銀座プレイスの今日のイベント情報と見どころ7選

 
銀座4丁目交差点から見た銀座プレイスの外観

銀座プレイスは、2016年9月24日(土)にサッポロ銀座ビルの跡地にオープンした複合商業施設。

透し彫りをモチーフにした白い建物は、江戸切子をイメージした黒い建物の東急プラザ銀座と色は対照的だが、同じようにラグジュアリーな雰囲気をかもし出している。
代官山蔦屋書店の設計を手がけた建築家ユニット・クライン ダイサム アーキテクツがデザインした。

晴海通りと中央通りが交差する銀座四丁目交差点、いわゆる銀座の中心にあり、同じくサッポロ不動産開発が運営する恵比寿ガーデンプレイスのように、名前にプレイスが付いている。

イベントは、3Fのコモンギンザで開催。
6Fのソニーイメージングギャラリーで写真展や映像展を行う。

スポンサーリンク






  

銀座プレイスの今日のイベント情報

2018年9月7日(金)~20日(木)まで、6Fのソニーイメージングギャラリーで「大野雅人 作品展 Cub-jo カブジョ」を開催。
種子島の島内で、ホンダのカブと女子高生を撮影した、カブジョの写真を展示している。

銀座プレイスの今後のイベント予定

2018年9月21日(金)~10月4日(木)まで、6Fのソニーイメージングギャラリーで「ウィル・ブラード・ルーカス 作品展
Wildlife as Never Seen Before」を開催。
ソニーワールドフォトグラフィーアワードを受賞したブラード・ルーカスさんによる野生動物写真を展示する。

2018年10月5日(金)~18日(木)まで、6Fのソニーイメージングギャラリーで「ソニーワールドフォトグラフィーアワード 2018年度受賞作品展」を開催する。

2018年10月19日(金)~11月1日(木)まで、6Fのソニーイメージングギャラリーで「山岸伸 作品展 2018 End of Summer また夏が終わる」を開催する。

銀座プレイスの過去のイベント・展覧会

ギンザ“サマー”プレイスで銀座プレイスの建物に点灯したオーシャンブルーバージョンのライティング

ギンザ“サマー”プレイスのオーシャンブルーバージョンのライティング

2018年7月19日(木)~9月9日(日)まで「ギンザ“サマー”プレイス」を開催。
夜になると、水の色のように涼しげなオーシャンブルーバージョンのライティングを建物に点灯した。

2018年8月17日(金)〜9月9日(日)まで「ソニーアクアリウム」を開催。
1Fと4Fに沖縄美ら海水族館が監修する水槽を設置し、40種類・約500匹の沖縄の魚たちが気持ちよさそうに泳ぎまわる。

ギンザ“サクラ”プレイスで銀座プレイス館内に設置していた桜の木

ギンザ“サクラ”プレイスで館内に設置していた桜の木

2018年3月1日(木)~4月22日(日)まで「ギンザ“サクラ”プレイス」を開催。
館内各所に桜の生木を展示し、夜になると建物に桜色のライティングを点灯した。

銀座プレイス6Fのソニーイメージングギャラリーで開催した「古賀祐三 作品展 ビヨンド・ザ・スカイ 時とデータが紡ぐオーロラ」の会場内

「古賀祐三 作品展 ビヨンド・ザ・スカイ 時とデータが紡ぐオーロラ」の会場内

2018年1月19日(金)~2月1日(木)まで、6Fのソニーイメージングギャラリーで「古賀祐三 作品展 ビヨンド・ザ・スカイ 時とデータが紡ぐオーロラ」を開催。
オーロラを撮影した幻想的な写真や、アラスカ上空のリアルタイム映像を展示した。

「ニューイヤー2018 花」で銀座プレイス館内に展示していた いけばな草月流家元 勅使河原茜さんの作品

いけばな草月流家元 勅使河原茜さんの作品

2017年12月27日(水)~2018年1月30日(火)まで、いけばな草月流とのコラボイベント「ニューイヤー2018 花」を開催。
竹をつかった和のインスタレーションを各フロアに展示し、いけばな草月流家元・勅使河原茜さんによるいけばなライブを行った。

