東急プラザ銀座の今日のイベント情報と5フロアのガイド

 
数寄屋橋交差点から見た東急プラザ銀座の外観

2016年3月にモザイク銀座阪急の跡地にオープンし、2年が過ぎた東急プラザ銀座。

江戸切子をモチーフにした銀座らしいラグジュアリーな建物で、早くも新たな銀座のランドマークになりつつある。

イベントは、6Fのキリコラウンジや屋上のキリコテラス、1〜3Fにある三菱電機のイベントスペース メトアギンザで開催する。

スポンサーリンク






  

東急プラザ銀座の今日のイベント情報

2018年3月6日(火)~6月28日(木)まで1~3Fのメトアギンザで、スムースな都市生活の流れを体感できる展覧会「Smooth Access City 都市の未来へ、行ってみよう」を開催している。

Smooth Access City 都市の未来へ、行ってみよう

東急プラザ銀座1〜3Fのメトアギンザで開催している「Smooth Access City 都市の未来へ、行ってみよう」の1Fに展示しているウェルカムネオンマップ

「Smooth Access City 都市の未来へ、行ってみよう」の1Fに展示しているウェルカムネオンマップ

Smooth Access Cityは、スムースな未来の都市をテーマにした展覧会。
1〜3Fにある三菱電機のイベントスペース メトアギンザで開催している。

1Fには、都市の暮らしをスムースにする技術や製品が、ネオンサインで表現。
これからはじまる展示に期待がふくらむ。

「Smooth Access City 都市の未来へ、行ってみよう」の2Fで上映しているSmooth Access Innovation

2Fで上映しているSmooth Access Innovation

2Fには、4〜5つのジオラマビジョンを設置し、ジオラマビジョンに表示される問題を解決するアイテムを置くと、結果が64面ディスプレイに連動して表示。
5つの問題をすべてクリアすると、画面いっぱいに祝福の紙吹雪が舞う。

「Smooth Access City 都市の未来へ、行ってみよう」の3Fで上映しているネイキッドによるプロジェクションマッピング

3Fで上映しているネイキッドによるプロジェクションマッピング

3Fには、都市模型に投映するネイキッドによるプロジェクションマッピングのシンボル展示に加え、フルフラット改札や、超高速エレベーターをホンモノさながらに体験できる。

近い未来に実現するスムースでボーダーレスな都市に、実際に遊びに来た気分で楽しみたい。

Smooth Access Cityのイベント概要
開催期間:2018-3-6(火)~2018-6-28(木)
時間:11:00-21:00
会場:東急プラザ銀座 1〜3F メトアギンザ
イベント公式ページ:Smooth Access City 都市の未来へ、行ってみよう
入場料金:無料

東急プラザ銀座の今後のイベント予定

2018年6月20日(水)~9月30日(日)まで、屋上のキリコテラスに「プールサイド ビアガーデン ホワイトアンドスカイ」を期間限定でオープンする。

プールサイド ビアガーデン ホワイトアンドスカイ

東急プラザ銀座の屋上 キリコテラスに期間限定でオープンしたビアガーデン ホワイトアンドスカイの店内

ビアガーデン ホワイトアンドスカイの店内

ホワイトアンドスカイは、屋上キリコテラスのウォーターサイドに期間限定でオープンする恒例のビアガーデン。

プールを中心に、真っ白な壁と床が広がり、ビーチリゾートのような雰囲気。
プールをかこむように設置された座席は、テーブル席に加え、優雅なソファ席まである。

フードメニューは、11Fのギリシャレストラン「ザ・アポロ」とコラボ。
3種のディップがついたピタブレッドや、ギリシャ産オリーブ、チキンローストをバスケットに詰めて提供する。

毎週金曜日と土曜日にDJイベントや音楽パーティーを開催し、週末は夏フェスさながら。

開放的な夜空の下でプールの水がキラキラと輝き、ロケーションも料理も、ビアガーデンという言葉から感じるイメージとはかけ離れた非日常の体験ができる。

ホワイトアンドスカイの店舗情報
開催期間:2018-6-20(水)~2018-9-30(日)
会場:東急プラザ銀座 屋上 キリコテラス
住所:東京都中央区銀座5-2-1
イベント公式ページ:ビアガーデン ホワイトアンドスカイ

東急プラザ銀座の過去の代表的なイベント

東急プラザ銀座で開催していたあてやかモノガタリ。BONSAI Meets JAPAN, Againの展示作品

あてやかモノガタリ。BONSAI Meets JAPAN, Againの展示作品

2018年4月23日(月)〜5月13日(日)まで、6Fのキリコラウンジで「あてやかモノガタリ。BONSAI Meets JAPAN, Again」を開催。
盆栽師・平尾成志さんによるBONSAIアートを、館内4カ所(3F・4F・6F)に展示した。

