銀座

銀座三越の今後の催事・イベント予定と見どころ3選

銀座4丁目交差点から見た銀座三越の建物

銀座三越は、1930年のオープンから90年近く、銀座のランドマークでい続ける老舗の百貨店。

銀座4丁目交差点に面し、日本橋三越と同じようにライオン像が出迎えてくれる。

伝統があるだけでなく、空港型市中免税店「ジャパンデューティーフリーギンザ」を2016年1月にオープンしたなど、革新にもチャレンジ。

イベントや催事は、9Fの銀座テラスや7Fの催事場で行う。

銀座三越の今後の催事・イベント予定

2019年5月22日(水)~27日(月)まで、7Fの催事場で「サマーファッション 男の祭典」を開催。
夏を快適に彩るスーツや、涼感ある爽やかな装いを紹介する。

2019年5月29日(水)~6月10日(月)まで、7Fの催事場で「Play with RAIN」を開催。
梅雨に向け、女心をときめかせる華やかレイングッズを販売する。

2019年5月29日(水)~7月22日(月)まで、7Fに「お中元ギフトセンター」がオープン。
1回の注文で本体価格10,000円以上の商品を購入すると、素敵な景品が当たる抽選会に参加できる。

2019年6月26日(水)~7月22日(月)まで、9Fの銀座テラス・テラスルームで「銀座スイムガーデン」を開催。
上質なスイムウエアとくつろぎのリゾートアイテムを数多く取り揃える。

2019年5月15日(水)~8月20日(火)まで、9Fの銀座テラス・テラスコートで「三越ゆかたガーデン」を開催。
伝統的な浴衣からモダンな浴衣まで、表情豊かな浴衣を幅広く紹介する。
2019年の新作ゆかたコレクションを展示・販売する。

銀座三越の過去の代表的な催事・イベント

2019年4月24日(水)~5月12日(日)まで、各階で「GINZA MOTHER’S DAY」を開催。
母の日スマイル大作戦と題し、お母さんに感謝の気持ちを伝えて笑顔にする、アイテムとアイデアを提案する。

2019年4月24日(水)~5月6日(月)まで、7Fの催事場と9Fの銀座テラスで「アイスクリーム万博 in 銀座三越」を開催。
銀座三越での開催は、2018年のゴールデンウィークに続いて。

2019年2月27日(水)〜4月23日(火)まで、9Fの銀座テラスで「三越特選 五月人形承りの会」を開催。
端午の節句に向け、豪華な鎧飾りからシンプルな兜飾りまで取り揃える。

2019年4月3日(水)〜15日(月)まで、7Fの催事場で「三越 紳士ファッション大市」を開催。
新しい季節を彩るワンランク上の爽やかなビジネス&カジュアルスタイルや、職人の卓越した技術によるメイド トゥ メジャーのオーダースーツを販売した。

銀座三越7Fの催事場で開催した銀座スイーツコレクションの会場内銀座スイーツコレクションの会場内

2019年1月23日(水)~2月14日(木)まで、7Fの催事場と9Fの銀座テラスで「銀座スイーツコレクション」を開催。
ピンクをテーマに、80ブランド以上のバレンタインチョコレートを販売し、クローカによるお菓子とアートを組み合わせた企画「スモールユートピア」を行った。

2019年1月3日(木)〜15日(火)まで、各階で「平成最後のクリアランスセール」を開催した。

銀座三越7Fの催事場で開催した日本のくらしの道具展の会場内日本のくらしの道具展の会場内

2018年12月26日(水)〜2019年1月7日(月)まで、7Fの催事場で「日本のくらしの道具展」を開催。
年初の新たな暮らしに向け、冬の住まいや装いを温かく彩る、ニッポンのいいものを販売した。

銀座三越9F 銀座テラスのテラスガーデンに出現した「お菓子なクリスマスハウス」銀座テラスのテラスガーデンに出現した「お菓子なクリスマスハウス」

2018年11月14日(水)〜12月25日(火)まで、9F銀座テラスのテラスガーデンに「お菓子なクリスマスハウス」が出現。
イルミネーションが輝く中、フォトジェニックな記念写真を撮影できる。