銀座プレイス3Fのコモンギンザにオープンした佐賀ット商店に来場したサガット店長

佐賀ット商店に来場したサガット店長

2018年1月22日(月)~28日(日)まで、ストリートファイターIIのキャラクター「サガット」と佐賀県のコラボ企画「ストリートファイター佐賀」の一環で、3Fのコモンギンザに「佐賀ット商店」がオープン。
店内で14種類のコラボ名産品を販売したり、ストリートファイターIIの原画を展示し、サガット店長のきぐるみが来店した。

2017年12月15日(金)~28日(木)まで、6Fのソニーイメージングギャラリーで「吉村和敏 作品展 POND & RIVER 錦鯉×発電所」を開催。
川・錦鯉・発電所を撮影した写真を展示した。

2017年11月17日(金)~30日(木)まで、6Fのソニーイメージングギャラリーで「増田伸也 作品展 花札装束」を開催した。

2017年10月27日(金)~11月9日(木)まで、6Fのソニーイメージングギャラリーで「山本まりこ 作品展 熊野古道を歩いています。」を開催。
熊野古道の風景を撮影した写真を展示した。

銀座プレイス1Fの日産クロッシングで開催した「Mill the dream, form the future./想いを刻め、未来を創れ。」の会場内

日産クロッシングで開催した「Mill the dream, form the future./想いを刻め、未来を創れ。」の会場内

2017年11月5日(日)まで、1Fの日産クロッシングで「Mill the dream, form the future./想いを刻め、未来を創れ。」を開催。
東京モーターショーで発表した日産のコンセプトカーのカタチを、ロボットアームの手によって刻み、すこしずつ公開した。

2017年10月13日(金)~26日(木)まで、6Fのソニーイメージングギャラリーで「伏見行介 作品展 Toward the Landscape-見える時、見えない時-」を開催した。

2017年9月15日(金)~28日(木)まで、6Fのソニーイメージングギャラリーで「吉田裕之 作品展 イデア eye of the heart」を開催した。

ソニーアクアリウム(終了)

ソニーアクアリウムで銀座プレイス4Fのソニーストアに設置した水槽

ソニーアクアリウムでソニーストアに設置した水槽

ソニーアクアリウムは、2017年3月に閉館した銀座ソニービルで、毎年開催していた恒例の夏休みイベント。

2018年は、銀座ソニービル跡地にオープンした銀座ソニーパークと銀座プレイスで開催。

銀座プレイス会場は、1Fの日産クロッシングと4Fのソニーストア・ソニーショールームの2箇所。
それぞれに沖縄美ら海水族館が監修する水槽を設置し、約40種類・500匹にもおよぶカラフルな沖縄の魚たちが涼しげに泳ぐ。

イベント期間中の木曜・土曜・日曜は、ソニーのカメラをつかってお魚撮影ツアーを実施。
インスタ映えする写真を撮影しにはりきって訪れたい。

ソニーアクアリウムのイベント概要
開催期間:2018-8-17(金)〜2018-9-9(日)
会場:銀座プレイス 1階・4階
入場料金:無料

吉村和敏 作品展 POND & RIVER 錦鯉×発電所(終了)

ソニーイメージングギャラリーで開催した「吉村和敏 作品展 POND & RIVER 錦鯉×発電所」に展示していた作品シリーズ「RIVER」

「吉村和敏 作品展 POND & RIVER 錦鯉×発電所」に展示していた作品シリーズ「RIVER」

写真家の吉村和敏さんによるシリーズ作品「POND」と「RIVER」を展示した展覧会。

PONDは、池を泳ぐ錦鯉たちを撮影した写真。
錦鯉の赤い模様があるだけで、どんな池でも和の雰囲気がただようから不思議。

RIVERは、木曽川の水力発電所やダムを撮影した写真。
外から見る力強い水の流れに加え、なかなか見られない発電所やダムの建物内部まで、カメラの眼がおよぶ。

錦鯉と発電所、一見何の関係もないように思える2つを「水」というテーマがつなぐ。

吉村和敏 作品展 POND & RIVER 錦鯉×発電所のイベント概要
開催期間:2017-12-15(金)~2017-12-28(木)
時間:11:00-19:00
会場:銀座プレイス 6F ソニーイメージングギャラリー
入場料金:無料

