銀座ソニーパーク(旧銀座ソニービル)の今日のイベント情報

 
銀座ソニーパークの外観

銀座ソニーパークは、銀座ソニービルの跡地に2018年8月9日(木)にオープンした、変わり続ける公園。

銀座ソニービルは、日本橋高島屋の増築部分や、東京交通会館とともに、鈴木伸子さんの書籍「シブいビル」のひとつに選ばれていたが、2017年3月31日(金)に閉館し、ビルを解体。
2020年から2022年にかけて新ソニービルに建て替える予定。

銀座ソニーパークは、1FからB4Fまで5フロアで構成。
買える公園をコンセプトにした、プラントハンター・西畠清順さんによる「アヲ GINZA TOKYO」や、コンビニエンスストアをテーマにした、藤原ヒロシさんがディレクターをつとめる「THE CONVENI」がテナントとして出店。

イベントは、B2Fの東京メトロ銀座駅のコンコースと直結するイベントスペースで開催する。

スポンサーリンク






  

銀座ソニーパークの今日のイベント情報

銀座ソニーパークB2Fのイベントスペースで開催した「Hidden Senses at Park(日常のなかに隠された感覚)」の会場内

「Hidden Senses at Park(日常のなかに隠された感覚)」の会場内

2018年9月29日(土)〜11月4日(日)まで、B2Fのイベントスペースで「Hidden Senses at Park(日常のなかに隠された感覚)」を開催。
人の動きに呼応して模様を描くお皿や、音と振動で水を注いでいるかのように錯覚する水差しなど、日常に溶け込むテクノロジーを約10コンテンツ体験できる。

2018年10月5日(金)〜12月17日(月)まで「ピエール・ボナールの原風景 AR展」を開催。
銀座ソニーパーク内の絵画に、専用のARアプリをかざすと風景が実写で再現される、国立新美術館の展覧会として開催のピエール・ボナール展とのコラボ企画。

B3Fで「Game×Parking」を開催。
エクスペリアタッチをつかったテーブルゲームや、ドライビングシミュレーターを体験できる。

銀座ソニーパークの今後のイベント予定

毎週金曜日の20:00から、B4Fで「Park Live」を開催。
当日まで出演者が分からず、偶然の音楽に出会えるシークレットライブ。

銀座ソニーパーク・銀座ソニービルの過去の代表的なイベント

銀座ソニーパークB2Fのイベントスペースで開催した「PARK × MUSIC × ROLLER SKATE」のローラースケート場

「PARK × MUSIC × ROLLER SKATE」のローラースケート場

2018年8月9日(木)〜9月24日(月)まで、B2Fのイベントスペースで「PARK × MUSIC × ROLLER SKATE」を開催。
ローラースケート場がオープンし、毎週土曜日の17:00〜19:00まで「サタデーナイト・ローラー・ディスコ」を開演した。

2018年8月17日(金)〜9月9日(日)まで、銀座ソニーパークで「ソニーアクアリウム」を開催。
銀座に美ら海がやってきた。

数寄屋橋交差点から見た銀座ソニービル

銀座ソニービルの建物

2017年2月22日(水)〜3月31日(金)まで、銀座ソニービル1〜4Fで「It’s a Sony展 Part-2」を開催した。

2016年11月12日(土)〜2017年2月12日(日)まで、銀座ソニービル1〜4Fで「It’s a Sony展 Part-1」を開催した。

ソニーアクアリウム(終了)

銀座ソニーパークで開催したソニーアクアリウムの巨大水槽

ソニーアクアリウムの巨大水槽

ソニーアクアリウムは、沖縄美ら海水族館などからやってくる約1,000匹の海の生き物を、巨大水槽に展示する移動水族館。

ナポレオンフィッシュと珊瑚礁の海をテーマに、南国らしいカラフルな沖縄の魚たちが、水槽の中を気持ちよさそうに泳ぎ、見ているだけで暑さをすこし忘れられる。

有楽町駅前広場に設置していたソニーアクアリウム2017の巨大水槽

有楽町駅前広場に設置していたソニーアクアリウム2017の巨大水槽

ソニーアクアリウムは、銀座ソニービルの恒例イベントとして行い、ビル解体中の2017年は有楽町駅前広場や銀座プレイスで開催。

銀座プレイスのソニーショールーム・ソニーストアでは、2017年に続き、沖縄美ら海水族館が監修する水槽2台を期間中設置した。

アクアシティお台場のソニー・エクスプローラサイエンスでは、沖縄美ら海水族館の3D番組 ソニーアクアリウムを上映しているので、はしごしてみるのもおもしろい。

ソニーアクアリウムのイベント概要
開催期間:2018-8-17(金)〜2018-9-9(日)
会場:銀座ソニーパーク グラウンドレベル
観覧料金:無料

It’s a Sony展 Part-2(終了)