2018年12月12日(水)〜24日(月)まで、7Fの催事場で「ウインターファッション 男の祭典」を開催。
洗練された男の冬服を特集し、12月21日(金)〜24日(月)の4日間、さらにお得なラスト4デイズを行った。

2018年11月7日(水)~12月20日(木)まで、7Fのお歳暮ギフトセンターで「三越のお歳暮 冬の贈り物」を開催。
美味競演と題し、贈り物としての美味を追求して、銘店とのコラボ限定品を販売した。

2018年10月25日(木)~29日(月)まで、9Fの銀座テラス/テラスコートで「銀茶会 学生創作茶席」を開催。
学生がユニークな発想でデザインした茶席を実物大で再現し、ホンモノの茶席として使用する。

2018年7月25日(水)〜8月12日(日)まで、7Fの催事場と9Fのテラスコートで「スヌーピー in 銀座」を開催。
ありとあらゆるジャンルの、スヌーピーグッズを販売した。

銀座三越9Fの銀座テラス/テラスコートで開催した「パックマン ギンザスタイル」の巨大ゲーム機「パックマン ギンザスタイル」の巨大ゲーム機

2017年8月12日(土)~21日(月)まで、9Fの銀座テラス/テラスコートで「パックマン ギンザスタイル」を開催。
パックマンのファッションアイテムを販売し、パックマンのゲームで実際に遊べる巨大ゲーム機を設置した。

2017年4月19日(水)~5月9日(火)まで、9Fの銀座テラス・テラスコートで「美女と野獣」の世界展を開催。
映画「美女と野獣」の衣装や小道具を展示した。

2017年1月17日(火)~23日(月)まで、9Fの銀座テラスで「昭和元禄落語心中展」を開催。
マンガ・昭和元禄落語心中のネームや原稿を展示した。

2016年10月5日(水)~18日(火)まで、9Fの銀座テラスで「スーパー歌舞伎II ワンピースの世界展」を開催。
ルフィの舞台衣装を4着展示した。

アイスクリーム万博 in 銀座三越(終了)

アイスクリーム万博 in 銀座三越の会場内に設置しているフォトスポットアイスクリーム万博 in 銀座三越の会場内に設置しているフォトスポット

アイスクリーム万博、通称あいぱくは、アイスクリーム好きの楽園をテーマにしたイベント。

コンビニアイス評論家・アイスマン福留さんが代表をつとめる、日本アイスマニア協会がプロデュースする。

会場には、アイスマニア協会が厳選した日本各地のご当地アイスが100種類以上ずらりとならび、アイスまみれの空間の中、食べ比べしたり、テイクアウトしてお土産にできる。

頭がキーンとするほど、アイスを食べに訪れたい。

アイスクリーム万博 in 銀座三越のイベント概要
開催期間:2019-4-24(水)~2019-5-6(月)
会場:銀座三越 7F催事場・9F銀座テラス
入場料金:無料

スヌーピー in 銀座(終了)

銀座三越7Fの催事場で開催したスヌーピー in 銀座の会場内スヌーピー in 銀座の会場内

スヌーピー in 銀座は、今回が20回目のスヌーピーと銀座三越の恒例催事。

20回目のありがとうを込めて、銀座三越の制服を着て店員になりきるスヌーピーとピーナッツの仲間たちのポスターを展示。
樽酒を鏡開きするスヌーピーなど、お祝いムードにあふれる様子を描いている。

催事のメインイベントはグッズ販売。
オリジナルグッズをはじめ、雑貨やスイーツなど、ありとあらゆるスヌーピーグッズが7Fの催事場を埋めつくす。

例年、会期より前に売り切れてしまうグッズがあるので、目的の商品は我先に購入したい。

期間中の8月10日(金)はスヌーピーの誕生日。
六本木のスヌーピーミュージアムで、例年「スヌーピーのバースデー・フェア!」を開催するので、お祝いにはしごするのもおもしろい。

スヌーピー in 銀座のイベント概要
開催期間:2018-7-25(水)〜2018-8-12(日)
会場:銀座三越 7F催事場・9Fテラスコート
入場料金:無料

「美女と野獣」の世界展(終了)

銀座三越9Fの銀座テラスで開催した「美女と野獣」の世界展に展示していたキャラクター・キャスト紹介パネル「美女と野獣」の世界展に展示していたキャラクター・キャスト紹介パネル

