銀座三越の今日の催事・イベント情報と見どころ3選

銀座4丁目交差点から見た銀座三越

銀座三越は、1930年のオープンから80年以上、銀座のランドマークでい続けている老舗の百貨店。
銀座4丁目交差点に面していて、日本橋三越と同じようにライオン像がお出迎えしてくれる。

伝統があるだけでなく、空港型市中免税店「ジャパンデューティーフリーギンザ」を2016年1月にオープンしたなど、革新にもチャレンジしている。

イベントや催事は、9Fの銀座テラスや、7Fの催物会場などで行われる。

スポンサーリンク







銀座三越の今日の催事・イベント情報

2017年9月20日(水)~26日(火)まで7Fのギャラリーで「加賀伝統九谷会 技法から伝わる今」が開催。
13名の作家による九谷焼の器が展示されていたり、絵付け実演を見学できる。

銀座三越の今後の催事・イベント予定

2017年9月27日(水)〜10月1日(日)まで9Fの銀座テラス/テラスコートで「メディコム・トイ・インギンザ」が開催されて、ベアブリックなど、メディコム・トイのフィギュアやおもちゃが展示される。

また、2017年9月27日(水)~10月2日(月)まで7Fの催物会場で「セール 半期に一度の銀座婦人靴・ハンドバッグバザール」が開催。
フェミニン&キュートとエレガンスが、スタイル別に特集される。

2017年9月27日(水)~10月3日(火)まで7Fのギャラリーで「草間彌生と現代アート版画展」が開催。
草間彌生さんをはじめとして、村上隆さんやミヤケマイさんなど、複数の現代アーティストによる版画が展示される。

2017年10月2日(月)に9Fの銀座テラス/テラスコートで「中央区観光商業まつり」が開催される。

2017年10月4日(水)~9日(月)まで7Fの催物会場で「セール 秋のレディースファッションバザール」が行われて、「ベビー・マタニティ&キッズバザール」が同時開催される。

2017年10月7日(土)~9日(月)まで9Fの銀座テラスで「ゆるスポ百貨店ツアー2017」が開催。
尻文字で対戦するスポーツ「オシリウスの塔」や、声で紙相撲の力士を動かす「トントンボイス相撲」など、ゆるスポーツを体験できる。

2017年10月4日(水)~10日(火)まで7Fのギャラリーで「野口悦士・中澤希水 二人展 陶と書」が開催。
陶芸家の野口悦士さんの焼き物と、書道家の中澤希水さんの書が合同展示される。

2017年10月11日(水)~16日(月)まで7Fの催物会場で「セール 三越 紳士ファッション大市」が開催される。

2017年10月11日(水)~17日(火)まで7Fのギャラリーで「篠田桃紅 作品展」が開催されて、104歳の美術家「篠田桃紅」さんの墨と筆による作品が展示される。

2017年10月18日(水)~23日(月)まで7Fの催物会場で「食のイタリアフェア」が開催される。

2017年10月18日(水)~24日(火)まで7Fのギャラリーで「瀬戸國勝 漆の世界」が開催。
輪島の漆工芸家「瀬戸國勝(せとくにかつ)」さんの漆器が展示される。

2017年10月25日(水)~30日(月)まで7Fの催物会場で「セール レディスフィットネス&
スイムウエアビッグバザール」が開催される。

2017年10月25日(水)~31日(火)まで7Fのギャラリーで「佐野公代 世界のトンボ玉コレクション」が開催。
佐野公代さんが世界中から収集したアンティークのガラス玉が展示される。

2017年10月26日(木)~30日(月)まで9Fの銀座テラス/テラスコートで「銀茶会 学生創作茶席」が行われて、銀座テラス/テラスルームで「陸前高田展」が開催される。

銀座三越の過去の代表的な催事・イベント

2017年7月26日(水)~8月10日(木)まで7Fの催物会場と9Fの銀座テラスで「スヌーピー in 銀座 2017」が開催されて、さまざまなジャンルのスヌーピーグッズが販売された。

