KITTE丸の内の今日のイベント情報と7フロアのガイド

KITTE丸の内の建物と時計

KITTE丸の内は、日本郵便が運営する商業施設。
切手ということばのひびきが、郵便を連想させる。

2013年3月にオープンしてまだ4年半ぐらいだが、旧東京中央郵便局の一部が残っていて、新しいけど、どこかなつかしい昭和モダンを感じる建物。

イベントは、1FのアトリウムやB1Fの東京シティアイなど、イベントスペースで行われる。

スポンサーリンク







KITTE丸の内の今日のイベント情報

2017年9月16日(土)〜12月3日(日)まで2Fのインターメディアテクで「植物画の黄金時代 英国キュー王立植物園の精華から」が開催。キュー王立植物園が所蔵する植物画28点が、特別展示されている。

KITTE丸の内の今後のイベント予定

2017年10月19日(木)・20日(金)の2日間、B1Fの東京シティアイで「暮らしの包装商品展2017」が開催。包装容器をあつかう10社が出展して、包装の知られざる機能やひみつが紹介される。

2017年10月21日(土)・22日(日)の2日間、B1Fの東京シティアイで「魅力五つ星!兵庫へウェルカムフェア」が開催。アンテナショップ「元町マルシェ」が出店して、五つ星ひょうごに選定されている兵庫県の特産品が販売される。

2017年10月21日(土)~29日(日)まで4Fの旧東京中央郵便局長室に、2016年9月に開催された「国際物流総合展2016」のパネルが再展示される。

2017年10月26日(木)の10:00〜20:00までB1Fの東京シティアイで、宮崎県日南市南郷町による「かつお一本釣りナイト」が開催。かつお一本釣りを撮影した写真パネルが展示される。

2017年10月28日(土)・29日(日)の2日間、B1Fの東京シティアイで「石川×香川~今度の旅は○川県へ!~」が開催。石川県と香川県の特産品が販売されたり、ご当地キャラが来場する。

2017年11月9日(木)の18:30から、B1Fの東京シティアイで「キッテグランシェ落語会」が開催されて、滝川鯉津さんの落語を無料で観覧できる。

2017年11月17日(金)の18:00〜19:00まで、2Fのインターメディアテクで「蓄音機音楽会 ジャズ大集成 オール・アメリカン・リズム・セクション」が開催。アナログレコードが奏でるジャズを無料で鑑賞できる。

2017年11月22日(水)~12月25日(月)まで1Fのアトリウムで「WHITE KITTE」が開催されて、ホワイトツリーが設置される。

WHITE KITTE

KITTE丸の内1Fのアトリウムに設置されたKITTE ホワイトツリー

1Fのアトリウムに設置されたKITTE ホワイトツリー

WHITE KITTEは、KITTE丸の内恒例のクリスマスイベント。

1Fのアトリウムに、雪が積もったかのように真っ白で、高さ10メートル以上あるクリスマスツリー「KITTE ホワイトツリー」が設置される。
3Fに届きそうな巨大さにおどろいた後、ホンモノのもみの木がつかわれていることに、二度おどろく。

KITTE丸の内1Fのアトリウムに設置されたKITTE ホワイトツリーのライトアップ演出

KITTE ホワイトツリーのライトアップ演出

一定時間ごとにライトアップと音楽の演出が行われ、東京にいながらスキー場のナイターにきているかのよう。

  • 開催期間:2017-11-22(水)~2017-12-25(月)
  • 会場:KITTE丸の内 1F アトリウム
  • 住所:東京都千代田区丸の内2-7-2
  • イベント公式ページ:WHITE KITTE
  • 料金:観覧無料

KITTE丸の内の過去の代表的なイベント

2017年9月29日(金)~10月9日(月)まで1Fのアトリウムで「香港ミニチュア展」が開催された。

2017年8月20日(日)〜27日(日)まで1Fのアトリウムで「はっきよいKITTE」が開催されて、最終日の8月27日(日)に大相撲KITTE場所が開幕した。

2017年8月11日(金)〜18日(金)まで1Fのアトリウムで、タカラヅカ・スカイ・ステージ 開局15周年記念「15th Anniversary フェスタ in KITTE」が開催。宝塚歌劇団の公演衣装や、タカラヅカ・スカイ・ステージの番組セットが展示された。