「美女と野獣」の世界展は、ディズニーの実写映画「美女と野獣」が、2017年4月21日(金)に公開したことを記念して開催した催事。
会場に展示スペースとショップスペースを設置した。

「美女と野獣」の世界展に展示していたベルと野獣の衣装ベルと野獣の衣装

展示スペースには、ベルと野獣の衣装をはじめ、作中に登場するガラスドームに入った一輪のバラ、燭台のルミエールと置き時計のコグスワースの立体作品、映画に登場するキャラクターの紹介パネルを展示。

野獣の衣装は野獣の巨大さを物語り、ベルの黄色いドレスは女性なら誰もがあこがれそう。

「美女と野獣」の世界展に展示していた燭台のルミエールと置き時計のコグスワース燭台のルミエールと置き時計のコグスワース

ルミエールとコグスワースは、今にも動き出しそうな精密さで、工芸品として鑑賞できる。

銀座三越9Fで開催した「美女と野獣」の世界展のショップスペース「美女と野獣」の世界展のショップスペース

ショップスペースでは、ティーポットやマグカップなど、映画のキャラクターがそのまま飛び出したかのようなグッズや、ヘアアクセサリーやパラソルなど、美女と野獣の華やかな世界観を再現したファッションアイテムを販売。

休日は人であふれかえるが、映画を観に行く前の予習に訪れられる。

「美女と野獣」の世界展のイベント概要
開催期間:2017-4-19(水)~2017-5-9(火)
会場:銀座三越 9F 銀座テラス・テラスコート
入場料金:無料

昭和元禄落語心中展(終了)

銀座三越9Fで開催した昭和元禄落語心中展の入口昭和元禄落語心中展の入口

雲田はるこさんのマンガ「昭和元禄落語心中」の展覧会。
昭和元禄落語心中はアニメ化され、テレビアニメ「昭和元禄落語心中 助六再び篇」を2017年1月6日(金)から放送開始した。

展覧会には、コミックスの表紙イラストをはじめ、マンガの原稿やネームを80枚以上展示。
入場無料とは思えないほど、本格的な原画展として構成され、昭和元禄落語心中のストーリーをじっくりたどれる。

昭和元禄落語心中展に併設していたショップスペース昭和元禄落語心中展のショップスペース

会場には、座布団に座って記念撮影できる寄席の高座を再現したフォトスポットや、ショップスペースを併設。
昭和元禄落語心中の複製原画や、主要キャラクターの与太郎・八雲・助六が作中で着ていたゆかたを販売した。

2017年1月21日(土)には、テレビアニメ「昭和元禄落語心中」の声優によるトークイベントや、雲田はるこさんのサイン会を行い、マンガやアニメのファンは、よだれが出そうな催事。

昭和元禄落語心中展のイベント概要
開催期間:2017-1-17(火)〜2017-1-23(月)
会場:銀座三越 9F 銀座テラス・テラスコート
入場料金:無料

スーパー歌舞伎II ワンピースの世界展(終了)

銀座三越9Fで開催した「スーパー歌舞伎II ワンピースの世界展」の会場内「スーパー歌舞伎II ワンピースの世界展」の会場内

尾田栄一郎さんによるマンガ「ワンピース」をテーマに、シネマ歌舞伎を映画館で上映開始したことを記念して開催したイベント。
ワンピースは、過去に四代目市川猿之助さんらが演じる歌舞伎との異色コラボ「スーパー歌舞伎 ワンピース」を上演したことがある。

会場には、シネマ歌舞伎のルフィの舞台衣装を4種類展示し、シネマ歌舞伎のダイジェスト映像やメイキング映像を上映した。

ルフィの舞台衣装は、マンガの海賊服とはちがいアレンジされているが、ルフィが着ていてもおかしくないぐらいキャラクターのイメージにマッチしている。

会場には歌舞伎屋を併設し、歌舞伎グッズを販売。
この催事を見逃した場合、銀座歌舞伎座の観光見学スポットであるB2Fのお土産商店街 木挽町広場で、歌舞伎グッズを販売している。

