東急プラザ銀座の今日のイベント情報とおすすめフロア5選

数寄屋橋交差点から見た東急プラザ銀座の外観

2016年3月にモザイク銀座阪急の跡地にオープンした東急プラザ銀座。

江戸切子をモチーフにした銀座らしいラグジュアリーな建物で、早くも新たな銀座のランドマークになりつつある。

イベントは、6Fのキリコラウンジや屋上のキリコテラス、1〜3Fにある三菱電機のイベントスペース「メトア銀座」などで行われる。

スポンサーリンク







東急プラザ銀座の今日のイベント情報

2017年8月5日(土)~27日(日)まで6Fのエンカウンター マディ ギンザで「REDECKER展」が開催されていて、ドイツの老舗ブランド「レデッカー」のほうきやブラシが展示されている。

また、2017年6月30日(金)~10月1日(日)まで屋上のキリコテラスに「プールサイド ビアガーデン ホワイトアンドスカイ」が期間限定でオープンしている。

2017年6月21日(水)~10月13日(金)まで1~3Fのメトアギンザで「Feel the Communication in Ginza 心までつたえる、先進コミュニケーション技術」が開催されている。

プールサイド ビアガーデン ホワイトアンドスカイ

東急プラザ銀座の屋上 キリコテラスに期間限定でオープンしているビアガーデン ホワイトアンドスカイの店内

ビアガーデン ホワイトアンドスカイの店内

ホワイトアンドスカイは、2016年7月1日(金)~10月16日(日)まで、屋上キリコテラスのウォーターサイドに期間限定でオープンして、2017年6月30日(金)に再オープンしたビアガーデン。

オープニングパーティーとして、2017年7月1日(土)にナツ・サマーさんによるライブが行われたり、マーク・パンサーさんがDJとして来場した。

キリコテラスのウォーターサイドは、プールを中心に真っ白な壁と床が広がっていて、ビーチリゾートのような雰囲気。
プールをかこむように設置されている座席は、テーブル席に加えて優雅なソファ席まである。

ビアガーデンは、税込み3,500円のレギュラーコースと、税込み4,000円のプレミアムコースを選べて90分制。

提供されているのは、白いバスケットに詰められたメキシカントルティーヤやライムソーセージサンドウィッチ、ピポカなど、ラテン料理6種類。

また、毎週金曜日にDJブースが登場するミュージックナイト、毎週土曜日にDJイベントが開催されていて、週末は夏フェスさながら。

開放的な夜空の下でプールの水がキラキラと輝き、ロケーションも料理もビアガーデンという言葉から感じるイメージとはかけ離れた非日常の体験ができる。

  • 開催期間:2017-6-30(金)~2017-10-1(日)
  • 月曜~金曜 営業時間:17:00-23:00(最終受付は21:30)
  • 土曜 営業時間:16:00~23:00(予約受付なし)
  • 日曜・祝日 営業時間:16:00~21:00(最終受付は19:30)
  • 会場:東急プラザ銀座 屋上 キリコテラス
  • 住所:東京都中央区銀座5-2-1
  • イベント公式ページ:プールサイド ビアガーデン ホワイトアンドスカイ
  • 90分制 レギュラーコース 税込み料金:3,500円
  • 90分制 プレミアムコース 税込み料金:4,000円

Feel the Communication in Ginza 心までつたえる、先進コミュニケーション技術

メトアギンザで開催されているFeel the Communication in Ginzaの1Fに展示されているConnect&Flow

Feel the Communication in Ginzaの1Fに展示されているConnect&Flow

Feel the Communication in Ginzaは、三菱電機のイベントスペース メトアギンザで開催されている「コミュニケーション」の展覧会。

最先端の技術だけど、あたたかみがあるコミュニケーションをテーマにした作品が、1〜3Fに展示されている。

1Fに展示されているのは、Connect&Flow。
約50台のタブレットがひもでつながって、逆円すいをカタチどっている。
近づくと、音声と光の矢印で次の順路を案内してくれる。

メトアギンザで開催されているFeel the Communication in Ginzaの2Fで上映されているInto the future

Feel the Communication in Ginzaの2Fで上映されているInto the future

2Fの64面液晶ディスプレイ「メトアビジョン」には、Into the futureという作品が上映されていて、未来の都市を、ホンモノの人間みたいなアバターが動きまわっている。