2017年3月31日(金)〜4月2日(日)までB1Fの東京シティアイで「コクヨハク2017 SPICE」が開催された。

2017年3月3日(金)〜12日(日)まで1Fのアトリウムで「恐竜王国 in KITTE」が行われて、恐竜の全身骨格や模型が展示された。

2017年1月17日(火)〜19日(木)までB1Fの東京シティアイで「ゴールデンカムイとアイヌ文化展」が開催されて、アイヌ民具やゴールデンカムイのデジタル原画が展示された。

香港ミニチュア展(終了)

KITTE丸の内1Fのアトリウムで開催された香港ミニチュア展の展示作品

香港ミニチュア展の展示作品

香港の17名のミニチュアアーティストが制作した48点のミニチュア作品が展示された展覧会。

香港ミニチュア展は、かつて2014年10月13日(月)~23日(木)に池袋サンシャインシティのイベントとして開催されて、日本での開催は2回目。

KITTE丸の内1Fのアトリウムで開催された香港ミニチュア展に展示された作品

香港ミニチュア展に展示された作品

展示された作品は、香港の街並みや、香港で暮らす人々の生活が、ホンモノそっくりに再現。食い入るようにながめれば、香港旅行さながらに、ミニチュアの世界に入り込める。

  • 開催期間:2017-9-29(金)~2017-10-9(月)
  • 会場:KITTE丸の内 1F アトリウム
  • 入場料金:無料

はっきよいKITTE(終了)

KITTE 1Fのアトリウムで開催されたはっきよいKITTEの会場内

1Fのアトリウムで開催されたはっきよいKITTEの会場内

今年が3回目の日本の国技「すもう」をテーマにしたイベント。
初日の土俵開きからはじまって、最終日の8月27日(日)12:00〜16:30まで大相撲KITTE場所が開催された。

大相撲KITTE場所は、横綱の土俵入りや、現役の力士による本番さながらの取り組みを見学できる。
1Fと2Fは抽選による座席券・観覧券が必要で、いい席で見るのは苦労しそうだが、迫力満点のカラダのぶつかりあいを間近で見られるチャンス。

KITTE 1Fのアトリウムで開催された大すもう展に展示されていた化粧まわし

大すもう展に展示されていた化粧まわし

また、2017年8月20日(日)~26日(土)まで、アトリウムで大すもう展が行われた。

撮影した自分の写真が力士の姿になって四股名まで付けてもらえる「すもう撮りカメラ」や、関取が土俵入りで腰に巻いている化粧まわし、おすもうさんの1回の食事の量が模型展示されるなど、遊びながらすもうを学べる。

KITTE 1Fのアトリウムで開催された大すもう展に展示されていたおすもうさんの1回の食事の量

大すもう展に展示されていたおすもうさんの1回の食事の量

1回分の食事として、塔のようにそびえたつごはんやそばを見ると、あらためておすもうさんのカラダを維持する大変さが伝わってくる。

  • 開催期間:2017-8-20(日)〜2017-8-27(日)
  • 会場:KITTE丸の内 1F アトリウム
  • 入場料金:無料

タカラヅカ・スカイ・ステージ 開局15周年記念「15th Anniversary フェスタ in KITTE」(終了)

KITTE 1Fのアトリウムで開催されたタカラヅカ・スカイ・ステージ 開局15周年記念「15th Anniversary フェスタ in KITTE」の公演衣装展示コーナー

タカラヅカ・スカイ・ステージ 開局15周年記念「15th Anniversary フェスタ in KITTE」の公演衣装展示コーナー

宝塚歌劇専門チャンネル「タカラヅカ・スカイ・ステージ」が、開局15周年をむかえることを記念して開催されたイベント。

会場の中心にあるランウェイのようなレッドカーペットの上に、宝塚歌劇団の公演衣装が約10点ずらっとならんで、豪華絢爛さに目を奪われる。

KITTE 1Fのアトリウムで開催されていたタカラヅカ・スカイ・ステージ 開局15周年記念「15th Anniversary フェスタ in KITTE」の会場内に設置された番組セット

タカラヅカ・スカイ・ステージ 開局15周年記念「15th Anniversary フェスタ in KITTE」の会場内に設置された番組セット

会場内をぐるっとまわると、タカラヅカ・スカイ・ステージの番組セットが再現されたフォトスポットが設置されて、出演者になりきって記念撮影できたり、ところどころに設置されているモニターに、タカラヅカ・スカイ・ステージ15年分の映像が上映されていた。

また、番組の公開収録が2017年8月11日(金)・18日(金)の2日間開催されて、元宝塚歌劇団のトップスターに間近で会えた。

2017年8月11日(金)の15:00からは、春野寿美礼さんと朝海ひかるさんが出演して、MCは成瀬こうきさん。
2017年8月18日(金)の19:00からは、花組柚香光さんが出演して、MCは樹里咲穂さん。