東急プラザ銀座で開催しているキリコ ザ・ミュージアム「ブルーミングフラワー」の展示作品

キリコ ザ・ミュージアム「ブルーミングフラワー」の展示作品

2018年3月7日(水)〜4月15日(日)まで、館内各所でキリコ ザ・ミュージアム「ブルーミングフラワー」を開催。
アンディ・ウォーホルさんや荒木経惟さんらによる、花をテーマにした現代アートを約30点展示し、自由に鑑賞できる回遊型ミュージアム。

東京プラザ銀座6Fのキリコラウンジにオープンした「東京2020オフィシャルショップ」の店内

「東京2020オフィシャルショップ」の店内

2018年2月1日(木)〜3月18日(日)まで、6Fのキリコラウンジに「東京2020オフィシャルショップ」がオープン。
東京2020公式ライセンス商品や、2018平昌冬季オリンピック大会の応援グッズを販売した。

2017年10月20日(金)~2018年2月25日(日)まで1~3Fのメトアギンザで、風をテーマにした展覧会「Wind Lab in Ginza 風と遊べるテクノロジー空間」を開催した。

2017年11月10日(金)〜12月25日(月)まで、B2Fのエントランスと6Fのキリコラウンジで「東急プラザ銀座クリスマス」を開催した。

2017年6月21日(水)~10月13日(金)まで、1~3Fのメトアギンザで「Feel the Communication in Ginza 心までつたえる、先進コミュニケーション技術」を開催した。

2017年2月22日(水)~6月14日(水)まで、1~3Fのメトアギンザで「Re-Birth in Ginza 家電リサイクルが創る、出会いと驚きの世界。」を開催した。

2017年3月15日(水)~4月7日(金)まで、東急プラザ銀座の開業1周年を記念して、6Fのキリコラウンジにインスタレーション「BLOOM DANCE」を設置した。

2016年9月29月(木)~2017年2月15月(水)まで、1〜3Fのメトアギンザで「Robotic Art in Ginza ものづくりロボットと創るアートの世界」を行った。

2016年7月9月(土)~9月22月(木)まで、1〜3Fのメトアギンザで「Space in Ginza 銀座の中の宇宙」を開催した。

Wind Lab in Ginza 風と遊べるテクノロジー空間(終了)

東急プラザ銀座1~3Fのメトアギンザで開催した「Wind Lab in Ginza 風と遊べるテクノロジー空間」の1Fに展示していたインスタレーション

「Wind Lab in Ginza 風と遊べるテクノロジー空間」の1Fに展示していたインスタレーション

Wind Lab in Ginzaは、「風と遊ぶ」がテーマの三菱電機による展覧会。
三菱電機のイベントスペース メトアギンザの1〜3Fで開催した。

1Fには、三菱のルームエアコン「霧ヶ峰」から吹く風をつかったインスタレーションを展示。
はごろものような帯が、ライティングでさまざまな色に変化しながら風に舞い、風の流れが目に見えているかのよう。

「Wind Lab in Ginza 風と遊べるテクノロジー空間」の2Fで上映した映像作品「Be the Wind」

「Wind Lab in Ginza」の2Fで上映した映像作品「Be the Wind」

2Fでは64面液晶ディスプレイ メトアビジョンで、映像作品「Be the Wind」を上映。
映像の季節にあわせて、扇風機やジェットタオル、換気扇など、いろんな風が実際に吹いてきて心地いい。

「Wind Lab in Ginza 風と遊べるテクノロジー空間」の3Fに展示していたインスタレーション

「Wind Lab in Ginza」の3Fに展示していたインスタレーション

3Fには、風で7つのボールをあやつる作品など、4コーナーを設置。
背後の映像にあわせて、宙に浮くボールは、未来の子供のおもちゃに応用できそう。

ふだんは目に見えない「風」を鑑賞できるのは、新鮮な体験。

Wind Lab in Ginzaのイベント概要
開催期間:2017-10-20(金)~2018-2-25(日)
時間:11:00-21:00
会場:東急プラザ銀座 1〜3F メトアギンザ
入場料金:無料

東急プラザ銀座クリスマス(終了)

東急プラザ銀座クリスマスで6Fのキリコラウンジに展示していた「フレークインスタレーション」

キリコラウンジに展示していた「フレークインスタレーション」

東急プラザ銀座クリスマスは、東急グループとディズニーによる「TOKYU CHRISTMAS WONDERLAND 2017 Disney DREAM MOMENTS」のひとつとして、東急プラザ銀座や渋谷ヒカリエのイベントとして開催したクリスマスプロモーション。

東急プラザ銀座のテーマは、アナ雪こと、アナと雪の女王。

6Fキリコラウンジの高い吹き抜けから、雪の結晶がつららのように重なるインスタレーション「フレークインスタレーション」がつりさがり、江戸切子のようにカットしたキリコラウンジの窓まで氷でできているかのよう。

フレークインスタレーションは、真下に立って、手をふりかざすと特別演出が発生し、まるで自分がエルサの氷の魔法をつかっているみたい。

東急プラザ銀座クリスマスでB2Fのエントランスに設置していた「アイスツリー」

B2Fのエントランスに設置していた「アイスツリー」

B2Fのエントランスに設置していたのは「アイスツリー」。
ブルーのイルミネーションや、青いオーナメントでかざられ、足元に雪だるまのオラフがいる。
見ているだけで凍えてきそう。

