表参道ヒルズの今日のイベント情報

 
歩道橋の上から見た表参道ヒルズの外観

表参道ヒルズは、比較的新しい施設のように思えるが、2006年2月にオープンして12年以上たつ。
名前にヒルズが付くことから連想するとおり、六本木ヒルズと同じ森ビルが運営する施設。

本館と西館と同潤館の3館がとなりあい、本館は長いらせんの通路 スパイラルスロープで、一筆書きで最上階まで行けるのが特徴。
東京ミッドタウンにある21_21 DESIGN SIGHTの設計を手がけた建築家・安藤忠雄さんが設計した。

イベントは、本館B3Fのイベントスペース「スペース オー」や、吹き抜けの大階段で開催。
同潤館内の3つのギャラリーで展覧会を行う。

スポンサーリンク






  

表参道ヒルズの今日のイベント情報

2018年11月16日(金)~18日(日)まで、B3Fのスペース オーで「CURIOSITY CANVAS COLLECTION」を開催。
デザインスタジオ キュリオシティの20周年を記念し、16ブランドとのコラボチェア「CANVAS CHAIR」を入場無料で公開している。

表参道ヒルズ同潤館3Fの表参道ロケットの入口

表参道ロケットの入口

2018年11月16日(金)〜21日(水)まで、同潤館3Fの表参道ロケットで「建築家・奥田祥吾 個展 漣の汽笛 REBORN」を開催。
シーグラスや投縄など、海にちなんだインスタレーションで会場全体を構成する。

表参道ヒルズ西館にあるパスザバトンの入口

パスザバトンの入口

2018年11月1日(木)~25日(日)まで、西館B2Fのパスザバトンギャラリーで「COOHEM CUSTOMIZE KNIT TWEED CARDIGAN」を開催。
コーヘンのカーディガンをベースに、ポケット・エルボーパッチ・ワッペンを組み合わせて、自分だけのオリジナルカーディガンをつくれる。

2018年11月7日(水)~12月25日(火)まで、本館吹き抜けの大階段で「表参道ヒルズクリスマス with パナソニックビューティ」を開催。
11月7日(水)の13:00から行った点灯式に、桐谷美玲さんが登場した。

表参道ヒルズクリスマス with パナソニックビューティ

表参道ヒルズクリスマス with パナソニックビューティのクリスマスツリー

表参道ヒルズクリスマスのクリスマスツリー

表参道ヒルズクリスマスは、パナソニックビューティの協賛で例年開催するクリスマスイルミネーション。

都会に現れるオーロラをテーマに、KEIKO + MANABUがデザインを担当し、表参道ヒルズの吹き抜けで光のカーテンを表現。
大階段にクリスマスツリーを設置し、天井から約6,000本もの揺れ輝く「つらら」がつりさがる。

つららは、カーテンのようにゆらゆらとカタチを変え、やわらかい軽やかな雰囲気。

20分ごとの特別演出では、つららが色とりどりの光に照らされ、まるでオーロラのよう。

表参道ヒルズクリスマス with パナソニックビューティのイベント概要
開催期間:2018-11-7(水)~2018-12-25(火)
点灯時間:11:00-23:00
会場:表参道ヒルズ 本館 吹き抜け大階段
住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10
料金:観覧無料

表参道ヒルズの今後のイベント予定

2018年11月23日(金)〜28日(水)まで、同潤館3Fの表参道ロケットで「戸屋ちかこ 個展 ようこそ此処へ」を開催。
大好きなものにかこまれる主人公を描いた、25作品を展示する。

2018年11月23日(金)~12月2日(日)まで、B3Fのスペース オーで「日本画家 福王寺一彦 展 Starry in the moon」を開催。
福王寺一彦さんが、天然宝石を絵の具の顔料として制作した、美しい輝きを放つ日本画を展示する。

2018年11月29日(木)~12月9日(日)まで、西館B2Fのパスザバトンギャラリーで「ATTRACT OF THE STOCK B’S」を開催。
村上周(むらかみあまね)さんによる作品シリーズ「ALTERNATIVE MEDIA」を展示する。