増田伸也 作品展 花札装束(終了)

銀座プレイス6Fのソニーイメージングギャラリーで開催した「増田伸也 作品展 花札装束」の展示作品

「増田伸也 作品展 花札装束」の展示作品

写真家・増田伸也さんの個展。
増田伸也さんは、食べ物や植物を現代アート作品のように配置し、写真を撮影している。

会場に展示したシリーズ作品「花札装束」は、その名のとおり、花札をテーマにした作品群。
花札の絵柄のような背景の前に、腐敗した食べ物や植物がかざられ、死に装束をまとっているかのよう。

枯れたり、朽ちたりしているからこそ、はかない日本の四季を表現しているように感じる。

増田伸也 作品展 花札装束のイベント概要
開催期間:2017-11-17(金)~2017-11-30(木)
時間:11:00-19:00
会場:銀座プレイス 6F ソニーイメージングギャラリー
入場料金:無料

山本まりこ 作品展 熊野古道を歩いています。(終了)

銀座プレイス6Fのソニーイメージングギャラリーで開催した「山本まりこ 作品展 熊野古道を歩いています。」の展示作品

「山本まりこ 作品展 熊野古道を歩いています。」の展示作品

写真家 山本まりこさんの個展。
熊野古道の景観や、周辺に暮らす人々を撮影した写真を展示した。

熊野古道は、1府3県にまたがり、全長1,000キロメートル以上ある広大な道で、一部が世界遺産に登録されている。
そのうち、約4分の1の240キロメートル程度を、山本さんが実際に歩いて撮影した写真を展示した。

熊野古道に行こうと思っている人にとっては、魅力を予告編のようにながめられて、興味はあるけどなかなか行けない人は、すこしだけ熊野古道に行った気分にひたれる。

山本まりこ 作品展「熊野古道を歩いています。」のイベント概要
開催期間:2017-10-27(金)~2017-11-9(木)
時間:11:00-19:00
会場:銀座プレイス 6F ソニーイメージングギャラリー
入場料金:無料

伏見行介 作品展 Toward the Landscape-見える時、見えない時-(終了)

ソニーイメージングギャラリーで開催した「伏見行介 作品展 Toward the Landscape-見える時、見えない時-」の展示作品

「伏見行介 作品展 Toward the Landscape-見える時、見えない時-」の展示作品

フォトグラファー・伏見行介(ふしみ ゆきすけ)さんの写真展。
ふだんいつも肩からカメラを下げているという伏見さんが、ふと気になった風景を撮影した写真を展示した。

10年以上かけて撮影したカットから選ばれし写真たちは、日常の一コマとはいえ、なかなか遭遇しないめずらしいワンシーンばかり。

伏見行介 作品展 Toward the Landscapeのイベント概要
開催期間:2017-10-13(金)~2017-10-26(木)
時間:11:00-19:00
会場:銀座プレイス 6F ソニーイメージングギャラリー
入場料金:無料

吉田裕之 作品展 イデア eye of the heart(終了)

ソニーイメージングギャラリーで開催した吉田裕之 作品展 イデア eye of the heartの展示作品

吉田裕之 作品展 イデア eye of the heartの展示作品

フォトグラファー・吉田裕之さんの個展。

銀座プレイスから見える銀座和光の時計塔や、東京スカイツリーなど、東京各地の街並みを撮影した写真を展示した。

しかし、実際に目に見える色とは、まるでちがう色に加工され、ポップアートに通ずるような楽しさとなつかしさが同居する色づかい。

絵画鑑賞するかのように写真鑑賞できる。

吉田裕之 作品展 イデア eye of the heartのイベント概要
開催期間:2017-9-15(金)~2017-9-28(木)
時間:11:00-19:00
会場:銀座プレイス 6F ソニーイメージングギャラリー
入場料金:無料