東急プラザ銀座クリスマス2016で6Fのキリコラウンジに展示していたクリスマスリース

東急プラザ銀座クリスマス2016でキリコラウンジに展示していたクリスマスリース

ちなみに2016年のテーマは、美女と野獣。
2017年とは対照的に赤がテーマカラーで、キリコラウンジに2,000本以上の造花のバラと、赤いオーナメントでつくった巨大リースを展示した。

東急プラザ銀座クリスマスのイベント概要
開催期間:2017-11-10(金)〜2017-12-25(月)
会場:東急プラザ銀座 B2Fエントランス・6Fキリコラウンジ
観覧料金:無料

Feel the Communication in Ginza 心までつたえる、先進コミュニケーション技術(終了)

東急プラザ銀座1~3Fのメトアギンザで開催したFeel the Communication in Ginzaの1Fに展示していたConnect&Flow

Feel the Communication in Ginzaの1Fに展示していたConnect&Flow

Feel the Communication in Ginzaは、三菱電機のイベントスペース メトアギンザで開催した「コミュニケーション」がテーマの展覧会。

最先端の技術をつかっているが、コミュニケーションのあたたかみを感じる作品を、1〜3Fに展示した。

1Fに展示したのは、Connect&Flow。約50台のタブレットがひもでつながり、逆円すいをカタチどっている。
近づくと、音声と光の矢印で次の順路を案内してくれる。

東急プラザ銀座1~3Fのメトアギンザで開催したFeel the Communication in Ginzaの2Fで上映したInto the future

Feel the Communication in Ginzaの2Fで上映したInto the future

2Fの64面液晶ディスプレイ「メトアビジョン」には、映像作品「Into the future」を上映。
未来の都市を、ホンモノの人間みたいなアバターが動きまわっている。

入口のプリクラ機のようなフォトブースで撮影すると、映像に自分のアバターが登場。
自分のアバターがいる街に花火が打ち上がると、なんだか自分が花火大会を鑑賞しているかのよう。

東急プラザ銀座1~3Fのメトアギンザで開催したFeel the Communication in Ginzaの3Fに展示していたEMIRAI3 xDAS

Feel the Communication in Ginzaの3Fに展示していたEMIRAI3 xDAS

3Fには、三菱電機のコンセプトカー「EMIRAI3 xDAS」を展示したり、自動運転のバーチャル走行を体験できるコーナーがある。

EMIRAI3 xDASは、SF映画に登場する空飛ぶクルマのようなデザイン。
路面ライティング機能でホイールが光っていて、近未来的。

Feel the Communication in Ginzaのイベント概要
開催期間:2017-6-21(水)~2017-10-13(金)
時間:11:00-21:00
会場:東急プラザ銀座 1〜3F メトアギンザ
入場料金:無料

Re-Birth in Ginza 家電リサイクルが創る、出会いと驚きの世界。(終了)

東急プラザ銀座1~3Fのメトアギンザで開催したRe-Birth in Ginzaの1Fに展示していた解体のシャンデリア

Re-Birth in Ginzaの1Fに展示していた解体のシャンデリア

Re-Birth in Ginzaは、家電リサイクルがテーマのイベント。
三菱電機のイベントスペース「メトアギンザ」で開催した。

1Fの展示スペースには、解体した家電のカラフルなアクリルパーツで制作したシャンデリアのような作品を展示。
レトロなシューティングゲームを思い出す、なつかしい色の組み合わせ。

東急プラザ銀座1~3Fのメトアギンザで開催したRe-Birth in Ginzaの2Fで上映していた映像作品「Re-Birth 循環の鼓動を聴く」

Re-Birth in Ginzaの2Fで上映していた映像作品「Re-Birth 循環の鼓動を聴く」

2Fでは64面の液晶ディスプレイに、和太鼓演奏集団「DRUM TAO」による和太鼓演奏と、デジタルアニメーションをミックスした映像作品を上映。
和太鼓の演奏や、舞の踊りにあわせて光の帯がかけめぐり、爽快感がある。

東急プラザ銀座1~3Fのメトアギンザで開催したRe-Birth in Ginzaの3Fにあったシンボルオブジェ

Re-Birth in Ginzaの3Fにあったシンボルオブジェ

3Fには、一定時間で色が変わり、手を振ると無数の光の粒がキラキラ光るオブジェを展示。
古い家電をつかんでいる手のように見えて、おもしろいモチーフ。

家電リサイクルと聞くとちょっと難しそうだが、単純に展示を楽しんで、ついでに家電リサイクルを学ぶぐらいの感覚で気軽に足を運べる。

Re-Birth in Ginzaのイベント概要
開催期間:2017-2-22(水)~2017-6-14(水)
時間:11:00-21:00
会場:東急プラザ銀座 1〜3F メトアギンザ
入場料金:無料

BLOOM DANCE(終了)