表参道のけやき並木に点灯する表参道イルミネーション

表参道のけやき並木に点灯する表参道イルミネーション

2018年11月29日(木)~12月25日(火)まで「Google Pixel presents 表参道イルミネーション」を開催。
約150本におよぶ表参道のけやき並木に、あたたかみのあるシャンパンゴールドのイルミネーションが点灯する。

2018年12月5日(水)~25日(火)まで、西館B2Fのパスザバトンギャラリーで「RE:LIGHT」を開催。
フォトグラファー 東海林広太さんが撮影した、ファッションレーベル イエーライトのコレクション「RE:LIGHT」の写真を展示する。

表参道ヒルズの過去の代表的なイベント

2018年10月21日(日)~28日(日)まで、本館吹き抜けの大階段で「WINTER WONDERLAND ON THE HILLS」を開催。
クレ・ド・ポー ボーテのホリデーコレクションが織りなす、アリスのティーパーティーのような摩訶不思議な空間が出現した。

2018年10月3日(水)~8日(月)まで、本館吹き抜けの大階段で「肌。 Biore×篠山紀信 0→100歳 展」を開催。
写真家 篠山紀信さんが、0歳から100歳の肌を撮影した写真を展示した。

2018年8月9日(木)〜19日(日)まで、B3Fのスペース オーで特別展「Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道」を開催。
キース・ヘリングさんが来日した際の秘蔵映像を公開した。

2018年4月27日(金)〜5月6日(日)まで、B3Fのスペース オーで「美女採集 清川あさみ個展」を開催。
数々の美女採集シリーズを展示した。

表参道ヒルズ本館B3Fのスペース オーで開催したイベント「KIMONO ROBOTO 伝統が織りなす未来」に展示していたキモノロボット

「KIMONO ROBOTO 伝統が織りなす未来」に展示していたキモノロボット

2017年12月1日(金)〜10日(日)まで、本館B3Fのスペース オーで「KIMONO ROBOTO 伝統が織りなす未来」を開催。
着物を身にまとうメタリックなキモノロボットを設置し、ビョークがミュージックビデオで着用した着物をはじめ、日本を代表する職人による13点の着物を展示した。

2017年7月21日(金)〜8月20日(日)まで「BE@RBRICK SUMMER」を開催。
本館吹き抜けの大階段に、BE@RBRICKの巨大バルーンやジオラマを設置した。

2017年8月12日(土)〜20日(日)まで、本館B3Fのスペース オーで「舘鼻則孝 リ・シンク展」を開催。
花魁の高下駄をモチーフに制作した「ヒールレス・シューズ」を展示した。

2017年4月27日(木)〜5月7日(日)まで本館B3Fのスペース オーで、奥山由之写真展「君の住む街」を開催。
35名の女優の写真を4枚ずつ展示した。

表参道ヒルズ本館B3Fのスペース オーで開催したイベント「エルメスの手しごと展 アトリエがやってきた」のフォトスポット

「エルメスの手しごと展 アトリエがやってきた」のフォトスポット

2017年3月9日(木)〜19日(日)まで、本館B3Fのスペース オーで「エルメスの手しごと展 アトリエがやってきた」を開催。
エルメスの職人たちが来日し、実際にアトリエがやってきたかのように、熟練の技のデモンストレーションを間近で見学できる。

表参道ヒルズ本館B3Fのスペースオーで開催したイベント「スイーツ バイ ネイキッド」の出口に設置していた展示

「スイーツ バイ ネイキッド」の出口に設置していた展示

2016年12月1日(木)〜2017年1月9日(月)まで、本館B3Fのスペースオーで「スイーツ バイ ネイキッド」を開催。
アクアパーク品川のイベント「花火アクアリウム バイ ネイキッド」などを手がけるネイキッドが、ハチミツの街灯やブラウニーの石畳など、ホンモノのお菓子とデジタル演出の組み合わせで、グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」のお菓子の家のような空間を再現した。

Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道(終了)

表参道ヒルズで開催したPop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道の会場入口

Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道の会場入口

生誕60年をむかえるアーティスト キース・ヘリングさんの回顧展。

ヘリングさんがデザインしたモノグラムで埋め尽くされた会場は、Pop・Music・Streetの3テーマで構成。

表参道ヒルズで開催した「Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道」に展示していた表参道にチョークでドローイングを描くキース・ヘリングさんの写真

表参道にチョークでドローイングを描くキース・ヘリングさんの写真

山梨県の中村キース・へリング美術館が所蔵するポップなポスターを58点、ミュージックレコードのカバーを13点、世界初公開となる表参道にチョークでドローイングを描くパフォーマンスの写真を約30点、総勢100点以上の作品をずらりと展示。

表参道ヒルズで開催した「Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道」で上映していたキース・ヘリングさんの秘蔵映像

「Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道」で上映していたキース・ヘリングさんの秘蔵映像

代々木公園付近で、即興のライブドローイングを行う秘蔵映像は、1980年代当時を思い起こすレトロなテレビで上映。
若くして亡くなった伝説のストリートアーティストの軌跡を、無料で鑑賞できるまたとない機会。

「Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道」のイベント概要
開催期間:2018-8-9(木)〜2018-8-19(日)
時間:11:00-21:00
会場:表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー
入場料金:無料

アダストリア 美女採集 清川あさみ個展(終了)

表参道ヒルズ本館B3Fのスペース オーで開催したイベント「アダストリア 美女採集 清川あさみ個展」のフォトスポット

「アダストリア 美女採集 清川あさみ個展」のフォトスポット

アダストリア 美女採集は、アーティスト・清川あさみさんの個展。

清川さんが15年にわたって女優・モデル・歌手など美女を撮影し続け、写真に糸で刺しゅうをした作品シリーズ「美女採集」を100点以上展示した。

清川さんによって彩られ、アート作品となる被写体の女性たちは、外見はもちろん内面の美しさまで浮き出てくるかのよう。

あの和田アキ子さんを採集した作品は、怖いもの見たさもあり興味をそそられる。

アダストリア 美女採集 清川あさみ個展のイベント概要
開催期間:2018-4-27(金)〜2018-5-6(日)
時間:11:00-21:00(4月30日と5月6日は20:00まで)
会場:表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー
入場料金:無料

BE@RBRICK SUMMER(終了)

BE@RBRICK SUMMERを開催していた表参道ヒルズ本館の吹き抜け

BE@RBRICK SUMMERを開催していた本館の吹き抜け

BE@RBRICK SUMMERは、メディコム・トイのBE@RBRICKと、表参道ヒルズのコラボイベント。
本館吹き抜けに、5メートル以上ある白い巨大なBE@RBRICKバルーンをつりさげ、大階段にBE@RBRICKのジオラマを展示した。

BE@RBRICK SUMMERで表参道ヒルズの大階段に展示していたジオラマ

BE@RBRICK SUMMERのジオラマ

BE@RBRICKのジオラマは、海を想起させる青い巨大なBE@RBRICKの周りに砂浜が広がり、小さなBE@RBRICKたちが思い思いの遊びをしている。
パラソルの下で寝そべるBE@RBRICKや、棒倒しをするBE@RBRICKなど、さまざまなシーンを再現し、見ていて飽きない。

時間を忘れてジオラマをながめていると、毎時0分と30分に光と音の演出がはじまる。

BE@RBRICK SUMMERのイベント概要
開催期間:2017-7-21(金)〜2017-8-20(日)
会場:表参道ヒルズ 本館吹き抜け
観覧料金:無料

舘鼻則孝 リ・シンク展(終了)

表参道ヒルズB3Fのスペース オーで開催した舘鼻則孝 リ・シンク展に展示していたレディー・ガガさん特注モデルのヒールレス・シューズ

レディー・ガガさん特注モデルのヒールレス・シューズ

リ・シンク展は、ファッションデザイナー 舘鼻則孝(たてはなのりたか)さんの個展。
舘鼻さんは、花魁の高下駄から着想を得た「ヒールレス・シューズ」の作者として知られ、ヒールレス・シューズはレディー・ガガさんが愛用している。