また、2017年4月19日(水)~5月9日(火)まで9Fの銀座テラス・テラスコートで「美女と野獣」の世界展が開催されて、映画の衣装が展示された。

2017年1月17日(火)~23日(月)まで9Fの銀座テラスで「昭和元禄落語心中展」が行われて、マンガのネームや原稿が展示された。

2016年10月5日(水)~18日(火)まで同じく9Fの銀座テラスで「スーパー歌舞伎II ワンピースの世界展」が開催されて、ルフィの舞台衣装が展示された。

スヌーピー in 銀座 2017(終了)

銀座三越9Fの銀座テラスにあったスヌーピー in 銀座 2017のフォトスポット

9Fの銀座テラスにあったスヌーピー in 銀座 2017のフォトスポット

毎年恒例で今回が19回目のスヌーピーと銀座三越の催事。

2017年のテーマは「おとぎ話」で、ジャックと豆の木や不思議の国のアリスなど、13作品の登場人物になりきるスヌーピーとピーナッツの仲間たちのポスターが展示された。

銀座三越9Fの銀座テラスにあったスヌーピー in 銀座 2016のフォトスポット

スヌーピー in 銀座 2016のフォトスポット

ちなみに2016年のテーマは「にっぽんおいしい体験記」で、田植えや醤油づくりなど、スヌーピーたちが日本の伝統的な職業体験をしている様子が描かれたポスターが、12枚展示された。

銀座三越7Fの催物会場で開催されたスヌーピー in 銀座 2017の会場内

7Fの催物会場で開催されたスヌーピー in 銀座 2017の会場内

もちろんメインはグッズ販売で、テーマにちなんだイベントオリジナルグッズなど、雑貨や生活道具、スイーツまで、7Fの催物会場をありとあらゆるスヌーピーグッズが埋めつくしている。
例年、会期より前に売り切れてしまうグッズがあるので、目的の商品は早めに購入したい。

また、8月10日(木)はスヌーピーの誕生日で、2017年8月8日(火)〜10日(木)の3日間だけバースデイケーキが販売された。

六本木のスヌーピーミュージアムで、2017年7月12日(水)〜8月10日(木)まで「スヌーピーのバースデー・フェア!」が行われて、お祝いにはしごするのもおもしろい。

  • 開催期間:2017-7-26(水)~2017-8-10(木)
  • 会場:銀座三越 7F催物会場 9F銀座テラス
  • 入場料金:無料

「美女と野獣」の世界展(終了)

銀座三越9Fの銀座テラスで開催されていた「美女と野獣」の世界展のフォトスポット

「美女と野獣」の世界展のフォトスポット

ディズニーの実写映画「美女と野獣」が、2017年4月21日(金)に公開されたことを記念して行われた催事。

会場に展示スペースとショップスペースが登場した。

「美女と野獣」の世界展の会場内に展示されていたキャラクター・キャスト紹介パネル

「美女と野獣」の世界展の会場内に展示されていたキャラクター・キャスト紹介パネル

展示スペースには、美女と野獣の映画衣裳や、燭台のルミエールと置き時計のコグスワース、キャラクターとキャストを紹介するパネルなどが展示された。

「美女と野獣」の世界展に展示されていた映画衣装

「美女と野獣」の世界展に展示されていた映画衣装

展示された映画衣装は、ベルと野獣の衣装に加えて、作中に登場するガラスドームに入った一輪のバラ。
野獣の衣装は野獣の巨大さを物語っていて、ベルの黄色いドレスは女性なら誰もがあこがれそう。

「美女と野獣」の世界展に展示されていた燭台のルミエールと置き時計のコグスワース

「美女と野獣」の世界展に展示されていた燭台のルミエールと置き時計のコグスワース

ルミエールとコグスワースは、今にも動き出しそうな精密さで、工芸品として鑑賞できる。

「美女と野獣」の世界展のショップスペース

「美女と野獣」の世界展のショップスペース

ショップスペースには、ティーポットやマグカップなど、映画のキャラクターがそのまま飛び出したようなグッズや、ヘアアクセサリーやパラソルなど、美女と野獣の華やかな世界観を再現したファッションアイテムが販売された。