東急プラザ銀座6Fのキリコラウンジに設置していたインスタレーション「BLOOM DANCE」

キリコラウンジに設置していたインスタレーション「BLOOM DANCE」

BLOOM DANCEは、東急プラザ銀座の開業1周年を記念して、6Fのキリコラウンジに設置していたインスタレーション。

東京駅のイベントとして、2016年12月1日(木)〜25日(日)まで開催した「東京駅グランルーフ Light on Train」を手がけたヴィジュアルデザインスタジオ「WOW」が制作を協力した。

キリコラウンジに、ピンクの照明でライトアップした3本の透明な柱を設置し、柱の中で花びらのような紙吹雪が風に舞う。
透明な柱がまるで見えない桜の木のようで、一足早い桜吹雪を鑑賞できる。

インスタレーションに加え、会場内に桜の木を設置し、静かにたたずむ桜の美しさと、躍動感あふれる桜吹雪を同時にながめられる。

BLOOM DANCEのイベント概要
開催期間:2017-3-15(水)~2017-4-7(金)
会場:東急プラザ銀座 6F キリコラウンジ
料金:観覧無料

Robotic Art in Ginza ものづくりロボットと創るアートの世界(終了)

東急プラザ銀座1~3Fのメトアギンザで開催したRobotic Art in Ginzaの1Fに展示していたロボットの扇子の舞

Robotic Art in Ginzaの1Fに展示していたロボットの扇子の舞

Robotic Art in Ginzaは、三菱電機のイベントスペース「メトアギンザ」で開催した「ものづくりロボット」のイベント。
1〜3Fの3フロアで開催し、どの階からでも入場できる。

1Fでは、赤と白の無数の折り鶴がつり下がる和テイストのスペースで、ロボットによる扇子の舞を鑑賞できる。
ロボットらしからぬスムーズな動き。

Robotic Art in Ginzaの2Fで上映していた映像作品とロボット

Robotic Art in Ginzaの2Fで上映していた映像作品とロボット

2Fでは、64面液晶マルチディスプレイ「メトアビジョン」に、ロボットの動きにあわせて変化する映像を4作品上映している。
ロボットは、すこしだけ自分で操作できておもしろい。

Robotic Art in Ginzaの3Fに展示していたものづくりロボット

Robotic Art in Ginzaの3Fに展示していたものづくりロボット

3Fでは、キリンに見立てたものづくりロボットを間近で見学できる。
植物が生い茂る台の上で動くロボットは、草原にいるキリンが草を食べているかのよう。

Robotic Art in Ginzaのイベント概要
開催期間:2016-9-29(木)~2017-2-15(水)
時間:11:00-21:00
会場:東急プラザ銀座 1〜3F メトアギンザ
入場料金:無料

Space in Ginza 銀座の中の宇宙(終了)

東急プラザ銀座1~3Fのメトアギンザで開催したSpace in Ginzaの1Fにあった宇宙服の展示

Space in Ginzaの1Fにあった宇宙服の展示

三菱電機のイベントスペース メトアギンザで開催した「宇宙」をテーマにしたイベント。

1Fには、ホンモノの宇宙服を、さまざまな色のレーザー光が照らすアート作品を展示。

2Fにある64面液晶マルチディスプレイ「メトアビジョン」に上映したのは、宇宙をテーマにした映像作品「PIECE OF UNIVERSE」。
PIECE OF UNIVERSEは、デザインスタジオ「カイブツ」とのコラボ作品。

Space in Ginzaの3Fにあったエマニュエル・ムホーさんのインスタレーション作品

Space in Ginzaの3Fにあったエマニュエル・ムホーさんのインスタレーション作品

3Fには、エマニュエル・ムホーさんによる人のカタチをしたカラフルな切り紙が無数につりさがるインスタレーションを展示。

エマニュエル・ムホーさんは、表参道ヒルズのイベントとして、2017年11月8日(水)~12月25日(月)まで開催した表参道ヒルズクリスマス2017の「100色のクリスマスツリーの森」をデザインした建築家・アーティスト。

そのほか、宇宙ステーション補給機「こうのとり」の模型と鏡を組みあわせたアート作品を展示したり、宇宙遊泳のVR体験をできるなど、銀座にいながら宇宙博物館に来ているかのよう。

Space in Ginzaのイベント概要
開催期間:2016-7-9(土)~2016-9-22(木)
時間:11:00-21:00
会場:東急プラザ銀座 1〜3F メトアギンザ
入場料金:無料

東急プラザ銀座の5フロアのガイド

東急プラザ銀座のB2Fにあるフロアガイド

東急プラザ銀座のB2Fにあるフロアガイド

東急プラザ銀座は、B2Fから11Fの13フロア。

おすすめのフロアは、B2F・B1Fのギンチカマルシェ、6Fのキリコラウンジ、6〜7Fのファインドジャパンマーケット、10〜11Fのギンマチダイニング、屋上のキリコテラスの5フロア。