KITTE丸の内4Fのマルノウチリーディングスタイルに期間限定でオープンしているタカラヅカ・スカイ・ステージカフェ

4Fのマルノウチリーディングスタイルに期間限定でオープンしているタカラヅカ・スカイ・ステージカフェ

展示や公開収録を見た後は、2017年8月5日(土)~27日(日)まで4Fにオープンしていた「タカラヅカ・スカイ・ステージカフェ」に立ち寄って余韻にひたりたい。

  • 開催期間:2017-8-11(金)〜2017-8-18(金)
  • 会場:KITTE丸の内 1F アトリウム
  • 入場料金:無料

コクヨハク2017 SPICE(終了)

コクヨハク2017 SPICEの会場内

コクヨハク2017 SPICEの会場内

文房具で有名なコクヨの博覧会。
毎年恒例でKITTEで開催されていて、今回が5回目。

コクヨの最新文房具や、イベント限定でちょっとアレンジされたコクヨの定番商品を、実際にさわって、試して、購入できた。

JAXAとのコラボでロケットが描かれた縦長のキャンパスノートや、イプシロンのトートバッグ付きプラスチック座布団が販売されて、部屋にインテリアとしてかざっておきたくなる。

コクヨハク2017の入口に展示されていた等身大部長型鉛筆シャープ立て

コクヨハク2017の入口に展示されていた等身大部長型鉛筆シャープ立て

会場の入口に、サラリーマン山崎シゲルのキャラクターをモデルにした「等身大部長型鉛筆シャープ立て」があったり、ペンスタンドになるペンケース「ネオクリッツ」がひとりがけソファサイズに巨大化していたり、通常の約400倍の重さの「デカ透明クレヨン」が展示されているなど、巨大化シリーズは実物を間近でながめたい。

  • 開催期間:2017-3-31(金)〜2017-4-2(日)
  • 時間:10:00-20:00(4月2日は18:00まで)
  • 会場:KITTE丸の内 B1F 東京シティアイ パフォーマンスゾーン
  • 入場料金:無料

恐竜王国 in KITTE(終了)

恐竜王国 in KITTEの会場内

恐竜王国 in KITTEの会場内

福井県の主催で行われた恐竜をテーマにしたイベント。

KITTE1Fのアトリウムに、福井県立恐竜博物館が所蔵する恐竜の全身骨格が2つ、恐竜の模型が1つ展示された。
大人の背たけをゆうに超える恐竜は迫力満点で、博物館に来ているかのよう。

白衣を身につけた博士のような恐竜のとなりに座れる「恐竜ベンチ」もひっそりと置かれている。

福井県立恐竜博物館のオリジナルグッズが販売されたり、アンテナショップふくい南青山291の協力で、福井県の地酒や名産品を販売するブースが登場して、物産展も同時に楽しめる。

恐竜王国 in KITTEで行われたDINO-A-LIVE「フクイラプトル」お披露目公演

恐竜王国 in KITTEで行われたDINO-A-LIVE「フクイラプトル」お披露目公演

また、最終日の13:00・15:00・17:00の3回、フクイラプトルという福井県で発掘された恐竜の模型があばれまわるショーが開催された。
観客席までおそいかかる恐竜は、泣き叫ぶ子供がいるぐらい迫力満点のパフォーマンス。

  • 開催期間:2017-3-3(金)〜2017-3-12(日)
  • 時間:11:00-18:00
  • 会場:KITTE丸の内 1F アトリウム
  • 入場料金:無料

ゴールデンカムイとアイヌ文化展(終了)

ゴールデンカムイとアイヌ文化展に展示されていたアイヌ民族の服とゴールデンカムイのパネル

ゴールデンカムイとアイヌ文化展に展示されていたアイヌ民族の服とゴールデンカムイのパネル

野田サトルさんのマンガ「ゴールデンカムイ」と、北海道や樺太などに住んでいたアイヌ民族の展覧会。
公共財団法人 アイヌ文化振興・研究推進機構が主催し、週刊ヤングジャンプの協力で行われた。