入口にプリクラ機のようなフォトブースがあって、撮影すると、映像に自分のアバターが登場する。

しばらく見ていると、映像の中の時間が変わって、夜になると花火が打ち上がったりするので、自分のアバターがいると、花火大会に参加している気分。

メトアギンザで開催されているFeel the Communication in Ginzaの3Fに展示されているEMIRAI3 xDAS

Feel the Communication in Ginzaの3Fに展示されているEMIRAI3 xDAS

3Fには、三菱電機のコンセプトカー「EMIRAI3 xDAS」が展示されていたり、自動運転のバーチャル乗車を体験できるコーナーがある。
EMIRAI3 xDASは、SF映画に登場する空飛ぶクルマのようなデザインで、路面ライティング機能によってホイールが光っていて近未来的。

また、同じくSF映画のワンシーンのように、空中に映像が表示される空中ディスプレイ体験ブースがある。

東急プラザ銀座の今後のイベント予定

2017年8月25日(金)~9月22日(金)まで6Fの数寄屋橋茶房で、アメリカン・エキスプレスと数寄屋橋茶房のコラボで「THE GREEN Cafe American EXPRESS×数寄屋橋茶房」がオープンして、1日2回、爆音のクラシック「爆クラ!」が開催される。

また、2017年8月26日(土)の18:00~23:00まで、屋上のプールサイド ビアガーデン ホワイトアンドスカイで、DJの大沢伸一さんとDJユニットのオフザロッカーによるソファに座ってダンスミュージックを楽しむパーティー「SOFA DISCO」が開催される。

東急プラザ銀座の過去の代表的なイベント

2017年2月22日(水)~6月14日(水)まで1~3Fのメトアギンザで「Re-Birth in Ginza 家電リサイクルが創る、出会いと驚きの世界。」が開催された。

また、2017年3月15日(水)~4月7日(金)まで東急プラザ銀座の開業1周年を記念して、6Fのキリコラウンジに「BLOOM DANCE」というインスタレーションが設置された。

2016年9月29月(木)~2017年2月15月(水)まで1〜3Fのメトアギンザで「Robotic Art in Ginza ものづくりロボットと創るアートの世界」が行われた。

2016年7月9月(土)~9月22月(木)まで1〜3Fのメトアギンザで「Space in Ginza 銀座の中の宇宙」が開催された。

Re-Birth in Ginza 家電リサイクルが創る、出会いと驚きの世界。(終了)

Re-Birth in Ginzaの1Fに展示されていた解体のシャンデリア

Re-Birth in Ginzaの1Fに展示されていた解体のシャンデリア

家電リサイクルがテーマのイベント。
三菱電機のイベントスペース「メトアギンザ」で行われた。

1Fの展示スペースには、解体された家電のカラフルなアクリル素材の部分で制作された、シャンデリアのような作品が展示された。
レトロなシューティングゲームを思い出す、なつかしい色の組み合わせ。

また、1Fに併設されているカフェで、リデュースとリユースとリサイクルの3Rにかけて、3種のベリーのアイスケーキが提供された。

Re-Birth in Ginzaの2Fで上映されていた映像作品「Re-Birth 循環の鼓動を聴く」

Re-Birth in Ginzaの2Fで上映されていた映像作品「Re-Birth 循環の鼓動を聴く」

2Fでは64面の液晶ディスプレイに、和太鼓演奏集団のDRUM TAOによる和太鼓演奏とデジタルアニメーションがミックスされた映像作品が上映された。
和太鼓の演奏や、舞の踊りにあわせて光の帯がかけめぐる爽快感がある作品。

リサイクルがテーマなので、映像に解体された家電がリサイクルされていく様子が登場している。

Re-Birth in Ginzaの3Fにあったシンボルオブジェ

Re-Birth in Ginzaの3Fにあったシンボルオブジェ

3Fには一定時間で色が変わり、手を振ると無数の光の粒がキラキラ光るオブジェが展示された。
古い家電をつかんでいる手のように見えて、おもしろいモチーフ。

Re-Birth in Ginzaの3Fで上映されていたカイタイノセカイ

Re-Birth in Ginzaの3Fで上映されていたカイタイノセカイ

また、3Fにはズームなどを自分で操作できる家電リサイクルを題材にしたアニメーション作品など、複数の作品が展示された。

家電リサイクルというとちょっと難しそうだが、単純に展示を楽しんで、ついでに家電リサイクルを学ぶぐらいの感覚で気軽に足を運べる。

  • 開催期間:2017-2-22(水)~2017-6-14(水)
  • 時間:11:00-21:00
  • 会場:東急プラザ銀座 1〜3F メトアギンザ
  • 入場料金:無料