休日は人であふれかえっていたが、映画を観に行く前の予習に訪れられる。

  • 開催期間:2017-4-19(水)~2017-5-9(火)
  • 会場:銀座三越 9F 銀座テラス・テラスコート
  • 入場料金:無料

昭和元禄落語心中展(終了)

銀座三越9Fの銀座テラスにあった昭和元禄落語心中展の入口

昭和元禄落語心中展の入口

雲田はるこさんのマンガ「昭和元禄落語心中」の展覧会。
昭和元禄落語心中はアニメ化されていて、テレビアニメ「昭和元禄落語心中 助六再び篇」が、2017年1月6日(金)から放送開始された。

この展覧会では、コミックスの表紙イラストをはじめとして、マンガの原稿やネームが80枚以上展示された。
入場無料なのに、会場内は本格的な原画展になっていて、じっくり鑑賞できる。

昭和元禄落語心中展に併設されていたショップスペース

昭和元禄落語心中展に併設されていたショップスペース

また、ショップが併設されて、複製原画やオリジナルグッズ、主要キャラクターの与太郎・八雲・助六が作中で着用していたゆかたが販売された。

帰る前に寄席の高座が再現されたフォトスポットで、座布団に座って記念撮影していきたい。

2017年1月21日(土)にテレビアニメ「昭和元禄落語心中」の声優によるトークイベントが行われたり、雲田はるこさんのサイン会が行われて、マンガやアニメのファンは、よだれが出そうな催事。

  • 開催期間:2017-1-17(火)〜2017-1-23(月)
  • 会場:銀座三越 9F 銀座テラス・テラスコート
  • 入場料金:無料

スーパー歌舞伎II ワンピースの世界展(終了)

2016年10月18日(火)まで銀座三越9Fの銀座テラスで開催されていた「スーパー歌舞伎II ワンピースの世界展」の会場内

「スーパー歌舞伎II ワンピースの世界展」の会場内

尾田栄一郎さんによるマンガ「ワンピース」をテーマに、シネマ歌舞伎が映画館で上映開始されたことを記念して開催されたイベント。

ワンピースは、過去に四代目市川猿之助さんらが演じた歌舞伎との異色コラボ「スーパー歌舞伎 ワンピース」が話題になった。

この展覧会では、シネマ歌舞伎のルフィの舞台衣装が4種類展示されたり、シネマ歌舞伎のダイジェスト映像やメイキング映像がモニターに上映されたり、記念撮影できるフォトスポットが登場した。

ルフィの舞台衣装は、もちろんマンガで着ている服とはちがうが、ルフィが着ていてもおかしくないぐらいキャラクターのイメージにマッチしている。

また、会場内に歌舞伎屋が併設されて、歌舞伎グッズが販売された。
この催事を見逃してしまった場合、銀座歌舞伎座の観光見学スポットであるB2Fのお土産商店街 木挽町広場で、歌舞伎グッズが販売されている。

  • 開催期間:2016-10-5(水)~2016-10-18(火)
  • 会場:銀座三越 9F 銀座テラス・テラスコート
  • 入場料金:無料

銀座三越の見どころ3選

銀座三越のB1Fにあるフロアガイド

銀座三越のB1Fにあるフロアガイド

銀座三越は地下4階から地上12階建て。
B2〜B3Fでデパ地下めぐりをしたり、1〜6Fのファッションフロアでショッピングしたり、11〜12Fのレストラン街で食事したりできる。

おすすめの見どころは、7Fのジャパンエディション、8Fの免税店 ジャパンデューティーフリーギンザにあるザ・エイトハンドレッドハンズ・ジャパニーズビューティ、9Fの銀座テラスの3つ。

7Fの催物会場とギャラリーで、代わる代わるイベントや催事が行われているので、7〜9Fは銀座三越に来るたびにのぞきたい。

また、B2Fのデパ地下に、2017年3月10日(金)にティーセレクトショップのGINZAティーがオープンして、2017年3月22日(水)にショコラセレクトショップのGINZAショコラがオープンしていて、バイヤー厳選のお茶とチョコが販売されている。