展示されたのは、ゴールデンカムイのデジタル原画やパネル、実物のアイヌの民具など。

ゴールデンカムイとアイヌ文化展に展示されていたゴールデンカムイのデジタル原画とアイヌ民具

ゴールデンカムイとアイヌ文化展に展示されていたゴールデンカムイのデジタル原画とアイヌ民具

マンガのワンシーンと、そのシーンに登場する民具がセットで展示されていたので、どんなときにつかう道具か分かりやすい。

マンガのファンは、より深くゴールデンカムイを楽しむための知識を得られて、マンガを知らなくてもアイヌ民具をマンガの解説付きで鑑賞できた。

また、ゴールデンカムイのコミックスが1〜9巻まで置いてある立ち読みコーナーがあったり、来場するとゴールデンカムイのメモ帳とクリアファイルがもらえたり、至れり尽くせり。

  • 開催期間:2017-1-17(火)〜2017-1-19(木)
  • 時間:9:00-20:00(初日は12:00から、最終日は19:00まで)
  • 会場:KITTE丸の内 B1F 東京シティアイ パフォーマンスゾーン
  • 入場料金:無料

KITTE丸の内のフロアガイド

KITTE丸の内の館内通路

KITTE丸の内の館内通路

KITTE丸の内は、B1Fから6Fまでの7フロアにそれぞれコンセプトがある。

内装デザインは、東京ミッドタウンのサントリー美術館や、根津美術館などを設計した隈研吾さんが担当した。

中心は巨大な三角形の吹き抜けになっていて、ガラスの天井から自然光が差し込むので、屋内にいながら開放的な気分でショッピングできる。

キッテグランシェ 全国ご当地銘品フロア B1F

KITTE丸の内B1Fにあるキッテグランシェのフロアマップ

キッテグランシェのフロアマップ

キッテグランシェは、伝統の味や、地元で愛されるグルメなど、日本全国から厳選された30店舗前後が集まっていて、お惣菜やお弁当をテイクアウトしたり、スイーツをお土産に買える。

また、テイクアウトだけでなく、イートインできる飲食店やカフェ、フードコートエリアがある。

美噌元 キッテグランシェ店

KITTE丸の内B1Fにある美噌元 キッテグランシェ店

KITTE丸の内B1Fにある美噌元 キッテグランシェ店

キッテグランシェにある味噌汁専門店。

最中に味噌や具が入っていて、お湯をそそぐだけでおいしい味噌汁がつくれる「美噌汁最中」が、内祝いやギフトに人気。
最中に顔の絵が書いてあって、味噌汁に浮かべると、ほっとするかわいさ。

イートインスペースがあるので、贈りものとして買う前に味を確かめられる。

  • 営業時間:10:00-21:00(日曜日・祝日は20:00まで)
  • 電話番号:03-6256-0831
  • イートイン座席数:16席

つなぐ、つながるフロア 1F

カフェやバール、雑貨のお店に老舗の和菓子店、フラワーショップなど、バラエティ豊かな顔ぶれのフロア。

カフェで待ち合わせしたり、手みやげや帰省のお土産を買うのにちょうどいい。

KITTE丸の内1Fアトリウムで上映されているチームラボのデジタルアート作品「Time-blossoming Flowers/時に咲く花」

チームラボのデジタルアート作品「Time-blossoming Flowers/時に咲く花」

また、大型スクリーンにチームラボのデジタルアート作品「Time-blossoming Flowers/時に咲く花」が上映されている。
季節によって映像の花が変わって、四季の変化を感じられるエントランスフロア。

チームラボは、渋谷ヒカリエのイベントとして開催された「チームラボジャングルと学ぶ!未来の遊園地」を手がけるウルトラテクノロジスト集団。

プラスエス スパイラルマーケット

KITTE丸の内1Fにあるプラスエス スパイラルマーケットの店先

プラスエス スパイラルマーケットの店先

青山スパイラルにあるスパイラルマーケットが手がけるセレクトショップ。
スタンダードがテーマで、永く使い続けられる上質な雑貨が販売されている。

KITTE丸の内の正面入口から館内に入ると、すぐ左にあるので、まずはプラスエス スパイラルマーケットのウィンドウショッピングからはじめたい。

  • 営業時間:10:00-21:00(日曜日・祝日は20:00まで)
  • 電話番号:03-6273-4606

大人の女性のリアルクローズフロア 2F

レデースファッションのショップが、ビジネスからカジュアル、ジェラートピケなどのルームウエアまで、10店舗前後あるフロア。

また、ミュージアム インターメディアテクの入口がある。

学術文化総合ミュージアム インターメディアテク

KITTE丸の内2Fにある学術文化総合ミュージアム インターメディアテクの入口

学術文化総合ミュージアム インターメディアテクの入口

日本郵便株式会社と東京大学総合研究博物館が協働で運営する博物館。

かつて郵便集配の業務が行われていた2〜3Fの2フロアがミュージアムに改装されていて、昭和初期にタイムスリップしたかのようなクラシックな内装。

館内には巨大なクジラやワニ、キリンの骨格をはじめとして、小さな昆虫の標本まで、大小さまざまな動物の骨格や剥製、標本が展示されている。
生きているときの姿を想像できる迫力ある骨格たちは、まるで彫刻作品のよう。