BLOOM DANCE(終了)

東急プラザ銀座6Fのキリコラウンジに設置されていたBLOOM DANCE

東急プラザ銀座6Fのキリコラウンジに設置されていたBLOOM DANCE

東急プラザ銀座の開業1周年を記念して行われたBLOOMING DAYS 1st ANNIVERSARY TOKYU PLAZA GINZAで、6Fのキリコラウンジに設置されたインスタレーション。

東京駅のイベントとして、2016年12月1日(木)〜25日(日)まで開催された「東京駅グランルーフ Light on Train」を手がけたヴィジュアルデザインスタジオのWOWが制作を協力した。

キリコラウンジに、ピンクの照明でライトアップされた3本の透明な柱が設置されて、柱の中で花びらのような紙吹雪が風に舞う。
透明な柱がまるで見えない桜の木のようで、一足早い桜吹雪を鑑賞できた。

また、キリコラウンジに生花のような桜が置かれて、咲いている花の美しさと、舞う紙吹雪の美しさを同時にながめられる。

  • 開催期間:2017-3-15(水)~2017-4-7(金)
  • 会場:東急プラザ銀座 6F キリコラウンジ
  • 料金:観覧無料

Robotic Art in Ginza ものづくりロボットと創るアートの世界(終了)

Robotic Art in Ginzaの1Fに展示されていたロボットの扇子の舞

Robotic Art in Ginzaの1Fに展示されていたロボットの扇子の舞

三菱電機のイベントスペース「メトアギンザ」で行われた「ものづくりロボット」のイベント。
1〜3Fの3フロアで行われて、どの階からでも入場可能。

1Fでは、赤と白の無数の折り鶴がつり下がる和テイストのスペースで、ロボットの扇子の舞を鑑賞できた。
ロボットらしからぬスムーズな動き。

また、併設されているカフェで、ものづくりというテーマにかけて、自分でつくるスイーツのマイゼリーアフォガートが提供された。

Robotic Art in Ginzaの2Fで上映されていた映像作品とロボット

Robotic Art in Ginzaの2Fで上映されていた映像作品とロボット

2Fでは、64面液晶マルチディスプレイのメトアビジョンをつかって、ロボットの動きにあわせて映像が変化するアート作品を4つ鑑賞できた。
ロボットは、すこしだけ自分で操作できておもしろい。

Robotic Art in Ginzaの3Fに展示されていたものづくりロボット

Robotic Art in Ginzaの3Fに展示されていたものづくりロボット

3Fではキリンに見立てた、ものづくりロボットを間近で見られた。
植物が植えられたスペースで動くロボットは、草原にいるキリンが草を食べているかのよう。

3Fにはそのほか、ミニチュアアートなどが展示されていた。

  • 開催期間:2016-9-29(木)~2017-2-15(水)
  • 時間:11:00-21:00
  • 会場:東急プラザ銀座 1〜3F メトアギンザ
  • 入場料金:無料

Space in Ginza 銀座の中の宇宙(終了)

Space in Ginzaの1Fにあった宇宙服の展示

Space in Ginzaの1Fにあった宇宙服の展示

三菱電機のイベントスペースであるメトアギンザで行われた宇宙をテーマにしたイベント。

1Fにはホンモノの宇宙服をいろんな色のレーザー光が照らすアート作品が展示された。

また、併設されているショップで宇宙グッズが販売されたり、カフェで銀河や惑星を表現したスイーツが提供された。

2Fにある64面液晶マルチディスプレイのメトアビジョンに上映されたのは、宇宙をテーマにした映像作品「PIECE OF UNIVERSE」。
PIECE OF UNIVERSEは、デザインスタジオのカイブツとのコラボ作品。