そのほかのフロアは、1〜5Fがショッピングフロア、8〜9Fが免税店フロアになっている。

東急プラザ銀座の6Fにある喫煙所

東急プラザ銀座の6Fにある喫煙所

B2F・6F・10F・11F、4フロアに喫煙所があり、今どきめずらしく喫煙者にやさしい施設。

デパ地下 ギンチカマルシェ B2〜B1F

東急プラザ銀座B2Fのデパ地下 ギンチカマルシェのフロア

B2Fのデパ地下 ギンチカマルシェのフロア

ギンチカマルシェは、B2Fがフードのマルシェで、B1Fが雑貨のマルシェ。

B2Fは12店舗が集まるデパ地下のようなフロア。
デリやスイーツをテイクアウトしたり、立食い寿司やふぐ出汁ラーメンをイートインできる。

東急プラザ銀座B2Fにあるサロン アダム エ ロペの店内

サロン アダム エ ロペの店内

B2Fにあるサロン アダム エ ロペは、JUNグループが運営するファッションブランド「アダム エ ロペ」による「食」をテーマにしたコンセプトショップ。

店内に併設のサロン ギンザ サボウでは、幻のコシヒカリ「雪ほたか」を土鍋で炊いたおにぎりや、「ティーファーム井ノ倉」のお茶をあんに練りこんだ抹茶どら焼きを、テイクアウトとイートイン両方で提供している。

東急プラザ銀座B2Fにあるキャビアハウス&プルニエ

キャビアハウス&プルニエの店頭

B2Fにあるキャビアハウス&プルニエは、世界各国の空港を中心に出店しているショップで、日本への出店は初めて。
キャビアやフォアグラなど、ふつうはまさかサンドウィッチの具にはつかわないであろうリッチな食材のサンドウィッチを提供している。

かつて東急プラザ銀座の開業1周年を記念して、税抜き100万円の金色にかがやくキャビアを販売した。

東急プラザ銀座B2Fにあるハンデルスベーゲンのレジカウンター

ハンデルスベーゲンのレジカウンター

B2Fにあるハンデルスベーゲンは、京都生まれのアイスクリーム専門店。
京都らしい抹茶や、旬の季節の果物をつかったフレーバーを提供し、つくりたてのふわふわアイスをその場で食べられる。

2017年5月に日本から撤退したカムデンズブルースタードーナツとコラボして、2016年8月1日(月)~9月30日(金)までログロード代官山でアイスオンドーナツを販売した。

東急プラザ銀座B1Fのギンチカマルシェのフロア

B1Fのギンチカマルシェのフロア

続いて、B1Fにあるのは、雑貨やコスメを販売するショップや、カフェなど、14店舗。
通路からフラッと入れる回遊しやすいお店が多く、気になるショップを次々にはしごできる。

東急プラザ銀座B1Fにあるプラスエス スパイラルマーケット ギンザの店内

プラスエス スパイラルマーケット ギンザの店内

B1Fにあるプラスエス スパイラルマーケット ギンザは、青山スパイラルの2Fにあるスパイラルマーケットが手がけるセレクトショップ。
スパイラルマーケットは、エターナルデザインをテーマに、ながくつかい続けられる生活雑貨を販売している。

東急プラザ銀座B1Fにあるバースデイ・バー トウキョウの店頭

バースデイ・バー トウキョウの店頭

B1Fにあるバースデイ・バー トウキョウは、その名のとおり、誕生日のためのセレクトショップ。
バースデープレゼントにぴったりのギフトや、誕生日を盛り上げるパーティーグッズを販売している。

誕生日専門店というだけあって、ラッピングが凝っているのがうれしい。

東急プラザ銀座B1Fにあるグラニースミスアップルパイのレジカウンター

グラニースミスアップルパイのレジカウンター

B1Fにあるグラニースミスアップルパイは、おばあちゃんの味をコンセプトにしたアップルパイを提供するアップルパイ専門店。
店名の由来は、グラニースミスという黄緑色ですっぱいりんごの品種。

子供の頃に食べたことがあるような、なつかしくて安心する味に出会える。
イートインもテイクアウトもできて、手土産におすすめ。

ギンチカマルシェの営業時間
B2F 営業時間:11:00-23:00
B1F 営業時間:11:00-21:00

ファインドジャパンマーケット 6〜7F

東急プラザ銀座6Fのファインドジャパンマーケットのフロア

6Fのファインドジャパンマーケットのフロア

東急プラザ銀座6〜7Fの2フロアは、ファインドジャパンマーケット。

6Fは日本の目利き力・繊細さ・職人技がテーマになっていて、ファッションアイテムや雑貨など、日本の技術力や和のテイストを感じる20店舗前後が集まる。

東急プラザ銀座6FにあるIKIJI

6FにあるIKIJI

6FにあるIKIJIは、テレビ番組「ガイアの夜明け」に特集されたファッションブランド。
粋や意気という江戸っ子らしい言葉が店名の由来になっていて、東京スカイツリーがある下町の墨田区で生まれたショップということに納得してしまう。

東急プラザ銀座6Fにある藤巻百貨店の店内

6Fにある藤巻百貨店の店内

6Fにある藤巻百貨店は、日本をテーマにした通販サイトのリアル店舗1号店。
ファッションアイテムや生活雑貨をあつかい、日本のものづくりの良さを、実際に手にとって再確認できる。

