フジテレビのオリジナルグッズが販売されている。

数十台のガチャガチャがならんでいるコーナーがあったり、お土産の品揃えが豊富で、フジテレビ観光のお土産はここで買っていくのがいい。

フジさんには、めざましランドが併設されていて、見落としてしまいそうな奥に、ワンピースコーナーとドラゴンボールコーナーがある。

お台場フジテレビ7Fのフジさんに併設されているめざましランド内

フジさんに併設されているめざましランド内

めざましランドは、朝の情報番組「めざましテレビ」のグッズが販売されているコーナー。
キャスターグッズコーナーには、めざましテレビの各キャスターのグッズが、ひとりずつ展示されている。

フジさんの奥にあるワンピースコーナー

フジさんの奥にあるワンピースコーナー

ワンピースコーナーは、海賊船の船内が再現されていて、宝箱やタルが置かれていたり、手配書が貼られている。
ショップになっていて、ワンピースグッズが販売されている。

フジさんの奥にあるドラゴンボールコーナー

フジさんの奥にあるドラゴンボールコーナー

ドラゴンボールコーナーは、頭上に食べられてしまいそうなほど巨大な神龍(シェンロン)の立体模型があって、神龍のまわりにあるドラゴンボールのカタチをした7つの電球が室内を照らす。

ドラゴンボールコーナの一角には、Dr.スランプ アラレちゃんのフォトスポットまである。

  • 営業時間:10:00-18:00
  • 定休日:不定休
  • 住所:東京都港区台場2-4-8 フジテレビ本社屋7F
  • 電話番号:03-5500-6075

球体展望室「はちたま」

お台場フジテレビ7Fの屋上庭園にある球体展望室「はちたま」の直通エレベーター乗り場

お台場フジテレビ7Fの屋上庭園にある球体展望室「はちたま」の直通エレベーター乗り場

はちたまは、25Fにある球体の展望台。
1Fのチケットカウンターか、7Fの屋上庭園にあるチケット売り場でチケットを買って、7Fの屋上庭園から直通エレベーターで行ける。

お台場フジテレビの25Fにある球体展望室「はちたま」から見える景色

お台場フジテレビの25Fにある球体展望室「はちたま」から見える景色

地上約100メートルから270度の方向を見渡せて、近くのレインボーブリッジをはじめとして、東京タワー東京スカイツリー、天気がよければ富士山までながめられる。

営業時間が18:00までで、夜景があまりながめられないのがすこし残念。

なんと、球体展望室「はちたま」を貸し切りにして、プロポーズに利用できる球婚というプランがあってシャレがきいている。

球体展望室「はちたま」にあるはちたまショップ

球体展望室「はちたま」にあるはちたまショップ

また、展望スペースだけでなく、はちたまショップが併設されていて、フジテレビ観光のお土産が買える。

  • 営業時間:10:00-18:00(最終入場は17:30まで、はちたまショップの営業は17:30まで)
  • 休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)
  • 住所:東京都港区台場2-4-8 フジテレビ本社屋25F
  • 電話番号:0180-993-188
  • 入場チケット料金:
    • 大人(高校生以上):550円
    • 小学生・中学生:300円

スタジオ めざまスカイ

お台場フジテレビの24Fにあるスタジオ「めざまスカイ」

お台場フジテレビの24Fにあるスタジオ「めざまスカイ」

24Fにある「めざましテレビ アクア」や「めざましテレビ」で実際につかわれているスタジオ。
25Fの球体展望室「はちたま」から階段で行けて、はちたまの入場料に追加料金なしで見学できる。

テレビで見るより、さらにカラフルに見えるセットは、イスに座ったりはできなくて、数メートルはなれたところから見る。

  • 営業時間:10:00-18:00(最終入場は17:30まで)
  • 定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)
  • 入場料金:球体展望室「はちたま」の入場料に追加料金なし

コリドール

お台場フジテレビ24Fの渡り廊下

お台場フジテレビ24Fの渡り廊下

24Fのスタジオ めざまスカイを見学した後は、めちゃイケのコーナー「フジTV警察24時」の撮影現場として有名な渡り廊下のコリドールに出る。

コリドールでは、はちたまから見えない方角の景色をながめたり、はちたまを真横から見たり、タイムトリップビューという望遠鏡を体験できる。

お台場フジテレビ24Fにあるタイムトリップビュー

24Fにあるタイムトリップビュー

タイムトリップビューは、望遠鏡として景色を楽しめるだけでなく、見えている風景を江戸時代の頃に切り替えるボタンがついていて、歴史散策ができる不思議な望遠鏡。
無料で体験できるので、試していきたい。