銀座ソニービル1〜4Fで開催したIt’s a Sony展 Part-2の入口

It’s a Sony展 Part-2の入口

It’s a Sony展 Part-2は、銀座ソニービルが閉館する2017年3月31日(金)まで開催したIt’s a Sony展の後編。
ソニーの過去を振り返る展示を中心としたPart-1に対し、Part-2のテーマは未来。

2018年夏にオープン予定の銀座ソニーパークをイメージし、1〜4Fの会場すべてに人工芝が敷かれ、壁に描いたウォールアートをながめながら、花びら構造の階段を上の階にのぼっていく。

銀座ソニービルで開催したIt’s a Sony展 Part-2に展示していたウォールアート

It’s a Sony展 Part-2に展示していたウォールアート

一見するとモノクロのウォールアートが続いていそうだが、絵にカラフルに色が付いたり、絵がアニメーションで動きだしたり、ところどころにしかけがある。

ウォールアートの各所にキーワードがかくされていて、すべて見つけるとオリジナルステッカーをもらえるので、宝探し気分でじっくり鑑賞したい。

銀座ソニービルで開催したIt’s a Sony展 Part-2に展示していたパークの木琴

It’s a Sony展 Part-2に展示していたパークの木琴

ウォールアートに緑の葉っぱシールを貼ったり、銀座ソニーパークに対するメッセージを付箋で貼ったり、階段に沿って設置しているパークの木琴に玉を転がして音を出したり、ながめるだけでなく参加型のアートがたくさん。

銀座ソニービルで開催したIt’s a Sony展 Part-2に展示していたグッバイ ソニービルの文字

It’s a Sony展 Part-2に展示していたグッバイ ソニービルの文字

It’s a Sony展がいつまでも終わらないで欲しい気持ちに後ろ髪をひかれつつ、銀座ソニービルと2022年までしばしのお別れ。

It’s a Sony展 Part-2のイベント概要
開催期間:2017-2-22(水)〜2017-3-31(金)
時間:11:00-19:00
会場:銀座ソニービル1〜4F
入場料金:無料

It’s a Sony展 Part-1(終了)

銀座ソニービルで開催したIt’s a Sony展入口のフォトスポット

It’s a Sony展入口のフォトスポット

It’s a Sony展 Part-1は、2017年4月1日(土)から銀座ソニービルの解体がはじまるにあたり、ソニーの歴史を振り返る展覧会。
ソニーショールームやソニーストアがあった1〜4Fをつかい、3エリアで構成した。

銀座ソニービルで開催したIt’s a Sony展の1〜2FにあったPOPEYE presents My Favorite Sonyの展示

POPEYE presents My Favorite Sonyの展示

1つ目のエリアは、1〜2Fの「POPEYE presents My Favorite Sony」。
ファッション&カルチャー雑誌・POPEYE(ポパイ)とのコラボで、POPEYEにゆかりのある人たちのお気に入りのソニー製品を展示した。

銀座ソニービルで開催したIt’s a Sony展のウォークマンコーナー

It’s a Sony展のウォークマンコーナー

2つ目のエリアは、2〜4Fの「Sony’s History」。
創業70年のソニーの歴史を6つの年代に分け、当時発売した実際のソニー製品を展示した。

ウォークマンやAIBOは、歴代製品をまとめて展示し、どのような進化を遂げていったか一目で分かる。

銀座ソニービルで開催したIt’s a Sony展のプレイステーションコーナー

It’s a Sony展のプレイステーションコーナー

プレイステーションは、巨大なプレステのコントローラーボタンに見立てた展示スペースに、プレイステーション1〜4をそれぞれ設置し、ゲーム機の前にあるモニターにゲーム映像を上映した。
なつかしくて、立ち止まって見入ってしまう。