表参道ヒルズB3Fのスペース オーで開催した舘鼻則孝 リ・シンク展に展示していたヒールレス・シューズ

舘鼻則孝 リ・シンク展に展示していたヒールレス・シューズ

8エリアで構成した会場には、ヒールレス・シューズをはじめ、骸骨の彫刻や、人形浄瑠璃文楽の舞台など、さまざまなジャンルの作品を展示した。

舘鼻則孝 リ・シンク展に展示していたかんざしをモチーフにした作品

かんざしをモチーフにした展示作品

単に作品を展示しているだけでなく、ミニシアターで13:00・15:00・17:00の1日3回、花魁をテーマにした舞台公演を行うなど、創作活動の背景にある日本文化まで堪能できる。

舘鼻則孝 リ・シンク展の会場内に併設していたトラヤカフェ・あんスタンドの店内

トラヤカフェ・あんスタンドの店内

会場内には、トラヤカフェ・あんスタンドとのコラボ茶屋を併設。
会場の入口でもらえる引き換えカードを渡すと、無料で「あんペーストかき氷 いちご味」か「あんボーロ 抹茶味」を提供し、展覧会も入場無料なのに至れり尽くせり。

舘鼻則孝 リ・シンク展のイベント概要
開催期間:2017-8-12(土)〜2017-8-20(日)
時間:11:00-19:00(8月20日は16:00まで)
会場:表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー
入場料金:無料

奥山由之写真展「君の住む街」(終了)

表参道ヒルズ本館B3Fのスペース オーで開催した奥山由之写真展「君の住む街」に展示していた広瀬すずさんの写真

奥山由之写真展「君の住む街」に展示していた広瀬すずさんの写真

写真家で映像作家の奥山由之さんの展覧会。

メンズファッション雑誌 EYESCREAM(アイスクリーム)に連載した写真シリーズ「君の住む街」を公開し、 本田翼さん・広瀬すずさん・二階堂ふみさんなど、35名の女優を撮影した写真を展示した。

表参道ヒルズB3Fのスペース オーで開催した奥山由之写真展「君の住む街」の会場内

奥山由之写真展「君の住む街」の会場内

上から見ると何かの文字になっていそうな不思議な仕切りの会場内は、女優ごとにコーナーが分かれ、女優1人につき4枚の写真を展示。

自然な表情やしぐさの女優の写真をながめていると、すぐそばでデートしているかのような錯覚におちいる。

このイベントを見逃した場合、代官山蔦屋書店のイベントとして、2017年6月17日(土)〜7月9日(日)まで「奥山由之 写真展 君の住む街 ランドスケープ」を開催した。

奥山由之写真展「君の住む街」のイベント概要
開催期間:2017-4-27(木)〜2017-5-7(日)
時間:11:00-21:00(4月30日は20:00まで、5月7日は18:00まで)
会場:表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー
入場料金:無料

表参道ヒルズの終了したイベント・展覧会

2017年9月1日(金)〜6日(水)まで同潤館3Fの表参道ロケットで、YURIKO ETO「ZOKU」を開催。
江藤友理子さんによるテキスタイル作品を展示した。

2017年8月18日(金)〜23日(水)まで同潤館3Fの表参道ロケットで、CATTLEYA TOKYO「春本楼ーHARUMOTOROー」を開催した。

2017年7月21日(金)〜26日(水)まで同潤館3Fの表参道ロケットで、YASUNARI AWAZU exhibition「projection」を開催。
粟津泰成さんによる、ミュージシャンのイラストを展示した。

2017年7月14日(金)〜19日(水)まで同潤館3Fの表参道ロケットで、まるやまあさみ個展「The Old West」を開催。
カウボーイをモチーフにした刺繍作品を展示した。