また、鉱物や植物のコレクションが展示されていたり、期間限定の特別展示が行われている。

鉱物コレクションは、どれもキラキラときれいで、大きなダイヤモンドのレプリカは、レプリカと分かっていても惹きつけられる。

インターメディアテクの外にある医家の風貌のポスター

インターメディアテクの外にある医家の風貌のポスター

特別展示は、2016年12月3日(土)から「医家の風貌」、2017年9月16日(土)〜12月3日(日)まで「植物画の黄金時代 英国キュー王立植物園の精華から」が展示されている。

3Fに東大グッズなどが販売されているミュージアムショップ「IMTブティック」が併設されているので、最後に立ち寄りたい。

見ごたえ十分なのに、おどろくことに入場無料。
ただし、館内は撮影禁止なので注意したい。

  • 開館時間:11:00-18:00(金・土曜日は20:00まで)
  • 休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)、年末年始
  • 電話番号:03-5777-8600
  • 入場料金:無料

日本の美意識フロア 3F

メガネや腕時計、靴下にスニーカーなど、日本製のこだわりファッション雑貨のショップが11店舗ならぶフロア。

KITTE丸の内3Fにあるハンカチ専門店 H TOKYOの店内

ハンカチ専門店 H TOKYOの店内

3Fにあるハンカチ専門店のH TOKYOでは、ハンカチに加えてメンズトランクスのTOKYO TRUNKSが販売されている。

GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA

KITTE 3FにあるGOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARAの入口

GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARAの入口

過去にグッドデザイン賞を受賞したインテリアや雑貨、ステーショナリーにおもちゃまで販売されているショップ。
グッドデザイン賞の商品だけをあつかうお店は日本で初めてで、 2017年4月28日(金)にオープンした。

野原産業株式会社が運営しているので、店名にby NOHARAと付いている。

グラフィックデザインは、東京駅の見どころの東京ステーションギャラリーのロゴをデザインした廣村正彰さんが担当。

ショップのプロデュースは、国立新美術館のミュージアムショップ スーベニアフロムトーキョーのディレクションをサポートしている山田遊さんが担当。

KITTE 3FにあるGOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARAの店内

GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARAの店内

配管がむき出しの天井に、背がない木枠の棚がいくつも置かれたスケルトンな店内は、グッドデザインな商品たちをさえぎるものなく見渡せる。

用がなくても展覧会を鑑賞する気分で足を運びたい。

  • 営業時間:11:00-21:00(日曜日・祝日は20:00まで)
  • 電話番号:03-5220-1007

古と新しい感性の融合フロア 4F

日本の伝統工芸やモノづくりの技術に、新しさやおしゃれをミックスしたライフスタイル雑貨やステーショナリーを販売するお店が11店舗あるフロア。

4Fの奥には、ひっそりと旧郵便局長室がある。

THE SHOP

KITTE丸の内4FにあるTHE SHOPの店内

KITTE丸の内4FにあるTHE SHOPの店内

Tシャツやタオル、茶わんにコップ、メモ帳、折りたたみ傘、漂白剤まで、さまざまなカテゴリーの「THE」と呼べる定番だけを集めたセレクトショップ。
2013年3月にオープンした。

「THE」というだけあって、商品はあまり入れ替わらないが、このカテゴリーの「THE」は何だろうと、お店を隅々までのぞいてみたくなる。

2017年3月に男性と女性で質感がちがうTHE TOWELの新色が発売された。
男性用はガシガシつかえて、女性用はフワフワなので、実際に店頭で肌ざわりを確かめたい。

代官山蔦屋書店のイベントとして、2017年4月26日(水)〜5月24日(水)まで「THE BOOK EXHIBITION」が行われて、「THE」と呼べる定番の本が展示されたり、THE SHOPの商品が販売された。