銀座プレイスの見どころ7選

銀座プレイス1Fにあるフロアガイド

銀座プレイス1Fにあるフロアガイド

銀座プレイスは、地下2階から地上11階建て。

1〜7Fをエスカレーターで自由に回遊でき、1〜2Fに日産、4〜6Fにソニー、日本を代表する2つの企業のショールームやギャラリーがある。

また、銀座プレイスにはカフェやレストランなど飲食店が7店舗あり、食事目的で訪れる人も多い。

最先端のクルマや家電を見て、さわって、体験型のテーマパークに来ているみたいに楽しんだり、銀座の街を見下ろしながら優雅に食事できる。

日産クロッシング 1〜2F

銀座プレイスにある日産クロッシング1Fの展示車とモニター

日産クロッシング1Fの展示車とモニター

日産クロッシングは、カフェやショップを併設している日産のショールーム。

サッポロ銀座ビルに50年以上あり、ビルの建て替えによって2014年に休館した日産銀座ギャラリーが、名前を新たに再入居した。

ショールームのデザインテーマはスパイラル。
通路や天井の装飾など、あちこちにうずがまくモチーフを見かける。

日産クロッシング1Fの展示スペース「シリンダー」

日産クロッシング1Fの展示スペース「シリンダー」

1Fには、晴海通りに面する筒状でガラス張りの展示スペースや、館内の展示スペースがあり、背後の巨大モニターにイメージ映像が流れている。
展示しているのは、自動運転技術搭載車や電気自動車など、ちょっと未来のクルマを中心に数台。

銀座プレイスにある日産クロッシング2Fのショールーム

日産クロッシング2Fのショールーム

2Fには展示スペースに加え、VRでカーレースを体験できるVRレーシングや、ミニカーなど日産グッズを販売している日産ブティック、オリジナルマキアートのカフェを提供するクロッシングカフェを併設している。

日産クロッシング2FのVRレーシングコーナー

日産クロッシング2FのVRレーシングコーナー

VRレーシングは、レーシングカーのシートのようなイスに座り、ヘッドマウントディスプレイを装着して、VRの世界に没入できる。

日産クロッシング2Fに設置しているインタラクティブウォール

日産クロッシング2Fに設置しているインタラクティブウォール

2Fの窓ガラスにはLEDが組み込まれ、銀座4丁目交差点に面する窓に映像を表示したり、カーブした巨大なタッチパネル「インタラクティブウォール」で映像を直感的に選んで再生したり、子供の頃に見た映画の中の世界のように近未来的。

日産クロッシングの施設情報
営業時間:10:00-20:00
休館日:不定期
場所:銀座プレイス 1〜2F
電話番号:03-3573-0523

クロッシングカフェ

銀座プレイス2Fにあるクロッシングカフェの入口

銀座プレイス2Fにあるクロッシングカフェの入口

クロッシングカフェは、日産クロッシング2Fの奥にあるカフェ。
税込み700円のコールドプレスソーダや、税込み400円のマキアート、クッキー・パウンドケーキなどおやつを提供している。

マキアートは、9種類の日産の車種から1種類選ぶか、店内のタブレット端末で撮影した自分の顔をラテアートにしてくれる。
飲んでしまうのがもったいなくなってしまうが、マキアートを記念撮影して写真に残しておきたい。

座席はベンチタイプで、10人ぐらいしか座れないので、長時間のおしゃべりには向かない。

日産ブティック

銀座プレイス2Fにある日産ブティックの商品展示スペース

銀座プレイス2Fにある日産ブティックの商品展示スペース

日産ブティックは、キーホルダーや日産車のミニカーなど、日産グッズを販売しているショップ。
銀座プレイス2Fの日産クロッシング内にある。

店内では、日産クラフトアーツセレクションという、日本の伝統工芸の技術でつくったお箸・タンブラー・名刺入れを販売し、付近にある松屋銀座7Fのデザインコレクションや、銀座三越7Fのジャパンエディションに来ているかのよう。