表参道ヒルズの表参道ROCKETで開催した「ニッパシの人間採集」展の会場内にオープンしていた顔面占いニッパシ館

「ニッパシの人間採集」展の会場内にオープンしていた顔面占いニッパシ館

2017年6月16日(金)〜21日(水)まで、同潤館3Fの表参道ROCKETで「ニッパシの人間採集」展を開催。
顔面占い ニッパシ館の日橋慶充さんが、何気ない日常の道ばたで見かける人をネーミングして、雑誌の4コマ漫画のように軽妙なタッチでユーモラスに描いた作品を展示した。

表参道ヒルズの表参道ROCKETで開催したPressed Flower Exhibition「無彩色の痛点」の会場内

Pressed Flower Exhibition「無彩色の痛点」の会場内

2017年4月21日(金)〜26日(水)まで、同潤館3Fの表参道ROCKETで「Pressed Flower Exhibition 無彩色の痛点」を開催。
フラワーアーティスト相壁琢人(あいかべたくと)さんによる、モノクロの世界に花の色が溶け出していくかのような映像作品「Botanical Romance」を上映した。

表参道ヒルズの表参道ROCKETで開催したAquvii presents「TIME CAPSULE of PLASTER」の会場内

Aquvii presents「TIME CAPSULE of PLASTER」の会場内

2017年4月14日(金)〜19日(水)まで、同潤館3Fの表参道ROCKETで「Aquvii presents TIME CAPSULE of PLASTER」を開催。
代官山のショップ「Aquvii(アクビ)」のディレクター・川辺恭造さんが、父親で石膏職人の川辺一晴さんと制作した、石膏でかためたファッションアイテムや雑貨を展示。
使用していたときの姿をそのままに、真っ白にかたまったさまざまなモノたちは、役割を終えたモノの化石のよう。

YURIKO ETO「ZOKU」(終了)

表参道ヒルズ同潤館3Fの表参道ROCKETで開催したYURIKO ETO「ZOKU」の会場内

YURIKO ETO「ZOKU」の会場内

多摩美術大学 生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻に所属し、青山のスパイラルが主催するアートフェスSICF2017で審査員賞を受賞した江藤友理子さんの個展。

展覧会タイトルのZOKUは、かつて原宿周辺にいた「竹の子族」や、銀座のみゆき通り周辺にいた「みゆき族」など、ファッションの流行に関わる「族」のことで、架空の族をテーマにしたファッションアイテムを展示した。

存在しないはずの新しいファッションスタイルだが、どこかなつかしく、昔そんな族が実際にいたのではないかと錯覚する。

YURIKO ETO「ZOKU」のイベント概要
開催期間:2017-9-1(金)〜2017-9-6(水)
時間:11:00-21:00(9月3日は20:00まで、9月6日は18:00まで)
会場:表参道ヒルズ 同潤館3F 表参道ロケット
入場料金:無料

CATTLEYA TOKYO「春本楼ーHARUMOTOROー」(終了)

表参道ヒルズ同潤館3Fの表参道ROCKETで開催したCATTLEYA TOKYO「春本楼ーHARUMOTOROー」の会場内

CATTLEYA TOKYO「春本楼ーHARUMOTOROー」の会場内

クリエイティブ集団・カトレヤトウキョウによる展覧会。
カトレヤトウキョウのアートディレクター 塩内浩二さんの曽祖父が営んでいた遊郭・春本楼をテーマに開催した。

会場に設置していた扇型の台座に、遊郭をイメージしたネオンアートを点灯し、展示室全体が妖しげでなまめかしいピンク色に照らされている。

また、ジュヴェナイルホールロールコールとボディーソング、2つのファッションブランドとコラボして、遊郭のイラストが描かれたTシャツを販売。
着るのが恥ずかしいぐらいだが、周りの人とカブらない鮮烈なファッション。

春本楼ーHARUMOTOROーのイベント概要
開催期間:2017-8-18(金)〜2017-8-23(水)
時間:11:00-21:00(8月20日は20:00まで、8月23日は18:00まで)
会場:表参道ヒルズ 同潤館3F 表参道ロケット
入場料金:無料