お台場フジテレビ24Fの通路から見た球体展望室「はちたま」

お台場フジテレビ24Fの通路から見た球体展望室「はちたま」

また、直径30メートル以上あるはちたまは、真横から見ると迫力満点なので、いろんな角度から鑑賞したい。

見学コース フジテレビワンダーストリート

お台場フジテレビの5Fにある見学コースのフジテレビワンダーストリート

お台場フジテレビの5Fにある見学コースのフジテレビワンダーストリート

5Fにあるフジテレビのテレビ番組のセットや衣装、小道具などが展示されている無料の見学コース。

7Fからチューブエスカレーターでおりる途中のおどりばに入口があって、チューブエスカレーターでのぼる途中には入れない。
1Fにあるシアターモール内のエレベーターからでも行ける。

かつて「きっかけストリート」という名前だったが、2014年3月にリニューアルして「フジテレビワンダーストリート」という名前に変わった。

人志松本のすべらない話や、ホンマでっか!?TVなど、人気番組のフォトスポットがたくさんあって記念撮影に忙しいが、スマスマのビストロスマップのセットは、番組終了にあわせて早々に撤去された。

フジテレビワンダーストリートにあるめざましジャンケンのコーナー

フジテレビワンダーストリートにあるめざましジャンケンのコーナー

めざましジャンケンができるコーナーや、逃走中の10秒ゲームコーナーがあったり、サザエさんの街がジオラマで再現されていたり、タイミングがあえばフジテレビ最大のスタジオ「V4スタジオ」を見学できたり、展示の種類がさまざまで飽きさせない。

お台場フジテレビ5Fのフジテレビワンダーストリートにあるサザエさんの波平さんの展示

フジテレビワンダーストリートにあるサザエさんの波平さんの展示

ユニークな展示は、ちゃぶ台の上にあるおはぎをとると、いろんなパターンの声色で波平さんに「バカもーん!」と怒られるサザエさんの展示と、踊る大捜査線の青島の名言を9種類聞ける青島俊作名言ボックス。

大人から子供まで、いつも見ているテレビの世界を間近に感じられる。

  • 営業時間:10:00-17:00(最終入場は16:30まで)
  • 休館日:月曜(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)
  • 住所:東京都港区台場2-4-8 フジテレビ本社屋5F
  • 入場料金:無料

シアターモール

お台場フジテレビの1Fにあるシアターモール

お台場フジテレビの1Fにあるシアターモール

1Fのシアターモールにあるショップは、チャギントンショップ・サザエさんのお店・ローソンきっかけステーションの3つ。
かつて、ちびまる子ちゃんカフェがあったが、2017年8月31日(木)に閉店した。

チャギントンショップ

お台場フジテレビの1Fシアターモールにある「チャギントンショップ」

お台場フジテレビの1Fシアターモールにある「チャギントンショップ」

イギリスで誕生した鉄道CGアニメのGO!GO!チャギントンのショップ。
2016年7月にリニューアルオープンした。

レールの上を走る鉄道のおもちゃや、チャギントンの絵本・DVDなどが販売されている。

また、店内にウレタンマットが敷かれているキッズスペースがあって、チャギントンのおもちゃで遊び放題。

おむつ替えの台や授乳スペースまであるので、小さな子供や赤ちゃんと一緒なら、帰る前に立ち寄りたい。

  • 営業時間:10:00-18:00
  • 休日:年中無休
  • 電話番号:03-5500-6075

サザエさんのお店

お台場フジテレビの1Fシアターモールにある「サザエさんのお店」

お台場フジテレビの1Fシアターモールにある「サザエさんのお店」

日本にひとつだけしかないサザエさんのお店。

店内で原画や雑貨など、さまざまなサザエさんグッズが販売されていたり、併設されているサザエさん茶屋で大判焼きならぬ「サザエさん焼き」などの軽食が提供されている。

サザエさん焼きは、甘い味だけでなく、月島もんじゃ味(チーズ入り)があって、甘いものが苦手でもだいじょうぶ。

また、入口にサザエさん、カツオ、ワカメ、タラちゃん、4人の立像や、スイカにはさまれるサザエさんの立像、サザエさんの家の居間を再現した立体展示など、フォトスポットが複数ある。

サザエさんのお店のとなりにあるサザエさんの家の居間を再現した展示

サザエさんのお店のとなりにあるサザエさんの家の居間を再現した展示

サザエさんのお店の向かって右にあるサザエさんの家の居間を再現した展示は、ほとんど実物大のおいしそうにビールを飲む波平さんとマスオさんを見学できて、晩酌に混ざりたくなる。