スーパー歌舞伎II ワンピースの世界展のイベント概要
開催期間:2016-10-5(水)~2016-10-18(火)
会場:銀座三越 9F 銀座テラス・テラスコート
入場料金:無料

銀座三越の見どころ3選

銀座三越のB1Fにあるフロアガイド銀座三越のB1Fにあるフロアガイド

銀座三越は地下4階から地上12階建て。
B2F〜B3Fでデパ地下めぐりをしたり、1〜6Fのファッションフロアでショッピングしたり、11〜12Fのレストラン街で食事したりできる。

おすすめの見どころは、7Fのジャパンエディション、8Fの免税店 ジャパンデューティーフリーギンザにあるザ・エイトハンドレッドハンズ・ジャパニーズビューティ、9Fの銀座テラスの3カ所。

7Fの催事場とギャラリーで、代わる代わるイベントや催事を開催するので、7〜9Fは銀座三越に来るたびのぞきたい。

ジャパンエディション

銀座三越7Fにあるジャパンエディションのインスタレーションジャパンエディションのインスタレーション

ジャパンエディションは、2015年10月にオープンした銀座三越7Fのコーナー。

銀座通り側の上りエスカレーターをおりると、季節によって変わる「和」をテーマにしたインスタレーションを展示。

インスタレーションをかこむように、「日本の美」をテーマに集めた伝統工芸品を販売するショップスペースが広がる。

7Fはリビングフロアなので、販売しているのは、焼きものの食器や、お箸をはじめとするカトラリー、キッチン用品など、テーブル雑貨や生活道具が中心。

美しい伝統工芸品は、ながめているだけで気分が華やぎ、ウィンドウショッピングが展覧会を鑑賞しているかのよう。

四季にあわせて、フェアや催事を行うので、こまめにのぞいて、その度に日本の良さを再確認したい。

ジャパンエディションの施設情報
営業時間:10:30-20:00
場所:銀座三越 7F

空港型市中免税店 ジャパンデューティーフリーギンザ

銀座三越8Fにある空港型市中免税店 ジャパンデューティーフリーギンザのフロア空港型市中免税店 ジャパンデューティーフリーギンザのフロア

ジャパンデューティーフリーギンザは、沖縄以外で日本初の空港型市中免税店として、2016年1月にオープンしたフロア。

空港型市中免税店とは、市中でも空港の免税店と同じように免税を受けられるお店のことで、買った商品は成田空港か羽田空港に届けられ、預かってもらえる。

ここまでは訪日観光客にしか関係なさそうだが、ジャパンデューティーフリーギンザ内の「ザ・エイトハンドレッドハンズ・ジャパニーズビューティ」は、度々訪れたくなるゾーン。

ジャパンデューティーフリーギンザの施設情報
営業時間:10:30-20:00
場所:銀座三越 8F
電話番号:03-5159-3400

ザ・エイトハンドレッドハンズ・ジャパニーズビューティ

空港型市中免税店 ジャパンデューティーフリーギンザ内にあるザ・エイトハンドレッドハンズ・ジャパニーズビューティのコーナーザ・エイトハンドレッドハンズ・ジャパニーズビューティのゾーン

ザ・エイトハンドレッドハンズ・ジャパニーズビューティは、たくさんの職人の手でつくられた「日本の美しさ」を紹介するというコンセプトで、本当にいいものだけを厳選して展示・販売しているゾーン。

たくさんという意味の八百(やお)にちなんで、たくさんの職人の手のことをエイトハンドレッドハンズと表現している。

ゾーン内にあるのは、東京手仕事・グッドデザイン賞 受賞商品・伝統工芸品・工業製品、4つのコーナー。
各コーナーに設置している縦長モニターに、チームラボのデジタルアート作品を投映し、古さと新しさが融合した空間。

チームラボのデジタルアートは、付近にあるギンザシックスの西階段吹き抜けをはじめ、KITTE丸の内の1Fアトリウム、東京スカイツリーの1F団体フロアなど、都内各所に常設展示しているので、スタンプラリーのようにめぐるのもおもしろい。

注意したい点として、ザ・エイトハンドレッドハンズ・ジャパニーズビューティがあるジャパンデューティーフリーギンザは、あくまで免税店フロア。
成田空港か羽田空港から1カ月以内に出国する予定があり、パスポートと航空券を提示しないと買い物できない。