YASUNARI AWAZU exhibition「projection」(終了)

表参道ヒルズ同潤館3Fの表参道ROCKETで開催したYASUNARI AWAZU exhibition「projection」の展示作品

YASUNARI AWAZU exhibition「projection」の展示作品

projectionは、イラストレーター・粟津泰成さんの個展。

粟津泰成さんは、雑誌や広告、本の装丁のイラストを制作。
活動の中で、L’Arc~en~CielのCDジャケットや、音楽雑誌の表紙など、ミュージシャンをモチーフにしたイラストがとりわけ多い。

写真のようにリアルな写実画ではなく、線だけで描くドローイングに色付けした作品は、一連の動作の途中の一瞬を切りとったような「動き」を感じる。

さまざまなミュージシャンを描いた作品を展示し、なつかしいロックバンドや、話題のアーティストにイラストで出会える。

projectionのイベント概要
開催期間:2017-7-21(金)〜2017-7-26(水)
時間:11:00-21:00(7月23日は20:00まで、7月26日は18:00まで)
会場:表参道ヒルズ 同潤館3F 表参道ロケット
入場料金:無料

まるやまあさみ個展「The Old West」(終了)

表参道ヒルズ同潤館3Fの表参道ROCKETで開催したまるやまあさみ個展「The Old West」の会場内

まるやまあさみ個展「The Old West」の会場内

The Old Westは、刺繍作家 まるやまあさみさんの個展。

西部開拓時代のカウボーイのモチーフを、ホンモノの皮に刺繍した作品を約10点展示・販売した。

レザーの風合いが、古き19世紀のカウボーイの雰囲気にピッタリで、古いような新しいような作品を鑑賞できる。

まるやまあさみ個展「The Old West」のイベント概要
開催期間:2017-7-14(金)〜2017-7-19(水)
時間:11:00-21:00(7月17日は20:00まで、7月19日は18:00まで)
会場:表参道ヒルズ 同潤館3F 表参道ロケット
入場料金:無料

表参道ヒルズの行き方・アクセス

表参道ヒルズ本館のエントランス

表参道ヒルズ本館のエントランス

表参道ヒルズは、表参道の通り沿いにある。
JR原宿駅から来る場合、表参道をまっすぐ歩くと、途中で明治通りを渡って、左に見えてくる。

表参道駅から来る場合、A2出口が近く、ベビーカーや車イスなど、エレベーターをつかう場合はA1出口から地上に出るのがいい。

表参道ヒルズの基本情報
住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10
公式ウェブサイト:表参道ヒルズ 公式サイト
最寄り駅からのアクセス:東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道駅」A2出口から徒歩約2分/東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前駅」5出口から徒歩約3分/JR山手線「原宿駅」表参道口から徒歩約7分

表参道ヒルズの周辺スポット

表参道をはさんでななめ向かいにジャイルがあり、明治通りまで歩くと、東急プラザ表参道原宿とラフォーレが向かいあっているなど、表参道ヒルズの周辺に表参道の観光スポットが集まっていて、はしごしやすい。