コモンギンザ 3F

銀座プレイス3Fのコモンギンザの店頭に置かれているイーゼル

銀座プレイス3Fのコモンギンザ

コモンギンザは、美と健康がテーマのラモ フルータス カフェと、イベントスペースのパノラマギャラリーが一体になったイベントスペース&カフェ。

床・壁・天井に木材を貼り、店内に木が植えられていて、おしゃれだけどぬくもりを感じる空間。

イベントスペースとして展覧会やコンサートを開催することがあり、カフェにいながらアート・音楽鑑賞できる。

ラモ フルータス カフェ

銀座プレイス3Fのコモンギンザ内にあるラモ フルータス カフェのレジカウンター

コモンギンザ内にあるラモ フルータス カフェのレジカウンター

ラモ フルータス カフェは、コモンギンザ内にあるカフェ。

提供しているのは、パンケーキやフルーツプレート、乳製品や小麦粉をつかわないロースイーツ、ブーケのようなカタチのブーケカフェ、コールドプレスジュースと豆乳バナナのスムージーなど、感度が高い女性向けのメニューが中心。

フルーツは、中野区にある創業70年以上の老舗フルーツショップ「フタバフルーツ」、コールドプレスジュースは、日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」が協力している。

銀座四丁目交差点を見下ろせるテラス席があるので、天気がいい日に運よく空いていたら利用したい。

特徴的なのは、カフェに入店すると無料で何杯でもフレーバーウォーターを飲み放題のウォーターバー。
フレーバーウォーターは、フルーツやハーブなど、数種類のフレーバーから選べるので、全種類制覇したい。

ラモ フルータス カフェの店舗情報
営業時間:10:00-21:00(フードのラストオーダーは20:00、ドリンクのラストオーダーは20:30)
場所:銀座プレイス 3F
電話番号:03-5537-5506

ソニーストア・ソニーショールーム 4〜5F

銀座プレイス4Fのソニーストアとソニーショールームの店内

銀座プレイス4Fのソニーストアとソニーショールームの店内

最新のソニー製品を手にとって操作したり、購入できるショールームとストア。

もともと、徒歩5分ぐらいの数寄屋橋交差点に面する銀座ソニービルにあったが、2017年3月31日(金)にビルが閉館して解体がはじまるにあたり移転してきた。

4Fはカメラのサイバーショットやハンディカム、携帯電話のXperia、パソコンのVAIOなど、IT製品のフロア。

銀座プレイス5Fのソニーストアにあるソニーのロゴとソニー製品

銀座プレイス5Fのソニーストア銀座

5Fはポータブルオーディオプレーヤーのウォークマン、液晶テレビのブラビア、ゲーム機のプレイステーションなど、音楽と映像とゲームのフロア。

銀座プレイス5Fのソニーストア銀座内に展示していた100インチの4K対応液晶テレビ ブラビア

ソニーストア銀座内に展示していた100インチの4K対応液晶テレビ ブラビア

5Fに展示していた100インチの4K対応液晶テレビ・ブラビアに流れる映像は、映像に吸い込まれてしまいそうな美しさと臨場感。通る人々が次々に足を止めて見入っている。
なんと税抜き700万円。

ソニーストア・ソニーショールームの施設情報
営業時間:11:00-19:00
定休日:なし
場所:銀座プレイス 4〜5F
電話番号:03-3573-5307

ソニーイメージングギャラリー 6F

銀座プレイス6Fにあるソニーイメージングギャラリーの入口

ソニーイメージングギャラリー銀座の入口

ソニーイメージングギャラリーは、2014年に銀座ソニービルにオープンし、ビルの閉館に伴って移転してきたギャラリー。

真っ白な壁に四角くぽっかりと空いた入口から入場すると、写真展や映像展を1〜2週間交代でほぼ絶え間なく開催している。
展覧会は無料で鑑賞できるので、銀座プレイスに来るたびにのぞきたい。