  • 営業時間:11:00-21:00(日曜日・祝日は20:00まで)
  • 電話番号:03-3217-2008

中川政七商店 東京本店

KITTE丸の内4Fにある中川政七商店 東京本店の入口

KITTE丸の内4Fにある中川政七商店 東京本店の入口

1716年に創業した老舗の雑貨店。
東京都内に15店舗以上の関連ショップがあって、KITTE丸の内にあるのは東京本店。
読み方は、なかがわまさしちしょうてん。

創業期から手づみで手織りの麻織物をあつかっていて、花ふきんや手ぬぐい、ハンカチなど、数多くの麻製品が並んでいる。

伝統工芸の技術でつくられたおしゃれな生活道具や雑貨が販売されているので、いろんな用途のギフトをさがしやすい。

お店の入口に、中川政七商店と海洋堂のコラボガチャガチャの日本全国まめ郷土玩具蒐集シリーズが置いてあって、ガチャガチャをまわしたい衝動にかられる。

  • 営業時間:11:00-21:00(日曜日・祝日は20:00まで)
  • 電話番号:03-3217-2010

マルノウチリーディングスタイル

KITTE丸の内4Fにあるマルノウチリーディングスタイルの入口

KITTE丸の内4Fにあるマルノウチリーディングスタイルの入口

本やステーショナリー、雑貨などが販売されているショップスペースとカフェスペースが一体になったブックカフェ。
購入前の本をカフェでコーヒー片手に試し読みできる。

リーディングスタイル=本を読むスタイルという名前のとおり、お気に入りの雑貨にかこまれながら本を読むシーン、コーヒーやお酒を飲みながら本を読むシーンなど、本と関わるカタチをテーマにしている。

マルノウチリーディングスタイルの店内

マルノウチリーディングスタイルの店内

書籍やマンガに加えて、自家製サングリアキットなどの飲食料品や、インテリア雑貨、おもちゃまで販売されているユニークなお店。

  • 営業時間:11:00-21:00(日曜日・祝日は20:00まで)
  • 電話番号:03-6256-0830

旧郵便局長室

KITTE丸の内4Fにある旧郵便局長室から見える東京駅

KITTE丸の内4Fにある旧郵便局長室から見える東京駅

かつて東京中央郵便局の局長室だった部屋。
現在は展望スペースになっている。

1931年に建てられた当時の内装が復元されていて、木の床と壁、黒い窓枠などが風格と重厚感がある。

窓の外には同じようにレトロな東京駅の駅舎が見えて、窓枠ごしに見る東京駅は絵画作品のよう。

旧郵便局長室にあるイーゼルにかざられたモノクロ写真

旧郵便局長室にあるイーゼルにかざられたモノクロ写真

また、室内にイーゼルが複数置かれていて、昔のモノクロ写真がかざられている。

わが街のぬくもりフロア 5F

5〜6Fはレストラン街で、5Fはカジュアルにふだんづかいできる10店舗が集まっている。

また、5FにはKITTE丸の内で唯一の喫煙所があって、食事の後に一服できる。

回転寿司 根室花まる KITTE丸の内店

KITTE丸の内5Fにある回転寿司 根室花まる KITTE丸の内店

KITTE丸の内5Fにある回転寿司 根室花まる KITTE丸の内店

根室花まるは、北海道の札幌市周辺を中心に展開している回転寿司。
回転寿司とは思えないおいしさで、夕方になるとよく行列ができている。

フロアの中心で複数の板前さんがお寿司を握っていて、周りをかこむように座席がならんでいる。
ショーのような活気あふれる調理風景を間近で見られるのも醍醐味のひとつ。

東京にはKITTE丸の内と東急プラザ銀座に店舗がある。

  • 営業時間:11:00-23:00(日曜日・祝日は22:00まで)
  • 電話番号:03-6269-9026
  • 座席数:67席

日本のおもてなしフロア 6F

KITTE丸の内6Fのフロア

KITTE丸の内6Fのフロア

接待や会食、記念日などにつかえるちょっと高級な飲食店が、5店舗集まっているフロア。

6Fは吹き抜けの上にあって、1〜5Fのように通路から他の階をながめられない。

また、6FにはKITTEガーデンがあって、食後に東京駅を見下ろしながら散歩したり休憩できる。

屋上庭園 KITTEガーデン

KITTE丸の内の屋上庭園 KITTEガーデンの芝生と東京駅

KITTE丸の内の屋上庭園 KITTEガーデンの芝生と東京駅

KITTEガーデンは、吹き抜けの三角形のガラス天井をかこむようにウッドデッキが敷かれていて、芝生広場が広がる屋上庭園。
全体が大きな三角形のカタチになっていることに加えて、芝生や花だんなど、ところどころに三角のモチーフがつかわれている。