Space in Ginzaの3Fにあったエマニュエル・ムホーさんのインスタレーション作品

Space in Ginzaの3Fにあったエマニュエル・ムホーさんのインスタレーション作品

3Fにはエマニュエル・ムホーさんによる人のカタチをしたいろんな色の切り紙が、天井から無数につり下げられているインスタレーションや、宇宙ステーション補給機「こうのとり」の模型と鏡を組み合わせたアート作品などが展示された。

また、ヘッドマウントディスプレイとヘッドフォンを付けてVR体験をできるコーナーがあって、銀座にいながら宇宙遊泳を体験できた。

  • 開催期間:2016-7-9(土)~2016-9-22(木)
  • 時間:11:00-21:00
  • 会場:東急プラザ銀座 1〜3F メトアギンザ
  • 入場料金:無料
スポンサーリンク







東急プラザ銀座のおすすめフロア5選

東急プラザ銀座のB2Fにあるフロアガイド

東急プラザ銀座のB2Fにあるフロアガイド

東急プラザ銀座は、B2Fから11Fの13フロア。

おすすめのフロアは、B2〜B1Fのギンチカマルシェ、6Fのキリコラウンジ、6〜7Fのファインドジャパンマーケット、10〜11Fのギンマチダイニング、屋上のキリコテラスの5フロア。

そのほかのフロアは、1〜5Fがショッピングフロア、8〜9Fが免税店フロアになっている。

東急プラザ銀座の6Fにある喫煙所

東急プラザ銀座の6Fにある喫煙所

また、喫煙所がB2F・6F・10F・11F、4フロアにあって、喫煙者にやさしい。

デパ地下 ギンチカマルシェ B2〜B1F

東急プラザ銀座B2Fのデパ地下 ギンチカマルシェのフロア

東急プラザ銀座B2Fのデパ地下 ギンチカマルシェのフロア

ギンチカマルシェは、B2Fがフードのマルシェで、B1Fが雑貨のマルシェ。

B2Fは13店舗が集まるデパ地下のようなフロアで、デリやスイーツをテイクアウトしたり、立食い寿司やふぐ出汁ラーメンなどをイートインできる。

東急プラザ銀座B2Fのギンチカマルシェにあるサロン アダム エ ロペの店内

東急プラザ銀座B2Fのギンチカマルシェにあるサロン アダム エ ロペの店内

B2Fにあるサロン アダム エ ロペは、JUNグループが運営するファッションブランドのアダム エ ロペによる「食」をテーマにしたコンセプトショップ。
ファッションアイテムに加えて、キッチン雑貨や飲食料品が販売されている。

店内に併設されているサロン ギンザ サボウでは、幻のコシヒカリ「雪ほたか」を土鍋で炊いたおにぎりや、「ティーファーム井ノ倉」のお茶があんに練りこまれた抹茶どら焼きなどが、テイクアウトとイートイン両方で提供されている。

東急プラザ銀座B2Fのギンチカマルシェにあるキャビアハウス&プルニエ

東急プラザ銀座B2Fのギンチカマルシェにあるキャビアハウス&プルニエ

同じくB2Fにあるキャビアハウス&プルニエは、世界各国の空港を中心に出店しているショップで、日本への出店は初めて。
キャビアやフォアグラなど、ふつうはまさかサンドウィッチの具にはつかわないであろうリッチな食材のサンドウィッチが提供されている。

サンドウィッチは、ふだんよく見かける三角形ではなく、マフィンのような円形。

キャビアハウス&プルニエでは、東急プラザ銀座の開業1周年を記念して、税抜き100万円の金色にかがやくキャビアが販売された。

東急プラザ銀座B2Fのギンチカマルシェにあるハンデルスベーゲンのレジカウンター

東急プラザ銀座B2Fのギンチカマルシェにあるハンデルスベーゲンのレジカウンター

ハンデルスベーゲンは、京都生まれのアイスクリーム専門店。
京都らしい抹茶や、旬の季節の果物をつかったフレーバーが提供されていて、つくりたてのふわふわアイスが、その場で食べられる。

アメリカ生まれのカムデンズブルースタードーナツとコラボして、2016年8月1日(月)~9月30日(金)までログロード代官山でアイスオンドーナツが販売された。

東急プラザ銀座B1Fのギンチカマルシェのフロア

東急プラザ銀座B1Fのギンチカマルシェのフロア

続いて、B1Fにあるのは、雑貨やコスメを販売するショップ、カフェなど、15店舗。
通路からフラッと入れて回遊しやすいお店が多いので、気になったショップを次々にはしごできる。