ジャパンエディション

銀座三越7Fにあるジャパンエディションのコーナー

銀座三越7Fにあるジャパンエディションのコーナー

ジャパンエディションは、2015年10月にオープンした銀座三越の7Fにあるコーナー。

銀座通り側の上りのエスカレーターをおりると、和をテーマにしたインスタレーションが展示されていて、まわりをかこむように、日本の美をテーマに集められた伝統工芸品が販売されているショップスペースがある。

7Fはリビングフロアなので、販売されているのは、焼きものの食器や、お箸などのカトラリー、キッチン用品など、テーブル雑貨や生活道具が中心。

美しい伝統工芸品は、ウィンドウショッピングがまるで展覧会鑑賞のよう。
ながめているだけで気分が華やいで、ふだんの暮らしのワンポイントに彩りを加えたくなる。

季節にあわせてさまざなフェアや催事が行われるので、こまめにのぞいて、その度に日本の良さを再確認したい。

直近のイベントとして、2017年9月20日(水)~26日(火)まで「廣瀬染工場」が特集されて、江戸小紋のストールが販売されている。
また、2017年9月20日(水)~10月3日(火)まで「広瀬一郎のみたて」が開催。ギャラリー 桃居 オーナーの広瀬一郎さんが選ぶ茶器が展示されている。

  • 営業時間:10:30-20:00
  • 場所:銀座三越 7F

空港型市中免税店 ジャパンデューティーフリーギンザ

銀座三越8Fにある空港型市中免税店 ジャパンデューティーフリーギンザのフロア

銀座三越8Fにある空港型市中免税店 ジャパンデューティーフリーギンザのフロア

ジャパンデューティーフリーギンザは、沖縄以外で日本初の空港型市中免税店として、2016年1月にオープンしたフロア。

空港型市中免税店とは、市中でも空港の免税店と同じように免税が受けられるお店のことで、買った商品は成田空港か羽田空港に届けられて、預かってもらえる。

ここまでは訪日観光客にしか関係なさそうだが、ジャパンデューティーフリーギンザにある「ザ・エイトハンドレッドハンズ・ジャパニーズビューティ」のゾーンは、度々訪れたくなる。

  • 営業時間:10:30-20:00
  • 場所:銀座三越 8F
  • 電話番号:03-5159-3400

ザ・エイトハンドレッドハンズ・ジャパニーズビューティ

空港型市中免税店 ジャパンデューティーフリーギンザ内にあるザ・エイトハンドレッドハンズ・ジャパニーズビューティのゾーン

空港型市中免税店 ジャパンデューティーフリーギンザ内にあるザ・エイトハンドレッドハンズ・ジャパニーズビューティのゾーン

たくさんの職人の手でつくられた「日本の美しさ」を紹介するというコンセプトで、展示されている商品が本当にいいものだけに厳選されているゾーン。

たくさんという意味の八百(やお)にちなんで、たくさんの職人の手のことが、エイトハンドレッドハンズと表現されている。

ゾーン内に、東京手仕事・グッドデザイン賞 受賞商品・伝統工芸品・工業製品、4つのコーナーがある。
各コーナーにある縦長のモニターに、チームラボのデジタルアート作品が投映されていて、古さと新しさが融合した空間。

爆買いが落ち着いて、免税店フロアだけど混雑していないのがうれしい。

ただ、あくまで免税店フロアなので、成田空港か羽田空港から1カ月以内に出国する予定があって、パスポートと航空券を提示しないと買い物できない。

博物館の展示品をながめるように、数々の名品をウィンドウショッピングして、お気に入りを見つけるためのショーウインドーとして利用したい。

  • 営業時間:10:30-20:00
  • 場所:銀座三越 8F ジャパンデューティーフリーギンザ内

銀座テラス

銀座三越9Fの銀座テラスにあるテラスガーデンから見える越の字の看板

銀座三越9Fの銀座テラスにあるテラスガーデンから見える越の字の看板

銀座テラスは、銀座三越の9Fにある休憩広場。
屋上庭園のテラスガーデンや、みのる食堂とみのりカフェの2つの飲食店、催事が行われるイベントスペースのテラスコートなどがある。