KITTEガーデンでは、東京駅をはじめとする丸の内周辺の景色をながめたり、芝生や花だんを見ながらウッドデッキを散歩したり、ベンチで休憩したりできる。
屋上によくある喫煙所はないので、注意したい。

東京駅のライトアップ

東京駅のライトアップ

6Fという絶妙な高さは、東京駅をななめ上から見下ろせて、東京駅に入ってくる新幹線や在来線を同時にながめられる。

KITTEガーデンは屋上にしては夜遅く、23:00(日曜日・祝日は22:00)まで入園できるので、ディナーの後に丸の内の夜景や東京駅のライトアップをながめられる雰囲気のいいデートスポット。

屋上庭園 KITTEガーデンにある花だん

屋上庭園 KITTEガーデンにある花だん

KITTEガーデンには芝生広場や花だんが複数あるが、芝生に入って寝転んだりはできないので、あくまでながめるだけ。
入口付近にある巨大な花だんは、皇居の方向に向かって見渡すかぎり続く花畑になっていて、壮観なながめ。

屋上庭園 KITTEガーデンにあるベンチ

屋上庭園 KITTEガーデンにあるベンチ

KITTEガーデンには、三角形の芝生広場に沿ったベンチと、切手のはじの部分のような変わったデザインのベンチがあって、開放的な気分でショッピングや食後の休憩ができる。

  • 開放時間: 11:00-23:00(日曜日・祝日は22:00まで)

KITTE丸の内の行き方・アクセス

KITTE丸の内の地下入口に向かう通路

KITTE丸の内の地下入口に向かう通路

東京駅は出口が多くて何口から出ればいいか迷ってしまうが、丸の内南口を出て、正面にある横断歩道をわたるとKITTE丸の内に着く。

また、東京駅の丸の内地下南口とKITTE丸の内のB1Fにあるキッテグランシェが直結していて、雨の日でもぬれずにたどり着ける。

  • 住所:東京都千代田区丸の内2-7-2
  • 電話番号:03-3216-2811
  • 営業時間:
    • ショップ:11:00-21:00(日曜日・祝日は20:00まで)
    • レストラン・カフェ:11:00-23:00(日曜日・祝日は22:00まで)
    • キッテグランシェ:10:00-21:00(日曜日・祝日は20:00まで)
  • 公式ウェブサイト:KITTE 公式サイト
  • 最寄り駅からのアクセス:
    • JR東京駅の丸の内南口から徒歩約1分
    • 丸ノ内線東京駅から地下通路で直結
    • 千代田線二重橋前駅から徒歩約2分
    • 三田線大手町駅から徒歩約4分

KITTE丸の内の周辺スポット

KITTE丸の内の近くには、丸ビル・新丸ビル、丸の内ブリックスクエアなどのショッピングエリアや、三菱一号館美術館、東京ステーションギャラリーなどのアート施設があって、丸の内の観光スポットをはしごできる。

また、東京駅を八重洲口方面に抜けると、日本橋に行ける。

東京駅

東京駅の建物
歩いてすぐの東京駅のイベントは、丸の内北口の東京ステーションギャラリーや、八重洲口のグランルーフなどで行われる。

赤レンガの駅舎や、待ち合わせ場所として有名な「銀の鈴」や「動輪の広場」など、見どころも忘れずに見ていきたい。

丸ビル・新丸ビル

東京駅の丸の内中央口から見た丸ビルと新丸ビルの外観
東京駅丸の内中央口の正面にある行幸通りをはさんで、丸ビルと新丸ビルがそびえ建つ。

丸ビル・新丸ビルのイベントは、丸ビル1Fのマルキューブや、新丸ビル3Fのアトリウムで開催され、丸ビル・新丸ビルが面する丸の内仲通りで、毎年冬に丸の内イルミネーションが点灯する。

三菱一号館美術館

三菱一号館美術館の建物
徒歩5分ぐらいのところに三菱一号館美術館がある。

併設されているカフェ1894とストア1894は、展覧会に入場しなくても自由に利用できて、お茶したりプチギフトをさがしたりできる。

日本橋高島屋

日本橋高島屋の建物
東京駅を八重洲北口から出て、5分ぐらい歩くと、百貨店で初めて重要文化財に選定された老舗百貨店の日本橋高島屋が見えてくる。
KITTE丸の内から歩いて16分ぐらい。