東急プラザ銀座B1Fにあるプラスエス スパイラルマーケット ギンザ

東急プラザ銀座B1Fにあるプラスエス スパイラルマーケット ギンザ

B1Fにあるプラスエス スパイラルマーケット ギンザは、青山スパイラルの2Fにあるスパイラルマーケットが手がけるセレクトショップ。
スパイラルマーケットは、エターナルデザインをテーマに、ながくつかい続けられる生活雑貨を販売している。

東急プラザ銀座B1Fにあるバースデイ・バー トウキョウ

東急プラザ銀座B1Fにあるバースデイ・バー トウキョウ

同じくB1Fにあるバースデイ・バー トウキョウは、その名のとおり、誕生日のためのセレクトショップ。
バースデープレゼントにぴったりのギフトや、誕生日を盛り上げるパーティーグッズが販売されている。

また、誕生日専門店というだけあって、ラッピングが凝っているのもうれしい。

東急プラザ銀座B1Fにあるグラニースミスアップルパイのレジカウンター

東急プラザ銀座B1Fにあるグラニースミスアップルパイのレジカウンター

グラニースミスアップルパイは、おばあちゃんの味をコンセプトにしたアップルパイを提供しているアップルパイ専門店。
店名の由来は、グラニースミスという黄緑色ですっぱいりんごの品種。

子供の頃に食べたことがあるような、なつかしくて安心する味に出会える。
イートインもテイクアウトもできるので、手土産にもおすすめ。

  • B2F 営業時間:11:00-23:00
  • B1F 営業時間:11:00-21:00

ファインドジャパンマーケット 6〜7F

東急プラザ銀座6Fのファインドジャパンマーケットのフロア

東急プラザ銀座6Fのファインドジャパンマーケットのフロア

東急プラザ銀座6〜7Fの2フロアは、ファインドジャパンマーケット。

6Fは日本の目利き力、繊細さ、職人技がテーマになっていて、ファッションアイテムや雑貨、コスメなど、日本の技術力や和のテイストを感じられる20店舗前後が集まっている。

東急プラザ銀座6FのファインドジャパンマーケットにあるIKIJI

東急プラザ銀座6FのファインドジャパンマーケットにあるIKIJI

6FにあるIKIJIは、テレビ番組「ガイアの夜明け」で特集されたファッションブランド。
粋や意気という江戸っ子らしい言葉が店名の由来になっていて、東京スカイツリーがある下町の墨田区で生まれたショップということに納得してしまう。

東急プラザ銀座6Fのファインドジャパンマーケットにある藤巻百貨店の店内

東急プラザ銀座6Fのファインドジャパンマーケットにある藤巻百貨店の店内

藤巻百貨店は、日本をテーマにした通販サイトのリアル店舗1号店。
ファッションアイテムを中心に、生活雑貨まで販売されている。

日本のものづくりの良さを、実際に手にとって再確認できるお店。

東急プラザ銀座7Fのハンズ エキスポ

東急プラザ銀座7Fのハンズ エキスポ

続いて7Fは、ジャパンカルチャーの発信がテーマのフロア。
入っているお店は、ハンズ エキスポとハンズ エキスポ カフェ、ライトアップ/ゼクウの3店舗だけで、フロアの大部分がハンズ エキスポ。

ハンズ エキスポは東急ハンズの新業態で、和・都・知・美・食、5つのゾーンに分かれている。
展示会などを指すエキスポという言葉のとおり、15ブランド前後が入れ替わりながらブースを出店しているので、何度来ても新しい発見がある。

日本の伝統工芸品が販売されていたり、ギャラリーショップにアート作品が展示されていたり、キャラクターグッズやおもちゃまであって、あちこちはしごして、つい長居してしまう。

  • 6F 営業時間:11:00-21:00
  • 7F 営業時間:11:00-21:00(カフェのラストオーダーは20:15)