屋外にも屋内にも自由に休憩できるベンチやソファが設置されていて、屋内にひっそりと喫煙所がある。

また、銀座テラスは子供や赤ちゃんと一緒の場合に特におすすめで、フロア内に親子休憩室や授乳室、オムツ交換室に託児所まで完備されていることに加えて、みのる食堂とみのりカフェはベビーカーで入店できて、至れり尽くせり。

その分、休日やお昼どきは混雑するので、すこし時間をズラしていくと、ゆったりできる。

  • 営業時間:10:30-20:00
  • 場所:銀座三越 9F

テラスガーデン

銀座三越9Fの銀座テラスにあるテラスガーデン

銀座三越9Fの銀座テラスにあるテラスガーデン

テラスガーデンは、芝生広場のまわりにウッドデッキが敷かれている屋上庭園。

芝生とウッドデッキの境目が横長のベンチになっていて、オープンエアの開放的な空間でひと休みできる。

ウッドデッキからは、銀座の街を高さ約30メートルから見下ろせて、散歩するのも気持ちがいい。

銀座三越9Fのテラスガーデンにある銀座出世地蔵尊と三囲神社銀座摂社

銀座三越9Fのテラスガーデンにある銀座出世地蔵尊と三囲神社銀座摂社

また、テラスガーデンには、屋上農園のテラスファームがあったり、向島にある三囲神社の分社である三囲神社銀座摂社があって、お参りまでできてしまう。

安置されている銀座出世地蔵尊は、開運や出世、延命、商売繁盛などにご利益がある。

みのる食堂

銀座三越9Fの銀座テラスにあるみのる食堂の入口

銀座三越9Fの銀座テラスにあるみのる食堂の入口

みのる食堂は、国産食材の和洋食メニューが提供されている食堂。
マルシェを開催したり、フリーペーパーを発行している「みのりみのるプロジェクト」が運営している。

屋内の座席に加えて、テラスガーデンに面した開放的なオープンテラスがあって、席と席の間のスペースにゆとりがあるので、ベビーカーでもラクラク入店できる。

ランチは、お惣菜・ごはん・お味噌汁・ドリンクが付いた定食メニューで、お子様セットもある。

ティータイムは、いろんな種類の日本茶や、国産フルーツのジュース、スイーツなどが提供されている。

ディナーは、おつまみメニューが豊富で、国産ワインやビールを飲める。

  • 営業時間:11:00-23:00(ランチラストオーダーは15:00、ディナーラストオーダーは22:00)
  • 場所:銀座三越 9F 銀座テラス内
  • 電話番号:03-5524-3128

みのりカフェ

銀座三越9Fの銀座テラスにあるみのりカフェ

銀座三越9Fの銀座テラスにあるみのりカフェ

みのる食堂と同じく、みのりみのるプロジェクトが運営しているカフェ。

野菜と果物のミックススムージーや、野菜のジェラート、北海道産小麦をつかったオリジナルコッペパンのサンドウィッチなどが提供されている。

また、ショップスペースが併設されていて、日本各地の名産品や、オリジナルグッズが販売されている。

みのりカフェは、イートインだけでなくテイクアウトできて、買った食事やドリンクをテラスガーデンに持ち込みして、ピクニック気分でランチできる。

  • 営業時間:10:30-23:00(ラストオーダーは22:00)
  • 場所:銀座三越 9F 銀座テラス内
  • 電話番号:03-5524-3127

銀座三越の行き方・アクセス

銀座三越の地下入口

銀座三越の地下入口

銀座三越は、休日は歩行者天国になる中央通りと晴海通りが交差する銀座4丁目交差点に面している。

銀座駅、東銀座駅とB1Fが直結していて、雨の日でもぬれずにたどり着ける。

JR有楽町駅から来る場合、数寄屋橋交差点から晴海通りを東銀座方面に歩くと、左に見えてくる。
晴海通りをはさんで向かいに2016年9月にオープンした銀座プレイスがあるので目印になる。