直近のイベントは、2018年9月7日(金)~20日(木)まで、大野雅人さんの作品展を開催中。

ソニーイメージングギャラリーの施設情報
営業時間:11:00-19:00
定休日:なし
場所:銀座プレイス 6F
電話番号:03-3571-7606
入場料金:無料

ビストロ・マルクス 7F

銀座プレイス7Fにあるビストロ・マルクスの入口

銀座プレイス7Fにあるビストロ・マルクスの入口

銀座プレイスの7Fには、ビストロ・マルクスとティエリー・マルクスの2店舗がある。

パリのマンダリンオリエンタル内に、シュール ムジュール パール ティエリー・マルクスをオープンし、2012年にミシュラン2つ星を獲得したティエリー・マルクスさんのお店。

ティエリー・マルクスでは、2〜3万円前後の本格的なフレンチのコースメニューを提供。
ビストロ・マルクスは、4,000円〜5,000円前後のコースメニューや、1,500円前後のティーセットを提供。

ティエリー・マルクスは特別な日に特別な時間を過ごせて、ビストロ・マルクスはすこしぜいたくなランチやティータイムを過ごせる。

テーブルの上に置かれているビストロ・マルクスのブリオッシュ

テーブルの上に置かれているビストロ・マルクスのブリオッシュ

ビストロ・マルクスの看板メニューは、北海道産の小麦や国産の発酵バターなど、素材にこだわったブリオッシュ。

ブリオッシュはテイクアウトでき、税抜き1,500円の通常サイズと税抜き500円のミニサイズから選べる。
通常サイズは、マルクスさんの横顔が描かれた箱に詰められ、手みやげにつかえそう。

ブリオッシュに加え、マルクスバーガーやフレンチトーストの極上ラスク、ギモーブがテイクアウトできる。

店内に併設しているプレミアムテラスバーからは、銀座4丁目交差点の夜景を見下ろせて、21:30〜24:00までオープンしている。
特別なディナーの後に、余韻にひたりながら利用したい。

ビストロ・マルクスの店舗情報
ランチ営業時間:11:30-14:30(ラストオーダーは14:00)
カフェ営業時間:14:00-16:30(ラストオーダーは15:30)
ディナー営業時間:18:00-23:00(フードラストオーダーは21:30)
プレミアムテラスバー営業時間:21:30-24:00(フードラストオーダーは23:00)
定休日:不定休(プレミアムテラスバーは日曜と祝日は休み)
場所:銀座プレイス 7F
電話番号:03-6280-6234

銀座ライオン ブラッスリー B1F

銀座プレイスB1Fにある銀座ライオン ブラッスリーの入口

銀座プレイスB1Fにある銀座ライオン ブラッスリーの入口

銀座ライオン ブラッスリーは、昼はランチやカフェ、夜はバーとして、カジュアルにつかえるブラッスリー。
銀座駅の地下通路と直結している。

ランチの人気はロールキャベツ。
1,500円を超えるちょっと豪華なサンドウィッチやハンバーグ・カレー・パスタなど、洋食メニューを提供している。

夜はソラチエースをはじめ、さまざまな種類のクラフトビールを提供しているので、仕事帰りに軽く一杯飲みたいときに利用できる。

銀座ライオン ブラッスリーの店舗情報
営業時間:11:30-23:30(日曜・祝日は22:30まで)
場所:銀座プレイス B1F
電話番号:03-3571-5371

銀座ライオン ビヤホール B2F

銀座ライオン ビヤホールは、古き良きビヤホールという感じの、どこかなつかしい昭和の雰囲気をかもし出すサッポロのビヤホール。
エスカレーターでは行けず、エレベーターで行ける。

フードの名物は、遠赤外線オーブンで焼き上げるローストビーフ。
黒ラベルやヱビスビールなど、サッポロの生ビールと一緒に味わえる。

平日は17:00から、祝日は13:00から、1時間おきに手まわしオルガンによるドイツ民謡の演奏を行い、レトロな空間でなつかしい音色にひたれる。

飲み放題メニューがあるので、会社の仲間と飲んだり、いつもとちがう女子会につかえそう。

銀座ライオン ビヤホールの店舗情報
営業時間:11:30-23:00(日曜・祝日は22:00まで)
場所:銀座プレイス B2F
電話番号:03-3571-5371