銀座ソニービルで開催したIt’s a Sony展の「SHOP」コーナー

It’s a Sony展の「SHOP」コーナー

3つ目のエリアは、4Fの「SHOP」。
B3Fのザ・パーキング銀座や、6Fの本屋 EDIT TOKYOとのコラボグッズを展示・販売した。

店内に設置したガチャガチャの景品は、ラバーストラップになった歴代のソニー製品。コンプリートしたくて夢中になってしまうのか、何度も売り切れているところを見かけた。

ソニービル5Fのソニーイノベーションラウンジにあった銀座ソニーパークの模型

ソニービル5Fのソニーイノベーションラウンジにあった銀座ソニーパークの模型

5Fのソニーイノベーションラウンジには、2018年に誕生した銀座ソニーパークのイメージ模型を展示。
1〜5Fまで連続して鑑賞すると、ソニーの過去・現在・未来を体感できる。

It’s a Sony展 Part-1のイベント概要
開催期間:2016-11-12(土)〜2017-2-12(日)
時間:11:00-19:00
会場:銀座ソニービル1〜4F
入場料金:無料

銀座ソニーパーク(旧銀座ソニービル)の行き方・アクセス

銀座ソニーパークの地下1階入口

銀座ソニーパークの地下入口

銀座駅のB9出口と銀座ソニーパークB2Fが直結し、雨の日でもぬれずにたどり着ける。

有楽町駅から来る場合、数寄屋橋交差点に向かって歩くと見えてくる。

晴海通りに面し、向かいの東急プラザ銀座が目立つので、目印になる。

銀座ソニーパークの基本情報
住所:東京都中央区銀座5-3-1
最寄り駅からのアクセス:東京メトロ丸ノ内線・銀座線・日比谷線「銀座駅」B9出口から徒歩約1分/JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」から徒歩約5分

銀座ソニーパーク(旧銀座ソニービル)の周辺スポット

銀座ソニーパークは、銀座の並木通りにも中央通りにも近く、銀ぶらや銀座の観光スポットをはしごするのにもってこいの立地。
足をのばせば、築地にだって行ける。

東急プラザ銀座

数寄屋橋交差点から見た東急プラザ銀座の建物

東急プラザ銀座の建物

外堀通りをはさんで向かいに東急プラザ銀座がある。

東急プラザ銀座のイベントは、2018年10月3日(水)〜12月12日(火)まで、1~3Fのメトアギンザで「Water Journey in Ginza 水の循環でつながる世界」を開催している。