ジャイル

表参道の向かいから見たジャイル
表参道をはさんで、表参道ヒルズ西館のななめ向かいにジャイルがある。

3FのMoMAデザインストアは、ここでしか手に入らないギフトを選べる。

東急プラザ表参道原宿

明治通りと表参道が交差する交差点から見た東急プラザ表参道原宿の建物

東急プラザ表参道原宿の建物

表参道を原宿駅のほうに5分ぐらい歩くと、表参道と明治通りが交差する交差点に、東急プラザ表参道原宿がある。

東急プラザ表参道原宿の屋上 おもはらの森は、無料で自由に入園できる屋上庭園。
冬季はイルミネーションを点灯し、夏期はビアガーデンがオープンする。

ラフォーレ原宿

ラフォーレ原宿の建物

ラフォーレ原宿の建物

東急プラザ表参道原宿の明治通りをはさんで向かいに、表参道ヒルズと同じく森ビルグループが運営するラフォーレ原宿がある。

ラフォーレ原宿のセール・イベントは、6Fのラフォーレミュージアム原宿で行い、夏は7月下旬、冬は1月下旬にグランバザールを開催する。

明治神宮

明治神宮の御社殿の外観

明治神宮の御社殿

表参道をJR原宿駅付近まで歩くと、明治神宮の原宿口が見えてくる。
表参道ヒルズから徒歩9分ぐらい。

明治神宮のイベントは、こいのぼり子供大会やひなまつり子供大会など、四季折々の行事を催す。

青山スパイラル

青山通りの向かいから見た青山スパイラル

青山スパイラルの建物

表参道を表参道駅方面に歩き、青山通り(国道246号)を右に曲がってさらにすこし歩くと、左に青山スパイラルがある。
表参道ヒルズから徒歩7分ぐらい。

青山スパイラルでは、ギャラリーのスパイラルガーデンで開催しているイベントを鑑賞したり、スパイラルマーケットで散歩するかのように雑貨をながめられる。

根津美術館

根津美術館の入口前通路

根津美術館の入口前通路

表参道を麻布の方向に11分ぐらい歩くと、根津美術館がある。
建築家 隈研吾さんの設計で2009年に新装した建物で、国宝7点を含む日本と東洋の貴重なコレクションに加え、茶室が点在する広大な日本庭園が魅力。

根津美術館の庭園には、根津美術館八景があるので、展覧会の前後に散策したい。

岡本太郎記念館

岡本太郎記念館の館内1Fに展示している岡本太郎さんの立像と作品群

岡本太郎記念館内の岡本太郎さんの立像と作品群

根津美術館の前の通りを骨董通りに向かって歩き、路地を右に曲がると岡本太郎記念館がある。

岡本太郎記念館のイベントは、館内2Fで企画展や特別展示を行う。



2018年11月18日 開催中のイベント
渋谷ヒカリエ8Fのd47 MUSEUMで開催した展覧会「d design travel IWATE EXHIBITION」の会場内

渋谷ヒカリエ

d design travel IWATE EXHIBITION

10/19(金)〜12/3(月)

東急プラザ銀座のメトアギンザで開催した「Water Journey in Ginza 水の循環でつながる世界」の会場で上映していた映像作品

東急プラザ銀座

Water Journey in Ginza 水の循環でつながる世界

10/3(水)〜12/12(火)

ギンザシックス クリスマス Fantastic Gift「冬の王国」と「夏の王国」の物語で吹き抜けに展示していたニコラ・ビュフさんによる巨大な光るぞう

ギンザシックス

ギンザシックス クリスマス Fantastic Gift「冬の王国」と「夏の王国」の物語

11/12(月)~12/25(火)

けやき坂 冬のイルミネーションの「SNOW&BLUE」

六本木ヒルズ

六本木ヒルズクリスマス

11/5(月)〜12/25(火)

ミッドタウンクリスマスで芝生広場に点灯したスターライトガーデン

東京ミッドタウン

ミッドタウンクリスマス

11/13(火)〜12/25(火)

表参道ヒルズクリスマス with パナソニックビューティのクリスマスツリー

表参道ヒルズ

表参道ヒルズクリスマス

11/7(水)〜12/25(火)

丸ビル1Fのマルキューブに展示していた丸の内ブライトクリスマス 北欧から届いたクリスマス with Yumingのメインツリー

丸ビル

丸の内ブライトクリスマス

11/8(木)〜12/25(火)

目黒川沿いで開催した目黒川みんなのイルミネーションの会場内

目黒川

目黒川みんなのイルミネーション

11/9(⾦)~1/6(日)

サンシャイン水族館の特別展会場で開催していた化ケモノ展の入口

サンシャインシティ

化ケモノ展

6/28(木)~2/11(月)

東京ミッドタウン日比谷で開催した「HIBIYA Magic Time Illumination」のスターライトツリー

東京ミッドタウン日比谷

HIBIYA Magic Time Illumination

11/14(水)〜2/14(木)