東急プラザ銀座7Fのハンズエキスポ

7Fのハンズエキスポ

7Fは、ジャパンカルチャーの発信がテーマのフロア。
入っているお店は、ハンズ エキスポとハンズ エキスポ カフェ、ライトアップ/ゼクウの3店舗だけで、フロアの大部分がハンズ エキスポ。

ハンズ エキスポは、東急ハンズの新業態で、和・都・知・美・食、5つのゾーンがある。
展示会を指すエキスポという言葉のとおり、15ブランド前後が入れ替わりながらブースを出店し、何度来ても新しい発見がある。

日本の伝統工芸品を販売していたり、ギャラリーショップにアート作品を展示していたり、キャラクターグッズやおもちゃまであって、つい目移りしてしまう。

ファインドジャパンマーケットの営業時間
6F 営業時間:11:00-21:00
7F 営業時間:11:00-21:00(カフェのラストオーダーは20:15)

キリコラウンジ 6F

東急プラザ銀座6Fのキリコラウンジ

6Fのキリコラウンジ

キリコラウンジは、東急プラザ銀座の外観と同じ、江戸切子をモチーフにデザインした東急プラザ銀座を象徴するオープンスペース。
高い吹き抜けは、まるで屋外にいるかのような開放感。

銀座の街を見下ろしながら一休みしたり、銀座で待ち合わせするときに利用できる。

キリコラウンジはイベントスペースでもあり、東急プラザ銀座と同じく東急が運営する複合文化施設 Bukamuraと連携して、定期的にイベントを開催する。

東急プラザ銀座6Fのキリコラウンジに併設している数寄屋橋茶房

キリコラウンジに併設している数寄屋橋茶房

キリコラウンジには数寄屋橋茶房が併設。
コレド室町1のB1Fにあるおちゃらかのフレーバー日本茶や、OBSCURA COFFEE ROASTERSが監修したコーヒーを提供している。

数寄屋橋茶房ではアルコールメニューやおつまみを提供し、銀座の夜景を優雅に見下ろせるバーとしても利用可能。

キリコラウンジの施設情報
月〜土曜日 営業時間:11:00-23:00
日曜日・祝日 営業時間:11:00-21:00
入場料金:無料

レストラン街 ギンマチダイニング 10〜11F

レストラン街のギンマチダイニングは、10Fと11Fの2フロア。

10Fと11Fの両方にベビールームがあるので赤ちゃんと一緒でも安心。

また、10Fと11Fの両方に喫煙所があるので食後に一服できる。

東急プラザ銀座10Fのギンマチダイニング

10Fのギンマチダイニングのフロア

10Fは銀座のれん街をイメージしたフロア。
世界各国のさまざまなジャンルの飲食店が10店舗集まる。

東急プラザ銀座11Fのギンマチダイニング

11Fのギンマチダイニングのフロア

11Fは日本のおもてなしを感じる大人の社交場。
日本の食を中心に11店舗が集まり、特別な日のデートや、接待につかえる。

東急プラザ銀座11Fにあるザ・アポロの入口

ザ・アポロの入口

11Fにあるギリシャレストラン「ザ・アポロ」は、オーストラリアで2012年にオープンして以来、3年連続でオーストラリアホットレストラン50を受賞した本格派。
世界無形文化遺産のギリシャ料理を銀座で味わえる。

ギンマチダイニングの営業時間
10F 営業時間:11:00-23:00
11F 営業時間:11:00-23:00

屋上 キリコテラス

東急プラザ銀座の屋上 キリコテラスのグリーンサイド

屋上 キリコテラスのグリーンサイド

キリコテラスは、緑をテーマにしたグリーンサイドと、水をテーマにしたウォーターサイド、2つのエリアがある屋上のテラス。

グリーンサイドは、窓の上の壁面に緑の植物が植えられ、空中庭園のような雰囲気。

食事できるテーブル席や、景色をながめられるベンチを設置し、B2Fにあるデパ地下「ギンチカマルシェ」で買ったデリやスイーツを持ち込みできる。

シンボルツリーとして、しだれ桜が植えられ、春なると銀座の上空でお花見できる緑豊かな庭園。

東急プラザ銀座屋上のキリコテラスのグリーンサイドに併設している櫻ノ茶屋

キリコテラスのグリーンサイドに併設している櫻ノ茶屋

グリーンサイドには、櫻ノ茶屋が併設され、アボカドわさびマヨネーズや、西京みそクリームチーズ、岩のり柚子こしょうマヨネーズなど、変わったディップソースのジャパニーズフライドポテトを販売している。