東京ミッドタウン日比谷

日比谷公園から見た東京ミッドタウン日比谷の建物

東京ミッドタウン日比谷の建物

晴海通りを日比谷公園方面に約7分歩くと、2018年3月29日(木)にオープンした東京ミッドタウン日比谷が左に見えてくる。

東京ミッドタウン日比谷のイベントは、宮崎あおいさんのTVCMでおなじみの日比谷ステップ広場で開催する。

東京交通会館

ピロティ側から見た東京交通会館

東京交通会館の入口

JR有楽町駅まで5分ぐらい歩くと、京橋口の前に東京交通会館がある。

東京交通会館のアンテナショップは、北は北海道から南は九州まで14店舗集まっている。

銀座三越

銀座4丁目交差点から見た銀座三越の建物

銀座三越の建物

晴海通りを東銀座駅の方向に5分ぐらい歩くと、銀座4丁目交差点に老舗百貨店の銀座三越がある。

銀座三越の催事・イベントは、9Fの銀座テラスや7Fの催事場で開催する。

銀座プレイス

銀座4丁目交差点から見た銀座プレイスの建物

銀座プレイスの建物

銀座三越の向かいに、2016年9月24日(土)にオープンした銀座プレイスがある。

銀座プレイスは、1〜7Fをエスカレーターで自由に回遊でき、日産やソニーのショールームがある。

松屋銀座

銀座中央通り沿いにある松屋銀座の建物

松屋銀座の建物

晴海通りを左折して、中央通りを数分歩くと、松屋銀座がある。

松屋銀座の催事は、梅雨時期に行い、吹き抜けのホールに数百本の傘を展示する「GINZA百傘会」が有名。

ギンザシックス

ギンザシックスの外観

ギンザシックスの外観

晴海通りを銀座4丁目交差点で右折して、中央通りを新橋駅の方向に歩くと、2017年4月20日(木)にオープンしたギンザシックスがある。

松坂屋銀座店跡地にオープンした銀座エリア最大の商業施設。

歌舞伎座

正面から見た歌舞伎座と歌舞伎座タワー

歌舞伎座と歌舞伎座タワー

晴海通りを東銀座駅に向かって歩くと、東銀座駅に隣接して歌舞伎座がある。
銀座ソニーパークから徒歩8分ぐらい。

歌舞伎座の観光見学スポットは、B2Fのお土産街「木挽町広場」や、5Fの歌舞伎座ギャラリーと屋上庭園で、歌舞伎の演目を見なくても気軽に歌舞伎にふれられる。

築地本願寺

築地本願寺の本堂の外観

築地本願寺の本堂

歌舞伎座を通り過ぎて、晴海通りを築地市場方面に歩くと、築地本願寺が左に見えてくる。

築地本願寺のイベントは、年間行事に加え、毎月最終金曜日にパイプオルガンのランチタイムコンサートを開催し、8月上旬頃に納涼盆踊り大会を行う。



2018年10月16日 開催中のイベント
東京タワーのメインデッキ2Fで開催した東京タワー ハロウィンナイトファンタジアのトリックハロウィンロード

東京タワー

ハロウィンナイトファンタジア

9/21(金)~10/31(水)

銀座ソニーパークB2Fのイベントスペースで開催した「Hidden Senses at Park(日常のなかに隠された感覚)」の会場内

銀座ソニーパーク

Hidden Senses at Park(日常のなかに隠された感覚)

9/29(土)〜11/4(日)

サンシャイン水族館の特別展会場で開催していた化ケモノ展の入口

サンシャインシティ

化ケモノ展

6/28(木)~11/25(日)

東急プラザ銀座のメトアギンザで開催した「Water Journey in Ginza 水の循環でつながる世界」の会場で上映していた映像作品

東急プラザ銀座

Water Journey in Ginza 水の循環でつながる世界

10/3(水)〜12/12(火)

2018年10月16日 開催中の展覧会
日本科学未来館で開催していた企画展「デザインあ展 in TOKYO」の会場入口

日本科学未来館

デザインあ展 in TOKYO

7/19(木)~10/18(木)

東京ステーションギャラリーのエントランス前に掲示していた「横山華山」展の巨大ポスター

東京駅

「横山華山」展

9/22(土)〜11/11(日)

東京国立博物館の正門付近に掲示していた「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」の看板

東京国立博物館

京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ

10/2(火)~12/9(日)

国立新美術館のエントランスに掲示していた「ピエール・ボナール展」の看板

国立新美術館

ピエール・ボナール展

9/26(水)~12/17(月)

上野の森美術館のエントランス前に掲示していたフェルメール展の巨大ポスター

上野の森美術館

フェルメール展

10/5(金)~2/3(日)

11エリア
六本木通りにあるROPPONGIという文字の看板

六本木6スポット

アートの街、六本木。国立新美術館をはじめ、アート施設が点在する。

歩道橋の上から見た表参道の並木道

表参道・原宿9スポット

おしゃれの発信地、表参道。通り沿いに商業施設や高級ブティックがならぶ。

渋谷駅のハチ公口にあるハチ公像

渋谷6スポット

若者の街のイメージが根強い渋谷だが、奥渋谷や神南は大人が知的に楽しめる。

代官山アドレスの前にあるオブジェ

代官山4スポット

渋谷からすこし離れただけなのに、落ち着きとハイセンスが混ざりあう代官山。

恵比寿駅の西口にある恵比寿像

恵比寿・目黒5スポット

恵比寿は、ヱビスビールにゆかりがあり、ビールとのつながりが深い街。

銀座4丁目交差点から見た銀座和光の時計塔

銀座9スポット

銀座は、銀ぶらという言葉のとおり、ぶらぶらウィンドウショッピングできる。

丸の内仲通りの通路と樹木

丸の内・日比谷5スポット

赤レンガの東京駅を商業ビルがかこみ、古さと新しさが融合する丸の内。

日本橋の橋の途中にある麒麟の像

日本橋3スポット

日本橋は、古くからの建物が残り、江戸情緒あふれる商人や職人の城下町。

上野公園にある西郷隆盛像

上野6スポット

上野には、国立西洋美術館や東京国立博物館など、美術館や博物館が集まる。

お台場海浜公園から見たレインボーブリッジ

お台場9スポット

お台場は、東京では希少な海と砂浜をのぞめるウォーターフロントの観光地。

JR池袋駅の北改札の近くにあるいけふくろうの像

池袋4スポット

CMソングのとおり、東口に西武、西口に東武がある不思議な池袋。