博物館の展示品をながめるように、数々の名品をウィンドウショッピングして、お気に入りを見つけるためのショーウインドーとして活用したい。

ザ・エイトハンドレッドハンズ・ジャパニーズビューティの施設情報
営業時間:10:30-20:00
場所:銀座三越 8F ジャパンデューティーフリーギンザ内

銀座テラス

銀座三越9Fの銀座テラスにあるテラスガーデンから見える越の字の看板銀座テラスにあるテラスガーデンから見える越の字の看板

銀座テラスは、銀座三越9Fの休憩広場。
屋上庭園のテラスガーデン、みのる食堂とみのりカフェ、催事を行うイベントスペースのテラスコートがある。

屋外にも屋内にも自由に休憩できるベンチやソファを設置し、屋内にひっそりと喫煙所がある。

銀座テラスは、小さな子供や赤ちゃんと一緒のときに特におすすめ。
フロア内に親子休憩室・授乳室・オムツ交換室・託児所まで完備していることに加え、みのる食堂とみのりカフェはベビーカーで入店できて、至れり尽くせり。

その分、休日やお昼どきは混雑するので、すこし時間をズラすとゆったりできる。

銀座テラスの施設情報
営業時間:10:30-20:00
場所:銀座三越 9F

屋上庭園 テラスガーデン

銀座三越9Fにある屋上庭園 テラスガーデンの園内屋上庭園 テラスガーデンの園内

テラスガーデンは、芝生広場のまわりにウッドデッキを敷いた銀座三越の屋上庭園。

芝生とウッドデッキの境目が横長のベンチになっていて、オープンエアの開放的な空間でひと休みできる。

ウッドデッキからは、銀座の街を高さ約30メートルから見下ろせて、庭園内を散歩するのも気持ちがいい。

テラスガーデンにある銀座出世地蔵尊と三囲神社銀座摂社銀座出世地蔵尊と三囲神社銀座摂社

テラスガーデンには、向島にある三囲神社の分社「三囲神社銀座摂社」があり、お参りまでできてしまう。

安置されている銀座出世地蔵尊は、開運・出世・延命・商売繁盛にご利益がある。

みのる食堂

銀座三越9Fの銀座テラスにあるみのる食堂の入口みのる食堂の入口

みのる食堂は、国産食材の和洋食メニューを提供する食堂。
マルシェを開催したり、フリーペーパーを発行する「みのりみのるプロジェクト」が運営する。

屋内の座席に加え、テラスガーデンに面した開放的なオープンテラスがあり、席と席の間のスペースにゆとりがあるので、ベビーカーでもラクラク入店可能。

ランチは、お惣菜・ごはん・お味噌汁・ドリンク付きの定食メニュー。
お子様セットも提供している。

ティータイムには、さまざなま種類の日本茶や国産フルーツのジュースを提供し、ディナータイムには、国産ワインやビールを飲めるなど、時間によって、ママからサラリーマンまで幅広く利用できる。

みのる食堂の店舗情報
営業時間:11:00-23:00(ランチラストオーダーは15:00、ディナーラストオーダーは22:00)
場所:銀座三越 9F 銀座テラス内
電話番号:03-5524-3128

みのりカフェ

銀座三越9Fの銀座テラスにあるみのりカフェの店内みのりカフェの店内

みのりカフェは、みのる食堂と同じく「みのりみのるプロジェクト」が運営するカフェ。

野菜と果物のミックススムージーや、野菜のジェラート、北海道産小麦をつかったオリジナルコッペパンのサンドウィッチを提供している。

カフェにはショップスペースを併設し、日本各地の食の名産品を販売。

イートインだけでなくテイクアウトで利用できるので、買った食事やドリンクをテラスガーデンに持ち込みして、ピクニック気分でランチするのも楽しい。

みのりカフェの店舗情報
営業時間:10:30-23:00(ラストオーダーは22:00)
場所:銀座三越 9F 銀座テラス内
電話番号:03-5524-3127

銀座三越の行き方・アクセス

銀座三越の地下入口銀座三越の地下入口

銀座三越は、休日は歩行者天国になる中央通りと、晴海通りが交差する銀座4丁目交差点に面する。

銀座駅・東銀座駅とB1Fが直結し、雨の日でもぬれずにたどり着ける。

JR有楽町駅から来る場合、数寄屋橋交差点から晴海通りを東銀座方面に歩くと、左に見えてくる。
晴海通りをはさんで向かいに、2016年9月にオープンした銀座プレイスがあるので目印になる。