銀座プレイスの行き方・アクセス

地下鉄銀座駅と直結している銀座プレイスB1Fの出入口

地下鉄銀座駅と直結している銀座プレイスB1Fの出入口

銀座プレイスは、銀座4丁目交差点に面し、晴海通りをはさんで向かいに銀座三越がある。

銀座駅のA4出口や銀座コアと、銀座プレイスのB1Fが直結していて、雨の日でもぬれずにたどり着ける。

有楽町駅から来る場合、数寄屋橋交差点に向かって、数寄屋橋交差点から晴海通りを東銀座駅の方向に歩くと右に見えてくる。

銀座プレイスの基本情報
住所:東京都中央区銀座5-8-1
公式ウェブサイト:銀座プレイス 公式サイト
最寄り駅からのアクセス:東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口から直結/都営浅草線・東京メトロ日比谷線「東銀座駅」から徒歩約4分/JR「有楽町駅」から徒歩約7分

銀座プレイスの周辺スポット

銀座プレイスは、中央通りにも並木通りにも近く、銀ぶらにもってこい。
銀座のスポットをいくつかはしごしたい。

銀座三越

銀座4丁目交差点から見た銀座三越の建物

銀座三越の建物

晴海通りをはさんで向かいに老舗百貨店の銀座三越がある。

銀座三越の催事・イベントは、7Fの催事場や9Fの銀座テラスで行う。

松屋銀座

銀座中央通り沿いにある松屋銀座の建物

松屋銀座の建物

中央通り沿いの銀座三越の奥に、同じく老舗百貨店の松屋銀座がある。

松屋銀座の催事・イベントは、8Fのイベントスクエアで、アニメやキャラクターの展覧会をしばしば行う。

ギンザシックス

ギンザシックスの外観

ギンザシックスの外観

中央通りを新橋駅の方向に3分ぐらい歩くと、銀座5丁目交差点に面して、2017年4月20日(木)にオープンしたギンザシックスがある。

ギンザシックスのアートとして、吹き抜けでつながる2〜5Fのフロア各所に、6組のアーティストの作品を常設展示している。

歌舞伎座

正面から見た歌舞伎座と歌舞伎座タワー

歌舞伎座と歌舞伎座タワー

晴海通りを東銀座駅の方向に4分ぐらい歩くと、東銀座駅に隣接して歌舞伎座がある。

歌舞伎座の見学は、B2Fのお土産街 木挽町広場や、5Fの歌舞伎座ギャラリー、同じく5Fの屋上庭園、4Fの回廊「想い出の歌舞伎座」を見てまわれる。

築地本願寺

築地本願寺の本堂の外観

築地本願寺の本堂

歌舞伎座を通り過ぎて、晴海通りを築地駅の方向に歩くと、築地本願寺が左に見えてくる。
銀座プレイスから徒歩13分ぐらい。

築地本願寺のイベントは、毎月最終金曜日にパイプオルガンによる入場無料のランチタイムコンサートを開催し、8月上旬頃、納涼盆踊り大会を行う。

東急プラザ銀座

数寄屋橋交差点から見た東急プラザ銀座の建物

東急プラザ銀座の建物

晴海通りを数寄屋橋交差点に向かって4分ぐらい歩くと、東急プラザ銀座がある。

江戸切子をモチーフにしたラグジュアリーな建物で、6Fのオープンスペース キリコラウンジや、屋上のキリコテラスなど、名前にキリコが付いている施設がある。

銀座ソニーパーク(旧銀座ソニービル)