  • 営業時間:10:00-18:00
  • 休日:年中無休
  • 電話番号:03-5500-6075

ちびまる子ちゃんカフェ(閉店)

お台場フジテレビの1Fシアターモールにあった「ちびまる子ちゃんカフェ」の入口

シアターモールにあった「ちびまる子ちゃんカフェ」の入口

ちびまる子ちゃんカフェは、ちびまる子ちゃんのキャラクターにちなんだフードやスイーツ、ドリンクが提供されていたカフェ。

2015年3月にオープンして、2017年8月末日に閉店。当初1年限定の予定だったが、期間が延長されて、約2年半にわたって営業した。

シアターモールのちびまる子ちゃんカフェの前にあった永沢まんのポップ

ちびまる子ちゃんカフェの前にあった永沢まんのポップ

テイクアウトできる「永沢まん(税込み500円)」をはじめとして、パスタやカレーなど、ランチメニューが提供されて、お茶だけでなくレストランとして利用できた。

お台場フジテレビの行き方・アクセス

シンボルプロムナード公園から見えるお台場フジテレビ

シンボルプロムナード公園から見えるお台場フジテレビ

台場駅や東京テレポート駅から来る場合、球体展望室「はちたま」を目印にして向かってくると迷いづらい。
東京テレポート駅から来ると、発車メロディが踊る大捜査線のテーマになっていて、なつかしい。

また、電車によるアクセスのほか、浜松町駅、門前仲町駅、大井町駅、田町駅東口、品川駅港南口などからバスが出ていて、目の前にたどり着ける。

  • 住所:東京都港区台場2-4-8
  • 電話番号:03-5500-8888
  • 公式ウェブサイト:お台場フジテレビガイド
  • 最寄り駅からのアクセス:
    • ゆりかもめ「台場駅」から徒歩約3分
    • りんかい線「東京テレポート駅」から徒歩約5分

お台場フジテレビの周辺スポット

通りをはさんで向かいにアクアシティお台場とデックス東京ビーチがあって、お台場ダイバーシティやパレットタウンにも歩いて行ける。

選択肢がたくさんあって、どの施設で開催されているお台場のイベントに行くか迷ってしまう。

アクアシティお台場

アクアシティお台場の建物
通りをはさんで向かいにアクアシティお台場がある。

アクアシティお台場のイベントは、熱帯魚水槽のリゾートアクアリウムがある3Fのアクアアリーナなどで開催される。

デックス東京ビーチ

デックス東京ビーチの建物
アクアシティお台場のとなりにデックス東京ビーチがあって、デッキで直結している。

デックス東京ビーチのイベントは、東京ジョイポリスや、3Fのシーサイドデッキから見えるお台場イルミネーション”YAKEI”でコラボイベントが行われる。

お台場海浜公園

お台場海浜公園の海岸
デックス東京ビーチとアクアシティお台場のデッキの奥に、お台場海浜公園がある。

お台場海浜公園のイベントは、海に面する砂浜「おだいばビーチ」で、海上花火大会が不定期に行われたり、ろうそくの火で地上絵をつくる「海の灯まつり」が毎年開催される。

お台場ダイバーシティ

お台場ダイバーシティの建物
歩いて7分ぐらいでお台場ダイバーシティに行ける。

フェスティバル広場に2017年9月24日(日)から実物大ユニコーンガンダムが展示されていたり、大階段にガンダムカフェがあったり、館内7Fに2017年8月19日(土)からガンプラ施設のガンダムベース東京がオープンしているなど、ガンダムファンの聖地と言っても過言ではない。

お台場パレットタウン

パレットタウンのエントランスゲートと大観覧車
徒歩12分ぐらいで、大観覧車が目印のお台場パレットタウンに行ける。

お台場パレットタウンのデートスポットは、大観覧車とショッピングモールのヴィーナスフォート、クルマテーマパークのメガウェブの3つ。

日本科学未来館

日本科学未来館の建物
歩いて15分ぐらいで、2016年4月にリニューアルした日本科学未来館に行ける。

日本科学未来館のデートスポットは、3Dプラネタリウムのドームシアターガイアや、地球ディスプレイのジオコスモスなどがあるほか、ASIMOやオトナロイド、コドモロイドなど、ロボットのデモンストレーションを見学できる。

大江戸温泉お台場

大江戸温泉物語の入口
20分ぐらい歩くと大江戸温泉物語お台場まで行ける。
自分で好きな浴衣を選んで、江戸の街なみで縁日を楽しんだり、広い足湯を散歩できる温泉テーマパーク。

大江戸温泉物語のコラボイベントは、2017年9月1日(金)~10月1日(日)まで「僕のヒーローアカデミア×大江戸温泉物語 Plus Ultra!!大江戸温泉課外授業」が開催されている。