キリコラウンジ 6F

東急プラザ銀座6Fのキリコラウンジ

東急プラザ銀座6Fのキリコラウンジ

キリコラウンジは、東急プラザ銀座の外観と同じ、江戸切子をモチーフにデザインされた東急プラザ銀座を象徴するようなオープンスペース。
高い吹き抜けは、まるで屋外にいるかのような開放感。

銀座の街を見下ろしながら一休みしたり、銀座で待ち合わせするときに利用できる。

キリコラウンジはイベントスペースでもあって、東急プラザ銀座と同じく東急が運営する複合文化施設のBukamuraと連携して、定期的にイベントが開催される。

東急プラザ銀座6Fのキリコラウンジに併設されている数寄屋橋茶房

東急プラザ銀座6Fのキリコラウンジに併設されている数寄屋橋茶房

また、キリコラウンジには数寄屋橋茶房が併設されていて、コレド室町1のB1Fにあるおちゃらかのフレーバー日本茶や、OBSCURA COFFEE ROASTERSが監修したコーヒーなどが提供されている。

数寄屋橋茶房はアルコールメニューやおつまみが提供されているので、銀座の夜景を優雅に見下ろせるバーとして利用するとおしゃれ。

  • キリコラウンジ 営業時間:
    • 月〜土曜日:11:00-23:00
    • 日曜日・祝日:11:00-21:00
  • 入場料金:無料

レストラン街 ギンマチダイニング 10〜11F

レストラン街のギンマチダイニングは、10Fと11Fの2フロア。

10Fと11Fの両方にベビールームがあるので赤ちゃんと一緒でも安心で、同じく10Fと11Fの両方に喫煙所があるので食後に一服できる。

東急プラザ銀座10Fのギンマチダイニング

東急プラザ銀座10Fのギンマチダイニング

10Fは銀座のれん街をイメージしたフロア。
世界各国のさまざまなジャンルの飲食店が10店舗集まっている。

東急プラザ銀座11Fのギンマチダイニング

東急プラザ銀座11Fのギンマチダイニング

11Fは日本のおもてなしを感じられる大人の社交場。
日本の食を中心に11店舗が集まっていて、特別な日のデートや接待につかえそう。

東急プラザ銀座11Fにあるザ・アポロの入口

東急プラザ銀座11Fにあるザ・アポロの入口

11Fにあるギリシャレストラン「ザ・アポロ」は、オーストラリアで2012年にオープンして以来、3年連続でオーストラリアホットレストラン50を受賞した本格派。
世界無形文化遺産のギリシャ料理を銀座で味わえる。

  • 10F 営業時間:11:00-23:00
  • 11F 営業時間:11:00-23:00

屋上 キリコテラス

東急プラザ銀座の屋上にあるキリコテラスのグリーンサイド

東急プラザ銀座の屋上にあるキリコテラスのグリーンサイド

キリコテラスは、緑をテーマにしたグリーンサイドと、水をテーマにしたウォーターサイド、2つのエリアがある屋上のテラス。

グリーンサイドは、窓の上の壁面に緑の植物が植えられていて、空中庭園のような雰囲気のエリア。
食事ができるテーブル席や、景色をながめられるベンチが設置されていて、B2Fにあるデパ地下のギンチカマルシェで買ったデリやスイーツを持ち込みできる。

シンボルツリーとしてしだれ桜が植えられていて、春には銀座の上空でお花見ができる。

キリコテラスのグリーンサイドに併設されている櫻ノ茶屋

キリコテラスのグリーンサイドに併設されている櫻ノ茶屋

グリーンサイドには、櫻ノ茶屋が併設されていて、アボカドわさびマヨネーズや、西京みそクリームチーズ、岩のり柚子こしょうマヨネーズなど、変わったディップソースのジャパニーズフライドポテトが販売されている。

東急プラザ銀座の屋上にあるキリコテラスのウォーターサイド

東急プラザ銀座の屋上にあるキリコテラスのウォーターサイド

ウォーターサイドは、中心にプールがあって、リゾート気分で休憩できるエリア。
テーブル席やソファ席が設置されていて、晴れた日は太陽の光がプールにキラキラと反射して、プールサイドで一休みしているような気分を満喫できる。