銀座三越の基本情報
住所:東京都中央区銀座4-6-1
電話番号:03-3562-1111
公式ウェブサイト:銀座三越 公式サイト
最寄り駅からのアクセス:東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」直結/東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」9番出口から徒歩約5分/都営浅草線・東京メトロ日比谷線「東銀座駅」銀座駅方面地下通路経由で徒歩約2分/JR「有楽町駅」中央口・銀座口から徒歩約9分

銀座三越の周辺スポット

銀座三越がある銀座4丁目交差点は、いわゆる銀座の中心。銀ぶらにちょうどいい。

中央通りをはさんで向かいに、銀座のシンボル「和光の時計塔」や、あんぱんの木村屋總本店があり、来るたび、つい「あんバターホイップ」を買ってしまう。

松屋銀座

銀座中央通り沿いにある松屋銀座の建物松屋銀座の建物

中央通り沿いの銀座三越のとなりに、老舗百貨店の松屋銀座がある。

松屋銀座7Fのデザインコレクションは、セレクトショップの草分け。
日本デザインコミッティーのメンバーが厳選した商品だけがならび、大切な人への間違いないギフトを探しに来られる。

銀座プレイス

銀座4丁目交差点から見た銀座プレイスの建物銀座プレイスの建物

晴海通りをはさんで向かいに、2016年9月24日(土)にオープンした銀座プレイスがある。

銀座プレイスには、日産とソニー、日本を代表する2大企業のショールームやギャラリーがあり、無料で見学できる。

ギンザシックス

ギンザシックスの外観ギンザシックスの外観

中央通りを新橋駅方面に3分ぐらい歩くと、2017年4月20日(木)にオープンしたギンザシックスがある。

ギンザシックスのイベントは、6Fの銀座蔦屋書店内にあるイベントスペースやギャラリーで行う。

東急プラザ銀座

数寄屋橋交差点から見た東急プラザ銀座の建物東急プラザ銀座の建物

晴海通りを数寄屋橋交差点に向かって5分ぐらい歩くと、2016年3月にオープンした東急プラザ銀座が左に見えてくる。

東急プラザ銀座のイベントは、2019年3月13日(水)〜7月2日(火)まで、1~3Fのメトアギンザで「Energy-Sharing City つながる、シェアする、都市のエネルギー」を開催する。

銀座ソニーパーク(旧銀座ソニービル)

銀座ソニーパークの外観銀座ソニーパークの外観

東急プラザ銀座から外堀通りをはさんで向かいにあった銀座ソニービルは、2017年3月31日(金)で閉館。

跡地には、2018年8月9日(木)に銀座ソニーパークがオープンした。

東京交通会館

ピロティ側から見た東京交通会館東京交通会館の入口

JR有楽町駅の京橋口の前に、14店舗のアンテナショップが入っている東京交通会館がある。
銀座三越から徒歩8分ぐらい。

東京交通会館のセール・イベントは、3Fのグリーンルームや12Fのダイヤモンドホール・カトレアサロンで、ファミリーセールを開催する。

歌舞伎座

正面から見た歌舞伎座と歌舞伎座タワー歌舞伎座と歌舞伎座タワー

晴海通りを東銀座駅まで5分ぐらい歩くと、東銀座駅に隣接して歌舞伎座がある。

歌舞伎座の公演は、月替わりで行い、B2Fのお土産街 木挽町広場や、5Fの屋上庭園、4Fの回廊 想い出の歌舞伎座は、無料で見学できる。

築地本願寺

築地本願寺の本堂の外観築地本願寺の本堂

歌舞伎座を通り過ぎて、晴海通りを築地駅方面に歩くと、築地本願寺が左に見えてくる。
銀座三越から徒歩12分程度。

築地本願寺見学の見どころは、建築家の伊東忠太博士が設計した古代インド仏教様式の建物と、本堂や中庭に10体以上点在する幻獣や動物の像たち。