丸の内仲通りで点灯していた丸の内イルミネーション

丸ビル

丸の内イルミネーション

11/8(木)~2/17(日)

東急プラザ表参道原宿の屋上 おもはらの森に点灯したOMOHARA illumination(オモハライルミネーション)

東急プラザ表参道原宿

オモハライルミネーション

11/15(木)〜2/28(木)

「恵比寿ガーデンプレイス クリスマスイルミネーション」でセンター広場に展示していたバカラのシャンデリア

恵比寿ガーデンプレイス

恵比寿ガーデンプレイス クリスマスイルミネーション

11/3(土)~2/28(木)

東京タワーの正面玄関前で開催した「東京タワーウィンターファンタジー オレンジ・イルミネーション」の会場内

東京タワー

東京タワーウィンターファンタジー オレンジ・イルミネーション

11/2(金)~2/28(木)

ヴィーナスフォート イルミネーション Thankful HEARTのサンクフル ハート ファウンテン

お台場パレットタウン

ヴィーナスフォート イルミネーション Thankful HEART

11/2(金)~3月中旬

2018年11月18日 開催中の展覧会
東京国立博物館の正門付近に掲示していた「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」の看板

東京国立博物館

京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ

10/2(火)~12/9(日)

国立新美術館のエントランスに掲示していた「ピエール・ボナール展」の看板

国立新美術館

ピエール・ボナール展

9/26(水)~12/17(月)

国立西洋美術館の正門に掲示していた「ルーベンス展 バロックの誕生」の看板

国立西洋美術館

ルーベンス展 バロックの誕生

10/16(火)~1/20(日)

東京都美術館の正門前に掲示していた「ムンク展 共鳴する魂の叫び」の巨大ポスター

東京都美術館

ムンク展 共鳴する魂の叫び

10/27(土)~1/20(日)

上野の森美術館のエントランス前に掲示していたフェルメール展の巨大ポスター

上野の森美術館

フェルメール展

10/5(金)~2/3(日)

国立科学博物館のエントランス付近に掲示していた特別展「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」の看板

国立科学博物館

日本を変えた千の技術博

10/30(火)~3/3(日)

11エリア
六本木通りにあるROPPONGIという文字の看板

六本木6スポット

アートの街、六本木。国立新美術館をはじめ、アート施設が点在する。

歩道橋の上から見た表参道の並木道

表参道・原宿9スポット

おしゃれの発信地、表参道。通り沿いに商業施設や高級ブティックがならぶ。

渋谷駅のハチ公口にあるハチ公像

渋谷6スポット

若者の街のイメージが根強い渋谷だが、奥渋谷や神南は大人が知的に楽しめる。

代官山アドレスの前にあるオブジェ

代官山4スポット

渋谷からすこし離れただけなのに、落ち着きとハイセンスが混ざりあう代官山。

恵比寿駅の西口にある恵比寿像

恵比寿・目黒5スポット

恵比寿は、ヱビスビールにゆかりがあり、ビールとのつながりが深い街。

銀座4丁目交差点から見た銀座和光の時計塔

銀座9スポット

銀座は、銀ぶらという言葉のとおり、ぶらぶらウィンドウショッピングできる。

丸の内仲通りの通路と樹木

丸の内・日比谷5スポット

赤レンガの東京駅を商業ビルがかこみ、古さと新しさが融合する丸の内。

日本橋の橋の途中にある麒麟の像

日本橋3スポット

日本橋は、古くからの建物が残り、江戸情緒あふれる商人や職人の城下町。

上野公園にある西郷隆盛像

上野6スポット

上野には、国立西洋美術館や東京国立博物館など、美術館や博物館が集まる。

お台場海浜公園から見たレインボーブリッジ

お台場9スポット

お台場は、東京では希少な海と砂浜をのぞめるウォーターフロントの観光地。

JR池袋駅の北改札の近くにあるいけふくろうの像

池袋4スポット

CMソングのとおり、東口に西武、西口に東武がある不思議な池袋。