おすすめ無料イベント
2017年9月25日 開催中
アイ オブ ジャイルで開催されているJapanese Kogei Future Forward 工芸未来派ーBridge Art and Craft 工芸ブリッジーに展示されている桑田卓郎さんの作品

ジャイル

Japanese Kogei Future Forward 工芸未来派

8月23日(水)〜9月27日(水)

ギンザシックス6Fの銀座蔦屋書店のスターバックス前展示スペースで開催されている「Q BRICK by 水江未来 Exhibition」の展示作品

ギンザシックス

Q BRICK by 水江未来 Exhibition

8月17日(木)~9月28日(木)

ギンザシックス6Fの銀座蔦屋書店内にあるTHE CLUBで開催されている「青ぞらのはてのはて」の展示作品

ギンザシックス

青ぞらのはてのはて

7月14日(金)~9月29日(金)

フジフイルムスクエアの写真歴史博物館で開催されているインターフェイス 写真家・東松照明を見るの会場内にある東松照明さんの等身大パネル

東京ミッドタウン

インターフェイス 写真家・東松照明を見る

7月1日(土)~9月30日(土)

シュウゴアーツで開催されている「イケムラレイコ あの世のはてに」の会場内に展示されている絵画

コンプレックス665

イケムラレイコ あの世のはてに

9月9日(土)〜10月7日(土)

タカ・イシイギャラリーで開催されている野口里佳「海底」の会場内に展示されている写真パネル

コンプレックス665

野口里佳「海底」

9月9日(土)〜10月7日(土)

渋谷ヒカリエ 8Fのd47 MUSEUMで開催されているNIPPONの47人 2017 これからの暮らしかた—Off-Grid Life—の会場内

渋谷ヒカリエ

NIPPONの47人 2017 これからの暮らしかた

8月3日(木)〜10月9日(月)

メトアギンザで開催されているFeel the Communication in Ginzaの2Fで上映されているInto the future

東急プラザ銀座

Feel the Communication in Ginza

6月21日(水)~10月13日(金)

小山登美夫ギャラリーで開催されているサイトウマコト「2100」の会場内

コンプレックス665

サイトウマコト「2100」

9月9日(土)〜10月14日(土)

11エリア
六本木通りにあるROPPONGIという文字の看板

六本木6スポット

アートの街、六本木。国立新美術館や、2大ランドマークの六本木ヒルズと東京ミッドタウンにアート施設が点在する。

歩道橋の上から見た表参道の並木道

表参道8スポット

おしゃれの発信地、表参道。
表参道沿いに、表参道ヒルズなどの複合商業施設や、高級ブティックの路面店がならぶ。

渋谷駅のハチ公口にあるハチ公像

渋谷3スポット

センター街やSHIBUYA109など、若者の街のイメージが根強い渋谷だが、奥渋谷や神南は大人が知的に楽しめる。

代官山アドレスの前にあるオブジェ

代官山4スポット

渋谷からすこし離れただけなのに、落ち着きがあって、のんびりした雰囲気の代官山。ハイセンスなショップが集まる。

恵比寿駅の西口にある恵比寿像

恵比寿・目黒3スポット

恵比寿の地名は、かつてヱビスビールの工場があったことに由来していて、工場跡地に恵比寿ガーデンプレイスがある。

銀座4丁目交差点から見た銀座和光の時計塔

銀座9スポット

銀ぶらという言葉のとおり、ぶらぶらウィンドウショッピングできる街。2017年4月にギンザシックスがオープンした。

丸の内仲通りの通路と樹木

丸の内4スポット

レトロな赤レンガの東京駅を商業施設がかこみ、古さと新しさが融合した街並み。ビジネス街だが、皇居に近くて緑が豊か。

日本橋の橋の途中にある麒麟の像

日本橋3スポット

江戸情緒あふれる商人の城下町。老舗百貨店の高島屋と三越や、日本銀行本店、三井本館は重要文化財に指定されている。

上野公園にある西郷隆盛像

上野4スポット

JR上野駅の目の前にある上野公園は、東京国立博物館と国立西洋美術館の2大ミュージアムなど、美術館や博物館が集まる。

お台場海浜公園から見たレインボーブリッジ

お台場9スポット

お台場は、海と砂浜をのぞめるウォーターフロントの観光地。無料巡回バス「東京ベイシャトル」で効率的にまわりたい。

JR池袋駅の北改札の近くにあるいけふくろうの像

池袋3スポット

CMソングのとおり、東口に西武、西口に東武がある不思議な池袋。ランドマークは、高くそびえるサンシャイン。