銀座ソニーパークの外観

銀座ソニーパークの外観

東急プラザ銀座の向かいにあった銀座ソニービルは、2017年3月31日(金)で閉館。

2018年8月9日(木)、銀座ソニーパークが跡地にオープンした。

東京交通会館

ピロティ側から見た東京交通会館

東京交通会館の入口

JR有楽町駅のほうに7分ぐらい歩くと、京橋口の前に東京交通会館がある。

東京交通会館のアンテナショップは、B1Fと1Fに北は北海道から南は九州まで13ショップ集まり、ぐるっとめぐると、ちょっとした国内旅行気分をあじわえる。



2018年9月21日 開催中のイベント
コレド室町1の日本橋三井ホールで開催したアートアクアリウムに展示していた超・花魁

コレド室町

アートアクアリウム 江戸・金魚の涼&ナイトアクアリウム

7/6(金)~9/24(月)

国立新美術館で開催した「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」に展示していた原画

国立新美術館

荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋

8/24(金)~10/1(月)

渋谷ヒカリエ8Fのd47 MUSEUM47で開催した「あつらえ展 47都道府県のセミオーダーマーケット」の会場内

渋谷ヒカリエ

47あつらえ展 47都道府県のセミオーダーマーケット

8/16(木)〜10/8(月)

サンシャイン水族館の特別展会場で開催していた化ケモノ展の入口

サンシャインシティ

化ケモノ展

6/28(木)~11/25(日)

2018年9月21日 開催中の展覧会
国立西洋美術館の正門前に掲示していた「ミケランジェロと理想の身体」の巨大看板

国立西洋美術館

ミケランジェロと理想の身体

6/19(火)~9/24(月)

国立科学博物館の付近に掲示していた特別展「昆虫」の看板

国立科学博物館

特別展 昆虫

7/13(金)~10/8(月)

東京都美術館の窓に掲示していた「没後50年 藤田嗣治展」の巨大ポスター

東京都美術館

没後50年 藤田嗣治展

7/31(火)~10/8(月)

東京ミッドタウンの21_21 DESIGN SIGHT前に掲示していた「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」のポスター

東京ミッドタウン

AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展

6/29(金)〜10/14(日)

日本科学未来館で開催していた企画展「デザインあ展 in TOKYO」の会場入口

日本科学未来館

デザインあ展 in TOKYO

7/19(木)~10/18(木)

11エリア
六本木通りにあるROPPONGIという文字の看板

六本木6スポット

アートの街、六本木。国立新美術館をはじめ、アート施設が点在する。

歩道橋の上から見た表参道の並木道

表参道・原宿9スポット

おしゃれの発信地、表参道。通り沿いに商業施設や高級ブティックがならぶ。

渋谷駅のハチ公口にあるハチ公像

渋谷6スポット

若者の街のイメージが根強い渋谷だが、奥渋谷や神南は大人が知的に楽しめる。

代官山アドレスの前にあるオブジェ

代官山4スポット

渋谷からすこし離れただけなのに、落ち着きとハイセンスが混ざりあう代官山。

恵比寿駅の西口にある恵比寿像

恵比寿・目黒5スポット

恵比寿は、ヱビスビールにゆかりがあり、ビールとのつながりが深い街。

銀座4丁目交差点から見た銀座和光の時計塔

銀座9スポット

銀座は、銀ぶらという言葉のとおり、ぶらぶらウィンドウショッピングできる。

丸の内仲通りの通路と樹木

丸の内・日比谷5スポット

赤レンガの東京駅を商業ビルがかこみ、古さと新しさが融合する丸の内。

日本橋の橋の途中にある麒麟の像

日本橋3スポット

日本橋は、古くからの建物が残り、江戸情緒あふれる商人や職人の城下町。

上野公園にある西郷隆盛像

上野6スポット

上野には、国立西洋美術館や東京国立博物館など、美術館や博物館が集まる。

お台場海浜公園から見たレインボーブリッジ

お台場9スポット

お台場は、東京では希少な海と砂浜をのぞめるウォーターフロントの観光地。

JR池袋駅の北改札の近くにあるいけふくろうの像

池袋4スポット

CMソングのとおり、東口に西武、西口に東武がある不思議な池袋。