東急プラザ銀座の屋上 キリコテラスのウォーターサイド

屋上 キリコテラスのウォーターサイド

ウォーターサイドは、中心にプールがあり、リゾート気分で休憩できるエリア。

テーブル席やソファ席を設置し、晴れた日は太陽の光がプールにキラキラと反射して、プールサイドでひと休みしているようなラグジュアリーな気分を満喫できる。

キリコテラスの施設情報
キリコテラス開放時間:11:00-21:00
入場料金:無料

東急プラザ銀座の行き方・アクセス

東急プラザ銀座の地下入口

東急プラザ銀座の地下入口

東京メトロ銀座駅と東急プラザ銀座のB2Fが地下通路で直結している。

JR有楽町駅から来る場合、銀座口から出て、近くにある銀座駅の地下通路に入ると、雨の日でもあまりぬれずにたどり着ける。

地上から来る場合、数寄屋橋交差点に向かうと、東急プラザ銀座が交差点に面している。
晴海通りをはさんで向かいに数寄屋橋交番があるので、目印になる。

東急プラザ銀座の基本情報
住所:東京都中央区銀座5-2-1
電話番号:03-3571-0109
公式ウェブサイト:東急プラザ銀座 公式サイト
最寄り駅からのアクセス:東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」C2・C3出口から徒歩約1分/東京メトロ日比谷線・千代田線、都営地下鉄三田線「日比谷駅」A1出口から徒歩約2分/JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」銀座口から徒歩約4分

東急プラザ銀座の周辺スポット

東急プラザ銀座は、銀座の並木通りにも目抜き通りにも近く、銀座の観光スポットをはしごしたり、銀ぶらをするのにもってこいの立地。

銀座ソニーパーク(旧銀座ソニービル)

数寄屋橋交差点から見た銀座ソニービル

銀座ソニービルの建物

通りをはさんで向かいにあった銀座ソニービルは、2017年3月31日(金)で閉館した。

2018年夏頃、銀座ソニービルの跡地に銀座ソニーパークがオープンする予定。

東京ミッドタウン日比谷

日比谷公園から見た東京ミッドタウン日比谷の建物

東京ミッドタウン日比谷の建物

晴海通りを日比谷公園に向かって約7分歩くと、2018年3月29日(木)にオープンした東京ミッドタウン日比谷が左に見える。

東京ミッドタウン日比谷のイベントは、2018年4月26日(木)~5月20日(日)まで、観劇フェスティバル「Hibiya Festival」を開催した。

東京交通会館

ピロティ側から見た東京交通会館

東京交通会館の入口

JR有楽町駅まで5分ぐらい歩くと、京橋口の前に東京交通会館がある。

東京交通会館のアンテナショップは、北は北海道から南は九州まで13店舗集まり、ちょっとした国内旅行気分をあじわえる。

銀座三越

銀座4丁目交差点から見た銀座三越の建物

銀座三越の建物

晴海通りを東銀座駅に向かって5分ぐらい歩くと、銀座4丁目交差点に老舗デパートの銀座三越がある。

銀座三越のイベントは、7Fの催物会場や屋上庭園がある9Fの銀座テラスで行う。

松屋銀座

銀座中央通り沿いにある松屋銀座の建物

松屋銀座の建物

晴海通りを左折すると、中央通り沿いの銀座三越のとなりに松屋銀座がある。

松屋銀座のイベントとして、8Fのイベントスクエアで、キャラクターやアニメ・マンガにちなんだ展覧会を行うことがある。

銀座プレイス

銀座4丁目交差点から見た銀座プレイスの建物

銀座プレイスの建物

銀座三越の晴海通りをはさんで向かいに、2016年9月にオープンした銀座プレイスがある。

銀座プレイスのイベントは、6Fのソニーイメージングギャラリーで写真展や映像展を開催している。

ギンザシックス

ギンザシックスの外観

ギンザシックスの外観

晴海通りを銀座4丁目交差点で右折して、中央通りを新橋駅方面に歩くと、2017年4月20日(木)にオープンしたギンザシックスがある。
東急プラザ銀座から歩いて6分ぐらい。

ギンザシックスのイベントは、6Fの銀座蔦屋書店内にあるイベントスペースやギャラリーで展覧会を行う。

歌舞伎座

正面から見た歌舞伎座と歌舞伎座タワー

歌舞伎座と歌舞伎座タワー

晴海通りをまっすぐ東銀座駅まで行くと、2013年4月にリニューアルオープンした歌舞伎座が東銀座駅に隣接している。
東急プラザ銀座から徒歩8分ぐらい。

歌舞伎座の観光見学スポットとして、B2Fのお土産街 木挽町広場や、5Fの見学コース 歌舞伎座ギャラリー、同じく5Fの屋上庭園がある。

築地本願寺

築地本願寺の本堂の外観

築地本願寺の本堂

歌舞伎座を通り過ぎて、晴海通りを築地駅に向かって歩いていくと、築地本願寺が左に見えてくる。
東急プラザ銀座から歩いて16分ぐらい。

築地本願寺の観光見学スポットは、重要文化財に指定されている古代インド仏教様式の建物や、各所に10体以上点在する動物や幻獣の像。




スポンサーリンク





2018年5月25日 開催中のイベント
ミッドタウンオープンザパークでミッドタウン・ガーデンに設置していたアートこいのぼり

東京ミッドタウン

ミッドタウンオープンザパーク2018

4/20(金)~5/27(日)

代官山ヒルサイドテラスA棟のアートフロントギャラリーで開催していた「鈴木ヒラク 交通」の展示作品

代官山ヒルサイドテラス

鈴木ヒラク 交通

4/27(金)〜5/27(日)

国立新美術館で開催していたこいのぼりなう!須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーションの会場

国立新美術館

こいのぼりなう!