  • 住所:東京都中央区銀座4-6-1
  • 電話番号:03-3562-1111
  • 公式ウェブサイト:銀座三越 公式サイト
  • 最寄り駅からのアクセス:
    • 東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」直結
    • 東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」9番出口から徒歩約5分
    • 都営浅草線・東京メトロ日比谷線「東銀座駅」銀座駅方面地下通路経由で徒歩約2分
    • JR「有楽町駅」中央口・銀座口から徒歩約9分

銀座三越の周辺スポット

銀座三越がある銀座4丁目交差点は、銀座の中心で、銀ぶらにちょうどいい。

中央通りをはさんで向かいに、銀座のシンボルである和光の時計塔や、あんぱんの木村屋總本店があって、来るたび、つい「あんバターホイップ」を買ってしまう。

松屋銀座

銀座中央通り沿いにある松屋銀座の外観
中央通り沿いの銀座三越のとなりに、老舗百貨店の松屋銀座がある。

松屋銀座のデザインコレクションは、7Fにあるセレクトショップの草分け。
日本デザインコミッティーのメンバーが選んだ厳選の商品だけがならんでいるので、日常の生活に彩りを加えたり、大切な人への間違いないギフトを探しに来られる。

銀座プレイス

銀座プレイスの建物
晴海通りをはさんで向かいに、2016年9月24日(土)にオープンした銀座プレイスがある。

銀座プレイスには、日産とソニー、日本を代表する2つの企業のショールームやギャラリーが入っていたり、飲食店が7店舗ある。

ギンザシックス

ギンザシックスの外観
中央通りを新橋駅方面に3分ぐらい歩くと、2017年4月20日(木)にオープンしたギンザシックスがある。

ギンザシックスのイベントは、6Fの銀座蔦屋書店内にあるイベントスペースやギャラリーなどで行われる。

東急プラザ銀座

東急プラザ銀座の建物
晴海通りを数寄屋橋交差点に向かって5分ぐらい歩くと、2016年3月にオープンした東急プラザ銀座が左に見えてくる。

東急プラザ銀座のイベントは、2017年6月21日(水)~10月13日(金)まで1~3Fのメトアギンザで「Feel the Communication in Ginza 心までつたえる、先進コミュニケーション技術」が開催されている。

銀座ソニービル(閉館)

銀座ソニービルの建物
東急プラザ銀座の通りをはさんで向かいにあった銀座ソニービルは、2017年3月31日(金)で閉館した。

2018年夏頃、銀座ソニーパークが跡地にオープンする予定。

東京交通会館

東京交通会館の建物
JR有楽町駅の京橋口の前に、14店舗のアンテナショップが入っている東京交通会館がある。
銀座三越から徒歩8分ぐらい。

東京交通会館のセール・イベントは、3Fのグリーンルームや、12Fのダイヤモンドホールとカトレアサロンで、ファミリーセールなどが開催される。

歌舞伎座

歌舞伎座の建物
晴海通りを東銀座駅まで5分ぐらい歩くと、東銀座駅に隣接して歌舞伎座がある。

歌舞伎座の公演は、月替わりで行われていて、B2Fのお土産街 木挽町広場や、5Fの屋上庭園、4Fの回廊~想い出の歌舞伎座~は、無料で見学できる。

おすすめ無料イベント
2017年9月25日 開催中
アイ オブ ジャイルで開催されているJapanese Kogei Future Forward 工芸未来派ーBridge Art and Craft 工芸ブリッジーに展示されている桑田卓郎さんの作品

ジャイル

Japanese Kogei Future Forward 工芸未来派

8月23日(水)〜9月27日(水)

ギンザシックス6Fの銀座蔦屋書店のスターバックス前展示スペースで開催されている「Q BRICK by 水江未来 Exhibition」の展示作品

ギンザシックス

Q BRICK by 水江未来 Exhibition

8月17日(木)~9月28日(木)