直近のイベントとして、2017年6月30日(金)~10月1日(日)まで、プールサイド ビアガーデン ホワイトアンドスカイがオープン中。

  • キリコテラス開放時間:11:00-21:00
  • 入場料金:無料
スポンサーリンク







東急プラザ銀座の行き方・アクセス

東急プラザ銀座の地下入口

東急プラザ銀座の地下入口

東京メトロ銀座駅と東急プラザ銀座のB2Fが地下通路で直結している。

JR有楽町駅から来る場合、銀座口から出て、近くにある銀座駅の地下通路に入ると、雨の日でもあまりぬれずにたどり着ける。

地上から来る場合、数寄屋橋交差点に向かうと、東急プラザ銀座が交差点に面している。
晴海通りをはさんで向かいに数寄屋橋交番があるので、目印になる。

  • 住所:東京都中央区銀座5-2-1
  • 電話番号:03-3571-0109
  • 公式ウェブサイト:東急プラザ銀座 公式サイト
  • 最寄り駅からのアクセス:
    • 東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」C2・C3出口から徒歩約1分
    • 東京メトロ日比谷線・千代田線、都営地下鉄三田線「日比谷駅」A1出口から徒歩約2分
    • 東京メトロ有楽町線「有楽町駅」A0出口から徒歩約2分
    • JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」銀座口から徒歩約4分

東急プラザ銀座の周辺スポット

東急プラザ銀座は、銀座の並木通りにも目抜き通りにも近く、銀座の観光スポットをはしごしたり、銀ぶらをするのにもってこいの立地。

銀座ソニービル(閉館)

銀座ソニービルの建物
通りをはさんで向かいにあった銀座ソニービルは、2017年3月31日(金)で閉館した。

2018年夏頃、銀座ソニービルの跡地に銀座ソニーパークがオープンする予定。

東京交通会館

東京交通会館の建物
JR有楽町駅まで5分ぐらい歩くと、京橋口の前に東京交通会館がある。

東京交通会館のアンテナショップは、北は北海道から南は九州まで14店舗集まっていて、ちょっとした国内旅行気分をあじわえる。

銀座三越

銀座三越の建物
晴海通りを東銀座駅に向かって5分ぐらい歩くと、銀座4丁目交差点に老舗デパートの銀座三越がある。

銀座三越のイベントは、7Fの催物会場や屋上庭園がある9Fの銀座テラスで行われる。

松屋銀座

銀座中央通り沿いにある松屋銀座の外観
晴海通りを左折すると、中央通り沿いの銀座三越のとなりに松屋銀座がある。

松屋銀座のイベントとして、8Fのイベントスクエアでキャラクターやアニメ・マンガにちなんだ展覧会が行われることがある。

銀座プレイス

銀座プレイスの建物
銀座三越の晴海通りをはさんで向かいに、2016年9月にオープンした銀座プレイスがある。

銀座プレイスのイベントは、6Fのソニーイメージングギャラリーで写真展や映像展が開催されている。

ギンザシックス

ギンザシックスの外観
晴海通りを銀座4丁目交差点で右折して、中央通りを新橋駅方面に歩くと、2017年4月20日(木)にオープンしたギンザシックスがある。
東急プラザ銀座から歩いて6分ぐらい。

ギンザシックスのイベントは、6Fの銀座蔦屋書店内にあるイベントスペースやギャラリーで展覧会が行われる。

歌舞伎座

歌舞伎座の建物
晴海通りをまっすぐ東銀座駅まで行くと、2013年4月にリニューアルオープンした歌舞伎座が東銀座駅に隣接している。
東急プラザ銀座から徒歩8分ぐらい。

歌舞伎座の観光見学スポットとして、B2Fのお土産街 木挽町広場や、5Fの見学コース 歌舞伎座ギャラリー、同じく5Fの屋上庭園などがある。




おすすめ無料イベント
2017年8月21日 開催中
東京ミッドタウンのアトリウムに期間限定でオープンしているギャラクシースタジオ

東京ミッドタウン

ギャラクシースタジオ

7月29日(土)〜8月21日(月)

コンプレックス665 2Fのシュウゴアーツで開催されている近藤亜樹 飛べ、こぶたの会場内

コンプレックス665

近藤亜樹 飛べ、こぶた

7月21日(金)〜8月26日(土)

お台場パレットタウンのヴィーナスフォート2Fで開催されているプロジェクションマッピング 2017 SUMMER

パレットタウン

プロジェクションマッピング 2017 SUMMER

8月7日(月)〜31日(木)