4/11(水)~5/28(月)

渋谷ヒカリエ8Fのd47 MUSEUMで開催した「47 REPAIR & CARE 47都道府県の修理と手入れ展」の会場内

渋谷ヒカリエ

47 REPAIR & CARE 47都道府県の修理と手入れ展

4/5(木)〜6/11(月)

六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催した週刊少年ジャンプ展の会場入口

六本木ヒルズ

週刊少年ジャンプ展 VOL.2

3/19(月)〜6/17(日)

Bunkamura・B1Fのザ ミュージアムで開催していた「くまのパディントン展」のフォトスポット

Bunkamura

くまのパディントン展

4/28(土)〜6/25(月)

「Smooth Access City 都市の未来へ、行ってみよう」の2Fで上映していたSmooth Access Innovation

東急プラザ銀座

Smooth Access City 都市の未来へ、行ってみよう

3/6(火)~6/28(木)

アイ オブ ジャイルで開催していた落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然の会場内

ジャイル

落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然

4/20(金)〜6/28(木)

日本科学未来館で開催していた企画展「名探偵コナン 科学捜査展 真実への推理(アブダクション)」の会場入口

日本科学未来館

名探偵コナン 科学捜査展 真実への推理

4/18(水)~7/8(日)

2018年5月25日 開催中の展覧会
岡本太郎記念館で開催していた「太陽の塔 1967―2018 岡本太郎が問いかけたもの」に展示していたテーマ館の地下展示場を再現したジオラマ

岡本太郎記念館

太陽の塔 1967―2018 岡本太郎が問いかけたもの

10/13(金)〜5/27(日)

国立西洋美術館の正門付近にある「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」の看板

国立西洋美術館

プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光

2/24(土)~5/27(日)

東京国立博物館の正門付近に掲示していた特別展「名作誕生 つながる日本美術」の看板

東京国立博物館

名作誕生 つながる日本美術

4/13(金)~5/27(日)

21_21 DESIGN SIGHTのエントランス前に掲示していた企画展「写真都市展 ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち」の巨大ポスター

東京ミッドタウン

写真都市展 ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち

2/23(金)〜6/10(日)

旧朝香宮邸・東京都庭園美術館本館内の階段

東京都庭園美術館

建物公開 旧朝香宮邸物語

3/21(水)〜6/12(火)

国立科学博物館のエントランス前に掲示していた特別展「人体 神秘への挑戦」の看板

国立科学博物館

特別展 人体

3/13(火)~6/17(日)

東京都美術館で開催したプーシキン美術館展 旅するフランス風景画の看板

東京都美術館

プーシキン美術館展

4/14(土)~7/8(日)

六本木ヒルズの森美術館で開催した建築の日本展に展示していた原寸大の茶室「待庵」

六本木ヒルズ

建築の日本展

4/25(水)〜9/17(月)

11エリア
六本木通りにあるROPPONGIという文字の看板

六本木6スポット

アートの街、六本木。国立新美術館をはじめ、アート施設が点在する。

歩道橋の上から見た表参道の並木道

表参道・原宿9スポット

おしゃれの発信地、表参道。通り沿いに商業施設や高級ブティックがならぶ。

渋谷駅のハチ公口にあるハチ公像

渋谷3スポット

若者の街のイメージが根強い渋谷だが、奥渋谷や神南は大人が知的に楽しめる。

代官山アドレスの前にあるオブジェ

代官山4スポット

渋谷からすこし離れただけなのに、落ち着きとハイセンスが混ざりあう代官山。

恵比寿駅の西口にある恵比寿像

恵比寿・目黒5スポット

恵比寿は、ヱビスビールにゆかりがあり、ビールとのつながりが深い街。

銀座4丁目交差点から見た銀座和光の時計塔

銀座9スポット

銀座は、銀ぶらという言葉のとおり、ぶらぶらウィンドウショッピングできる。

丸の内仲通りの通路と樹木

丸の内・日比谷5スポット

赤レンガの東京駅を商業ビルがかこみ、古さと新しさが融合する丸の内。

日本橋の橋の途中にある麒麟の像

日本橋3スポット

日本橋は、古くからの建物が残り、江戸情緒あふれる商人や職人の城下町。

上野公園にある西郷隆盛像

上野5スポット

上野には、国立西洋美術館や東京国立博物館など、美術館や博物館が集まる。

お台場海浜公園から見たレインボーブリッジ

お台場9スポット

お台場は、東京では希少な海と砂浜をのぞめるウォーターフロントの観光地。

JR池袋駅の北改札の近くにあるいけふくろうの像

池袋4スポット

CMソングのとおり、東口に西武、西口に東武がある不思議な池袋。