日本橋高島屋の催事・イベントは、本館8Fの催会場などで行われ、本館1Fの正面ホールの展示は、イベントに連動して変わることがある。

日本橋三越

日本橋三越本店の建物
東京駅を日本橋口から出て、日本橋を渡ると、徒歩18分ぐらいで日本橋三越に行ける。

日本橋三越の催事は、天女像がそびえる中央ホールや本館・新館7Fの催物会場で行われる。

コレド室町

コレド室町1の建物
日本橋三越の中央通りをはさんで向かいにコレド室町がある。
コレド室町は1から3まで、3つの建物がとなりあっていて、2016年9月にオープンした「福徳の森」が隣接している。

コレド室町のイベントとして、2017年12月8日(金)〜2018年1月8日(月)まで「NIHONBASHI-星降ル森」が開催される。



スポンサーリンク







おすすめ無料イベント
2017年10月18日 開催中
銀座蔦屋書店のスターバックス前展示スペースで開催されている田原桂一「Polaroid & Torse」に展示されているPolaroid

ギンザシックス

田原桂一「Polaroid & Torse」

9月29日(金)~10月22日(日)

渋谷ヒカリエ8Fの小山登美夫ギャラリーで開催されている伊藤彩展「Sleeping Stone」の会場内

渋谷ヒカリエ

伊藤彩展「Sleeping Stone」

9月28日(木)〜10月23日(月)

ギンザシックス5Fのアートギャラリー アールグロリューで開催されている「空相ー皮膚 関根伸夫 新作展」の会場内

ギンザシックス

空相ー皮膚 関根伸夫 新作展

10月12日(木)~25日(水)

ソニーイメージングギャラリーで開催されている「伏見行介 作品展 Toward the Landscape-見える時、見えない時-」の展示作品

銀座プレイス

伏見行介 作品展 Toward the Landscape-見える時、見えない時-

10月13日(金)~26日(木)

d47 MUSEUMで開催されているd design travel GUNMA EXHIBITIONの会場内

渋谷ヒカリエ

d design travel GUNMA EXHIBITION

10月13日(金)〜11月26日(日)

ライカGINZA SIXで開催されているジョン・デイヴィス写真展「Kosen」の展示作品

ギンザシックス

ジョン・デイヴィス写真展「Kosen」

9月20日(水)~12月13日(水)

11エリア
六本木通りにあるROPPONGIという文字の看板

六本木6スポット

アートの街、六本木。国立新美術館や、2大ランドマークの六本木ヒルズと東京ミッドタウンにアート施設が点在する。

歩道橋の上から見た表参道の並木道

表参道8スポット

おしゃれの発信地、表参道。
表参道沿いに、表参道ヒルズなどの複合商業施設や、高級ブティックの路面店がならぶ。

渋谷駅のハチ公口にあるハチ公像

渋谷3スポット

センター街やSHIBUYA109など、若者の街のイメージが根強い渋谷だが、奥渋谷や神南は大人が知的に楽しめる。

代官山アドレスの前にあるオブジェ

代官山4スポット

渋谷からすこし離れただけなのに、落ち着きがあって、のんびりした雰囲気の代官山。ハイセンスなショップが集まる。

恵比寿駅の西口にある恵比寿像

恵比寿・目黒3スポット

恵比寿の地名は、かつてヱビスビールの工場があったことに由来していて、工場跡地に恵比寿ガーデンプレイスがある。

銀座4丁目交差点から見た銀座和光の時計塔

銀座9スポット

銀ぶらという言葉のとおり、ぶらぶらウィンドウショッピングできる街。2017年4月にギンザシックスがオープンした。

丸の内仲通りの通路と樹木

丸の内4スポット

レトロな赤レンガの東京駅を商業施設がかこみ、古さと新しさが融合した街並み。ビジネス街だが、皇居に近くて緑が豊か。

日本橋の橋の途中にある麒麟の像

日本橋3スポット

江戸情緒あふれる商人の城下町。老舗百貨店の高島屋と三越や、日本銀行本店、三井本館は重要文化財に指定されている。

上野公園にある西郷隆盛像

上野4スポット

JR上野駅の目の前にある上野公園は、東京国立博物館と国立西洋美術館の2大ミュージアムなど、美術館や博物館が集まる。

お台場海浜公園から見たレインボーブリッジ

お台場9スポット

お台場は、海と砂浜をのぞめるウォーターフロントの観光地。無料巡回バス「東京ベイシャトル」で効率的にまわりたい。

JR池袋駅の北改札の近くにあるいけふくろうの像

池袋3スポット

CMソングのとおり、東口に西武、西口に東武がある不思議な池袋。ランドマークは、高くそびえるサンシャイン。