ギンザシックス6Fの銀座蔦屋書店内にあるTHE CLUBで開催されている「青ぞらのはてのはて」の展示作品

ギンザシックス

青ぞらのはてのはて

7月14日(金)~9月29日(金)

フジフイルムスクエアの写真歴史博物館で開催されているインターフェイス 写真家・東松照明を見るの会場内にある東松照明さんの等身大パネル

東京ミッドタウン

インターフェイス 写真家・東松照明を見る

7月1日(土)~9月30日(土)

シュウゴアーツで開催されている「イケムラレイコ あの世のはてに」の会場内に展示されている絵画

コンプレックス665

イケムラレイコ あの世のはてに

9月9日(土)〜10月7日(土)

タカ・イシイギャラリーで開催されている野口里佳「海底」の会場内に展示されている写真パネル

コンプレックス665

野口里佳「海底」

9月9日(土)〜10月7日(土)

渋谷ヒカリエ 8Fのd47 MUSEUMで開催されているNIPPONの47人 2017 これからの暮らしかた—Off-Grid Life—の会場内

渋谷ヒカリエ

NIPPONの47人 2017 これからの暮らしかた

8月3日(木)〜10月9日(月)

メトアギンザで開催されているFeel the Communication in Ginzaの2Fで上映されているInto the future

東急プラザ銀座

Feel the Communication in Ginza

6月21日(水)~10月13日(金)

小山登美夫ギャラリーで開催されているサイトウマコト「2100」の会場内

コンプレックス665

サイトウマコト「2100」

9月9日(土)〜10月14日(土)

11エリア
六本木通りにあるROPPONGIという文字の看板

六本木6スポット

アートの街、六本木。国立新美術館や、2大ランドマークの六本木ヒルズと東京ミッドタウンにアート施設が点在する。

歩道橋の上から見た表参道の並木道

表参道8スポット

おしゃれの発信地、表参道。
表参道沿いに、表参道ヒルズなどの複合商業施設や、高級ブティックの路面店がならぶ。

渋谷駅のハチ公口にあるハチ公像

渋谷3スポット

センター街やSHIBUYA109など、若者の街のイメージが根強い渋谷だが、奥渋谷や神南は大人が知的に楽しめる。

代官山アドレスの前にあるオブジェ

代官山4スポット

渋谷からすこし離れただけなのに、落ち着きがあって、のんびりした雰囲気の代官山。ハイセンスなショップが集まる。

恵比寿駅の西口にある恵比寿像

恵比寿・目黒3スポット

恵比寿の地名は、かつてヱビスビールの工場があったことに由来していて、工場跡地に恵比寿ガーデンプレイスがある。

銀座4丁目交差点から見た銀座和光の時計塔

銀座9スポット

銀ぶらという言葉のとおり、ぶらぶらウィンドウショッピングできる街。2017年4月にギンザシックスがオープンした。

丸の内仲通りの通路と樹木

丸の内4スポット

レトロな赤レンガの東京駅を商業施設がかこみ、古さと新しさが融合した街並み。ビジネス街だが、皇居に近くて緑が豊か。

日本橋の橋の途中にある麒麟の像

日本橋3スポット

江戸情緒あふれる商人の城下町。老舗百貨店の高島屋と三越や、日本銀行本店、三井本館は重要文化財に指定されている。

上野公園にある西郷隆盛像

上野4スポット

JR上野駅の目の前にある上野公園は、東京国立博物館と国立西洋美術館の2大ミュージアムなど、美術館や博物館が集まる。

お台場海浜公園から見たレインボーブリッジ

お台場9スポット

お台場は、海と砂浜をのぞめるウォーターフロントの観光地。無料巡回バス「東京ベイシャトル」で効率的にまわりたい。

JR池袋駅の北改札の近くにあるいけふくろうの像

池袋3スポット

CMソングのとおり、東口に西武、西口に東武がある不思議な池袋。ランドマークは、高くそびえるサンシャイン。