銀座プレイス6Fのソニーイメージングギャラリーで開催中の「所幸則 作品展 時のWizard」に展示されているOne Secondシリーズ

銀座プレイス

所幸則 作品展 時のWizard

8月18日(金)~31日(木)

渋谷ヒカリエ8Fの小山登美夫ギャラリーで開催されている廣瀬智央展「森のコスモロジー」の会場内

渋谷ヒカリエ

廣瀬智央展「森のコスモロジー」

8月9日(水)〜9月4日(月)

ギンザシックス6Fの銀座蔦屋書店のスターバックス前展示スペースで開催されている「Q BRICK by 水江未来 Exhibition」の展示作品

ギンザシックス

Q BRICK by 水江未来 Exhibition

8月17日(木)~9月18日(月)

ギンザシックス6Fの銀座蔦屋書店内にあるTHE CLUBで開催されている「青ぞらのはてのはて」の展示作品

ギンザシックス

青ぞらのはてのはて

7月14日(金)~9月29日(金)

フジフイルムスクエアの写真歴史博物館で開催されているインターフェイス 写真家・東松照明を見るの会場内にある東松照明さんの等身大パネル

東京ミッドタウン

インターフェイス 写真家・東松照明を見る

7月1日(土)~9月30日(土)

渋谷ヒカリエ 8Fのd47 MUSEUMで開催されているNIPPONの47人 2017 これからの暮らしかた—Off-Grid Life—の会場内

渋谷ヒカリエ

NIPPONの47人 2017 これからの暮らしかた

8月3日(木)〜10月9日(月)

メトアギンザで開催されているFeel the Communication in Ginzaの2Fで上映されているInto the future

東急プラザ銀座

Feel the Communication in Ginza

6月21日(水)~10月13日(金)

11エリア
六本木通りにあるROPPONGIという文字の看板

六本木6スポット

アートの街、六本木。国立新美術館や、2大ランドマークの六本木ヒルズと東京ミッドタウンにアート施設が点在する。

歩道橋の上から見た表参道の並木道

表参道8スポット

おしゃれの発信地、表参道。
表参道沿いに、表参道ヒルズなどの複合商業施設や、高級ブティックの路面店がならぶ。

渋谷駅のハチ公口にあるハチ公像

渋谷3スポット

センター街やSHIBUYA109など、若者の街のイメージが根強い渋谷だが、奥渋谷や神南は大人が知的に楽しめる。

代官山アドレスの前にあるオブジェ

代官山4スポット

渋谷からすこし離れただけなのに、落ち着きがあって、のんびりした雰囲気の代官山。ハイセンスなショップが集まる。

恵比寿駅の西口にある恵比寿像

恵比寿・目黒3スポット

恵比寿の地名は、かつてヱビスビールの工場があったことに由来していて、工場跡地に恵比寿ガーデンプレイスがある。

銀座4丁目交差点から見た銀座和光の時計塔

銀座8スポット

銀ぶらという言葉のとおり、ぶらぶらウィンドウショッピングできる街。2017年4月にギンザシックスがオープンした。

丸の内仲通りの通路と樹木

丸の内3スポット

レトロな赤レンガの東京駅を商業施設がかこみ、古さと新しさが融合した街並み。ビジネス街だが、皇居に近くて緑が豊か。

日本橋の橋の途中にある麒麟の像

日本橋3スポット

江戸情緒あふれる商人の城下町。老舗百貨店の高島屋と三越や、日本銀行本店、三井本館は重要文化財に指定されている。

上野公園にある西郷隆盛像

上野4スポット

JR上野駅の目の前にある上野公園は、東京国立博物館と国立西洋美術館の2大ミュージアムなど、美術館や博物館が集まる。

お台場海浜公園から見たレインボーブリッジ

お台場8スポット

お台場は、海と砂浜をのぞめるウォーターフロントの観光地。無料巡回バス「東京ベイシャトル」で効率的にまわりたい。

JR池袋駅の北改札の近くにあるいけふくろうの像

池袋3スポット

CMソングのとおり、東口に西武、西口に東武がある不思議な池袋。ランドマークは、高くそびえるサンシャイン。

配信元:東京イベントタイムライン
著者:takuya mitsumura